FC2ブログ

ナショナルトラスト

- 2018年11月18日(日) -

ナショナルトラストの管理するマナーハウス「Waddesdon Manor」へ行きました。

ここへ来るのは2回目。
前回は、Jぽんが足を骨折してギプスしとったので、駐車場からシャトルバスに乗って、バスを降りたら車イスを押して。砂利道ばかりで、車イスは前に進まんし、大汗かいてオオゴトしたのを思い出しました。

今回は、駐車場からの散歩道を歩いて、マナーハウスのある丘の上まで歩きます。
ああ、幸せ。
散歩道

マナーハウス

あの建物に格子状にある緑は、ツタ。上手に手入れしとるよね~。
庭

マナーハウスの正面玄関側へ回ってきました。
マナーハウス

前回見逃した、地下のワインセラーへ入りました。
ワインセラー

ここはエリザベス女王夫妻もご訪問されたことがあるんだって。
ワインセラー

正面玄関。
建物の中に入るには、予めチケットを予約購入する必要があって、週末のチケットは、クリスマスまで完売済だそう。
ドア

マナーハウス正面に開催されている、クリスマスマーケットを見て歩くよ。
出店

出店

マナーハウス

出店

寒いので、モルドワインを飲んで温まって、更に「Hot Toddy(ホットトディ)」っていう、ウイスキーのお湯割りを甘くしたのも飲みました。
美味しかったので、お店のお兄さんにレシピを聞いたら、教えてくれた☆ので家で作ってみて、またレシピ載せます。
出店

ライトアップ

暗くなると、建物や林の木々がライトアップされて、音楽に合わせて、ライトがピンクや青や緑に変わって、おとぎ話の中みたい。
ライトアップ

ライトアップ

ライトアップ

ライトのトンネルも通ったよ。
トンネル

カフェ

壁をスクリーンにして、アニメーションが投影されてました。
壁


ちょっと早いけど、クリスマス気分を楽しみました☆
…ウカレてアレコレ飲み過ぎて、翌日はホンノリ頭が痛かったです。

チャールズ ロールズ

- 2018年11月15日(木) -

ホリデー最後の日に一泊した町「モンマス」には、ロールスロイスの設立者、チャールズ ロールズのブロンズ像が立ってました。
像


「Charles Stewart Rolls(チャールズ ロールズ)」
チャールズ スチュアート ロールズ(1877年8月27日 - 1910年7月12日)は自動車と航空機の先覚者。彼はフレデリック ヘンリー ロイスと共同で、自動車製造会社のロールスロイスを設立した。
彼はイングランドのボーンマス近くで実演飛行中、乗機ライトフライヤー号の尾部が破断して墜落し、飛行機事故で死亡した最初のイギリス人となった。32歳だった。


1896年、18歳の彼が初めて購入した車「Peugeot(プジョー)」に乗っている写真。
写真

「Great Castle House」。モンマスシャー王立工兵連隊(民兵部隊)の本部、また連隊博物館。
この建物の前にある戦車のエンジンは、ロールスロイス製。
戦車




10月21日の「西ウェールズ 9日目 (Monmouth - Lydney - 家)」を更新しました。

売り物件

- 2018年11月14日(水) -

ホリデー先で見つけた売り物件。

なんと、教会!を見に行きました。
この教会↓の大きさ、見て。隣の黄色い建物は普通の一軒家のサイズ。
教会

この教会が安く売りに出されとってね。改築して普通の家にして住んでいいんだって。
Jぽんと、真剣に悩んだ(笑)。

しかし、庭は売ってなくてね。
建物のすぐ横は、墓地。どうよ、これ(笑)。



10月20日の「西ウェールズ 8日目 (Croes-Ian - Monmouth)」を更新しました。

終戦記念日

- 2018年11月13日(火) -

11月11日は、第1次世界大戦終戦100周年でした。

Jぽんと近くの町まで出かけて、セレモニーに参列しました。
セレモニー

セレモニー

ポピー

教会


セレモニーの後は、街を散歩したりチャリティーショップに入ったり。
チーズやハムなどなどを買って、景色の良い所に車を止めて、ランチにしました。

ドライブして、チラッとケンカもして、家の近くのパブに寄りました。
オーナーが新しく代わり、パブの内装もガラッと変わり。
前の方が良かったね~。と言うて帰りました。

パブの前にある、大きな木。
木




10月19日の「西ウェールズ 7日目 (New Quay)」を更新しました。

花火

- 2018年11月12日(月) -

11月5日は、隣町へ花火を観に行きました。

ガイフォークスナイト(Guy Fawkes Night)
ガイフォークスナイト、またはガイフォークスデイは、イギリスの風習。
1605年11月5日、ガイ フォークス率いる集団は、国王ジェームス1世を殺害しようと、国会を爆破する計画を企てたが、前日に見つかり失敗に終わった。
これをを記念するのが、11月5日のガイフォークスナイト。
毎年この日には、大きな花火大会やたき火が各地で催される。

花火

花火

花火




10月18日の「西ウェールズ 6日目 (Llangrannog)」を更新しました。

ピアニスト その2

- 2018年11月06日(火) -

続き。

開演の時間に間に合わず、しばらく会場の前でウロウロしたけど、あきらめることにした。
今、ステージに立っているのは前座で、メインのバンドが出てくる前に、20分の休憩がある。
それまで建物内を見学しましてー。

休憩時間になりました。
会場

とーっても楽しみにしていた、私が長年、ずっと見てみたいと思っていたピアニスト、Jools Holland。この人は、BBCの長寿歌番組「Later 」の司会もこなす、ジャズの天才ピアニスト。
ピアノや歌はもちろん、途中の話も面白いし、バンド(オーケストラ)の仲間たちとの和気あいあいとした感じも良くて微笑ましい。

更に、ゲストとしてMarc Almondが歌いました。

昭和の時代をあちこちに匂わせる(※イギリス人です)、時々、つい笑ってしまう動きなんかもしてくれて、最初は、なんだこりゃ、やったのが、一生懸命さに、つい、ほだされた、と言うのか。良かったです(笑)。

翌日のJぽんとの会話で、あの人は、売れに売れた全盛期も、その後の落ちぶれたドン底も、どっちも知っとるのが見えたよね〜って。売れた時も、残念ながらトップスターにはなれず。今も仕事が欲しいと喉から手が出たトコに、今回のゲストの話をもらって、心底、バンドの仲間にも観客にも感謝をして止まない、ステージで歌えるこの瞬間が極上の幸せ、そんな感じやったよね〜って、同意見でした。

Marc Almond って誰?と思った方も、この歌はご存知だと思います。
こちらをご覧あれ >>

アンコールの様子。
ライブ

最後の挨拶。
ライブ
ライブ後半は、観客みんな立ち上がって、すーごい盛り上がりました。あ〜楽しかった☆

アンコールも終わって、みんな帰りだしたとこ。満員御礼でした。
会場

会場

私たち、今回の席は一番前のど真ん中やったんよ〜!
下の写真↓の、一番前の列にカップルが座っている、あの右側が、私たちの席でした。
会場


昨日は甥っ子の20歳の誕生日で、私は、すーごい良い1日を過ごしました。
甥っ子も、すーごい良い1日になったかなー。

ピアニスト その1

- 2018年11月04日(日) -

ホリデー報告は今日は休憩しましてー。

昨日は、Northamptonという町へ行きました。
建物
Jぽんはサッカー観戦をしに友達と出かけたので、私は一人で街歩き。買い物を楽しみました。

私たちの住む町以外を一人で歩くのは、Jぽんと結婚して以来、初めてかもしれん。
昔は一人でいろんな所へ出かけて、一人でいろんな街を歩いたなーと懐かしい気持ちになりました。

さて。夕方、Jぽんと待ち合わせて、パブに入りました。
パブ
趣きのあるパブで、しかも見たことのない変わったビールがあるので、気に入った☆

ビールを飲んでいると、急にパブの外が賑やかになった。

外に出ると「DIWALI」という、ヒンドゥー教のお祝いのパレードが出てました。
お祭り

お祭り

パレードを見た後、夕飯を食べようと時計を見ると、ありゃ、ゆっくりする時間はない。
目の前にあったピザ屋さんに飛び込みました。聞いたことない名前の、殺風景な感じの店内で、そんなに期待してませんでした。換気扇が故障しているとかで、店内はどんどん煙たくなるわ、待てど暮らせど料理は出てこんわ。しまった〜ハズレやったか〜と思いつつ、席から見えるキッチンでは、ピザの生地を手で持ち上げてクルクル回して上手に平たく伸ばしているのが見えた。美味しそうに見えた通り、出てきた料理は、どれも美味しかった~☆

しかし。時間が間に合わず。
えー。さっきから何に慌てていたかと言うと、そもそも今日、この街に来たのは、ライブ観戦☆が目的。
なのに、7時半スタートで、私たちが会場に着いたのが7時35分。しまった〜。中に入ると絶対目立つ。だって、今日の席は最前列。


つづく。


最新記事