ただいま

- 2009年07月31日(金) -

家族とロンドン観光して、無事、家に到着しました。

久しぶりのロンドン、楽しかった!
3泊の予定を、もう一泊伸ばして観光してきたよ。


まだまだ遊び足りんけど、次回のお楽しみにして、帰ってきたよ。

写真を整理して、また報告しまーす☆



とはいえ、今日は一日ゆっくりして、明日からは海岸沿いの町にJぽんが連れてってくれるので、またまた来週の更新になります。

ロンドン -5日目- (バッキンガム宮殿-コベントガーデン)

- 2009年07月30日(木) -

今日はロンドン観光、最後の日。
バスに乗って、バッキンガム宮殿に交代式を見に行った。

青空の下の、グリーンパークを通ってー。
景色

交代式が始まった。なんと観光客の多いこと。驚くワ。
景色

すーごい天気が良くて、肩が日焼けする~と思ったすぐ後に、暗雲が立ち込めたと思ったら、ザーッと大雨が降り出した。しかも目の前を近衛兵たちが通る時に。
一番前の人が後ろの迷惑も考えずに傘を差したくなるくらいの大雨で、しかも風も強くて。
それでも写真撮っとかんと!と思ってシャッター押したら、その人の傘が裏返った瞬間が撮れた。
人

すっかりズブ濡れになってしまったんで、ホテルに帰る?って言いつつ、天気も良くなったんで歩いとる間に乾くんじゃないの?ってことで、観光続行。

緑がキレイね~。
景色

バッキンガム宮殿。さっきの大雨はどこへ行ったんやら。
典型的なイギリスの天気も体験できて、良かったってことにしよう。
建物


ビクトリア駅。
ここで、ショーン コネリー見たんよ、10年近く前に。
一人で歩いとった。カッコ良かったよ~。
建物


またまたバスに乗って、レスタースクエアまで行った。
中華街をチラッと散策して、コベントガーデンまで歩いた。
人


大道芸人のパフォーマンスも見れて、子供たちも楽しそうにしとった。
人



あっと言う間に夕方5時になってしもーた。
そろそろ長距離バスに乗って、私んちまで帰るよ。

バスのチケット売り場の窓口のオジサンは、日本が大好きで、12回も行ったと言うて多数の写真も見せてくれた。
「あら~、楽しそうね~。ワンダフルやねぇ~。」って言うたけど。
ほて、仕事せんかい!みたいな。
職場になぜそんな写真を大量に置いとるのかも不思議。


というわけで、今回のロンドン観光はこれで終わり。
みんな、お疲れサマ!

ロンドン -4日目- (大英博物館)

- 2009年07月29日(水) -

今日は、バスに乗って大英博物館に行くよ。

二階建てバスの一番前に座って見た景色。オックスフォードストリート。
景色


大英博物館に着いたよ。
建物

建物


子供たちがすぐに飽きるかと思ったら、ワリと丁寧に見とったんで驚いた。
ミイラは、最初はコワがっとったけど、四方八方から見とった。

日本コーナーにも行った。ら、大判小判があった。
日本

モアイ像。大きいねぇ。
人


帰りもバスに乗って、本屋さんに行ったり買い物して、ホテルに帰ったよ。
あ~、今日もよく歩いた。


子供たちもスッカリ疲れて、熟睡中。
二人揃って同じ姿勢して寝とった。
同じ夢を見とるんだろうか。
人

ロンドン -3日目- (サウスバンク-グリニッジ)

- 2009年07月28日(火) -

今日は、地下鉄に乗った。
ビッグベン(国会議事堂)からサウスバンクっていう、テムズ川の南側を歩くよ。

アヤシイ雲を背景に、ビッグベン。
建物

ロンドン アイ。甥っ子が高い所がコワイって言うんで、乗らんやった。
景色

これが、テムズ川の南側の通り。
景色

ミレニアムブリッジの向こうにセントポール大聖堂。
このミレニアムブリッジが、開通後、人が歩く振動で揺れが激しくて閉鎖されたっていう橋。
景色

タワーブリッジ。
景色

タワーブリッジの、あの上に見える部分を歩いたよ。
建物

上から見た、テムズ川の東側の景色。
景色

と、西側の景色。
景色

これ、私の好きな場所。
前にロンドンに住んどった時には、ワザワザここまで来て、この通りをよく散歩しとった。
景色


ロンドン塔をチラッと横目に見て、DLR(ゆりかもめロンドン版)に乗って、グリニッジにやってきたよ。
建物

グリニッジ子午線。経度0の線が、あの窓の赤い線なんだって。
建物

経度0の場所で写真を撮る人たちの列。
景色


これらの建物は広い公園の真ん中の小高い丘の上にある。
子供たちは、子午線よりも、公園でリスと遊んだり、芝生の上を駆けまわったりして、自然を満喫して楽しんどった。
子午線なんぞ、意味も分からんし、どうでもええんだろうな。
まぁええ。子供たちが楽しそうにしとると、ウレシイ。


ひとしきり遊んで、疲れたところで帰ることにした。
帰り道に下から丘を見上げて、右に見えるのがグリニッジ天文台。
建物



今日も一日、よく歩いてよく遊んだ。
楽しかった☆

ロンドン -2日目- (自然史博物館-科学博物館)

- 2009年07月27日(月) -

今日は、天気予報は雨。
子供たちが楽しみにしとる(というか、私が以前から子供たちに見せたかった)、
Natural History Museum(自然史博物館)に行った。
建物


ここが私の一番のお気に入りのホール。入口を入ってすぐのとこ。
景色

景色

景色


この後、この博物館のすぐ裏にある科学博物館にも行ったよ。

どちらの博物館も、もっとジックリ時間をかけて見たいところで、また行きたいねぇって言いながら帰った。

ロンドン -1日目- (家-Hotel)

- 2009年07月26日(日) -

夕方、Jぽんにヒースロー空港まで送ってもらって、家族を迎えに行った。

そこでJぽんにイラン荷物を家に持って帰ってもらって、私たちは地下鉄に乗ってホテルへ向かった。

夜は、子供たちのリクエストにより、駅からホテルまでの途中で見かけた、バーガーキングで夕飯をすませることにした。
荷物を部屋に置いて、バーガーキングでテイクアウトして、ホテルに戻った時には、子供たちは爆睡中。

日本時間で、早朝4時やもんなー。
そら、眠かろう。


初めての海外旅行、楽しんでくれるとええなー。

家族がやってくる!

- 2009年07月26日(日) -

家族は、もう日本を出発して、今はどの辺りを飛んどるのかなぁ。


というわけで。
ついに、家族が遊びに来てくれる日がやってきた。

なーんも実感ないなー。

今日は夕方、空港に迎えに行って、そのままロンドンで4日くらい遊び呆けます。


このブログ、そもそも家族宛ての手紙代わりの日記なので、家族がいる間は更新が滞るかも。
とーきどき時間を作って、日々のことをチラッとでも書けたら書きま~す。


ではでは。
久々のロンドン、久々の家族との対面、楽しんできます☆

カボチャ

- 2009年07月25日(土) -

カボチャが日に日に目に見えて大きくなりよる。
すごいねー。
野菜


そーとー、たくさんできよんやけど。
小さいのんを少しだけ、でええんやけど。

巨大なのがたくさんできたら、どうしよう。。

誕生日のお食事会

- 2009年07月24日(金) -

明日はターシャの誕生日で、今夜はみんなでご飯を食べに行くことになっとるの、私も誘ってもらった。
ターシャはリンダの友達。何度か会ったことがある。
ターシャ、ターシャママ、リンダ、シャロンと私で、マレーシアンレストランに行った。
なんか女の子の集まりって、万国共通やなぁと思う。
賑やかで、とっても楽しかった。
よーけワロタ。


その間、Jぽんは毎週恒例のスヌーカー(ビリヤード)をしに行っとった。

それぞれ終わった後、みんなでパブに集合して、ワイワイまた楽しかった。
そのままスピーズ&リンダんちに寄って、お茶をご馳走になりながら、酔っぱらい達がどうでもええ話をし続けて、家に帰ったの2時半よ。

みんな元気やわぁ。。

皆既日食

- 2009年07月23日(木) -

昨日は、皆既日食、見れた?

日本に住んどる姉は
「三日月みたいになっとんが見えた!暗くなったよ!太陽ってスゴイね~」
って言うとった。


一番よく見えるとされとった鹿児島は、悪天候やったらしいねー。
Jぽんも、何年か前にイギリスで見れるはずだった皆既日食を見に、テント持参で意気込んで行ったら、暴風雨で見れんかったって。

そんなもんよなー。

ロンドン

- 2009年07月22日(水) -

今週末から、家族が遊びに来てくれる。

Jぽんはあいにく仕事のため(いつもホリデーで遊びに行くばかりじゃなく、ちゃんと仕事もしてます)、私が家族を迎えに行って、そのままロンドンで3~4日遊ぶことにした。


今回、イギリスに来て以来、いろ~んなところに遊びに連れてってもらっとるけど、ロンドンには行ってないのだ。
というわけで、ロンドンは何年ぶり??2003年の冬以来よ!!
え?6年ぶり?え??
時が経つのは早いわぁ。

あらー。
ちょっとドキドキするわぁ。
ウレシイ。


とかいうて、あのー、地下鉄とかのチケットが非接触型のオイスターカードを使うと便利でお得!なことになっとる。
そのオイスターカードをネットで購入したの、今日届いたよ。

田舎に住んで、車でしか移動せんから、日本でも非接触型決済で乗車ってしたことないのに。
ちょっとウレシイけん~。
チケット

って、たかだかカードを写真に撮ってみたりして。
田舎モノすぎ?


で、どこに遊びに行こうか、考え中。
いっぱいありすぎて、困り中。



(ああ、クロスケ、ゴメン)

焼ける空

- 2009年07月21日(火) -

今日の空は、ヘンな色やった。

向こうで誰かが焚き火しとる?すーごいデッカイの。
みたいな夕焼け。
景色

大根

- 2009年07月20日(月) -

大根を2本抜いた。

野菜


どしてこんな、モジモジネジネジした形になるんだろうか。
どして一本足やと、幽霊みたいな角度になるんだろうか。

スパイダー

- 2009年07月19日(日) -

水の張ってないバスタブに、なーんでかクモが入っとることがあるんよ。
たまに。

家の中でクモを見ると、祖母が言うとった
 「朝見るクモは親の仇でも殺すな」
 「夜見るクモは親の顔をしとっても殺せ」
ってのをいつも思い出す。

夜、寝る前にクモを見つけて、そのまま放っておいたら、寝とる間に顔の上を歩かれたらイヤやから、そう言うんかなーと、子供ゴコロに思った。

大人になった今、甥っ子の言う
 「クモはいいヤツなんよ。殺したらイカンのよ。」
が正しいと思うんやけどーな。

というか、カンダタやっけ。蜘蛛の糸の。
みたいに、もし地獄に落ちた時に助けてもらいたいけんっていう下心もあり。

祖母の言うことは聞かず、いつ見ても、クモは外に逃がすようにしとるんよ。


昨夜、ヒャーヒャー言いながら新聞のハジッコに乗せよったら、Jぽんがやってきて、素手でつかんで窓の外にポイッとしてくれた。



そんで。
今日見たのがコレ↓
人

スパイダーマン参上。

キャベツ

- 2009年07月18日(土) -

畑に行ったら、畑のことは、な~でも知っとるイタリアンのオジサンがおる。

今日は、そのオジサンにキャベツをもらった。
お礼に、私たちの畑から、大根を進呈した。

そんで、私たち用に、ちぃとまだ早いけど、ニンジンと紫タマネギを掘った。


家に帰って、最近、ウチんちで流行りの、コールスローサラダした。
キャベツの葉っぱが、パリっとなって、すーごい新鮮!

って当たり前か。

でも、全部、今日採れたての新鮮野菜で作ったコールスローは、格別にオイシイかった。




そういえば、ニンジンを切りながら、つまみ食いしたら、甘くてオイシイ気がして、Jぽんにも食べさせたら、
 「うーん、まぁ、普通。悪くはないね。」
って返事。

自分たちが育てた野菜やのに。
私なんか、もうそれだけで、オイシイ!!とか言うてしまうのに。


感動ウス(薄い)!って言うてしもた。
日本語で。

大掃除2

- 2009年07月17日(金) -

あー。
今日も掃除に明け暮れたワ。

って。
またも関係ない、クローゼットの中とかを。



わはは。
なんで、こう、今せんでもええことをしてしまうんだろうかー。

ほやけん、エラくなれんのよな。

大掃除

- 2009年07月16日(木) -

もうすぐ家族がやってくる。

狭い家やけど、みんなが寝れるようにせんとなぁ。。
いらんモノとか片づけんとなぁ。。


と思いつつ。
拭き掃除した。

拭き掃除では、寝る場所確保にならんの知っとるけん。
わはは。



そんでー。
Jぽんが仕事から帰ってきて、リンダ&スピーズんちに遊びに行ったよ。





9日の「初めてのキャンプ -4日目- (Gorran Haven-Mevagissey)」
10日の「初めてのキャンプ -5日目- (Gorran Haven-St Mawes)」
11日の「初めてのキャンプ -6日目- (Gorran Haven-Torquay-家)」を更新しました。

かぼちゃ

- 2009年07月15日(水) -

畑のカボチャが、こーんなに生い茂った。
野菜

ほんの3粒のカボチャの種よ?



8日の「初めてのキャンプ -3日目- (Porthcothan-Gorran Haven)」を更新しました。

日本からの荷物

- 2009年07月14日(火) -

例の日本からの荷物、税金払って、今日、無事、手元に届いた。

私の夏服、頼んだものの半分しか入ってなくて、あれれ~?と思いながら、荷物の中身を取り出して行くと、日本食が山ほど出てきた。

母の愛と姉の愛。
泣けるワ。


ありがと~。




7日の「初めてのキャンプ -2日目- (Tintagel-Porthcothan)」を更新しました。

草引き

- 2009年07月13日(月) -

今日は洗濯や掃除に明け暮れた。
というか、どちらかというと、ダラダラしちゃった。

昼から畑の様子でも見に行こうかと思ったら、ザーッと雨が降り出して、30分もしたらカラッと晴れたけど、その頃には私の気もコロッと変わって、ダラダラモードになっとったので、テレビ見たりネットしたりしちゃった。


Jぽんが仕事から帰ってきて、一緒に畑を見に行って、草引きした。
雨上がりの草引きは、キレイに根っこから抜けるんで、オモシロイ。




6日の「初めてのキャンプ -1日目- (家-Buck's Mills-Tintagel)」を更新しました。

ただいま

- 2009年07月12日(日) -

ただいま帰りました。

今日は天気も良いので、テントや寝袋を干して、ノンビリしたよ。


また写真を整理して、逐一報告するけんね☆

初めてのキャンプ -6日目- (Gorran Haven-Torquay-家)

- 2009年07月11日(土) -

今朝は霧が濃い。
雨もシトシト降ったり止んだり。
建物

そんな中、Jぽんが、昨日採ったムール貝をバター炒めしてくれた。

そういえば、キャンプの間中、Jぽんが朝ごはん作ってくれたんよ。
目玉焼きに、ベーコンに、トマトスープなどなど。いろいろ。
コーヒーも紅茶も入れてくれて、至れり尽くせりやったよ。
ありがたいこっちゃ。



今日から週末にかけて、雨の予報。
テントをたたんで、家路につくことにしたよ。

川を渡るフェリーがあった。
車を乗せてもらって、同乗者込みで、£2.70(約400円)。
イギリスって、こういう料金は安いと思う。
高速道路は無料やし。
景色


Looeの町並み。
コーニッシュ パスティと、チョコブラウニー買って食べた。
ブラウニーがウマかった。
あ、そういえば、ここで二人でパスティを食べながら海岸を歩いとると、Jぽんたらカモメにアタックされとった。パスティが狙われとった。
景色


Tamar bridge。コーンウォール州とデボン州の境。
この橋が建てられた当初は、イギリスで一番長いサスペンションブリッジだったらしい。
めずらしく有料の橋なんやけど、それでも、普通車が£1(約150円)。安いよな。
景色


ここが、Jぽんと出会った町、Torquay(トーキー)。
っても、この写真はメインストリートじゃなくて、少し離れた裏通りにある小さな商店街。
景色


トーキーでB&B(朝食つきの一般家庭への宿泊)に泊まる?って話にもなりかけたんやけど、週末ずっと雨じゃなぁ。。
っちゅーわけで、また次回のお楽しみってことにした。


初めてのキャンプ旅行、とっても楽しかった。
かーなりワロタ。
またどっかキャンプしに行くぞー☆



map

A地点 : Gorran Haven
B地点 : Looe
C地点 : Torquay

初めてのキャンプ -5日目- (Gorran Haven-St Mawes)

- 2009年07月10日(金) -

今日の空はアヤシイ。
雨が降りそうなドンヨリした雲。

なにはともあれ、またビーチに来たよ。
今が引き潮で、干潮時間まで、あと1~2時間ってとこ。
Jぽんの言うとった通り、写真右端の防波堤よりも向こうまで引きそう。もうすぐ。
景色

今日、このビーチに来た目的はと言うとー。
赤い海パンのお兄ちゃんではなく。
その向こうのピンクの水着の白髪のおばあちゃんでもなく。
ビーチを右往左往するカモメでもなく。
景色

その向こうに見える、黒い点のカタマリ!
そう、ムール貝なのだ!!!
景色

どれもワリと大きくてな。
あっちゅー間に、ナイロン袋が満タンになった。

早くたくさん採れすぎて、ちょっと不満。
なんていうか。堪能できてない感じ。


まぁ、雨も降りそうなんで、そこそこで引き上げることにした。


ところで、カモメ。
イギリスの海岸には、至る所にカモメがおるんやけど。
どのカモメも、高い所が好きなのねー。
家の屋根の先で眠るカモメと、教会屋上の塀に立つカモメ。
鳥
って言うとる私も、展望台の塀に腰掛けて座っとった。わはは。
なんとかの高上がりか。


こんなアヤシイ空やのに、隣のビーチまで、またコーストパスを歩いて行くことにした。
空は暗いのに、なんちゅーキレイな海の色。
景色


ここが隣のビーチ。徒歩30分ってとこかなー。
景色

こんなに暗い空の中、二人揃って絵を描いてみちゃった。
ら、案の定、雨がボツボツ降り出して、だんだんと大降りになってきたよ。

あわてて元のビーチまで駆け足で帰って、近くのカフェに飛び込んだ。
雨宿りさせてもらいついでに、家族にハガキを書いた。


ちょっと小降りになったところで、車に乗って、海岸沿いをドライブすることにした。

Portscathoって村。ここも小さな村やけど、パブが人で大賑わいやった。
雨が降ってなければ、散策したり、大賑わいパブに突入するのになー。残念。
景色

景色


ここは、St Mawesって村。
子供たちがカニを釣りよった。
景色

駐車場に車を入れたところで、また大雨になったんで、散策できず。
仕方ないんで、まーた昨日魚釣りをした村、Mevagisseyへ行くことにした。

港沿いのレストランから見える、外の景色。
景色

サイダーと言えば、ほとんどがリンゴから作られたお酒なんやけど、ここにはペア(洋ナシ)で作ったお酒があったんで、飲んだ。
甘いフルーティーな味で、女の子向けな感じ。ウマかった。



map

A地点 : Gorran Haven
B地点 : Portscatho
C地点 : St Mawes
D地点 : Mevagissey

初めてのキャンプ -4日目- (Gorran Haven-Mevagissey)

- 2009年07月09日(木) -

同じキャンプ場に、もう一泊することにした。
今日もお天気が良いらしい。

今日は、車に乗って、昨日も来た漁村Mevagisseyに来たよ。
景色


貸しボートに乗って魚釣りするよー。

あ!あれ、昨日、濁ったサイダー飲んだパブや!
景色

とか、Jぽんが住んでみたいなぁって言うとった、岬に建つ家や!
景色
  (上の写真↑がイマイチなので、昨日のコーストパスから撮った、岬に建つ家の写真↓)
景色


とか言うとる間に、ボートから垂らした2本の釣り糸が、グールグルに絡まってしまって、解くのに20分くらいかかったんじゃないのー。

っちゅーわけで、ボウズ。
今夜の夕飯はナシよ!


これ、海から見た村。
今は観光地にもなっとるけど、依然、漁業で生活を営んどる人が多いんだって。
景色

景色


ご覧の通り、ここはタイソウな田舎。
キャッシュマシーンがないときた。

イギリスの良いところはな。
24時間、キャッシュマシーンが手数料無料で使えるってとこなのよ。
たまに見かける、ガソリンスタンドやパブの中にあるキャッシュマシーンは、時間に関係なく手数料がかかるんで、使ったことないんやけど。

この村、コンビニ風の小さいお店の中にキャッシュマシーンがあるだけで、他にはどこにもないんだって。しかも、手数料がかかるマシーン。
一番近くの手数料無料のマシーンは、車で30分くらいの町にあるんだとー。



また、キャンプ場のある村、Gorran Havenに帰ってきた。
まーた、パブに行った。
今日は久しぶりに、サイダーじゃなくてビール飲んじゃった。

そんでー。
夕飯も、ここで食べちゃれっ!ってことになって、注文したのは、フィッシュ&チップス。

いつも、「魚が大きくて、量が半端じゃない!」って言うだけで、写真を撮ったことがなかったことを思い出した。
尻尾の部分を食べた後で。
パブ

どうだ!まいったか!!な大きさやろ。
ナイフもフォークもグリーンピースも、普通の大きさやけんな。

これを一人でペロッと食べちゃうんだなー。
もちろん、お腹いっぱ~い!になるけど。

ここのフィッシュは、魚も新しいけど、なにより上手に揚げとって、カラッパリッサクッとなって、激ウマやった!



満腹後のマッタリ散歩に、またビーチに降りた。
景色


あ~、今日も楽しかった☆



map

A地点 : Gorran Haven
B地点 : Mevagissey

初めてのキャンプ -3日目- (Porthcothan-Gorran Haven)

- 2009年07月08日(水) -

昨夜は、満月が登るところを、あの丘の向こうに見た。
静かな夜で、グッスリ眠れたよ。
景色

キャンプ場を後にして、今日向かうのは、コーンウォール南側の海。
今日は一日中、お天気が良いらしい。



30分くらいドライブして、Jぽん一番のお気に入りの村、Gorran Havenに到着。
Jぽんご用達のキャンプ場に着いて、テントを張った。

ここが、Jぽんのお気に入りのビーチ。
干潮時は、あの防波堤の向こう側まで砂浜のビーチになるんだって。
景色

防波堤から見た、ビーチとその後ろの丘に続く村。
景色

今日は、ここGorran Havenから、隣村のMevagisseyまで、コーストパスを歩くことにした。
景色

空を見上げたら、頭の真上に、こんな不思議な形の虹が出とったよ。
景色

30分くらい歩いたかな。
後ろを振り返ると、あの向こうに見える家々が、さっきまでいた村Gorran Haven。
こーんなに小さく見えるよ。
景色

Mevagisseyまでの道のりの途中の、Portmellon(ポートメロン)ってカワイイ名前の村で、休憩。
ここのパブには、濁ったサイダーがあったんで、飲んでみたったー。ウマかったー☆
パブ

これが今日の目的地、Mevagisseyって漁村。
景色

港を歩いた。これ、夜9時半頃かな。
景色

そんでー。
またまたパブに入りましてー。まーたサイダー飲んじゃった。
パブ

ええ気分で酔っぱらったところで、チャイニーズを持ち帰り用で注文して、港のベンチに座って食べたよ。
チャーハンがウマかった!!

すっかり夜も更けて、キャンプ場まで帰る最終バスの時間は、とっくに過ぎてしまっとる。
タクシーは、隣町にしかないらしく、ここまで来るのに15分はかかるんだって。

ほんじゃー、また歩いて帰るかー。
って。酔っぱらっとるけん。二人とも。

来るときに通ったコーストパスは遠回り(要2時間)になるんで、車道を帰ることにして、漁村を後にした。
景色


そしたらな。
うっすら曇り空とはいえ、満月の夜。
月明かりが道を照らしてくれて、なんとも幻想的な景色を見ながら歩いたよ。
暗闇から花の香りも漂ってきた。

ご機嫌さんでテントに入ったら、夜中1時も過ぎとった☆




map

A地点 : Porthcothan
B地点 : Gorran Haven

初めてのキャンプ -2日目- (Tintagel-Porthcothan)

- 2009年07月07日(火) -

初めてテントで寝たんよ。昨夜。

それが、夜中の暴風雨がスゴくてな。
強風でテントが揺れるわ、テントに当たる雨音は激しいわ、豪雨でテントのファスナーのとこから雨漏りしだすわ、オオゴトやった。

そやのに、横見たら、Jぽんはグウスカ気持ち良さそうに寝とる。
この人、飛行機で一睡もできんのよ?
部屋で寝とるときは、カーテンの隙間から光が入ったら目が覚めるんよ?

なんで、この状況で爆睡できるんだ??

と思ったら、おかしくてな。
夜中に一人で、かーなりワロタ。



とか言いながら、私もウツラウツラ寝とったんよ。

しかーし。
空気で支柱部分になるところを膨らませただけのテントやん?
暴風雨には耐えられんらしい。

寝とる私の顔に、雨で濡れたビニールのテントがピタピタあたって目が覚める。
目覚めるたびに、テントが崩れて小さくなってきて。

Jぽんと、崩れてない場所(せまいテント内)に移動しながら、ひたすら寝る努力をした。



そんで、明け方、雨もやんだところでトイレに行こうと、テントを出てみたら。
外から見たら、こんなんなっとった!!!!
建物

違う角度から、もう一枚。
建物


おしっこチミるかと思ったけん。
周りのテントが崩れてないのが、またウケル。

Jぽんも呼び出して、
「周りの人たち、絶対、このテントの中に人が2人も寝とったとは思ってなかろうなー。」
って、かーなりワロタ。



さてさて。
テントをたたんで、次の村、Port Isaacへ来たよ。

この左手の赤い花、イギリス南西部でよく見られる花なんだって。
景色

昨日とはうって変わって、なんと気持ちの良い天気。
景色

海を眺めとったら、アザラシが出てきた!
野生のアザラシよ!初めて見たけん!
動物

海沿いの雰囲気たっぷりの家並みを通って、港の方へ向かうことにした。
景色

あれ。駐車場になっとる。
海が満ちてきたら、あそこ波が来るんじゃないの。みたいな場所が。
景色


次にやってきたのは、Padstowっていう、河口にある港町。
景色

ここは観光客がひと際多かった。
Jぽん曰く、子供たちの夏休みが始まると、この道は人、人、人。
前も見えんくらいに人で埋め尽くされるんだってー。
景色


そんでー。
今夜も懲りずにキャンピング。

今日は、Porthcothanって村にあるキャンプ場、その名も「Old Macdnald's Farm」に決定。
あの有名な歌、イー・アイ・イー・アイ・オー♪と同じ名前だけあって、いろんな家畜も見学できるようになっとる。
鳥


昨日の雨で濡れたテントや寝袋を、天気の良い芝生の上に広げて乾かしとる間に、キャンプ場内を見学。
パターゴルフしたり、卓球したりして遊んだよ。


気持ちよくひと汗かいて、テントに帰ってきてみたら。

食料の入った袋やゴミ袋が散乱しとる!!!



そうよ。
ここはファーム。
農場には、カラスがツキものじゃん。

カラスに、米やら紅茶やら、食い散らかされとった。
キャンプはいろいろと勉強になるわー。



そんでー。
夕飯は、バーベキューした。
ウマかったー。


海に沈む夕日を見に、海岸へ。
景色

一足先にビーチへ下りたJぽんに、散歩中の子犬がジャレついとった。
景色


これが、コーストパスって呼ばれる、海沿いに続く小道。
景色


イギリス南西部に続くコーストパス630マイル(約1,000km)を8週間かけて、Jぽんは歩いたことがある。
 「もう一度、歩きたいなぁ」
って日頃から言うとるけど、こういう景色を見ると、その気持ち、分かる気がするなぁ。

景色


今日は、二人とも(?)寝不足のため、パブへ行かず、早々にテントに入った。




景色

A地点 : Tintagel
B地点 : porthcothan

初めてのキャンプ -1日目- (家-Buck's Mills-Tintagel)

- 2009年07月06日(月) -

昨日、急に「キャンプに出かけよう!」ってことになった。
そんな話になったのが、お昼過ぎ。
夕方には出かけようって、大慌てで準備したんやけど。

結局、例のテニス男子の決勝がオモシロかったので、つい見入ってしまって、月曜の早朝に出かけることにして、早めにベッドに入った。

--------------------------

さて。
私たちにしては珍しく、ホントに早起きして、7時前には家を出たよ!


最初に立ち寄ったのが、イギリス南西部にあるデボン州の、Buck's Millsっていう小さな村。
景色

海を見て、駐車場へ帰る途中に雨が降り出した。
生い茂る緑の木陰に入って、しばし雨宿りをしたよ。
景色


車に乗って、今度はClovellyって村に行くことにした。
この村は、海岸沿いの急な坂道だらけの小さな村で、徒歩でしか入れんのだって。
少し離れた場所に駐車場があって、そこに車を止めて、駐車場内にあるお店に入った。
その途端、土砂降りの雨。

雨が止むまで、お店でビーチサンダルやらを物色しながら、店員さんと話した。
村に入るのに、大人1人£5.75(約900円)の入場料がいるんだって!
どんな村やねん??

 「夕方5時以降は無料になるのよ~。」

って言うておいでた。
今の時期なら9時半頃まで余裕で明るいし、そのくらいの時間のんが涼しくて散歩しやすい。
5時以降に入るのんでいいじゃん。

ともかく。
今回は、雨の中、海沿いの村を歩くのもイマイチ気が乗らんのんで、次回のお楽しみってことにした。



またまた車に乗って、更に東へ向かう。
コーンウォール州に入って、Boscastleって村に来たよ。
ここは、2004年8月に洪水で村全体が大きな被害を受けたらしい。

この川沿いにある、お茶を飲みに入ったカフェは、全壊して、新たに建て直したって書いてあった。
おもしろいことに、以前そうであったように、元通りの歪んだ屋根を作っとったよ。
景色

ここで食べたコーニッシュ アイスクリームは、とってもとってもウマかった。

コーンウォールは、いろいろと有名な食べ物が多い。
コーニッシュ アイスクリームも、そのうちの一つ。
パスティ(牛肉と野菜をコショウで味付けして、パイに詰めたもの)や、クリームティー、ビール、サイダーなどなど、なんでも頭に「コーニッシュ」が付いて表示されとる。
ペットボトルの水を買ったら、それにまで「コーニッシュ ウォーター」って書かれとった。
どんだけやねん。


と、この村あたりで、急にお天気が良くなったんで、今夜は予定通り、キャンプ場で泊まろうってことになった。


キャンプ場の看板が至る所に出ていて、どこにするか決めかねるくらい、たくさんあったよ。

そのうちの一つ、Tintagelって村にあるキャンプ場に来た。
キャンプ場に入って、初めて南の空を見た。
丘の向こうに見える空の暗いこと。
景色


「絶対、あっちは雨降っとるよなー。あの雨雲、こっちに来んといいんやけど。」
って言いながら、Jぽんがテントを広げた。


「…な、ない。。」

何が無いって??


テントの支柱になるワイヤーの部分が無いらしい!!!
家に忘れて来たのか、前回のキャンプの時にキャンプ場に忘れて来たのか。

とにかく、それがなきゃ、テント張れんじゃないの。
いくら初心者の私でも、それくらいは分かる。


キャンプ場の管理人に聞いても、ワイヤーの予備なんぞ置いてないって言う。
近くのキャンピンググッズ屋さんに飛び込んだ。
そこにもワイヤーだけなんて売ってないって。

閉店の時間はもう30分も前に過ぎとんのに、他のお客さんがウロウロしとるんで、たまたま開いていたらしい、このお店。




というわけで。

テントがもう一つ増えました。


しかも、今回購入したテントは、空気を入れて膨らませて張る、ワイヤーなしのテント!
テントを張る時間、わずか35秒!!!

と太鼓判を押されて、購入したこのテント。
あなた、テント張るのに、35秒どころか35分経っても、まだ四苦八苦しとったで、私たち。



と、なんとか無事、テントを張り終えて。

岸壁を散歩することにした。
景色


ここ、Tintagelって村は、キング アーサー生誕の地なんだって。

この岸壁の上にある城壁跡が、キング アーサーの居城の一部らしい。
岸壁の下にある洞窟で、キング アーサーは生まれたんだってー。
景色

14世紀に建てられた、石造りの「Old Post Office」
建物


そんでー。
パブに行った。いつものように。

これ、見て。「コーニッシュ ラガー」「コーニッシュ サイダー」って書いてあるやろ。
なんでもかんでもコーニッシュだ。
というわけで、両方とも飲んどいた。わはは!
パブ


そんでー。
ご機嫌さんになって、インディアンレストランでいつものようにカレーを食べて、外に出たら、なんと風の強いこと。
大丈夫かいねー、テント。

と、一抹の不安を抱きながらキャンプ場に帰ったら、吹き飛ばされずにキチンとあって、一安心。


今夜が、記念すべき初めてのキャンプ。




map

A地点 : Buck's Mills
B地点 : Tintagel

チェリー

- 2009年07月05日(日) -

Jママんちの水道が壊れて、水が使えんことになっとるらしい。

というわけで、Jママは、近所に住むJママ姉んちに避難中。

というわけで、陣中見舞いに、新ジャガ持って遊びに行った。


そしたらな。
Jママ姉んちの広い広い庭にな。
桜の木が、た~くさんあったんよ。
そんで上を見上げたらな。

チェリーがい~~~っぱい!!
写真で見ると、いっぱいに見えんな。。
果物

木になったチェリー、初めて採りながら食べた!
ウマかった!!


というわけで、新ジャガとチェリーの物々交換になってしまった。
果物

Jぽんが「チェリーパイ作ろう」って言うとったが、全部そのまま食べちゃった☆

関係ないけど、ウインブルドンテニス見た?
男子シングル決勝、オモロかったね~。
つい、力が入ってしまった。
最後のセットは、14-16でフェデラーの勝ちって言い当てたけん、私。
それが当たったのが、なによりウレシイ。
って、この試合をテレビで見ながら、上のチェリーを完食したのだ。

10年近く前に、ウインブルドン地区で仕事(ってもバイトやけど)をしとったときは、
「あ~、ここが有名なテニスが行われる地区なんや~」
とボンヤリ思いつつ、バスに乗ったりしとったけど。
場所がどこかくらい、見てくりゃ良かった。





ところで、突然ですが。
明日から一週間くらいの予定で、海沿いの町にキャンプしに行ってきます。

この前のホリデーがダメになったのが、とっても悔やまれるんだってー。
その巻き返しで、楽しんできまーす。

また帰ったら、逐一報告するけんね。
いってきまーす☆

いや~ん

- 2009年07月04日(土) -

また大根を掘った。ら、人間みたいな形やった。
オシリをプリッとさせた、お色気ポーズみたくない?
野菜


オシリの方からも、もう一枚。
野菜


いや~ん。。
みたいな。

荷物人質

- 2009年07月03日(金) -

日本から荷物を送ってもらったのよ。

日本におるときならワリとどうでもええようなモノたちを、家族に頼んで。


月曜に「送ったよ~」って連絡をもらったので、今日あたり届くかなぁと首を長くして待っとった。

ら、郵便物が先に届いてな。
イギリスの運送会社から、私宛の手紙が入っとった。

日本からの荷物で、なんか壊れたとかいうんかいね?
と手紙を読んでみたら。


税金払えって!!!!
払うもの払わんと、日本に送り返すぞって書いてある!


£42.27(約7,000円)って書いとる。

内訳は
 V.A.T(税金) : £28.77
 Clearance Fee (関税手数料) : £13.50


んなアホな~。。
何に対して税金払わなイカンのんよ~。。


アホか。
アホか。
荷物の中身は、乾燥ワカメに始まり日々の微々たる日本食材たち。
と、私の夏服くらいのもん。
アホか。



日本からの郵送料に何万円も払って、その上にイギリスで税金まで払ってまで、欲しかったモノかというと、定かではナイ。

そんなところが、悲しい。


最新記事