DEVON 8日目 (Lynmouth - Wells - 家) その2

- 2017年05月01日(月) -

続き。

「Wells」っていう町に来ました。
小さい町やと思ってきたら、思ったよりもはるかに大きくて驚いた。
景色

1175~1490年にかけて建てられた大聖堂「Wells Cathedral」。
大聖堂

大聖堂

大聖堂

大聖堂

大聖堂

大聖堂

大聖堂

大聖堂

大聖堂

大聖堂のすぐ裏にある「The Palace Moat」。
お堀

お堀

お堀

お堀

思ったよりも見所がたくさんあって、またユックリお泊りで遊びに来たいなーと思う、趣のあるステキな街でした。



今回のホリデーも、とっても楽しかったです☆

DEVON 8日目 (Lynmouth - Wells - 家) その1

- 2017年05月01日(月) -

あっと言う間に最終日になっちゃった。

昨日1日、シトシトやけど雨が降ったので、川の水量が少し増えてます。
景色

道中、観光しながら家路に着くよ。

「Porlock Weir」村。
景色

港のすぐ横にあったパブ兼ホテル。中に入ってみたよ。良さそうなので、機会があれば泊まってみたいな。
パブ

主要道から細い道に入って丘を登ったとこにあった、Selworthy村の「All Saints Church」。
教会

教会

教会の出入り口からの景色。見晴らしが良い~。
教会

「Dunster Castle(ダンスター城)」。
城

13世紀に造られたゲート。
城

城

城

城

天井の装飾は、全てに物語が表現されてるんだって。
城

城

お城のわきにあった馬小屋。
馬舎

お城の麓では、水車を使って小麦を挽く実演が見れました。
朝ご飯用に、オートミール(oat meal)を買って帰りました。美味しかったよ。
水車

ダンスターの街並みも歩いてー。
景色

村の教会も見学してー。
教会

教会

ランチもこの村で食べました。


車に乗って、前日に行ったのと同じ路線、保存鉄道「THE WEST SOMERSET RAILWAY」の、Washford駅に来ました。
駅

駅

帰り道、途中から雷雨がすごくてねー。
景色

この時に初めてJぽんが雷を怖がるん知った!



つづく。

DEVON 7日目 (Lynmouth - Minehead)

- 2017年04月30日(日) -

今日は一日シトシト雨の予報。

保存鉄道「THE WEST SOMERSET RAILWAY」の、Minehead(マインヘッド)駅に来ました。
保存鉄道

保存鉄道

保存鉄道

昔の豪華絢爛ファーストクラスの車両に乗って、ほんの短い距離を蒸気機関車が連れてってくれる、体験乗車をしてみたよ。
保存鉄道

危険防止のため、昔の客車は、内側からはドアが開けれないように、ドアを開ける取っ手がありません。
私がイギリスに初めて住んだ、2001年あたりに使われていた客車も、そういえば外からしか開けれんやったかなんか、ちょっと変わった構造になっとった車両が、たまーにあったのを思い出した。詳しくは忘れちゃったけど。乗客は、駅に着いたら内側から窓を開けて手を出して、ドアの外のドアノブを回してドアを開閉したような記憶がよみがえりました。

このベルトは、窓ガラスを上げたり下げたりした時に、支えるためのモノ。
保存鉄道


蒸気機関車の方向転換をする、ターンテーブル。
実際に使われているのは、初めて見ました。
保存鉄道

保存鉄道

手動。こっちの端と向こうの端に人がいて、二人が同じ方向に押して回します。
保存鉄道

一番奥の蒸気機関車は、色がまだ塗られてないらしい。整備中の機関車もたくさんありました。
保存鉄道

三つの蒸気機関車がほぼ同時に出発していきました。
昔の景色を見ているみたいで、ちょっと感動。
保存鉄道

マインヘッドの海岸沿いをチラッと歩いて、街も散策してー。買い物もしました。

刈り込まれた垣根から新緑が生えていてキレイ。
景色

国立公園「Exmoor」。なんと寂しい景色なことか。
景色

宿に戻って例の鋳物浴槽でノンビリお風呂に浸かって、夕飯を食べに行くよ。
景色

2日前に入ったホテルのレストランで夕飯を食べることにしました。
前菜。カニとアボカドのなんとか。
食べ物

Jぽんのメイン、焼いたサーモンとスモークサーモンのなんとか。
食べ物

私は、Jぽんが前回頼んで、すーごい美味しくて絶賛した、ステーキを頼みました。
元々のお肉も良いお肉なんやと思うけど、上手に焼いとってねー。
イギリスに来て、初めて美味しいと思うステーキを食べました。
というか、あんまりステーキに惹かれたことなかったので、注文したことって皆無に等しいんやけど。

食後、仕事が終わって出て来たシェフがカウンターに座っていたので、ちょっとお話したよ。お肉は地元のお肉屋さん(英語でブッチャーって言うんよ(笑))で仕入れるんだって。そこのお肉屋さんは良質の肉を取り扱うって言うておいでた。

料理はどれも美味しかったけど、ステーキは絶品でした。お肉焼くだけやんって言うかもしれんけど、いや、これがホントに絶妙な焼き加減で、ホントに美味しかった。
あー、なんたる食いしん坊☆

DEVON 6日目 (Lynmouth - Lynton)

- 2017年04月29日(土) -

前日、リンマス湾を見ながら駆け足で歩いた時に発見した、リンマス川の河口にある、パターゴルフ(The Lynmouth Manor Green - 18 hole putting)をしに行きました。
景色
おもしろかったよ。

前夜行った、パブの外観。また今夜も行くかもー。
景色

世界一の急傾斜を誇る、水動力のケーブルカーに乗りに来たよ。
景色

「Lynton & Lynmouth Cliff Railway」
リントン&リンマス クリフ鉄道は、崖の上にあるリントン村と、崖の下にあるリンマス村の間を繋ぐ、水動力のケーブルカー。
鉄道は、坂の両端の1.7 メートルの滑車を回る連続索に連なる2両の各40名の旅客を運搬できる車両からなる。。

景色

車両の床下に大きなタンクがあり、西リン川から運ばれた水が、上で待機する車両のタンクに補給される。水で重くなった車両が下降を始めるまで、同時に下で待機する車両から水が放出される。速度は各車両のブレーキ扱い手により調節される。
景色

景色

崖の上のリントン村を散策してー。
村の外れにある、クリケット場を発見。しばらく観戦しました。
景色

「Valley of Rocks」。
景色

景色

クリケット場の横にあったカフェで、ケーキ食べたよ。
カフェ

これが今夜の宿。
宿泊料金がお高いなりに、内装や家具が全て本物!みたいな。バスタブも鋳物浴槽やったよ、アレ。壁紙まで凝ってました。
宿

そんでー、また昨夜と同じパブに来ました。
ビールを飲んでいると、さっきまで観戦していたクリケットのチームがやってきて賑やかになりました。
パブ

夕飯は、またココで食べてー。また美味しかった☆

景色

もう一軒このパブに寄ろうか、と言いながら真っ直ぐ宿に戻って、グースカ寝ました。
パブ




 本日の歩数 : 7,228歩。

DEVON 5日目 (Lynmouth - Brendon)

- 2017年04月28日(金) -

宿を予約したのはダブルルームやったけど、この日は他の部屋に空きがあったので、好きな部屋を選ばせてもらえて、大きなファミリールームに泊まりました。

イングリッシュブレックファースト。
朝食


さて。
今日は、この東リン川沿いを上流へ向かって歩くよ。
景色

Lynmouth村を振り返ったとこ。
景色

景色

ずーっとずーっと川沿いを歩きます。
景色

景色

景色

景色

中腹にあったカフェ、National Trustの「Waters meet」で、アイスクリームを食べて休憩しましてー。
橋の上から川を眺めましてー。
景色

更にまた、ずーっとずーっと川沿いを歩きます。
景色

ここもブルーベルが咲いていて、キレイ。
景色

景色

散歩道の分岐点にあったパブ、「The Rockford Inn」。
パブ
このパブの庭で、川を眺めながらティーを飲みましてー。

休憩した後は、川沿いを離れて、丘を登りました。すーごい上り坂を登ってー。

プリムローズがアチコチに咲いてましてー。
花

景色

あの向こうに見える丘の、濃い緑のトコを縁取るように、坂道がある。
まさかとは思うけど、アレを登るらしい。
景色

せっかく坂道を登ってきたのに、なんとココからまた谷を下って、一旦、川んトコまで降りて、更にまた坂を登ります。

なんだー坂ーこんなーさっかー。
景色

フーフー言うた。
やっと、山の尾根にでました。山じゃなくて丘か。
景色

たまたま見下ろした足元に、こんな虫がいました。これ、何???
虫

野生の馬もいました。
馬

「The Parish of Saint John the Evangelist Counitsbury」教会。
教会

教会

リンマス湾を見下ろしながら、少し慌てて歩きました。
6時を過ぎようとしているのに、リンマスの村はソコに見えとるのに、一向に村に近づきません。
景色

走るように歩いてー。
景色

白いブルーベル。この村近辺ではたくさん見かけました。ワイルドガーリックって言う人たちもいて、ホントはどっちか知りません。
景色

宿に戻ってシャワーを浴びて、川沿いのホテルレストランで夕飯を食べたら、すーーーーーごい美味しくて、Jぽんと絶賛しました。
景色



 本日の歩数 : 15,352歩。

DEVON 4日目 (Clovelly - Lynmouth) その2

- 2017年04月27日(木) -

続き。

教会から真っ直ぐ西へ向かったところにある、「Hartland Quay」へ来ました。
ここでヨーグルト食べてー。
景色

また車に乗って、「Saunton Sands」へ来ました。
景色

景色

景色

景色

更に車に乗って、海岸沿いを走り、次の目的地「Lynmouth (リンマス)」に到着したよ。
リンマス村の東側を流れる、東リン川。この川沿いにある宿に泊まります。
景色

東リン川と西リン川が流れ込む、河口から上流に向かって見た景色。
景色

河口沿いにあるパブ「The Rising Sun」で、ビールを飲みましてー。
パブ

パブ

食事のメニューを見たら美味しそうなので、夕飯もココで食べました。
これが、すーごい美味しいんでタマげた☆←失敬な。

パブ

パブ


夕飯食べて満足して、パブの建物が古くてステキなのでアチコチ観察しとると、バーマンが↑が、「宿も見てみる?」と二階の部屋へ案内してくれました。
パブ

この廊下の歪み、味があるよねー。アチコチに通路が伸びていて、迷路のような造りなのがまたオモシロイ。
お部屋は古い建物を上手にモダンに改装していて、これまたとっても素敵でした。

DEVON 4日目 (Clovelly - Lynmouth) その1

- 2017年04月27日(木) -

あっと言う間に、ココの宿泊最終日になってしもたー。
つーまーらーーーーん。
景色

ココに泊まっている間、毎朝違う朝食を注文しました。
今朝は、イングリッシュマフィンの上に目玉焼きとベーコンに、なんとかソースが掛かったのを注文しました。
朝食
美味しかったです。


今日は、例の映画撮影が始まるらしく、ドローンが飛んでました。
景色

景色

撮影中は、防波堤は立入禁止。
それもそうよな。第二次世界大戦中に日本人がこんなとこ歩いとったら、そらオオゴト★

村を、もう一度散策しに行きました。
景色

撮影の合間に、防波堤を歩かせてもらえたので、防波堤からまた村を振り返ってー。
何度見ても良い眺めやわー。
景色

車に乗り込んで、少し西に向かったところにある「Hartland Point」の灯台を見にきました。
景色

景色

そこから南にある「Parish Church of St Nectan」)に立ち寄りました。
景色

景色

景色

この天井の部分は、船底を再利用してるんだってー。
景色




つづく。

DEVON 番外編 (Clovelly)

- 2017年04月26日(水) -

この防波堤の始まりんとこにある白い建物が、今回、私たちが宿泊したパブ兼ホテル「The Red Lion」
景色


今回、私たちがいる間、壁の塗り替え作業をしている人たちがいました。
建物

建物

しかし、一向にキレイになっているようには見えません。
それどころか、黒っぽい液体をスプレーしたり、汚れた雑巾やスポンジで壁を叩いたりしているではないか。
建物

何やってるんですかー?と、このお兄さん↑に、話を聞いてみました。

なんと、この宿の一階部分から防波堤と、村の家並みを使って、映画撮影をするらしい。
第二次世界大戦中の港に見せるため、もともと真っ白だったホテルの壁を汚さなならんのだって。

えー、楽しそう。キレイにするんじゃなくて、汚すのが仕事。
楽しそうすぎることない?
なんで子供たちに、この仕事を任せんのだろう(笑)。

他の映画の、どの現場でも、ほとんど「汚す」のが仕事らしいよ、このチームの人たち。
おもしろそうよねー。世の中には、ほーんといろんな仕事があるもんやねー。

建物

建物

散歩から帰ってきたら、この通り↑、ちゃんと汚れてました。ウマい。


その翌日。

ああ、なるほど。窓はあれで隠すのね。なるほど~。
建物

建物

あれ、まだ汚し足りんのやね。
建物

しかし、こんな天気の良い日に、海の近くで壁を汚す仕事。
ええね~。


しかし私たちはもっと良いことに、ホリデー中なのだ。

また散歩出かけて帰ってきたら、この石畳の歩道と壁↓、崩れたんでやり直しよったんよ、朝、私たちが出かける時には。それが、もはや修復されて、しかも上手に汚されて(笑)、新しくなったトコがどこか分からんことになっとる!
建物

うわー、きったねーーー。
建物

私たち、この状態の時を初日に見とったら、宿の選択間違えたねって言うとこやった(笑)


そうして更に翌日。
あー、なるほどねー。こんなん映画で見たことあるわー。
建物

ちょっと坂を上ったトコの家の玄関も、汚されてました。
建物

建物


キレイなトコと汚したとこの境目。
建物

こう見ると、思い切りが必要なのね、この仕事、みたいな。

この後の、撮影中の写真を見つけました。
英語サイトやけど、写真だけ見てみてみて~☆
 Pictures: Clovelly harbour transformed into 1940s film set
 Behind the scenes shots of Guernsey movie set


この映画のタイトルは「Guernsey」。
覚えとったら(笑)、見るぞー☆


あ、そうそう。撮影後は、ちゃんと元通り、真っ白の壁に塗り替えるらしい。
そんなら、次回は汚れた頃にまた来てくれたら、お互い助かるよね(笑)。

DEVON 3日目 (Clovelly - Buck's Mill)

- 2017年04月26日(水) -

今朝も、美味しい食事を頂きましてー。

そうそう、朝食を食べに降りようとした頃に、火災報知器が鳴ってね。たまげた。
トーストが焦げただけやったらしい。
(昨日、私もウチでヤラかして、冷や汗かいた)


で、今日はこの通りの青空!
景色

景色

気持ちが良いので、防波堤でしばらく座っていると、スズメがやってきました。
鳥

引き潮で、防波堤の裏側まで歩くことができるよ。
景色

満ちるとココは海の底、と思うと不思議よねー。
景色


今日は、Clovelly村から東に向かって歩くことにしました。
引き潮なので、行きは海岸沿いを歩くよ。
景色

これが思ったよりも遠くてねー。
というか、私は遠いと思っとったけど、例によって距離と時間に楽観的なJぽんが、1時間も歩けば着く、と言うて、1時間歩いた時、私たちは、Clovelly村と目的地の目印のちょうど真ん中に立ってました。

途中で私、ゴロゴロ石に足を取られてシリモチついたし。
平らではなくて斜めになっとるので、歩きにくかったし。
景色


結局2時間半かかって、目的地「Buck's Mill」村に着きました。

アザラシが3頭、岸に近いところでヒョコっと顔を出して気持ち良さそうに泳いどるのを眺めましてー。
景色

帰りは、丘の上のコーストライン(海沿いの散歩道)を歩くよ。
景色

すーごい勾配の坂を上り中に、ブルーベルがキレイに咲いてました。
景色

景色

草原では羊の親子が放牧されていてー。
景色

この辺りはキジが有名らしい。
アチコチでキジのエサ入れを見かけました。
景色

かーなり歩いたのに、私たちの村にはまだ着かんのかいねー、と思って、さらに歩いた辺りで、木々の間から見えました。
私たちの宿と、その前の防波堤。

これ、まだまだ歩かんと着きそうにないし。
景色

ここから更に1時間歩いて、やっと宿に着きました。
シャワーを浴びて、階下のパブで一杯飲みましてー。
景色

パブ

別のパブに行ってみる?といいつつ、ココで夕飯も食べました。
久しぶりのフィッシュ&チップス。
パブ


美味しかったし、今日もようけ歩いて良い1日でした☆



 本日の歩数 : 16,069歩。

DEVON 2日目 (Clovelly - Mouthmill Beach) その2

- 2017年04月25日(火) -

続き。


さて。今日は村から北西に向かうコーストパス(海岸沿いの散歩道)を歩くよ。
景色


アマチュアWeb写真ギャラリー「フォトラボ 夢工房 ばく」さんに掲載してもらった写真。
景色
村から一時間くらい歩いた辺りの、なーーーーんにも周りにないトコに、急にこんな大きな石の階段が造られていて、階段を囲むようにワイルドガーリックが群生してました。うつくしーーーー。


そういえば、私の好きな黄色い花、ゴースを見てないな、と言うた途端に、風に乗ってゴースの香りがしてきました。

森を抜けると、これ見て↓!丘一面がゴースの花に覆われていて、すごーい甘い香りが漂ってるんよー。
景色

景色
こんなにたくさんのゴースが咲いとる丘は初めて見た!と思う(笑)。


こんな急な坂も下りました。
景色


「Blackchurch Rock」と呼ばれる岩。
景色


森の中は、また違った空気と景色。
木漏れ日も横たわった老木も、その間を埋めるように咲くブルーベルも、自然ってどうしてこんなに美しいんだ。と感心しきり。
景色


ここまで歩いてきて、近くのベンチで休憩した後、来た道を引き返しました。
景色

景色

休み休みではあるけど、5時間の散歩した。疲れたー。

さて。村へ戻ってきたよ。
景色

満ち潮の、堤防とバブを見下ろしたとこ。
景色

満ち潮の、堤防。
景色

今日は、バブの上の階にあるレストランで夕飯をとりました。
景色

前菜。カニのなんとか。
パブ

メイン。白身魚のなんとか。
パブ


どれも、とっても美味しかったです。


今日も良い一日でした☆

 本日の歩数 : 11,268歩。


最新記事