FC2ブログ

クワガタ

- 2020年06月17日(水) -

先日、Jママんちの庭仕事をした後、Jぽんの靴を外に出したまま忘れとったらしい。
翌朝、Jぽんの靴を持ち上げたら、クワガタ発見。
虫


「Lesser stag beetle(パラレリピペドゥスオオクワガタ)」。
声に出して読んでみて↑。

名前はオオクワガタやけど、サイズは小さくて、カワイイ~。
たぶんイギリスで初めて見たと思う、クワガタ。

Jぽんが仕事から帰ってきたら見せようと思ったら、歩きだした。
Jぽんの靴を元あったように、クワガタの上に乗せてみた。


約5時間後。
Jぽんが帰って来たので、靴をのけて見せると、クワガタ、まだおった!

よっぽどJぽんの靴臭が気に入ったのね~(笑)。



1月3日の「西ウェールズ 8日目 (Newport)」
1月4日の「西ウェールズ 9日目 (Newport - Fishguard)」
1月5日の「西ウェールズ 10日目 (Newport - 家)」を更新しました。

近所を散歩

- 2020年06月16日(火) -

先日、Jぽんと近所を散歩しました。

草原

タンポポの綿毛が大きいの見つけた。何これ?
花

「Whitethroat(ノドジロムシクイ)」。
鳥

雲がいろんな形で、見ていて飽きん。
草原

草原

天気の良いのどかな景色を眺めていると、コロナとかウソみたい。


1月1日の「西ウェールズ 6日目 (Newport)」
1月2日の「西ウェールズ 7日目 (Newport)」を更新しました。

THAMES PATH 16 (Newbridge - Chimney)

- 2020年06月14日(日) -

ロンドン中心部を流れるテムズ川の、源流から始まる国立遊歩道「Thames Path(テムズパス)」184マイル(294km)。
私たちがいつか踏破したいと思っている、テムズ川沿いに続く散歩道。

オックスフォードの西にある、「Newbridge」に来ました。
8年前、この橋から下流へ向かって歩きました。
8年前の過去記事「THAMES PATH 2(Newbridge - Northmoor)」はこちら >>
道路

前回の記事では「14世紀に建てられた、テムズ川に架かる橋としては2番目に古い」って書いてあるけど、この橋のたもとにあるパブ「The Maybush Inn」の女主人の説明によると、建てられたのは13世紀で、テムズ川に架かる橋としては2番目に古いけど、1番古い橋は、橋の半分を修復したから、全体がオリジナルで古いのは、この橋!だそうな。
この橋の名前は「Newbridge(新しい橋)」なのに。

さて。
今回は、ココから川を上流へ向かって歩きます。
散歩道

アザミかと思ったら、トゲトゲがない。「Greater Knapweed(ヤグルマアザミ)」。
花

車を降りた時はピカッと晴れていたので、日焼け止めを塗ったのに、どうも雲行きが怪しい。
川

どうみても雨雲が来た!
雨雲

ザーっと降る間、木陰に隠れて、ちょっとマシになったので歩き始めました。
雨

散歩道

この橋↓を渡ってきたトコ。
橋

若い男女のグループが泳いでました。楽しそう~☆
男子

木

変わった木。この股のトコに蜂の巣があるらしく、ブンブン飛んでました。
蜂

また橋を渡ってー。
橋

川

散歩道

「Curlew(ダイシャクシギ)」が飛んでいるところが撮れた!
この鳥は鳴き声に特徴があります。
鳥

白鳥とヒナたち。白鳥のヒナは英語で「Cygnet(シグネット)」。
鳥

「Greenfinch(アオカワラヒワ)」。
鳥

川

この辺りのテムズ川沿いには、「ピルボックス」と呼ばれる、第二次世界大戦で使われた見張り台がたくさん残されています。
建物
以前はこのピルボックス前にも水が流れていたようで、「ボート停泊禁止」と書かれてました。

さて、ここで引き返します。
コレを目印にして、次回は上流からココまで歩いてくるつもり。


テムズ川とナロウボート。気持ち良さそう~。
ボート

高い木の上に、大きな鳥の巣発見☆
巣

今度は「Mistle thrush(ヤドリギツグミ)」を見つけたけど、ピントが手前の木に合ってしまった。
鳥

往路で雨に合ったのがウソのような、夏みたいな晴れ間。
散歩道

さっき泳いでいた若者たちが、今度は橋の上から川へ飛び込んでました。
アクロバティックな飛び込みを激写☆
男子

若者たちの脱ぎ散らかしたトコ。楽しい良い思い出になるよね~、この日々。
服
あれ?ソーシャルディスタンシング(2m)は?

植樹された、長い長い散歩道を歩きます。。
散歩道

広い広い真っ平な草原も歩きます。
散歩道

「Purple vetch(クサフジ)」。
花

人

テムズ川、ちょっと澄んでます。
川

出発地点の「Newbridge」まで帰ってきました。
橋

パブの前に残されていた昔ながらの石畳。
石畳

「Newbridge」橋から見たパブ。2007年の洪水時は、一階の窓の下まで水が来たらしい。
橋

テムズ川でボート遊びをする人たち、川沿いを散歩する人たち、川岸でピクニックする人たち、川を泳ぐ鳥たち。楽園か、ここは。
川

川下を眺めたとこ。川に掛かる柳の木の大きいこと!
川


あ~、今日も、ようけ歩いた。
楽しかったです☆

- 2020年06月12日(金) -

「Cinnabar」って名前の蛾。

最近、いろんなところでよく見かけます。
昆虫

昆虫



私たちは6月いっぱいの特別休暇が決定されました。

昨日は、会社の友達と久しぶりに電話で話し、あっと言う間に一時間が経ってました。

仕事は全くもって恋しくないけど、友達とバカなコトを言い合う日常が恋しいな。



過去の放ったらかしになったままの日記更新します。
まずは2019年、年末ホリデーから。

12月29日の「西ウェールズ 3日目 (Newport)」
12月30日の「西ウェールズ 4日目 (Newport)」
12月31日の「西ウェールズ 5日目 (Newport)」を更新しました。

野鳥観察その後

- 2020年06月11日(木) -

Jママんちで見ることができた、ブルーティット(アオガラ)のヒナの巣立ち。

巣立ちをしても、しばらくは巣の近くで過ごすんだって。
ので、私たちが庭にいると、近くの木の上からヒナの声が聞こえてきます。

Jママんちの庭のモクレンの木に止まって、私を見下ろしている所が撮れちゃった☆
ヒナ


巣箱に戻ることはないらしいので、新しい巣箱を掛けようって言うてます。
言うとるだけで、まだ実行できてません★

野鳥観察

- 2020年05月28日(木) -

コロナの影響で、私の特別休暇が始まって以来、Jママんちの庭の手入れをしに行って、木を切り倒したり植木の剪定をしたり草引きをしたり花の種を蒔いたりしています。

そうこうしていると、Jママんちの家の壁に掛けられた巣箱に、ブルーティット(アオガラ)が入りました。

巣作りから始まって、順調に子育てをしている様子が微笑ましかったのが、ある朝カラスの襲撃を受け、惨劇を目の当たりにしました。

カラスの襲撃↓で傾いた巣箱と、その後、中に入るのを躊躇している親鳥。
巣箱


数日後、カラスの二度目の襲撃↓を受けて、反対側に傾いた巣箱。
巣箱

巣箱がテープで巻かれて貧乏クサイことになっている理由は、下の詳細記事をお読みくださいませ。



5月8日の「野鳥観察 その1」
5月17日の「野鳥観察 その2」
5月20日の「野鳥観察 その3」を更新しました。

野花

- 2020年05月27日(水) -

近所のスーパーへ行く前に、チラッと散歩をしました。

木に咲いている白い花は、私たちがジンに漬けようとしているエルダフラワー。その下に咲いているのは、カウパセリ。
花

エルダフラワーと運河。ナロウボートに住むの、気持ち良さそうよね~。
運河

「Jackdaw(ニシコクマルガラス)」。
鳥

カウパセリ。
花

野菊。
花

ちょっと窪地になったトコに、黄色い花がいっぱい咲いとる!
花

「Kidney vetch(キドニー ベッチまたはアンティリス ブルネラリア)」だって。聞いたことね~。
花

この真っ黄色い花びらの方は「Bird's-foot trefoil(ミヤコグサ)」。これも知らん。
花

ほんの30分の散歩やったけど、野花がキレイな季節はええね~。



5月24日の「THAMES PATH 15 (Radcot - Kelmscott)」を更新しました。


最新記事