BBQ

- 2009年06月30日(火) -

天気予報によると、今週は天気も良くて、夏日和らしい。
気温も30度を超えるんだって。
ホンマかー。


というわけで、Jぽんが仕事から帰ってきたのでバーベキューに誘った。(←私らしからぬ案やろ)
ら、「行く行く~!!」と小躍りしていなさった。(←Jぽんらしい反応やろ)

新ジャガを丸茹でして、野菜切って、ステーキ肉(我が家ではかなり珍しい)も一口大に切った!
そういや、冷凍庫に特大ソーセージもあるの、持って行こうっと!
昨日の大根は、大根ステーキにして持参。
もちろんビールも持って行くわよ~!
と大張りきりで準備した。


「で、どこ行く?」

となったら、行き先は、やっぱり畑。
どんだけ畑が好きやの!!!って言うてもええよ。


チラっと草引きして、さて、バーベキューを始めたら!

ゴロゴロ~っと雷の音が遠くで聞こえた。
Jぽんが、スコップやらの鉄製品を、ちょっと離れたところに置きに行った。

ところで気が付いたんやけど。
おいしそうに焼けた肉や野菜を乗せた、今まさにヒザに置いて食べとる、そのお皿は鉄じゃないの??
手に持っとるコレは、鉄のフォーク?
しかも、私たちったらワリと大きな木の下でバーベキューしとる。


わはは~。
気にしない気にしない~。
野菜


となったあたりで、雨がポツポツしだした。


わはは~。
気にしない気にしない~。

って、だんだん大降りになってきた。

普段、「バーベキューしよう」なんて言わん私が、そんなこと言うけん。
そら、雨も降るし雷さんも鳴るわなぁ。



って言うとる間に、雨も上がり、空が夕焼け色になってきた。


特大ソーセージも焼けたみたいやし。
新ジャガも、焼いたら皮がパリッサクッとなって、さらにオイシイ。
畑から小タマネギも採ってきて、半分に切って焼いたら、激ウマやし。
大根ステーキは、近くの畑の人たちにも好評やったよ。



あ~。
楽しかった~。

畑報告

- 2009年06月29日(月) -

見よ!この奥に、土から盛り上がった白い神々しいの!!
大根サマよ!
景色

わははー。
ついに、収穫する時がやってきましたよ~。(たぶん)

っちゅーワケで、一番大きいのを一本、抜いてみた。
先が2本に分かれて、ホントの大根足みたいになっとった。

はてさて。
これをどうして食べてやろうかね~。。
楽しみ楽しみ。





ところで、畑では、まだまだイチゴが採れてマス。
またまた大きいのんが採れたんで、例によって500円玉と同サイズの£2と一緒に。
イチゴ

今回は、大きい立派なのがたくさんあったの、つい採りながら食べちゃったんで、残ったのがこれだけ。


ジャンボイチゴさんに釣り糸案を教えてもらったんで、鳥に食べられずに無事育ってま~す☆
ありがとうございまーした!

ピーク ディストリクト

- 2009年06月28日(日) -

今日は、ピーク ディストリクトを散歩するよ。

ウィキペディアによると、ピーク ディストリクトは、
「日本の富士山に次いで、世界で2番目に観光客の多い国立公園」とされているらしい。
富士山、すげー。。


今日は、ピーク ディストリクトの一番南あたりを、川沿いに歩くことにした。
景色


なんと家族連れの多いこと。
今日は湿度が多くて蒸し暑く、大人も子供も、ジャブジャブ水遊びを楽しんでました。
景色

私たちも、この石の上を歩いて、川を渡ってきたとこ。


蒸し暑い日でも、川沿いは涼しい風が吹いて、気持ちが良い。
「ここもディンギーできるねぇ」って二人でチェックしながら歩いたよ。
景色


カルガモ親子発見。
この子ガモたちが、川の流れの速いところや小さな段差を、親ガモについて「泳ぐ」というより、「流され」とるの、とってもカワイイかった~。
景色




帰りは、高速に乗らず、小さな村々を通って、ゆっくりドライブしたよ。

そんで、運河沿いのパブに寄って、ビールを一杯だけ飲んで、家に帰りまーした。

クリーシー

- 2009年06月27日(土) -

今日は、ずいぶん前に一度会ったことのある、Jぽんの友達カップル、クリーシー&サラの結婚パーティーがある日。
少し離れたところに住んでるんで、お泊まりで出かけた。


近くに、Peak District(ピーク ディストリクト)っていうイギリス初の国立公園が近くにある。
明日は、そこをゆっくり散歩するよ。
景色




夜、8時頃からパーティに出かけて、飲んで食べて踊った。
サラはステキなドレスが似合っとったし、クリーシーは酔っぱらってエアギターを披露して、最後にスッ転んで、みんなを笑わせとった。

あ~、今日も楽しかった!

ミュージック フェスティバル

- 2009年06月26日(金) -

ハリー&ルイーズから、ミュージック フェスティバルのお誘いがあったんで、行ってきたよ。

5つくらいステージが用意されとって、1つのライブが終われば、違うステージで別のライブが始まる。
観客は、ビール片手に芝生に座ってマッタリしたり、踊ったり。
ライブ

ライブ


今日と明日の2日間、行われるらしい。
両日見に行く人たちは、会場近くに設けられたキャンプ場に泊まるんだって。
それぞれがギターや諸々の楽器を持ってきてるらしく、みんなで夜通し音楽を楽しむんだって。

dingey(ディンギー)

- 2009年06月25日(木) -

ゴムボートのこと、英語でdingey(ディンギー)って言うんやけどな。

ディンギーに乗って、川遊びしてきたよ。


今日は一日中お天気も良くてポカポカ陽気ってことは、川遊び日和。
隣町の、またその隣町まで車で行って、そこからスタートしたよ。
景色

ゆるやか~な流れの静かな川。
ノンビリ漕いで進むと、爽やかな風も吹いて、なんとも気持ちが良いじゃないの。

キレイな青や緑のトンボもアチコチ飛んで、川には大きな魚や小さな魚がたくさんおる。
景色


川が浅くなったところで、いったん岸に上がって、ランチ休憩したよ。

川が深くなるまで、少し歩いとると、ワイヤーに羊の毛が絡まっとった。
羊さんが洋服を洗濯して干しとるみたいやねー。
景色


ヤツらの洋服なんやな、これ↑は。
動物



川に降りて、またゴムボートを漕いどると、Bull(ブル)がおった!雄牛!!
動物

今まで、草原を散歩しとって、牛の群れを通り抜けることが何度かあったけど、そのたびにJぽんが
「ブルがおらんけん、大丈夫」って言うとったんよ。
なるほど。いつも見る牛よりも筋肉隆々で一回り大きい。こりゃ貫禄あるワ。

ちなみに、コレ↓が牝牛たち。ブルを見た後に見たら、なんだか優しそうに見えるわぁ。
動物

この牝牛たち、ホントに好奇心旺盛らしく、しばーらく川沿いをゾロゾロ歩いて、私たちを追いかけて来とったよ。


そんで、川の真ん中の草の茂みに、何かあるのを発見!
鳥

鳥の卵!!Moorhenって鳥の卵なんだって。
鳥



この辺りで、ちぃと疲れたんで、ワタシは寝っ転がって空を見上げてボンヤリした。
水面の小波に当たる音と、木や草が風に揺れる音、鳥のさえずり。
おー。気持ちがええわー。サイコー。
景色



やっと隣町までやってきたよ。

よくこのブログにも名前の出てくる、リンダ&スピーズが迎えに来てくれとった。
白鳥の親子がおったので、川岸から白鳥の気を引いてくれよるところ。
ヒナ鳥がおる時は、川におる私たちのことを攻撃してくることがあるんだって。
人


私たちは岸に上がって、代わりにリンダ&スピーズがディンギー遊び。
乗り物


ボビーは、自分と同じくらいの大きさの木が気に入ったらしい。
動物


Jぽんに持ち上げられても、離したくないらしい。
動物



リンダー&スピーズんちでお茶をご馳走になった後、隣町まで車で乗せてってもらったよ。



あ~、今日は、よーけ運動したし、よーけ笑った。

キレイな景色をいっぱい見て、とっても気持ちが良かったけど、途中、ジャングルみたいなところも通らんとイカンくて。
川の水面に垂れ下がった木の枝の下を通り過ぎた後は、ヒャーヒャー大騒ぎなこと(私だけ)になった。
小さな段差も、ボートがひっくり返るかも?!って言いながら(なぜ挑戦するのかは不明)、なんとか無事通り過ぎたり。
アドベンチャーな遊びやわー。
ホント、久々にここんなに笑い転げた。
楽しかった!!

誕生日

- 2009年06月24日(水) -

今日は、幼馴染みのサナエさんの誕生日。
8才の時に、彼女が引っ越してきて以来の仲良し。

小さい時はケンカもしたけど、いーっつも一緒におったよな。

ちぃと遠いところに来てしまったけど、これからもヨロシクね~。
花


イギリスでは、今の時期、こんな花が咲いとるよ。
いつか遊びに来てね。
花


サナエさん、誕生日おめでとう~☆

おばあちゃんの花

- 2009年06月23日(火) -

Jママんちの庭にな。ピンク色の小さなカワイイ花が咲いとった。
日本でも見たことのあるような花。
花

Jママに、なんて花か聞いたら、

「Jパパのお母さんからもらって、ここに植えたら、毎年咲くのよ~。
 名前は知らないから、おばあちゃんの花って呼んでるのよ~。」

ってニコニコしておいでた。
花



紅茶を一杯ごちそうになって、Jママと畑に行ったよ。

一緒に新ジャガを掘って、今日の分は、JママとJママ姉用に持って帰ってもらったよ。

夏至2

- 2009年06月22日(月) -

昨日の続き。


F1観た帰りに、近くの小さな村の広場でクリケットの試合をしとったんで、観ることにした。
ちょうどええことに、この広場のすぐ横にパブもある。

ビールを片手に、芝生に座った。
スポーツ観戦


よくよく見ると、一番左のキーパーと、審判しとる人(左から4人目)って、子供じゃない?
スポーツ観戦

この後、大人のプレイヤーが、この小さな子供の審判に、
「今の、アウト?セーフ?」
って判断を委ねよった。

こうやって子供たちもゲームに参加させてもらうと、とっても楽しくゲームが覚えれるんやろうなぁ。


この後、バーベキューをするらしく、テントも張って準備が始まった。
村の中心にある広場でマッタリ試合をして、その家族みんなも集まって、ワイワイ交流するのって、楽しそうよなー。
とってもホノボノした、雰囲気の良い村やったよ。



さて。
せっかく夏至の日で一番日が長い日やから、家に帰る前に、どっか散歩でもしようかって話になった。


前にも一度、とっても寒い日に歩いたことのある場所を歩くことにした。
景色

というか、この先にあるパブが目当てで。←またか!って言うてもええよ。
そこを目指して歩いたよ。


パブからの帰りに見た、白鳥の親子。
みにくいアヒルの子、小さくてもアヒルよりも首が長いんな!初めて知ったけん!
鳥



そんで、帰りに家の近くで買い物した後、車に戻る途中、インディアンレストランから良い香りがしてきてな。
つい、カレー食べてしまいました。
あ~、お腹いっぱい☆

夏至

- 2009年06月21日(日) -

今日は夏至。
毎年、夏至の日は、未明からストーンヘンジでお祭りがあって、普段は遠巻きにしか見ることのできん巨石を囲んで、日の出を待つ。

Jぽんは、ほぼ毎年、欠かさず参加してきた。


なのに、今年は!!
直前まで行く気マンマンやったのが、出かける直前に大ゲンカになってしまって、行かんことになってしまった!!!
しかも、夜中の1時に大ゲンカ。
ケンカの元は、またいつものように、しょーもないことなので、何が原因やったか忘れた。


っちゅーワケで、二人揃ってフテ寝した。
アホやろ。




そんで、ストーンヘンジとは、うって変わって。
本日やってきたのは、ここ。

何を観に来たと思う?
高い位置に設けられた観客席に、この大勢の観客。
スポーツ観戦


耳栓しとる人たちが、ようけおるとこ。どーこか?
スポーツ観戦


ワタシからは、とうてい想像できんやろうけど。

そう、F1を観に来たのだ。
スポーツ観戦


シルバーストン サーキットって何?GPって?そもそも、F1って何の略?
なワタシが、こんな場所に来たところで、なーんにも分からん。

騒音が近づいて来たと思ったら、直線は目にも留まらん速さでアッと言う間に通り過ぎて行くし、同じような車が何台も走っとるんで、どれがどれやか分らんどころか、どれが1位なんかも分らんし。

H岡さんちのご主人やらが来たら、とっても楽しいんやろうなぁと思った。



でも、まぁ、テレビで見とるようなレースがここで行われとるんねー。
と、会場の臨場感を味わって、帰りまーした。

また新ジャガ報告

- 2009年06月20日(土) -

今日も新ジャガ報告。
よっぽどウレシイんよ。
なはー。許して。

今日は、5~6株抜いたんやけど、どれも大きさが同じくらいで形も良かった。
野菜

土の中から丸い白いのんが出てくる度に、ウレシイんよ。

二人で、
「コレ見て!」「また出てきたよ!」
「コレもそう?」「ソレは丸くて白いけど、石!」
って大騒ぎよ。

今回は、J姉んちと、スピーズ&リンダんちにおスソ分けしてきたよ。


さて。今日もJぽんは昼からクリケットがあるんで、見に行ってきまーす☆

鳥の餌

- 2009年06月19日(金) -

イギリスでは、庭先やバルコニーに鳥の餌を置いてあることが多い。
いろんな種類のキレイな小鳥がやってくるんよ。


しかし、リスが居座って鳥の餌を食べとるのを見ることも多い。
動物

イギリスの空

- 2009年06月18日(木) -

これみて。変わった雲じゃない?
シューっと線を引いたような雲が、空高くに見えたよ。
景色


こっちのんがイギリスらしい空?
ビュンビュン強い風が吹いてきたと思ったら、暗い雲が空を覆ってしまったよ。
景色



雨が降ったり、カラッと晴れたり。
まーた畑の草引きが忙しくなるんだろうなー。

新ジャガ!

- 2009年06月17日(水) -

今日は、ジャガイモを掘った。
試しに、2株だけ。
野菜


大きさは不揃いやし、玉ねぎみたいな形のんもあるけど、初めて自分たちで植えて育てたジャガイモ。
ウレシイけん、Jママんちにおスソ分けしに行って、残った半分が↑コレ。


今日の夕飯は、久々のローストチキンに、新ジャガ茹でたのと、昨日のソラマメの塩茹で☆

昨夜はJぽん、例の腹痛の検査前夜のために食事制限があったんで、ソラマメは今日、一緒に食べるのだ。
検査結果は、悪いとこナシ!だってー。
ホンマかいな。

バラ再び

- 2009年06月17日(水) -

春先にJママが買ってくれたバラな。

花が咲き終わった後、ネットで調べて、剪定しとったんよ。


そしたらな。
新芽がグングン伸びて、気付いたら、花のツボミが一輪だけ出てきとったんよ。
それが、ついに咲いたよ~。
花


最初の時の花が↓コレ。
花



一輪だけやけど、今回のんが、色が濃くて大きい花が咲いた。
ウレシイ~。

でも、こうやって写真で見ると、前回のんが健康そうやな。
今回のは、ヒョロ~っと背が高く伸びたのよ。
何が違うんかな?

マメ

- 2009年06月16日(火) -

今朝も張り切って畑仕事をしてきたよ。

草引きして、イチゴの古い葉を整理して、土の上に藁をひいた。
葉っぱに隠れたイチゴも、よく日に当たるように影から出して、藁の上に載せた。

ランチを食べに家へ帰って、昼から再度、畑に行ったらば。
赤くなりかけたイチゴが!!!

鳥に食べられとった。。


アホや~。
日に当たるようにしたら、鳥からもよく見えるようになっとったんよ。
葉っぱに隠れとる方が良かったんやーん。




もう一仕事がんばった後、帰りに、近くの畑の人に、スイートピーもらったよ。
花

スイートピーって、「スイート」な「ピー」なの、今日初めて気付いた。
「スイート=甘い」「ピー=マメ」やんな!
知っとった?
「甘い豆」ってことは、この花の後になる実は甘いんかと思って聞いたら、実は食べんらしい。
花の香りが甘いから、スイートピーって名前が付いたんじゃない?ってところで話は納まった。


そんで、そのまた帰りに、更に違う畑の人に、ソラマメをもらったよ。
野菜

これもマメなので、同じく「ピー」かというと、「ビーン」なのだ。

 Pea(ピー) : グリーンピースのような丸い豆のこと。
 Bean(ビーン) : ソラマメのような形の豆のこと。

「スイートピー」の花の後になる豆の形が丸いからスイート「ピー」やけど、ソラマメの形やったら、このカワイイ花の名前は「スイートビーン」やったんよ、きっと。
「ミスタービーン」みたいやね。
あら?!ミスタービーンって、「おマメさん」ってこと?ありゃー。


と、なんじゃそら、な話になってしまったけど。
「ピー」と「ビーン」を同じ日に頂いて帰ったよって言いたかったのだ☆

イチゴの季節

- 2009年06月15日(月) -

ついにやって参りましたよ~。

イチゴの季節!!!

畑に行ったら、どこの畑の人も、イチゴを食べとる。
オジサンもオバサンも、休憩しながらイチゴを食べとる。


どれどれ。
私たちの畑のイチゴたちはどんなモンかいね~。
と、最近は畑に着いて、一番にチェックが入るのがイチゴ。

今日の収穫はコレ!!真ん中の特大、スゴくない?
イチゴ

一番左端のイチゴに立てかけとる£2硬貨が、日本の500円硬貨と同じくらいの大きさやけん。
むはー。
うれしい~。

Jぽんが帰ってきたら、一緒に食べよう~っと。

クラシックカー

- 2009年06月14日(日) -

先週日曜の、クラシックカーを見に行ったこと書いてないかったけん書いとこ。
乗り物


こんなオジサンの顔があったよ。
乗り物

この車のライトの間の尖ったのが、上の写真↑のオジサン。
乗り物


こんな車で海沿いをドライブしてみたいね~。三輪車やん、これ。
乗り物


これも三輪車。これカワイイよなー。
これ、ほしい~。
乗り物



ちなみに、この車たち、みんな動くんよ。
出品者がここまで運転してきて、順番に並んで展示しとった。

トンボ

- 2009年06月13日(土) -

昼前から、Jぽんと一緒に畑に出かけた。
Jぽんは、昼過ぎからクリケットがあるんで帰ったけど、私は残って草引きに専念したよ。
家から畑までは、そう遠くないんで、飽きたら歩いて帰ることにしたんよ。


地道にポチポチやっとったら、ジャガイモの葉っぱの陰でトンボを発見!
野菜


トンボやと思うんやけど。
小さい、細っこいのんやった。
形はトンボとよく似とるけど、サイズが小さいのんは、なんか違う名前じゃないかったっけ。
なんていうんやっけ。

このトンボ?は、頭から尻尾までが4cmくらいの長さやったよ。
足

この丸っこいのは、私のヒザ。



そんでー。
気付いたら夕方5時過ぎとった。
今日はウッカリ、時計も携帯も持ってくるん忘れとって、時間が分からんくてな。

Jぽんがティータイムに迎えに来てくれて、
「とっくに家に帰っとると思った!!なにしとん???」って言うとった。
勤勉な日本人は、時間も忘れて草引きに没頭しとったというワケだ。
6時間も。



ついでに私は家に連れて帰ってもらって、Jぽんは大慌てでクリケットに戻った。
ルイーズがクリケット見に行くついでに私を迎えに来てくれて、一緒に見に行ったよ。
今日の試合は接戦やって、オモシロかった。
結局、負けたんやけど。
でも、良い試合やったよ。みんなスガスガしい顔しとった。
試合後のパブは、ずーっと試合の話で盛り上がっとったよ。


そういや、雑草の中に、nettle(ネトル)って草があるんやけど、葉っぱや茎に小さい毛みたいなのが生えとって、触るとそれが刺さって、いつまーでもチクチク痛いのよ。
気を付けとったのに、草引き途中につい触ってしまって、しかも刺さった瞬間にチクチクする部分を手でサッと払いのけたつもりが深く刺さってしまったのか、余計に悪くしてしまったみたい。いつもの倍は痛いし、いつまでも腫れとる。

和名は、イラクサ(刺草・蕁麻)っていうらしい。日本にもあるのね。知らなんだ。
しかも、蕁麻疹(じんましん)っての、このイラクサから名付けられたらしいよ。

いろいろと勉強になる毎日よ~。

モグラ&モグラの木

- 2009年06月12日(金) -

昨日、モグラのキライな木のこと書いたやん。
そんで、その後、仕事帰りのJぽんと一緒に畑に行ったのよ。

草引きして、夕日も傾いてきた(夜9時半くらい!)んで、帰ることにしたんよ。
そんで、あぜ道歩いとったらな。

芝生の上を、黒い小さなのがモソモソ歩いとる。
ネズミ?とよく見てみたら、どうも様子が違う。


なんと、モグラ!!!初めて見た!Jぽんも!
20090612.jpg

薄暗かったんで、ちぃと手ブレしてしまったけど。


鼻ヒクヒクさせて、ウロウロしとった。
モグラの手って大きいし力が強いんな。
フカフカで暖かくて気持ち良かった。



ところで、昨日のモグラの木の名前。
ネットで調べたんよ。
見た目しか分からんのに、どうやって調べたらええんかいなー。。と思いつつ、

「mole hate garden plant (モグラ 嫌い 庭 植物)」

で検索して出てきた記事の中に、それらしいのが!

その名も、「mole plant (モグラの木)」だって。
そのまんまやがな。
正しくは「Euphorbia lathyris」、和名は「ホルトソウ」らしい。

 ウィキペディア(英語)のサイトはこちら >>> Euphorbia lathyris
 写真がいろいろ見れる(英語)サイトはこちら >>> Euphorbia lathyris
 薬用植物の説明のサイトはこちら >>> ホルトソウ
 大正時代の植物事典のサイトはこちら >>> ホルトソウ

ウィキペディアには、「モグラを撃退するとされている」って書いてある。
他の記事にも、「ユーカリの木や油などと共に、モグラが嫌う木」として書かれてある。
大正時代の植物辞典にも載っとるくらいやから、日本でも購入・栽培は可能かと思われます。

ホントに撃退してくれるかどうかは定かじゃないけど、モグラにお困りの方はお試しあれ~☆

モグラ

- 2009年06月11日(木) -

これ、何の木か知っとる?
花

名前は知らんけど、モグラがキライな木なんだって。
これを植えとると、モグラが来んらしいんよ。

私たちの畑はモグラの穴だらけなんで、この木が欲しいなぁと思いよったら。
いつの間にか生えてきとった。
っても、この写真は、ヨソ様の畑に生えとる立派なのを撮らせてもらったんやけど。
私たちの畑に生えとるのは、小さいヒョロっとしたの。
そんでも、モグラが来んなるといいなー。

ウッドペッカー

- 2009年06月10日(水) -

最近、キツツキの季節?か知らんが、キツツキをよく見かける。

先週の森で見かけたキツツキに始まり、日曜も見かけた。
今日は、畑におった。

ちょっと遠いのと薄暗いんで、キレイに撮れんやったけど。
Green Woodpecker (グリーン ウッドペッカー)」っていうんだって。
なるほど、前に見た「Great Spotted Woodpecker」と違って、緑色やな。
鳥

鳥


この後、ウサギも見た。
この前、誰かが「この畑には、もうウサギはおらん」って駆除に成功したようなことを言うとったが。
おるんじゃん。

すーさん命日

- 2009年06月09日(火) -

今日は父の命日。
もう一年が経つんやなー。早いなー。

何かあった時も何もない時も、何気にフと思い出す。
あの時、あんなコト言うとったなー。とか。
うれしそうに笑ろうとったなー。とか。

日本


一年経って、また、いろいろ思うところがある。



*** ゆみちゃんへ ***
先日の一周忌は、お世話になりました。
おいちゃんおばちゃんに、風邪、早く治してなって言うとってー。
*******************




6日の「イギリスの救急医療1」と、7日の「イギリスの救急医療2」を更新しました。

なんと

- 2009年06月08日(月) -

先週一週間、ホントはイギリス南西部でキャンプしたり、もしかして泳いだりする予定やったのが。

なんだかんだで予定変更になってしまいましてー。



えーっと。

詳しくは、5月31日の「予定変更」あたりから、お読みくださいませ。

いろいろと大変やったけど、今日からJぽんは仕事に復帰しました。
ので、ご心配なく☆

イギリスの救急医療2

- 2009年06月07日(日) -

つづき。

昼過ぎにタクシーで家に帰った。
ソファに座ったまま、動かんJぽん。また痛みだしたらしい。

痛み止めを飲んで、ベッドでほんの1時間ほど眠ったら、また救急車を呼ぶことになってしもうた。

日本でだって一度しか救急車呼んだことないのに、2日続けて電話したよ。

今回は昨夜よりも更に早く救急車がやってきたように思う。
まだ外が明るくて不安度が違ったから、そう感じただけかも。
玄関を開けたら、女の救急隊員さんが、やっぱり1人で立っておいでた。

昨日の今日というか、今朝退院したばかりで、また救急病棟で1からの工程を繰り返すのはイヤなので、スッ飛ばして今朝の病棟に入れないか聞いてもらった。
が、どうやら無理らしい。

また、昨日と同タイプの救急車に乗り込んで、救急病棟へ入った。

昨日の看護師さんたちに「また来たの?」って言われた。とほほ。

でも昨日の痛みよりもマシならしく、今回はガスのお世話にならずに済んだ。

おかげで、今回は運ばれてきた、いろーんな患者さんを観察しちゃった。
ベッドに寝かされた、不法滞在中の外国人?を警察官たちが囲んで、「名前は?年は?パスポートは?」って聞くのに、英語が分からんフリをしとった。「水飲む?」と「サンドウィッチはツナがいい?」は理解できとった。
首を大きな板みたいので左右を固定された若い兄ちゃんは、威勢がヨロシクて、何時間か待った挙句に、大声でどなり散らして「もう待つのイヤ!帰る!!」ってダダをこねて、上の警察官になだめられよった。
後はー。おばあちゃんが「出口が分からなくなっちゃったわ~。困ったわ~。」って囁きながらさまよい歩いとったので、出口に連れてってあげた。ら、「なんてスウィートなエンジェルちゃんかしら」って、ホントに純粋な顔して言うてくれて、なんだか照れちゃった。てへ。

しかーし。そんなこんなで、また何時間も待たされ、看護師さんに「もう3時間は待っとるのに、なんの処置もしてくれんの?昨日と同じ症状なんよ?」って言うても「4~5時間待ちが普通やから。待ってね。」って返事。
結局、待ち時間は昨日よりも長く、夕方5時過ぎに病院に着いて、ドクターが診てくれたのは夜11時も回っとった。
痛み止めが、Jぽんの誕生日の最高のプレゼントになったようやった。


後日、病院から検査日のお知らせが届いた。
今月17日。
まぁ、この2日間の様子からすると、ワリと早い検査なんじゃない?と思う。


イギリス医療サービス、NHS(National Health Service)の良いところは、国営のため無料(もちろんプライベートの病院は有料)ってとこ。
その為に普段、高額の税金を支払っとんやけど。
待ち時間の長さや、サービスの質には問題もあるかもしれんが、またそれは別として。


日本と違うなぁと思ったのは、「私は救急隊員の○○。ヨロシクね。あなたは?」って、みんな名乗るのよ。救急隊員でさえ。
あとは、本人の意思を尊重する。何かにつけて、本人の了解がいるらしい。例えば、救急車に乗る時も、本人が乗りたくないと言えば、乗せることはできんのだって。日本もそうなん??全てにおいて本人に了解確認しとった。
それから、痛くてその処置が我慢できんくて、軽い麻酔みたいなのをお願いしたら、それは高額になるから無理って断られとった。無料のシステムならではよな。
しかし、病院のみなさんは、日本と同じくどの人もフレンドリーで親切やった。



また17日がやってきたら、報告しまーす。

イギリスの救急医療1

- 2009年06月06日(土) -

先日の、Jぽんの救急病院騒動の時の話を忘れんうちに書いとこ。

救急車を呼んだのが、夜中0時過ぎ。


初めての999よ。救急車プリーズ!よ。
住所、名前、生年月日や病状と意識の有無などを聞かれた後、
「犬などのペットは飼っていませんか?」って質問をされたのが印象的。
救急隊員が救助に行って、ペットに襲われる被害が多いらしい。

思ったよりも早く救急車のライトが見えて、安心した。

安心したのも束の間、救急隊員らしきオジサンは、1人で乗用車タイプの車に乗って現れた。
…1人??
しかも、やけにノンビリしていなはる。
何をしとんだか、車からなかなか降りてこん。

キビキビな日本の救急隊員とは、なんだか様子が違うんでないの??


ウロウロしとる私を尻目に、ノンビリ救急隊員は、「妊婦さん用のガス」って言いながら、なんかのガスをJぽんに渡して自主的に吸わせ、それを眺めとった。少し容体が落ち着いたところで、階段を歩いて降りるように指示し、救急車に乗り込んだ。
Jぽんは私と一緒に、後部座席でシートベルトして座った。

病院に着いて、救急車で運ばれた人たちが待つ救急病棟でJぽんはベッドに横になった。看護師さんが来て、血圧測定と採血をして、そのまま放置された。
Jぽんのお腹の痛みは続いとるワケで、看護師さんに訴えると、またガスを持ってきてくれた。

このガスを吸うと、酔っ払うと同じようになるらしく、Jぽんたらスッカリご機嫌さん。
ベッドに横たわったまま、ガスを吸うホースをマイク仕立てにして、リズムとって踊りだした。
嘔吐用の紙バケツ(帽子みたいな形)を、上に放り投げてはキャッチ、放り投げてはキャッチを繰り返し、挙句に向かい側のベッドに狙いを付けて飛ばそうともしとった。さすがにそれは阻止したが。
私に1~20まで数えさせたり、A~順番に言わせたり、とっても楽しそうやった。

けど、やっぱり痛いらしく、かわいそうで、その度に看護師さんに訴えるんやけど、どの人も「もう少し待ってね」っていうばかり。
制服の違う、若い事務員さんらしき人にも言うてみた。
そしたら、「私だってベストを尽くしてるのよ。彼の順番はこの後すぐ!」って、なんともエラい人みたいな口調で言われ、「あらら、ヨロシクね」みたいな。
スゴスゴと帰ってJぽんに付き添っとると、その若い事務員さんが現れた。
事務員さん(みたいな地味な紺色の服を着とった)かと思ったその彼女がドクターやった。
あららー。失礼しました~★

問診と触診の後、オシリに痛み止め打ってもらって、レントゲン撮ってもらって、病室に連れて行かれる途中の廊下から外を見たら、スッカリ明るい。
時計みたら5時よ。モーニン、モーニン!君の朝だよ~♪よ。
結局この日、救急病院に着いてから、ドクターに診てもらうまでの時間、4時間半。

「なにが救急やねん!」
って、病人のJぽんに文句言うてしもた。


一眠りしたら、朝ごはんの時間がやってきて、係りの人が、付き添いの私に紅茶を入れてくれたよ。
なんだ、このサービスは。

Jぽんの点滴が終わる頃、痛みも治まったらしい。
ドクターにチラッと診てもらった後、もう一眠りして帰ることになった。


つづく。

キツツキの後

- 2009年06月05日(金) -

昨日のつづき。

森でキツツキ見た後、近くの丘を歩くことにした。

あの白い道を歩いて、丘のてっぺんまで行くよ。
道が白いのは、この辺りの土地全体がチョーク(石灰)でできとるからなんだって。
景色


イギリスの田園風景って感じじゃない?
奥の小高い丘に、なんか白いのが見える。
景色

ライオンなんだってー。白いライオン。あの丘も、チョークでできとんだな。
ライオンの頭の上あたりに、動物園があるんだってー。
景色


これは、昔々の道しるべ。ローマン時代あたりの。
景色


これは、牧草地から家畜が逃げ出さないよう、人間サマのみが出入りできるように考えられたゲートの中の1つで、「kissing gate」という名前のゲート。
景色

この写真で説明するなら、手前に立っとるとして、右手のドアを押して左の隙間に入り、ドアを引いて向こう側に出る。ワリと狭いけん、1人ずつしか通れんのよ。羊やらの動物にはできん、高等技術でゲートを通り抜けるって方法だな。

なんで「キスするゲート」って名前なんかっちゅーと、いろいろ説があって、恋仲になりたい人と散歩しとる時にこの手のゲートを通る時、1人が先に向こう側に出てゲートを閉めて、「チューしてくれんと通してあげん」って言うらしい。
とか、恋人通しがデートの帰りに、このゲートを挟んで別れ際にチューするらしい。
ホンマか。
私は、このドア部分を押した時に、向こう側の柵にくっついて、引いた時に手前側の柵にくっつくけん、それをキスに例えて呼ぶんかと思った。

ホントんとこは、どうなんやろうねー。



一枚目の写真の丘のてっぺんまで歩いて、芝生で横になってお昼寝したよ。
この丘は、ハリーポッターの撮影に使われたんだって。

キツツキ

- 2009年06月04日(木) -

日に日に元気になってきたJぽんは、ホントは一週間、遊び呆ける予定やったのがダメになったのが悔やまれるらしく、お泊りで旅行に行きたいと言い出した。

それは、まだ早いんと違うんー。。

というワケで、少しだけドライブすることにした。


で、やってきたのが、この森。当たり前やけど、すーごい緑。
山と森が一体の日本とは違って、ここは、なだらかな丘に広がる森。
どこを見てもこの景色で、とっても気持ちが良い~。
森


ガサガサ音がするほうを見たら、リスがあちこちウロウロしとる。
ベンチに座って上を見上げたら、木の上で、リスがエサを食べとった。
リス



Jぽんが、キツツキの巣を発見した。
元はキツツキの巣でも、キツツキの巣立った後は違う鳥が住んどることもある
近くの木の下に座りこんで観察しとったら、巣穴から、ヒナの顔が見えた。
鳥


Great Spotted Woodpecker」っていうキツツキだって!
私たちがおるせいで、近くまで来とる親鳥が警戒した鳴き声を発しとる。
それでも木陰で動かずにジッと待っとると。。
鳥

親鳥が飛んできた!!
けど、こっちを警戒して、エサやるのをためらっとる様子。

鳥


何度かやってきては飛び去った。
かわいそうな気がして私たちが離れた途端、親鳥はあわてて飛んできてエサをやりよった。


そんで、私たちもお腹が空いたんで、珍しく私の作った(!)サンドウィッチを食べた。ウマかった。

フレッシュエアー

- 2009年06月03日(水) -

ヨーロッパの人は、よく「フレッシュエアー」って言葉を口にするんよ。

窓を閉め切った部屋の中におると、「フレッシュエアーが欲しい」と言うて、窓を開ける。
家でゴロゴロしとると、「フレッシュエアーが必要」と言うて、外に出かける。

こっちに来た当初、「なんよ、それ」と、イマイチ同意できんというか、日本では滅多に使わん言いまわしだなぁ。。と思った。ピンとこんやった。
日本語で言うところの、「新鮮な空気」とか「爽やかな風」ってとこなんやろうけど、実家が田舎で、いつも新鮮なキレイな空気の中で育ってきた私は、あえてそんなモノが欲しいと口にするようなことがなかった。と思う。



というわけで、まだイマイチ具合がヨロシクなりきっていないJぽんも、「フレッシュエアー」がいると言うて、外に出かけたがるので、畑の様子を見に行くことにした。
今日は何もせず、見るだけって約束で。

見てみて~。元気よく育ってまっせ~。
野菜


この右手には、ジャガイモができとってー。
この手前には、セージとかイチゴとかが出来とん。
初めてにしちゃ、上出来じゃない?


また雑草がボウボウと生えとったので草引きして、帰りにイタリアンのオジサンに、レタスとネギと香りモノの野菜(名前忘れた)をもらって帰ったよ。

散歩

- 2009年06月02日(火) -

昨日の昼、病院から帰ってきたJぽんは、前日よりも良いみたいで、心配して連絡くれとった友達に電話しとった。

夕飯を軽く食べたら、夜はぐっすり眠れたみたいで、朝起きたら顔色が良くなっとった。


ここ2日ほど外を歩いてなかったんで、散歩がしたいって言うんでついてった。
ずいぶん前に歩いた運河沿いを、久しぶりに歩いた。

ら、池にMoorhenの親子がおったよ。
親鳥がヒナに餌やりよった。
鳥



今夜は何を作ろうかなー。
日本と違って、「病みあがり=お粥」じゃないんで、何作ったらええんかホントに困る。

食べたいというものを作ることにしよーっと。


最新記事