ホリデー報告の途中で

- 2017年11月02日(木) -

急にエンジンかかってホリデー報告をしてきましたが。
半分が終わったトコで、時間切れ~。
明日から里帰りします。
たったっ楽しみ~☆

今回は二週間なので、いつもにも増して慌ただしいけど、家族との時間を楽しんできまーす。

前回の里帰りには、Jぽんが久しぶりに一緒に帰ったけど、今回は私一人。
Jぽんのその後はスッカリよくなりました。日々ジョギングしたりするくらい、私よりも元気になりました(笑)。

明日は午前中は仕事に行って、午後からお休みをもらって里帰り。
たったったったっ楽しみ~☆

初霜

- 2017年10月30日(月) -

今日は初霜が降りた!
車の窓ガラスをゴリゴリせんとイカンくらい、シッカリした霜が降りました。
さっさっ寒い~。

Jぽんとの取り決め(笑)で、初霜が降りるとポートを飲んでも良い、というルールがウチにはあります。

ポートとは、まだ糖分が残っている発酵途中にブランデーを加えて酵母の働きを止め、この製法によって独特の甘みとコクが生まれる。
甘くて美味しい、アルコール度数の高いワイン。

冬の飲み物という気がして、ウチでは冬にしか飲みませんが、冬の楽しみの一つです。




9月26日の「DEVON 4日目 (Round Robin) その2」を更新しました。

ホリデーの眺め

- 2017年10月29日(日) -

毎朝ダート川を眺めていると、朝、仕事の準備をする人たちや、仕事へ行く人たちが目に留まる。

景色

ダート川の両岸にある町を往復するカーフェリーは、夜の間、川の真ん中に停泊しているようで、朝の始発時間前になると、小さいボートで誰かがカーフェリーに乗り込み、運転し始めるのを見つけました。

そのカーフェリーに車を乗せて、仕事へ行く人たちもいます。


このダート川の眺めは、自然と人の暮らしがうまく融合していて、人がココで生活しているからこそ美しさ倍増、みたいな景色。
もし、この景色から家並みやボートを差し引いたとしたら、それはそれで美しいんやろうけど、この、人々がフェリーで川を渡り、河岸を蒸気機関車が蒸気をあげながら坂を登り、教会の鐘の音がかすかに響いてくる。
人々の暮らしとの調和が、この自然美をより一層際立たせる、本当に素敵な眺めでした。



9月26日の「DEVON 4日目 (Round Robin) その1」を更新しました。

栗とコンカ

- 2017年10月27日(金) -

この辺りには、栗の実(チェストナッツ)によく似た、コンカとかホースチェストナッツと呼ばれる実のなる木が多い。
和名で「セイヨウトチノキ」。

実は丸くて大きいのに、弱毒で食べれません。
残念やわ~と思うくらい、おいしそうな良い栗に見えます。


このコンカの実を置いておくと、クモ避けになるらしい。



9月25日の「DEVON 3日目 (Kingswear) その2」を更新しました。

白髪

- 2017年10月26日(木) -

少し前から、あらー白髪が目立つようになってきたかもー、と気になっていたのを、ついに思いついて、自分で白髪染めしてみました。

ダークブラウンって色を買って、いざ染めてみたら、思いのほか真っ黒になっちゃった。
明るい髪用、とかなんか、あるんかもしれんなーと思っていたら、日が経つにつれ、目が慣れてきたのか髪を洗って色が程よく落ちたのか、自然な感じになりました。

髪の毛がツヤツヤの黒髪になると、あれっオデコや頬の皮膚のたるみが気になる!



このたび、初めて、美容整形を次々したくなる人たちの気持ちが分かりました。


9月25日の「DEVON 3日目 (Kingswear) その1」を更新しました。

- 2017年10月24日(火) -

日曜日、Jぽんがニコニコして散歩から帰ってきました。

何年か前に一緒に行った、近所の学校の庭で栗拾いしてきたらしい。
栗

今までイギリスで見た栗の中では、一番大きいと思う、今年の栗。

二人で皮むきしたよ。
渋皮煮をしようかなー。



9月24日の「DEVON 2日目 (Dartmouth) その2」を更新しました。

ホリデーの売り家

- 2017年10月23日(月) -

ホリデーで見かけた、水際のこの石壁の家が売りに出てました。
売家

見つけた。
£1,650,000(約2億5千万円)。
…よね?ゼロが多すぎて分からん(汗)。

家の間取りや窓からの景色が見たい方はこちら >>。写真がいっぱい見えるので、売れてしまう前に、是非ご覧あれ。




9月24日の「DEVON 2日目 (Dartmouth) その1」を更新しました。


最新記事