FC2ブログ

西ウェールズ 10日目 (Newport - 家)

- 2020年01月05日(日) -

今日がホリデー最終日。
つーまーらーーーーーーん。

この宿、部屋からの眺めは手入れされた美しい芝生(ゴルフ場ゆえ)、その向こうに砂浜と海、連なる丘。
宿も、新しくて設備も良いし、掃除が行き届いていて、文句ナシ☆
海
住みたい。こんなトコに住みたすぎる。

宿のオーナーに電話連絡を入れ、お礼を告げて、さぁ、家路に着きます。

13世紀に建てられた城「Laugharne Castle」。
城跡

冬季は閉館していて、入れません。またのお楽しみ。
城跡

近くのカフェでコーヒーを頂きましてー。

町の時計塔。
建物

時計塔の下にある窓というか、筋のような穴から中を見たら、こんなオジサン人形がなんかの作業をしていました。
人形
肩にネズミを乗っとるし。ビール片手やし。なんなんか分かりません。

古い石畳の通りを馬たちに続いて歩いて行くとー。
馬

お城の裏側に出ました。
河口


さて、ついに家路に着きます。変な空。
空

コッツウォルズの「Chipping Norton(チッピングノートン)」にあるパブ兼ホテルで一杯飲みました。
パブ

15世紀から続くこの宿「the Crown & Cushion Hotel」は、一時、イギリスのロックバンド「The Who」のドラマーとして活躍した、Keith Moonが所有していたことでも有名。
パブ


今回のホリデーは、いつもにも増してユックリした時間が多かった。年かね~。
なんせ、とっても楽しかったです☆

西ウェールズ 9日目 (Newport - Fishguard)

- 2020年01月04日(土) -

宿から昨日登った山を見上げたとこ。
山

ニューポートの町の高台にある、お城。
と、その城下町、といったとこか。
城

「Fishguard(フィッシュガード)」っていう、少しだけ大きい町に行きました。
大型スーパーに久しぶりに入ったら、小さい町の小さなお店と違って、たーくさんの商品があって、うれしかった(笑)。

すーごい急な坂を下ったとこにある、「Lower Town」。
ココには何度か立ち寄ったことがあります。
川

村のパブ「The Ship Inn」。前から入ってみたかったので、来れてウレシイ。
パブ

今日の夕飯は、クラムチャウダー。
美味しいのが出来ました☆


のんびり良い一日でした☆

西ウェールズ 8日目 (Newport)

- 2020年01月03日(金) -

今日は波が高い。海が窓から見える家、ええな~。
海

今日は登山をします。
山の名前は「Mynydd Carningli」。なんて読むんやろうね?
連山「Preseli Hills」の一部。

「Newport(ニューポート)」の町に車を止めて、坂を登ってきたとこ。
街並み
登山から降りて来た人に、登り口を聞いてー。

思ったよりも急な坂が続きます。
登山

坂はキツイし、太陽は眩しいし。
登山

ニューポート湾を振り返ったとこ。
影

植物

山の頂上に着きました。
景色

Jぽんと、昨夜パブで会って話をした人たち。
ココでも、たまたま会いました。
景色

頂上からは、360度が全て見渡せる。どこ見ても、美しい~☆
海

景色

景色

あの草原だけ羊たちが放牧中。
羊

さて、尾根に沿って、隣の山へ行きます。
景色

分かれ道。
景色

頂上を振り返ったとこ。
景色

景色

野生の馬たち。
馬

馬

あ、Jぽん発見。なんとかの高上り。
人

そうこうしとると、メッセージを受信していることに気付きました。
見ると、なんと、ウェールズ警察から!!!
い、一体、なにごとー!!!!
警察

留守電にもメッセージが残されていて、
「あなたの携帯から緊急通報を受けたので、
 あなたの安全を確認したい」
とのこと。

どうやら、私のポケットの中で、携帯がどうにかなって、緊急通報ボタンを押してしまったらしい。

しかし、これが何度電話をかけても繋がらん。
新年開けて3日目。
警察の人たち、休まる暇が無いね~。気の毒な。
って私みたいなのが更に手間をかけてしまって、申し訳ありません。

で、何度もしつこく電話をかけてみたけど繋がらんので、どうしても安全が確認したいなら向こうからまた連絡があるやろう、とあきらめました。

キレイなオレンジ色のキノコ。
キノコ

何日か前に見た、教会上にあった、本物の鳥のような風見鶏。
今日はお日様に照らされて、キンピカ☆眩しいことになってました。
風見鶏

登山前に寄ったパン屋さんで、焼き立てパンを購入していたので、それを取りに行ってー。

まだ明るいうちからパブに行きました。
運動をした後のなので、よいのだ!
パブ

ビリヤードしました。Jぽんが赤い球。
パブ
残り二つの赤い球は、どちらも私の黄色い球の後ろに隠れているので、簡単には白いキューボールを当てることはできません☆

と思ったのに、Jぽんたら上手に狙って、この後、私の番は回ってきませんでした。くやしー!

帰りに、まーたお肉屋さんに寄って、ラムのフィレ肉を買って、ほうれん草たっぷりのインディアンカレーを作って食べました。
すごい美味しいのが出来てしまって、二人で大絶賛。
お肉がええと、やっぱり美味しい料理ができるよね~。

家に帰ってからも、スーパーのお肉じゃなくて、お肉屋さんに行こうっと。

空

今日も楽しい良い一日でした☆

西ウェールズ 7日目 (Newport)

- 2020年01月02日(木) -

今日もシトシト雨降り。

昼もだいぶん過ぎた頃になって、やっと車に乗って出かけました。
歩道

約6千年前に造られた埋蔵室「Pentre Ifan Burial Chamber」。
巨石


谷あいにある小さな村「Nevern」へ来ました。

「Nevern Castle」。お城跡のお堀があった場所。
堀

最後の砦があった、小高い丘。
城跡

丘の上に、少しだけ建物が残ってました。
Jぽんが大きさの比較対象になるかな?
砦

村の教会。
教会

教会

教会

びっくりニュースとかで見たことあるような、血のような赤い樹液が流れる木が、教会の庭にありました。
木
夜見たら、こえ~。


帰りにお肉屋さん(英語でブッチャーって言う)に寄って、ステーキ買って帰って、宿で焼いて食べました。
美味しかった☆

西ウェールズ 6日目 (Newport)

- 2020年01月01日(水) -

今日は元旦。

たまたま外を眺めていたら、たくさんの人が向こうの川岸にいるのが見えた。
そういえば、昨日行ったパブで、
「元旦の正午から寒中水泳するから参加大歓迎よ☆」
と言われたのを思い出した。
海

寒そう~。

今日は、一日中シトシト雨が降っていて、どこにも出かけませんでした。
シトシト雨の中、砂浜のビーチを散歩する人たちと動物たち。
人

宿にいる間に、母と甥っ子に年賀状代わりのハガキにまたどうでもええこと書いてー。

ポストに投函しがてら、街へ出ました。

階段を降りたトコにある、ひっそりとしたパブ、その名も「シークレットバー」を見つけたので入ったら、あら、ステキ☆
パブ

店内もステキやけど、外は川のせせらぎが聞こえる席があって、気の利いたことに暖炉の火に暖まりながら飲めるので、外でまずは一杯。
パブ

パブのオーナーと、イギリス中を転々と仕事しながら旅行していると言うフランス人のお兄さん。
パブ

二杯目もまた外で。
パブ

思いのほか強いお酒だったようで、スドコちゃんたら酔っ払っちゃったー☆
街並み


一年の計は元旦にあるんでしたっけ。
ははは~。

西ウェールズ 5日目 (Newport)

- 2019年12月31日(火) -

今日は大晦日。散歩に出かけることにしたよ。

川

「Little grebe(カイツブリ)」冬羽なので暗い色。
鳥

絵に描いたような白い家。
川

「Carreg Coetan Arthur」。6千年前の墓跡。
火葬された骨や骨壷の破片、ほかにも陶器の破片などが見つかったんだって。
遺跡

この上に乗せられた岩↑は、下にある4つの岩で支えられているのかと思いきや。

ここ、浮いとる↓!
遺跡

こっちも、浮いとる↓!
遺跡
ってことは、上手に2点で支えられてるってことは、横から押したらワリと簡単にコロッと落ちるかもってこと?

12世紀に建てられた、木造の「The old castle」城跡。
なんにも残ってないけど、ちょっと盛り上がった丘みたいになった、ココが城跡だと思う。
城跡


散歩中の犬。ピチピチのレオタードみたい。
犬

「Bullfinch(ウソ)」。
鳥

一瞬で飛び去ったので、ピントが合ってませんが「Wren(ミソサザイ)」。
鳥

ココで、カワセミも見たのに、カメラは間に合わず。
川

「Parrog」村が見えてきました。
散歩道

海に出たので、海沿いに続くコーストラインも歩きます。
人

海

同じ道を引き返してー。
散歩道

ニューポート町にある、山の上のお城。
城
今も人が住んでいるらしく、観光はできんのだって。

町の教会。
教会

教会

教会の屋根にある風見鶏。本物の鳥みたい!
鳥

橋の上から川下を眺めた景色。
川

この川沿いを下って、宿に帰ります。


あ~、今日は、ようけ歩いた!
良い一日でした☆

西ウェールズ 4日目 (Newport)

- 2019年12月30日(月) -

今日の空は、前日と違って、川からこっちが曇り空。
雲

そんで向こう岸の一部だけが晴れ。
雲

一日中、ずーっとこんな景色でした。
こんな景色を眺めて、一日中ダラダラしました。

夕方、重い腰を上げてお肉屋さんに行って、リブアイステーキを買いました。
お肉屋さん

宿に帰って焼いて食べたら、すーごい美味しかった☆


たまにはこんな日も良い☆

西ウェールズ 3日目 (Newport)

- 2019年12月29日(日) -

バルコニーに続く窓を開けると、冬なのに今日も暖かい。

下の芝生でMeadow pipit(マキバタヒバリ)が散策中。
鳥

バルコニーで、景色を楽しみながら朝食を頂きました。
ゴルフ場

今回の宿は、ゴルフ場に隣接した建物で、目の前にゴルフ場が広がります。
ゴルフ場

ゴルフ場の真ん中に、遊歩道があるらしく、ゴルフを楽しむ人と、散歩を楽しむ人がたくさん行き交います。
ゴルフ場


宿からビーチへ向かう歩道から見た景色↓。
ゴルフ場
向こうで、人がボールを打つ構えをしているのが見える!
私んとこまで飛んでくるんじゃないかとヒヤヒヤして、Jぽんを急かして早く通り過ぎようとするのに、Jぽんたら、「そんな飛距離ないって」ってノンビリしたもん。
そんなん、分からんやんね!

ビーチに来ました。
すーごい引き潮。
ビーチ

すーごい強風。
ビーチ

ビーチを端まで歩いたトコにある、河口。
ビーチ

向こう岸がすぐそこに見えるけど、歩いて渡れることは無さそうな川の水の速い流れ。
河口

所々、砂が柔らかくて、足を取られると抜けんなりそう。
足跡

すーごい強風で、砂が風に流されている!
20191229_11.jpg

砂煙?
砂

太陽が、まぶしー!
ビーチ

長靴をはいたスドコ。水ん中をジャブジャブ歩きたいのです。
ビーチ

太陽が眩しいけど、美しい景色☆
ビーチ

ビーチ

ビーチ

左後方に見えるのが、私たちの宿。
ビーチ

この日は一日中、谷あいにある川の上んとこだけ雲が無い晴れ間でね。
この雲、なんにもない青空との境んとこから、次々発生するんよ。
空
発生した雲が風に乗って、そのまま丘の向こうにどんどん流れていく、初めての眺めでした。

夜が近づいてくる時間。
夜空

ニューポートの町へ出かけました。
町の坂の上にある教会へ行くと、もう扉は閉まっていて真っ暗。

真っ暗の中、隣の家の屋根を見ると、星の光のようなものが真っ直ぐ列になって見えた。

Jぽんの袖を引っ張って
「あれ、煙突のライトアップが、星に見えるね」
と言うと、Jぽんはしばらくジーっと見た後
「あれ、動きよる」
って。

二人でジーっと見ていると、あら不思議。屋根の上にあった5つくらいの小さなライトが、ドンドンどんどん空高く上がり、次々と続いて星の光が同じ線上を上がっていくではないか!
まるで、巨大な観覧車に小さな光が灯っていて、その観覧車の中心に私たちが立っているような。
飛行機のように光が点滅することなく、まるで衛星のよう。

Jぽんと二人で顔を見合わせて、
「UFO?」
「ついに見たらイカンもんが見えだした?」

と考えても、コレといった答えが思い当たらん。
結局、50~60くらいの光が同じ線を真っ直ぐ昇って、私たちの後方へと消えていったのでした。

この後、近くのコンビニに入ってお店の人に、
「なんかライトが上がるようなお祭りかなんかあるの?」
って聞いたけど、誰も知らんって。

で、最後の最後に聞いたご婦人が
「そんな話、聞いたことある!」って。
「衛星が打ち上げられたんじゃないか」って。

後で調べてみたら、まさしくソレでした。

Starlink(スターリンク)

スターリンクは、アメリカ合衆国の民間企業スペースX社が開発を進めている衛星コンステレーション計画。
スペースXは、総数約12,000基の人工衛星を、2020年代中頃までに3階層に渡って展開することを計画している。

12,000基からなる巨大通信衛星網が完成すると、低軌道の衛星は90分で地球を周回することもあり、常に約200基の衛星が上空に見えると予測されている。そうなると、天文台による観測に衛星の光の筋が横切るなどの支障が出るとして、日本の国立天文台や国際天文学連合などがスペースXに対し、衛星の素材を変えたり、太陽電池パネルの角度の調節を求める事態となっている。


今んとこ、一回につき60基が打ち上げられてるらしいので、それが見えたみたい。

翌日は、少し離れたイングランド中部でも観測されたらしく、ニュースを見つけました。
英語やけど、写真だけでもご覧ください。
「SpaceX satellites spotted over Derbyshire」


町のパブに入りました。
パブ

私が注文したブルームーンってビール、スライスしたオレンジを入れて飲むんだって。美味しかった。
パブ

この若者たち↓と一緒に、ビリヤードして遊びました。
パブ

この後、ダーツも一緒にした。
若者たちに上手に遊んでもらいました。

あ~、今日も一日楽しかった☆

西ウェールズ 2日目 (Newport)

- 2019年12月28日(土) -

昨日の長旅で疲れたので、昼前までゴロゴロしちゃった。

朝昼兼用のご飯を食べようと思ったら、お日様が照ってきた。
部屋

バルコニーに出てみると暖かいので、冬なのにバルコニーに座って、海を眺めながらご飯食べました。
海

Jぽんは、目の前のビーチを散歩しに行き、私はゴロゴロ続行。持参のクルミを割って食べたり、甘栗食べたり、カロリー摂取に勤しみました(笑)。
クルミ

夕方、やっと重い腰を上げ、街のパブへ行きました。
パブ

パブ

街並み

オーブンに入れた夕飯が焼きあがった頃合いを見計らって帰ると、お~、ええ具合になってました。
夕飯



ホリデー、楽し~☆

西ウェールズ 1日目 (家 - Newport)

- 2019年12月27日(金) -

クリスマス休暇を利用して、どこか遊びに行こう!というて、一番の有力候補だった「スコットランド鉄道の旅」は、鉄道メンテナンスの影響で今回は見送ることにし、そしたらどこへ行こうか、とアチコチ良さそうな所を見つけて、その中から選ぶことができず、また出発当日の朝まで持ち越しました。

さて、当日の朝。
「昨夜、絞り込んだ候補の中から決めよう」
と言うたのにも関わらず、また新たな場所の名前をJぽんが出すので、キリがない、と私が決めました。

「ウェールズの海沿い!
海の見えるコテージに泊まる!」

と宣言し、家を一軒まるまま借りることのできるセルフケータリングを利用することにしました。
宿のオーナーへ連絡をすると、なぜか£100(約1万4千円)の値引きをしてくれ、当日なので全額前金で銀行振り込みをし、荷物を車に乗せて目的地へ向かいます。

高速を使わずに、美しいコッツウォルズの街並みや、なだらかな丘を、景色を楽しみながらドライブしました。
家から宿まで、ノンストップで6時間。
あ~、疲れた。


宿の近くのコンビニでピザを購入し、オーブンで焼いて、ワインで乾杯したら、ホリデーの始まり始まり~☆


最新記事