快晴続き

- 2010年06月30日(水) -

昨日、「2週間以上、晴天が続いてる」って書いたけど、よくよく思い出せば、もっと長い。

6月初めの週にウェールズに行っとる間に、この辺りは一日強い雨が降ったらしく、それ以来ずっと雨が降ってないんよ。そういえば。

ってことは、約1ヶ月、雨が降ってない。
昨夜、パラパラと雨が降ったみたいやけど、雨のうちに入らんな、ありゃ。くらい。



あ、ジャガイモ掘ったよ。
コンクリートみたいに硬い土を大汗かきながら頑張って掘ったけど、あんまりにもカッチカチでイヤんなったんで、次回、Jぽんに託すことにして、今回はこれだけ。
あ、ウソ。昨日料理したのの残りがコレ↓。
野菜

昨日はベイクドポテトにして食べたよ。
ウマかった~。



そうそう。
サラダって、フォークで食べにくいことない?
突き刺してもスカッと抜けるし、乗せたらポロっと落ちるし。
私は家でサラダを食べる時は、お箸を使うんやけどな。

昨日、夕飯を食べよる途中で、Jぽんが何かを取りに台所に行ったんで、
 「お箸も持ってきて~」
って言うたら、なんと、菜箸を持ってきた。

 「これは、料理する時用のお箸よ」
って言うたら、
 「え?何が違うん?」

って言うたよ、あの人。

違いの分からん男よの~。。




ところで、ジャパン、負けちゃったねー。
でも良い試合やったよな。
ハラハラしながら見た。

負けて残念やけど、なんちゅーか、やーるー!みたいな。
良かった。良い試合やった!


その後の、スペイン×ポルトガルもオモシロかったね。
ロナウドが、ほとんどボールに触ることがなかったのが不思議。もったいない。


今度は7月2日やんな。
合間の今日と明日は、精出して野良仕事しよーっと。

晴天続き

- 2010年06月29日(火) -

ここ2週間以上、ずーっと晴天が続いてるんよ、この辺り。

そんなで、畑の水やりが大変。

日差しもキツいし、気温も昨日は30℃を超えたんじゃないかな。
今日は風が涼しくて、少しはマシやけど、そんでも日中に畑仕事はできん。

なるべく朝行くようにしとるけど、気分が乗らん時は、夕方行くことにしてるんよ。
でも、昨日気付いたんやけど、天気予報を見たら、一番暑いのは夕方4時~7時くらいやった。

あ~、もう気分が乗らんくても、朝行くことにしよーっと。




そんでー。
毎日、水やりタップリして、最近、実が赤くなり始めたのがコレ。
フルーツ

このラズベリー、デカくない??
例によって枝に乗せた10Pは、10円玉と同じくらいの大きさな。


一つだけやったんで、仕事帰りにやってきたJぽんと半分コして食べたよ。

ワールドカップ

- 2010年06月28日(月) -

某テレビ局のワールドカップ用イントロが気に入ってるんよ。



Jぽんと私の間で流行っとってな。

どちらかが
 「シング シング アフリカ~♪」
って言うたら、即
 「シング シング アフリカ~♪」
って共鳴するけん。

耳に残ることない?これ。

BBQ

- 2010年06月28日(月) -

昨日、リンダんちでBBQしてきたよ。
美味しかったし、楽しかった。


なにより、アルジェンティーナが勝ったやん?
賭けたんよ、3-1でアルジェンティーナの勝ちに£1。

わはは!!!!
£1→£11になっちゃった!!

わーいわい!!


気分良く、ビールもワインも飲んじゃって、ご機嫌さんで帰ったよ☆

イングランド戦

- 2010年06月27日(日) -

今日は、朝からJぽんと一緒に畑の水やりをしに行って、ガーデンセンターに買い物に行って、ついでにレストランでイングリッシュブレックファーストを食べて、Jママに会いに行ってー。

畑に戻って、豆に支柱を立ててやって。

2時半になったんで、あわてて家に戻って、イングランド戦を観とるとこ。


イングランドのゴールが、バーに当たった後、ゴールラインの内側でワンバウンドして跳ね返ったボールを、レフリーが得点と認めんくて、そのまま試合が続行されてね。
Jぽんが叫んでウルサイ。

イチイチ叫ぶんよ。
テレビの向こうには聞こえんっちゅーのに。

イチイチ指示を与えるんよ。
監督かっちゅーんよ。


もー、うるさくてたまりません。


あ、そうそう。
夜7時半からのアルジェンティーナ×メキシコ戦はーね。
リンダ&スピーズんちでBBQしながら観戦するのに招待してもらったので、行ってきまーす。
今朝、畑でレタス採ってきたんで、それ持って行こうっと。


あら。4-1でドイツが勝っとるねー。
すーごい簡単にゴール決めとるねー。


あー、うるさい。
…テンションが下がって、ちぃとウルサイのがおさまってきた。

誕生日

- 2010年06月26日(土) -

今日は、すーさんの誕生日やんな。

あれはー。
60才の誕生日の時やったっけ。
姉夫婦んちで、みんなで集まって食事会したの。

あの時、姉と私とでいろいろ料理したんやけど、一番喜んだのが、温泉卵やったんよ。

 なーにー。。
 他にいろいろ手の込んだモノ作っとるだろうがー。

と秘かにガクっとなった。


すーさんは、ホントに卵が好きやったよな。
料理はせんけど、半熟玉子を上手に作る時間だけは知っとったよな。


今日、アヒルの卵を茹で卵にして食べたんよ、ランチに。
茹で卵を作る時は、必ず、すーさんの言うとった時間だけ茹でるんやけど、アヒルの卵はニワトリの卵より一回り大きいんで、すーさんなら何分茹でるって言うかなーと思ったりして。



これは、Jぽんの卵の殻&古い瓶コレクション。
モノ

一番左は、ダチョウの卵。他は忘れた。

それにしても、すごいホコっとるね。
今日は気分が乗らんけん、また月曜にでも掃除しよっと。(覚えとったら)



あ、アヒルの卵、上手に半熟玉子になったよ。
ウマかった~!!

レタス

- 2010年06月25日(金) -

たくさんレタスを植えたので、レタスの大量消費に毎日奮闘中。


新鮮レタスはサラダで食べるのが一番オイシイやん?
ドレッシングを自分で作ったら、これがJぽんにも好評でな。

 しょうゆ : 大さじ2
 : 大さじ2
ごま油 : 大さじ1
砂糖 or ハチミツ : 大さじ1

これを、タマネギの薄切りと一緒にレタスにかけて食べると、ウマい~。
日本なら、ワカメ戻して混ぜたらウマいよな、きっと。


あとね、クサくて大人なドレッシング。
 しょうゆ : 大さじ2 チリパウダー : 小さじ1
ごま油 : 大さじ1 おろしニンニク : 1片
砂糖 or ハチミツ : 大さじ1 ネギみじん切り : 大さじ2
ごま : 大さじ1 

これはー、ウマかった。
けど、後がいつまでもクサかった。

どっかのレシピを見て、それが少しずつ材料や分量が変わって、コレになったんよ。


と、毎日いろいろ工夫して食べよるけど、なかなか追いつかず。


ついに花が咲き始めた。
えーん。

誕生日

- 2010年06月24日(木) -

sanaちゃん、誕生日おめでとう~。


今、畑の野菜たちは実を付け始めたところだよ。

これはキュウリ。
花

これは、ブラックビューティーっていうズッキーニ。
花

これは、ずいぶん前からこの状態のままのスクウォッシュ。
花


人生と同じか。

実のなる年もあれば、実のならん年もあるってことかねー。
実のならん年があるから、実のなる年がウレシイと気付くことができるんかねー。


今年は、実のなる年になるか、ウレシイと気付けるための年になるか。
どちらにしても、sanaちゃんにとって良い一年になりますように☆

テリィ

- 2010年06月23日(水) -

今日はイングランド×スロベニア戦。
昼3時のキックオフに合わせて、Jぽんがバタバタと帰ってきた!

朝、「今日は大慌てで仕事終わらせて帰ってくるけん!」って出かけたの、ホントに頑張って終わらせたらしい。
恐るべしフットボールパワー。


そんで、一緒に観戦したよ。

途中で選手交代で出たルーニーが、なんかイマイチ調子が違うかったよな。

それよりなにより、ジョン テリィの活躍が素晴らしかった!!
あの人は、顔が性格悪そうで好きじゃないけど、昨日のガンバリは、素晴らしい!と思った。
今日のJぽんの頑張りに匹敵すると思う。



そんでー、その後、畑に行ってきたよ。

今週は暑い!毎日、最高気温25~27℃だってー。
洗濯日和やけどーよ。
日中、畑に行くには、ちぃと日差しがきつすぎる。

夏、日没の遅い(今日の日没は9時半)イギリスは、夕方6時でも、日本の夏の3~4時くらいの日差し。

8時くらいになって、ようやく涼しくなってきた。
水やりタップリして帰ったよ。

夏至の続き

- 2010年06月22日(火) -

この「A」地点が、昨日行ってきたストーンヘンジ。
興味のある方は、ドラッグしたりズームインしたりしてご覧あれ。

View Larger Map


そんで、この青い三角で覆った場所が、この日だけの特設駐車場。
map


警察官が車を誘導してくれて、ボランティアと思われる方々が、ゴミ用の大きなナイロン袋と注意事項を書いた用紙を配ってくれた。

車を停めて、歩いてストーンヘンジへ行く途中、2回のボディーチェックがあった。
パトカーや救急車もたくさん待機しとったけど、翌日のニュースによると、今年は騒動の少ない安全な夜だったらしい。
それでも、ドラッグ所持等の現行犯で34人が逮捕されとった。

推定2万人の人出の中、特に混雑もなく全てがスムーズやった。
ほど近い場所に設置された無料駐車場に、普段有料のストーンヘンジ入場料も無料。
適当な数の出店と、多数の仮設トイレが至る所に設置されとった。

全てにおいて素晴らしい~と思ったけど、唯一残念なのは、ゴミが散乱しとったこと。
入口でゴミ袋くれたのに。アチコチにゴミ箱も置かれとるのに。
ゴミの多さは昨日の写真でも目に付いたんじゃないかしら。
なんで持ち帰るかゴミ箱に入れんのだろうな。



さてさて。
今回、私達4人、みんなの目に留まった人は、この人。
人

ずーっとドラムの音に合わせて、一人ゆったりと踊り続けとった。
朝日が昇り、この表情。

いや~、良かった。
ちょっと、ジェフリー ラッシュに似てない?映画「シャイン」や「レ ミゼラブル」の。



あとね、中国人?の団体が、朝日に手をかざして目をつむっとった。
景色

何しよるんやと思う?

コレは↑答え知らんけん、「これ何か?」じゃないよ。


そういえば、帰り際に日本人観光客の団体を見かけて、リンダ&スピーズにそそのかされて声かけたんやけど、あまりもの私の日本語のたどたどしさに驚いた。
相手の言うとることは理解できとんやけど、返答が不自然というか、言いたい言葉が出てこんというか。脳の動きがオカシイというか。とにかく会話がスムーズじゃなかった。

日本語で、こんだけ長々と毎日ブログ書いとんのに??
忘れるワケないやんな??


あとでよくよく思い返してみたら、ひょっとして、時々「イエス」とか言うとったかもしれん。

絶対アホやと思われたやろうなー。。
ワザワザ話しかけて、アホを披露せんでもええのにな。

夏至

- 2010年06月21日(月) -

昨日の続き。

ストーンヘンジで、ついに朝日の昇る時間を迎える。


が、日の出の時間を過ぎても、地平線が雲に覆われたまま、太陽は現れんかった。
それでも待ち続ける人々。
景色

ついに太陽が見えた!!一斉に歓声が上がったよ。
景色

景色


景色

景色


コーヒーを買って、みんなで休憩した。
横になって、リンダの肩越しにストーンヘンジを眺めながら、ウツラウツラして気付いたら眠っとった。
お日様がポカポカ背中を温めてくれて、気持ちが良かった。なんて贅沢。
景色


奥のモリッとなった森の向こうが特設駐車場。
景色


駐車場に戻ったら、駐車場から車道に出る車で長蛇の列ができとった。

今日はみんな仕事もお休みしたし「何も急ぐことないねー」って、また横になって眠った。
横になりながら、「日本なら駐車場で車の隣に敷物敷いて寝んよな。。」と思った。
芝生やから?ここが田舎やから?
何が違うんかなーと思いよったら眠っとった。

ちなみに、他の人々は、眠ったりBBQしたり音楽をかけてダンスをしたりしとった。
景色


となりに停めてあった車。カワイイねー。
乗り物

カワイイけど、この車がエンジンをかけたんで、ウルサイのとクサイので目が覚めた。


帰りに、Aveburyっていうストーンサークルと村が一帯になった場所を通ったけど、ここも同様にイベントがあって混雑しとったので、素通りした。

その後、通りがかりの村のパブで、強い日差しの中、ビールを一杯飲んで、家に着いたのが午後4時を過ぎとったかな。


2時間くらいお昼寝して、夕飯作って、また寝た。
Jぽんは、この間↑、眠らずにワールドカップ観とった。

元気なねー、この人。行き帰り運転したんよ?ホント、驚くワ。



と、今回も良い体験をさせてもらいました。
楽しかった!!

ストーンヘンジ

- 2010年06月20日(日) -

Jぽんと、Jママんちにチラッと寄ってから、畑に出かけたよ。
草引きやらなんやら忙しくして、7時半に家に戻った。

夕飯作ってお風呂に入って、ゴロンとベッドに横になって居眠りしちゃろーと思ったら、もう出かける時間やった。くそー。


というのも。

明日は夏至。
夏至ときたら、ストーンヘンジ!

夏至の夜明けをストーンヘンジで迎えようと、多くの人がこの地に集まる。
普段は遠巻きにしか見ることのできないストーンヘンジに触れれる、滅多とないチャンス☆
それに私達も参加しようとしとるのだ!!



リンダ&スピーズを迎えに行って、午前2時に特設駐車場に着いた。

今日の日出は4時52分。
真っ暗な中、3時間も何するん??と思いつつ、防寒対策をして巨石群へと歩いた。

 すーごい人出を想像しとったのに、思ったよりも人が歩いてないなぁ。。

と近づいていくと、人々は、座ったり横になって眠ったり。
ここまで近づく↓のに、どれだけの人々を踏まんように気を付けて歩いたことか。
景色


民族楽器やドラムの素朴な音が響き渡る中、踊ったりオシャベリしたり眠ったり、みんなそれぞれの時間を楽しむ。
景色

景色

景色

私達も、みんなに混じって横たわる巨石群のひとつに登ったり、円陣の中を歩いたりした。

気付けば4時過ぎ。
さっき2時やったのに???
摩訶不思議。ストーンサークルの中で時間を奪われたか。



日の出が近づき、音楽のリズムが変わってきた。
景色

景色

景色


Jぽんの時計は日の出時刻の4時52分を過ぎた。
景色


薄っすら雲がかかっとるけん、太陽見えんねーって言うたら、
 「この時計、7分進んどるよ」
って。
なんだ、その中途半端な進め具合は。



つづく。

草引き

- 2010年06月19日(土) -

今日はJぽんと久しぶりにケンカして、Jぽんのクリケットにはついて行かんかった。

鼻息ブーブーしながら、姉にメールを書いとったら、クリケット場に着いたJぽんから
「さっきはゴメンね」の電話があった。

けど、まだ鼻息ブーブーしとったけん、
「いいえ、かまんのよ」って言うた。

いつもなら、ケンカ両成敗と思って、どちらが悪くても、Jぽんがゴメンって言うたら、私もゴメンやったって言うのに。
 ↑いつもJぽんが先に謝るのかって言うてもええよ。



で、ワールドカップのジャパン戦を観た後、畑に行って草引きした。

今日は雲って風もあって寒くてね。
そんでも、草引きは一度始めたらキリがなくて、なかなか止めれんのだなー。
そんでも、ホントに寒くなってきたんで帰ろうと思ったら、前を通りかかった人に声をかけられた。

彼女も、ここの畑で野菜を育てるようになって、2年になるらしい。
サニーレタスをお裾分けして、家も近所らしく一緒に歩いて帰った。

在英6年になる、ポルトガル人のエマ。

彼女は昔、在ポルトガル日本大使館にお勤めの家族んちで家政婦をしたことがあるらしく、そこの子供に日本語を教わったんだって。
簡単な挨拶の言葉の他に覚えとる言葉が「桃」。
ひらがなも覚えとって、手の平に「もも」って書いてくれた。

あまり役に立つ機会がない言葉なのに笑ってしまったけど、そんなもんよな。
私もパキスタン語で「イタズラっ子」の意味で言う「雄ネズミ」「雌ネズミ」を覚えとる。

そんなもんよね~って笑った。



家に帰って、お風呂に入って夕飯の準備しとると、Jぽんが帰ってきた。
スッカリ鼻息のおさまった私から「さっきはゴメンやった」って言うて、仲直りしたよ☆

これ何かの答え

- 2010年06月18日(金) -

歯医者さんのことで頭がいっぱいで、ウッカリ答えを書き忘れるところやった。

この間の、ウェールズの海岸から「これ何か」の答え。

サンダルを落として取っていると言われれば、そんな風にも見えるけど。
答えは「カニ釣り」をしてるんでした~。


ウェールズの海岸に限らず、イギリスの海沿いでは必ず目にする光景じゃないかな。
大人に身守れながら、子供たちがタコ糸みたいなのを垂らして待っとると、ワリとすぐに釣れる。
その横で、網を持って待ち構えとった子が、上手にすくう。
とっても楽しそうよ。

今まで見てきた、こうやって捕まえられたカニは、小さくて沢ガニくらいの大きさやったんやけど。

今回見た、New Quayの海岸↓では、スゴイ大きなカニが取れとった。
景色

「spider crab(クモガニ)」って言うとったけど、タカアシガニみたく足が長いのではなく、ケガニとかハナサキガニっぽい、甲羅がトゲトゲなって、足も短いのんやった。
甲羅の直径15cmくらい。かなり大きいことない?

そらー、大人が網を持って待ち構えとるワケだ。


次回、ウェールズに行く時は、私達も糸と網を持って行こうかな☆

イチゴ三昧

- 2010年06月17日(木) -

歯の心配がなくなってスガスガしい気分の今日は、張り切ってサンドウィッチ作って、昼前から畑に行ってきたよ。

もう、雑草がスゴイんよ。
一週間、ウェールズに行っとった間に、ほーんとに驚くほど雑草だらけになっとってな。

端から順にキレイに抜いていきよるけど、最近、晴天続きなんで、地面が硬くなって抜けにくい。
広い場所なら、ホウっていう道具で表面を削るようにして草の根を切ることができるけど、野菜の周りは手作業しかないやん。

腰が痛い~。
11時くらいから初めて、Jぽんが仕事終わって参加してくれて、7時半まで草引きした。


今の時期は、仕事の後のご褒美があるのがウレシイ。

これ、見て!イチゴがいっぱい~!
イチゴ

イチゴ

2~3日毎に、これくらいの量が採れてます。
例によって、手前に置いた10pは10円玉とほぼ同じ大きさ。
イチゴ

甘くてジューシーで、ウマい~。

歯医者報告

- 2010年06月16日(水) -

歯医者さん、行ってきたよー。


歯医者さんに行く前に、家でシクシク泣いとったんよ、実は。
 ↑マジで???ってヒイた?

何が泣けるのかと言われると分からんのやけど、この年になって歯医者さんがコワイというワケではなく。
いや、コワイんやけど、それだけではなくて。

日本なら、歯医者さんがどんな場所でどんな処置をするって、だいたい想像がつくんよ。
けど、例のJぽんの腹痛で、救急病院の様子を見たやん。なんていうか、信用ない、とは言わんけど、日本とは違う!!と、当たり前なんやけど、全てにおいて違うっていう印象が強くてな。

しかも、初めて行くのに抜歯かも!というのがまた更に追い打ちをかけてコワイ。

…やっぱりコワイんやんな。
いや、心細いというのか、これは。


などと自己分析をしながら出かける準備をしとると、玄関の鍵が開いた音が聞こえた。
なんと、Jぽんが心配して帰ってきてくれた!!!!

 「連れてってあげようと思って」だって。


驚くけん。
なんと過保護な。

朝、歯医者さんに連絡した後、Jぽんに電話したんよ。
「予約が取れたら電話して」って言われとったんでな。

「大丈夫、ちゃんと一人で行ける」って言うたのに、オドオドなっとったのがバレたか。


そんなで、過保護スドゥーコは保護者付きで、初めての歯医者さんに行った。
待合い室でも「大丈夫?」ってJぽんに言われるくらい、気付けば意識が遠くに行っとった、くらいナーバスになっとった。しかも涙目で。
我ながら、こんなに小心者とは知らんかったけん。
よくこんなで、昔一人でイギリスに職探しに来たりできたものよ、と我ながら驚く。


ついに歯科助手さんに名前を呼ばれた時は、知らん顔したかった。マジで。

診察室に入ったら(もちろん保護者同伴)、優しそうなドクターが
 「ハロー、今日はどうしましたか?」
って迎えてくれた。

もう、ヒックヒック泣きそうやったのが、ドクターの顔を見て、なんか安心してね。

 「こんなこんなで歯が欠けてベロが痛くてご飯も食べれんくて!」
と、まくしたてたら、
 「はいはい、見せてくださいね~」
って口の中を見て
 「抜きたくないなら、今日は詰め物をしときましょう」

って、エアーをピューピューかけて、石膏みたいなのを乗せた。

歯のとがった所が当たる気がするって言うたら、
 「そこを少し削ることになるけど、それでもいい?」

って、日本なら「削りますよ~」って、歯医者さんの判断でゴリゴリ削っとると思うけど。

顔が半分くらい隠れるくらいの大きなグラスをかけたドクターが、チロっとだけ歯を削ってくれて、終了。
全行程で、ものの3分の処置か。

 「そんだけ??」
って聞いてしもたけん。

これで当分もつらしい。
歯の欠けた部分がワリと大きいので、いずれ抜くことになるけど、今、痛くないなら無理して抜かなくていいんだって。

しかし。
日本なら、レントゲン撮って、抜くか、抜かんなら消毒して型を取って、2~3回通って、そんで詰め物するよな?

レントゲンやら型やらは100歩譲って取らんでええことにしても、消毒せんかったのはどうなん?

さっきまでチョコ食べとったかもしれんやんなぁ?
(私は歯磨きして行ったけんね、ちゃんと)

水でうがいとかもせんと、エアーでピューピュー乾かしただけよ?
あれが消毒なんか?
いや、違うやろう。


悪くなるのを待つだけのような気もするが。

しかし。
日本の歯医者さんみたく白衣でマスクしてメガネもかけて、普段、町で会っても気付かん、ひょっとして毎回違う先生でも分からんかも、みたいな人が診察室に座っとったら、コワくてそのまま帰っとったかもしれん。
それが、今回の若い女の先生は、マスクもせず紺色の服来てニコヤカに「ハロー」って言うてくれて、緊張しとったのが一瞬で飛んだけん。


受付で、今回で処置は終わるけど、次回、歯の定期検査をするかどうか聞かれて、あの先生ならコワくない!普段から来て慣れておこう!と、
 「数週間後に予約をお願いします」
って言うたら、
 「早くて8月中旬ね」
って言われた。

ホンマかい!2ヶ月後やがな!!!

今回は、緊急の治療が必要やったんで予約を入れたけど、チェックするくらいの診察だと2ヶ月先になるんだって。
イギリスではそれが普通らしいよ。

まぁ、とりあえず、その8月中旬で予約してもらった。



家に帰って、ソファでグターっとノビーっと横になって、クッションに顔をうつ伏せて、安堵した。

Jぽんに、
 「どしたん?痛いん?それともコワかったん?」
って心配されて
 「ううん。あんなに怖がっとったのがバカみたいで。ホッとしとるとこ。」って言うた。

喜んどる、良かった、みたいな気分やったんやけど、とてもそういう風には見えんかったらしい。
そーとー緊張というかナーバスというか。やったけん。
それから解放されて、単に「あ~~~~」という心境やったんよ。


とにかく。
ご心配をおかけました。

今回は難を逃れました。
案ずるより横山やすし。←イカン?

次回は泣かんでええと思う。抜歯するにしてもコワさが違うな。間違いなく。
は~。良かった。

Jぽんに何度もありがとうって言うた。
翌朝も言うたくらい、感謝☆


と、長くなりましたが、歯医者報告でした。



この歯医者さんの後、家でマッタリしてから、畑に行ってきたよ。
相変わらず何カラントか分からんけど、イエローではないことが判明したカラントが色付いてきました。
フルーツ

歯医者

- 2010年06月15日(火) -

えーんえん。
シクシクえーんえーん。

奥歯の詰め物が取れた。
取れたまま放置しとったら、硬いモノを噛んでしまって、歯が欠けた。

その欠けた所が舌に当たって痛くて、モノが食べれん。


えーんえん。

歯医者さん、コワイよぅ。
イギリスの歯医者さん、行ったことないもん。
コワイよぉ~。。


抜歯の刑やと思わん?
一番奥の歯よ?

え~んえん。
日本に帰りたいよぅ。
日本の歯医者さんに行きたいよぅ。



って泣いとっても仕方がないので、予約の電話した。

今日の昼3:15分の予約が取れてしまった。


え~ん。
コワイよぅ~~~~~。

これ何しよるか?

- 2010年06月14日(月) -

先々週、ウェールズに行った時の写真から「これ何か?」。
景色

景色

景色

イギリスの海岸で、よく見る光景。
子供たちが、水中に糸を垂らして、その隣では網を持って。

何を捕まえようとしとるか?

音楽祭

- 2010年06月13日(日) -

今日は隣町で、毎春恒例の町の音楽祭があったんで行ってきたよ。

隣町まで歩いて行ったんやけど、その道中、運河でアオサギが獲物を狙っとったところに出くわした。
首、あんなに動くんやね、くらい、グルグルニョキニョキ真剣やったんで、獲物が近くにおるかとしばらく待ったんやけど、首の運動をしとるだけなのかなんなのか。
待ちくたびれて歩き始めたら、アオサギは飛び立ってしまわれた。
鳥

これは川。カモの親子を発見したよ。
鳥


そんで、これが野外ライブの模様。
白いテントの所がステージになっとって、ローカルバンドが演奏してるんやけど、あーんまりみんな聞いてない感じ。
それぞれにビール飲んで日光浴を楽しんどった。
人


リンダ&スピーズにも久しぶりに会って、その他大勢の友達に会って、楽しかったよ。



音楽祭が終わって、タクシーに乗った途端に大粒の雨が降り出した。
普段なら、なんか食べて帰るとか友達と更にパブに出かけるとかのはずが、さっさとタクシー呼んだと思ったら、そうそう。ワールドカップよ。

家に着いた途端、ドイツ×オーストラリア戦を観とった。


私は、よーけ飲んだので、お昼寝?夕寝?しとった。
雨音が心地良かったよ。

イチゴが甘い!

- 2010年06月12日(土) -

結局、金曜のワールドカップ初戦は家で観て、終わる頃にJぽんが帰ってきた。
Jぽんは「初戦を見逃したのは10才の頃以来、何十年ぶり!!」とご立腹。ぷんぷん。
「オモシロい良い試合やったよ」って言うたら、さらにプンプン。わはは。

そんなで、夕方から畑に行こうと思っとったのは私だけで、Jぽんと一緒に第2戦も観ちゃった。


で、土曜日の今日は、Jぽんはクリケット。
Jぽんがクリケットしとる間、私は畑で草引きしたよ。

本日の収穫。
時期をずらして撒いたラディッシュが採れるようになったよ。
そんで、イチゴ!
イチゴの手前に置いた10pは、10円玉とほぼ同じ大きさ。
今年のイチゴは去年のより、何倍も甘い~!!うれしい~!!
イチゴ





昼前から畑に行って、アルゼンチンの試合が始まる頃には家に帰ろうと思っとったのに、つい草引きにハマってしまって、気付けば18時前になっとった。
あわてて帰って、お風呂に入っとる間にJぽんがビールやらなんやら買って帰っとった。

イングランド×USA戦、ゴールキーパー、シクったねぇ。
試合前にJぽんが「USAは想像しとるより強いと思うよ」って言うとったんよ。
全くその通りやった。

ワールドカップ

- 2010年06月11日(金) -

昨日、Jぽんが熱く語ってくれた、今年のワールドカップ予想。
今日始まるね。

よぉ分からんけど、私が最近覚えた選手たちが自国のチームでプレイするのは、ちょっと興味がある。
どの選手がどの国から来とるか、あんまり知らんけんねー。
「あ、あの人、スペイン人やったんや!」とか。
そんな程度の興味で、すみません。。


しかし、そんな私でも、マラドーナが監督、リオネル メッシ、カルロス テベスのアルゼンチンチームには、すーごいオモシロイ試合が見れるんじゃないかと、ワクワクしとるんよ!!!



昨日、Jぽんが買い物ついでに、なんちゅーん?トトカルチョ。のクジ?を買いに行くって言うんで、私も頼んだ。
どのチームが優勝するかは分からんけど、メッシが得点王になる!ってのに£1賭けた。

で、ニヤニヤしながら帰ってきたJぽんが見せてくれたのが↓コレ。
スポーツ観戦

賭ける時に使うシート。

「どのチームが優勝する」や「どのチームが何対何で勝つ」はよくあると思うんやけど、オモシロいのがあったよ。

 「ルーニーが、いずれかの試合で3点入れる」から始まり、
 「ランパードが、ペナルティでミスる」
 「ロナウドが痛がるふりをして、警告を受ける」
 「マラドーナが警告を受け、テクニカルエリアから追い出される」
 「ジョン テリィが泣いているところがテレビに映る」
 
などなど。
いろいろありますなー。

「テリィが泣く」は声出して笑ってしまったけん。
フットボールと関係ないやんな。


さて。
昼3時から始まるワールドカップ初戦。
見ようと思っとったけど、急にお天気が良くなってきた。

どうしようかなー。
ワールドカップ見ようか、それとも畑で草引きしようか。

う~ん。
悩めるところだ~。




6月6日の「ウェールズ 6日目 (Cwmtydu-いろいろ-家)」を更新しました。

草引き

- 2010年06月10日(木) -

昨日は、8時間、草引きした。仕事やな、もうこうなると。

カリフラワー・ブロッコリー・ズッキーニ・レタス・ビートルート(茹でてサラダにして食べる甘い根野菜)・ロマネスコ(カリフラワーとブロッコリーの掛け合わせ)の辺りはキレイになった。

さて。
これが先日の悲しいことになったチンゲンサイ。左側の一列キレイに黄色の花が咲き始めとるのな。
野菜

問題は右側。
ミックスサラダの種を撒いたんよ。

…どれがサラダ菜でどれが雑草か、さっぱり分からんことになっとるけん!!!
困ったぞ~。
ちなみに、これらも育ち過ぎて、花が咲き始めとるのもある。
どうしたもんかね~。

みんなならどうする?




6月5日の「ウェールズ 5日目 (Cwmtydu-Llangranog)」を更新しました。

すーさん命日

- 2010年06月09日(水) -

今日は、父の命日。

ザーザー降っとった雨が上がって、虹が出た。写真では分からんけど、3重の虹。
景色


いろいろ思い出しながら、今日も草引きに精を出しました。




6月3日の「ウェールズ 3日目 (Aberaeron-Aeron川-New Quay)」と
6月4日の「ウェールズ 4日目 (Aberaeron-Cwmtydu)」を更新しました。

一週間ぶりの畑

- 2010年06月08日(火) -

昨日は、Jぽんが仕事から帰ってくるのを待って、さぞ草ボウボウの雑草だらけになっとるだろう畑に、一緒に行ってきたよ。

コリアンダーが立派になっとる!!
これ、去年スーパーで買った小さい鉢植えの、いつでも新鮮に食べられるっていうのんを、最後にチョロっと残ったところで畑に植え替えたら花が咲いて種が採れたんよ。
それを今年植えてみたら、立派に育った~。うれししい~。
野菜

サニーレタスもモリモリなっとる!
野菜

ズッキーニも葉っぱが大きくなっとる!!
野菜

一度は霜でダメになったかと思ったジャガイモも花が咲き始めたよ。
野菜

イチゴは、こんなにたくさん実が付いとった!
野菜


全体はこんな感じで、思ったほどジャングルではなかったけど、でも、しばらくは草引きに忙しくなるなー。

畑



あ、悲しかったこと。
パクチョイ。チンゲンサイか。
キャンプ前には小さかったのに、今日は花が咲いとった!!!
硬くなっとるかなぁ?
え~ん。。。


サニーレタスとコリアンダーとパセリを、夕飯のサラダ用に収穫して帰ったよ。



5月30日の「ダラダラデー」
5月31日の「今日もまた」
6月1日の「ウェールズ 1日目 (Aberdyfi)」
6月2日の「ウェールズ 2日目 (Aberdyfi-Borth-Aberaeron)」を更新しました。

ただいま

- 2010年06月07日(月) -

ただいま帰りました~。

結局、先々週の土曜のJぽんの二日酔い→雨がザーザー降る→テンション下がって、ダラダラして出発したのは、祝日明けの火曜日の朝。いや、昼前か。

ウェールズの東海岸でキャンプしてきたよ。
天気も良かったし、すーごい気持ち良かった。

昨日の夜12時前に帰ってきたよ。
出発はダラダラで遅くなったくせに、帰りはギリギリまで遊んで、私達らしいやろう。



5泊6日のキャンプ。
また追って、逐一報告します~。

ウェールズ 6日目 (Cwmtydu-いろいろ-家)

- 2010年06月06日(日) -

今日は天気予報通り、朝からドンヨリした天気。
テントをたたんで車に乗り込み、いろんな場所を観光しながらノンビリ帰るよ。

小さな村「Penbryn」で見つけたコテージ&キャラバンパーク。
イギリスには、自炊のできる家を一週間単位や週末のみ等で借りることのできるコテージがたくさんある。
この下の写真の家もそう。今日は誰も予約が入ってないんで、中を見せてもらった。
築200年で、当時からの石の床やキッチンの台などがそのまま使われてるんだって。
建物

キャラバンの中も見せてもらったよ。思ったよりも広くて明るくて、気持ち良かった。

ついでに、ここを経営しとるオジサンに、
「ウェールズには『LLANG』や『ABER』で始まる町の名前が多いけど、なんて意味?」
って聞いたら
「ウェールズ語で、『ABER』はビーチ、『LLAN』は河口って言う意味だよ」
って教えてくれた。


へー、なるへそー。
と感心したものの、車に乗ってよくよく考えてみたら、違うくない?

今回行った場所の名前。
 Aberdyfi : パウダーみたいな砂浜の河口沿いの村
 Aberaeron : Aeron川が注ぎ込む港があった村
 Llanfair : 保存鉄道のあった山の谷間にあった村
 Llangranog : ウェールズで一番ビーチに近いパブのある村

昨年末に行った渓谷の村の名前は「Llangollen」やったし。
『ABER』はビーチかもしれんけど、『LLAN』は河口じゃないかろうって、帰って調べたら、
 ABER : 河口
 LLAN : 村・教会・庭
って意味やった。

イギリス南部にある河口の町や村も、河口を表す「mouth」で終わる名前が多いんよ。
ボーンマス、プリマス、ポーツマス、ダートマスなどなど。
ウェールズも同様、「aber」で始まる町や村の名前が多いんで、人からお勧めの場所を教わる時には、語尾を覚えるのが肝心なことを、今回の旅で学んだよ。


雨がボチボチ降り出した。天気予報通り、大粒の雨。
ここ「Tresaith」の海岸には、滝があるんだって。川の水が滝になって海に流れ込むらしいよ。
けど雨がひどいんで、ここまで来たけど次回のお楽しみにした。
景色


海から離れた辺りで、雨が止んだよ。

「Brecon」の町を歩いて、パブの庭で川を見下ろしながらオレンジジュース飲んだ。
景色


次にやってきたのは「Hay-on-Wye」。これは古いお城跡。
建物

チラッと町を歩いた後、日当たりの良いステキなカフェがあったんで、お茶したよ。
景色

フルーツ

ずいぶん前に、この川の河口近くに行ったことのある「Wye」川。
景色

景色

ここは本屋さんが多いことで知られる町。
景色

景色

景色

イングランドとウェールズの境の町。
看板の表記が、ウェールズにいた時にはウェールズ語が上やったのが、英語が上になっとる!
景色



この後、車に乗って、コッツウォルズの村々を通ってー。
パブに寄って、スクランピー飲んだ。
なぜか、そのパブで中華料理も出すってんで、食べたら美味しかった!

そんなこんなで、家に着いたのが夜中0時でした。


今回のホリデーも、とーっても楽しかった☆


View Larger Map

 A地点 : Cwmtydu(昨夜のキャンプサイトのある町)
 B地点 : Penbryn(コテージ&キャラバンを見せてもらった村)
 C地点 : Tresaith(滝のある海)
 D地点 : Brecon(オレンジジュース飲んだ村)
 E地点 : Hay-on-Wye(本屋さんの多い村)

ウェールズ 5日目 (Cwmtydu-Llangranog)

- 2010年06月05日(土) -

今日はウォーキングデーにしよーっと。

イギリスには「National Trail」って呼ばれる、直訳すると「国家歩道」がたくさんある。


その国家歩道のうち、前回、イギリス南西部にキャンプしに行った時に、コーストパス(海岸沿いに続く歩道)「South West Coast Path」630マイル(約1,014km)の一部をJぽんと歩いた。
同じく国家歩道として、今回のウェールズ東海岸にも「Pembrokeshire Coast Path」186マイル(299km)のコーストパスがある。
上の南西部コーストパスは、Jぽんは8週間かけて歩いたことがあるので、次はこのウェールズ東海岸に挑戦したいんだって。


というわけで、今回は、どんな所か下見に。
まずは、最寄りのビーチから北に向かって1マイル(約1.6km)歩こう!

この岸辺で昨日、バーベキューした時にアザラシを見たんやけど、毎年、岸壁にある洞窟でアザラシがお産するんだって。8~9月くらいにお産するらしいんやけど、彼らもその下見に来とったのかな?
景色

これはGorse(ゴース)の花。
今回のコーストパスを歩くのに、何を一番楽しみにしとったかと言うと、実はこの花。
花

細い小道を歩いとると、海からの風が絶え間なく吹く中、ピタっと風が止まる場所がある。そこは少し暖かい空気が淀んだ感じで、そこにこのゴースの甘い香りが充満してるんよ。
長く歩いた後の疲れが一気に吹いて飛ぶよ、この香りは。
南西部を歩いた時に、とっても気持ちがよくて覚えとったのよ。
景色


眼下に小さいビーチが見えたので、そこで休憩してから引き返すことにしたよ。
景色

近くで寝っ転がっとったカップルが泳ぎ始めた。
汗をかくほどは暑くない。岸辺で足をつけたけど、やっぱり水は、かーなり冷たい。
景色


スタート地点のビーチに戻って、カフェでスコーン食べて、今度は南に向かって歩くよ。

丘に広がるバターカップの花と馬たち。手前の黄色はゴースの花。
景色

標高何mなんやろう。周りが360度見渡せる丘の上に来た。
この辺りで一番高いと思われる位置に、とっても古そうな石の塀があった。
景色

南にも1マイル歩くだけのはずが、隣町まで、思ったよりも近いかも?と、4.5マイル(7.2km)の距離を歩くことにした。
この細い小道をドンドン歩く。
景色

歩いてきた道を振り返ったとこ。
景色

景色


これが思ったよりも遠くて。
昨日のビーチから見た、ちょっと変わった岩が近くに見えたんで、歩くことに決めたんやけどな。なんと違う岩やったのよー。ビックリするけん。

遠いねーって言いながらも、やっと着きましたよー。
真ん中辺りの黄色い建物が、昨日ビールを飲んだ、ビーチに一番近いパブ。
景色

これが、目印にした見間違えた岩。
景色


歩き疲れた後のラガーは最高にウマかった!!
と、また同じパブでビール飲んじゃった。

帰りはバスでどっかまで行こうって探したら、なんとこの季節はバスは走ってないんだって。今走らんで、いつ走る?
というわけで、タクシーを呼ぼうとしたら、携帯の電波は入らんし。
久しぶりに公衆電話を使ったら、1つの番号に電話をかけるのに、60P(約80円)かかることになっとった。ちぃと高すぎるんじゃない??

タクシーが来るのに20分かかるって言うんで、別のパブでウェールズのビール、今回はラガーじゃなくてビターをハーフパイント飲んだ。まぁ、ウマかった、くらい。

タクシーでキャンプサイト近くのパブまで行ってもらって、そこでスクランピー(サイダーと同じくリンゴのお酒)を飲んで、パブ飯も食べた。ウマかった。
pub


そんでー。
このパブから2マイル(3.2km)の距離を歩いて帰ってー。
景色


歯も磨かずに寝たった。
あ~、今日はよーけ歩いた!



そんでーよ。
今、よく見たら、この日、歩いたコーストパスは、「Pembrokeshire Coast Path」に含まれてない!
「Pembrokeshire Coast Path」は、もう少し南にあるんでした~。
全然、下見になってないやん!

…Jぽん、知っとるんやろうか。

ウェールズ 4日目 (Aberaeron-Cwmtydu)

- 2010年06月04日(金) -

昨夜は、隣のテントの人たちが騒々しくて、夜中に何度か目が覚めた。
あんな人たちは初めてよー。プンプン。


そんなで、朝はユックリ寝て、昼前にテントをたたんで、次のキャンプサイトを探しながら海沿いをドライブした。
30分くらい走ったところでビーチ近くにサイトを見つけて、そこに決定。
テントを張って、水着に着替えて、ビーチに行った。
ここは砂浜じゃなくて、人もまばら。
景色

ここで、寝っ転がったり本を読んだり絵を描いたりして、3時間くらい過ごした。
ひょっとして泳げるかと水際に足を付けたら、ヒャッて言うくらい水が冷たいかった。
景色


キャンプサイトに戻ってシャワーを浴びて、隣町「Llangranog」へドライブした。

ここはウェールズで一番ビーチに近いパブなんだって。
で、もちろんビール飲んだった。
景色

景色


小さなお店でお肉や野菜を買い込んで、テントに戻ってバーベキューセットを持って、ビーチでバーベキューしたよ。
景色

そんで、アザラシが海から顔を出した。
昨日のイルカに続いて、これまたうれしい~。


View Larger Map

 A地点 : Aberaeron(昨夜のキャンプサイトのある町)
 B地点 : Cwmtydu(今夜のキャンプサイトのある町)
 C地点 : Llangranog(ウェールズで一番ビーチに近いパブのある町)

ウェールズ 3日目 (Aberaeron-Aeron川-New Quay)

- 2010年06月03日(木) -

この港に流れ込む「Aeron」川に沿って鉄道跡があるのを、観光案内のパンフレットで発見した。
今日は、そこを歩きに行くよ。

まずは港の景色を見てー。
つい2~3日前、この港をカワウソが泳いどったって漁師さんが言うとった。
景色

そうそう。この辺りから南にかけて、よくイルカが見えるんだって。

港には、ドルフィンウォッチングのボートが各種あって、2~4時間ゆっくり船上で過ごすのや、シュノーケリングしたり釣りをするのもあった。
私達が選んだのは、「時速70kmで海上を走る20分のスリリングな体験をしよう!」っていうの。

沖に出たところで、麦わら帽の運転手さんが「Are you ready?(用意はいい?)」ってみんなに声をかけたところで、すーごいスピードで走りだした。クルクル旋回した時は、ボートはかなりの角度に傾いて、「お、落ちる~」と思ったけん。
乗り物

で。イルカは見えず。


露店でムール貝を買って食べながら、予定通り「Aeron」川沿いの鉄道跡を歩いた。

ウェールズに来てから良い天気が続いて、すーごく日差しがキツイ。
この景色を見て
 「この影も何もない所を歩くん??罰ゲームか何か?」
と思ったのは、イギリスに来て初めてかもしれん。
景色


キャンプサイトに戻ってシャワーを浴びて、隣町「New Quay」に車で出かけた。
景色

景色


海の見えるパブのバルコニーに座って、またビール飲んじゃった。
ウェールズのビール「45」を飲んだ。これはウマい!!!
ってJぽんと話しながら海をチラチラ見とったら、黒い影が海に見えた。
 「ついにイルカを見たか??」
と双眼鏡で見たら、鳥が4~5羽、海に浮かんどるだけやった。
 「なーんや。。」
と思った、そのすぐ後に、灰色の大きいのがニュッと出てきて、また海に入った!!背びれもあった!!と、双眼鏡を覗いたら、また出て来た!!!
 「Jぽん!!!今度はホンモノ!!!」
ってJぽんに双眼鏡を渡して、「ホントや!!」って二人でキャーキャーなった!!!
景色

その後、しばらくアチコチでイルカが見えたよ。
あ~。イルカ満喫。うれしい~。。


そんで、またフィッシュ&チップス買って、防波堤に座って食べた。
昨日の「ウェールズで一番おいしい」お店より、格段にウマかった。
景色

景色


あ~、今日も楽しい一日でした。



View Larger Map

 A地点 : Aberaeron(今夜のキャンプサイトのある町)
 B地点 : Aeron川(罰ゲームのような日差しの中を歩いた場所)
 C地点 : New Quay(イルカを見た町)

ウェールズ 2日目 (Aberdyfi-Borth-Aberaeron)

- 2010年06月02日(水) -

今日も青空の広がる気持ちの良い一日になるらしい!

カフェでサンドウィッチを買って、海岸に座って食べた。
景色

車に乗って河口から上流に向かって走り、反対側の河口に来たよ。
さっきまでいた町を対岸に見たとこ。
景色

これは海岸に出たとこ。
景色

この海岸に沿って、1885年にオープンされた、ウェールズで一番古くからあるゴルフコースがある。
スポーツ観戦

急こう配の坂を登った所から、ゴルフコースのある町「Borth」を見下ろしたとこ。
そうそう。ここはウェールズ。
ウェールズの看板には、必ずウェールズ語が表記されてある。
「Keep in low gear(ローギアを保て)」って書いてある上の2行が、ウェールズ語。
景色


「Aberaeron」っていう小さな町に入ったすぐの所に、キャンプサイトを発見した。
入り口に「Full」の看板が出とったんやけど、「『今キャンセルが出たとこ。1つだけ空きあり。』って言うよ、きっと!」と、受付に行ったら、案の定「昨日到着予定の家族が、連絡なしでまだ来ない。そこに入るといい。」って言われた。
これって、ホントやと思う?よくこういうこと言われるんよ、イギリス。

受付のオジサンによると、この近くで今週一週間、学生さんたちの大規模な文化祭があるらしく、大賑わいなんだって。

まぁ、それにしても広いキャンプサイト。
私達は海に面した1区画が指定された。
そこにテントを張って、素足にサンダルを履いて、あの向こうの一番奥に設置されたトイレに行って帰ってきたら、靴擦れが出来とったけん!冗談じゃなく、ホントに!!
景色

テントの向こうに遊歩道を一つ挟んで、この海がある。
景色

海沿いを歩いて、港に着いた。
この場所「Pen Cei」は、Googleストリートビュー「英国の美しい通り」の投票で5位に選ばれたんだって。
景色

この港に注ぎこむ「Aeron」川に沿って少しだけ散歩した。
景色

景色

海に戻ったら、子供たちが波と遊んどった。
それを見ながら、ビール飲んだよ。
人

美しい通り5位の「Pen Cei」を対岸から見たとこ。
景色

入江から海を見たら、夕日に重なる看板になにか留まっとる。
景色

「Cormorant」っていう、イギリス全土の海沿いで見る黒い首の長い鳥。
何かと思ったら、鵜やった。
鳥


海沿いに来たら必ず食べるフィッシュ&チップスを、「ウェールズで一番おいしい」と大きく書かれたお店で買って、海岸にもどって防波堤に座って食べた。
景色

夕日が海に沈むのって、やっぱりええよなー。
今日の日没は21:30。


テントに戻って横になったら、波音が心地よく聞こえて、3秒で寝とった。




View Larger Map

 A地点 : Aberdyfi
 B地点 : Borth
 C地点 : Aberaeron


最新記事