豆3種

- 2010年07月31日(土) -

昼過ぎから、畑に草引きに行った。

枝豆が鈴なり!これはまだ収穫には早いな。
野菜

フレンチビーンズも鈴なり!これはキャンプから帰ってきてから収穫できだした。
このフレンチビーンズ、見ての通り、日本の「さやいんげん」によく似たモノで、薄味で煮たらウマかった。
野菜

あと、Runner beans(ランナビーンズ)って平たい豆は、今日が初収穫。
左がフレンチビーンズで、右がランナービーンズ。
野菜

大きくて鞘が厚いんで大味かと思えば、これが甘いし柔らかくてオイシイ。
フレンチビーンズと半々くらいで混ぜて、また薄味で煮て食べ比べた。
うーん。ランナビーンズのんが味が染みて柔らかい。早く火が通るってことか。


今日は、ルイーズ&ハリーが畑に遊びに来てくれた。

ジャガイモとターニップ(西洋カブ)、ビートルート、チャード、コジェット、スクウォッシュ、フレンチビーンズとランナビーンズを収穫して持って帰ってもらった。

ビーンズ類を収穫しながら、ポリポリ食べるんよ、ルイーズもハリーも。
生の豆よ?
これって普通なん?

前に、イタリアンのオジサンにグリーンピースをもらった時、Jぽんも友達夫妻も、即ポリポリ食べて、「これはウマい!止まらん!」って絶賛しとった。
実は今日、ハリー達が来る前に、近くの畑のオジサンに違う種類の豆を見せてもらって、これも1つ2つもらって、Jぽんはポリポリ食べたとこ。
Jぽんが食べたって書いたけど、私も常に付き合いで食べとるけど。


新鮮な野菜は採れたてがオイシイに決まっとるし、生で食べれん野菜はほとんどナイと思うけど。
そんでも、私は火の通った豆のほうが好き。

この、豆を収穫しつつ食べるってのは、日本の人たちでもそうなん?




7月26日の「キャンプ 5日目 (Gorran Haven周辺)」を更新しました。

コジェット&スクウォッシュ

- 2010年07月30日(金) -

例のカボチャのように大きく育ってしまったコジェットがまだ冷蔵庫にあるっていうのに、次々となるコジェット・スクウォッシュをヤッツケるごとく、毎日キッチンで格闘中。


【コジェット】
2cmくらいの厚さに切って、オーブンでこんがり焼き目が付くくらい焼いて、冷めたのを食べると、すーごいウマい。
アツアツの時より、冷めたほうが甘くて美味しくなるんよ。なんでかね?
これは、「Di Nizza」って種類がオイシイ。
フライパンで焼いて、ニンニクも大量に入れて、最後に韓国風タレを絡めたら、よいおつまみになった。
野菜炒めやカレーやスープに入れた。

【スクウォッシュ】
半分に切って中をくりぬいて、中身とタマネギを大きめのみじん切りにして詰めた上にチーズを乗せて、オーブンで焼いたらウマかった。


今んとこ、これくらいしかレパートリーがない。
Jぽんが食べ飽きんことを願う。


しかし、アレよ。
コジェット4種類とスクウォッシュ2種類の種を同時に植えたんやけど、コジェット2種類がウマく育って、同時期に収穫できるようになったんよ。
ちょっと遅れて、1種類のスクウォッシュが採れ始めたとこ。

コジェットとスクウォッシュは、同じファミリーなんな。よって、同じような味。
全部がウマく育っとったら、すーごい困っとったと思う、私。

時期を1ヶ月ズラして、うまく育たんかった種類の種を直植えしたら、そのうち2つが大きくなり始めたとこ。


植えた種は半分の確立で育ってくれて、おかげでちょうど良い収穫量になってくれた。
自然の掟に感謝☆




7月24日の「キャンプ 3日目 (Gorran Haven - Mevagissey)」
7月25日の「キャンプ 4日目 (Gorran Haven)」を更新しました。

畑の様子

- 2010年07月29日(木) -

長く留守をするにあたり、今一番心配すること。

それは畑のこと。その中でも、今が旬のこれらの野菜たち。

左上の4つが「Di Nizza」っていうコジェット。左の2つ、育ち過ぎてカボチャみたいじゃない?
右下の3つが「ブラックビューティ」。これは日本でもワリとよく見かけるタイプよな。
左下の2つは「Patty Pan」っていうスクウォッシュ。今回が初収穫。
野菜

キャンプから帰ってきたら、こんなにたくさん大きく生っとった。

両端のデカイのんはウチんち用にして、普通のサイズのコジェット2種類2つずつとスクウォッシュ、あとフレンチビーンズ(これも初収穫)を、リンダ&スピーズんちに持ってったら、喜んでくれてウレシイ。


しかし、このカボチャみたいなの、オーブンで焼いて食べたら、甘くて激ウマやった!!
これは必ず来年も植えるぞー。


7月22日の「キャンプ 1日目 (家 - Bude - Polzeath)」
7月23日の「キャンプ 2日目 (Polzeath - Gorran Haven)」を更新しました。

ただいま

- 2010年07月28日(水) -

予定よりも大幅に早く帰ってきたよ。

ホントは今週いっぱい遊んでくるハズやったのに。
天気もピカっとヨロシかったのに。



なぜかと言うとですな。

私がカイイことになったのよ。
全身発疹だらけのカイイだらけ。

キャンプは中断して、昨日の夜中に家に帰ってきて、今朝、病院に行ってきたよ。
何かのアレルギーだって。

みんなに「水疱瘡か麻疹じゃないか」って言われよったんやけど、そうじゃなくて良かった。
ひょっとしたら、みんなにうつしたんじゃないかと心配しとったけん。


にしても、何のアレルギーなんやろ。
カニ食べた。ムール貝も食べた。魚も食べたし、海で泳いだり日焼けしたりもした。

お医者さんに「何のアレルギーか調べて」って言うたんやけど、何が原因か分からんことがほとんどって即座に却下された。
自分で思い当たることを考えて、今後一つずつ気を付けて様子を見てみなさいって言われた。

ホンマか。



それにしても、かいい。
飲み薬も塗り薬も、まだ効き目があらわれませんワヨ。


っちゅーワケで、また明日からキャンプの報告を逐一します。
お楽しみに~☆




…あ~、かいい~。たまらん。

キャンプ 6日目 (Gorran Haven - 家)

- 2010年07月27日(火) -

昨夜、チャイニーズからの帰りに、またしょーもないことで大ゲンカをしましてー。

今朝起きたら、ミルクがない。
キャンプサイトにある共同の冷蔵庫に入れたんよ、私が。昨日の夕方。
ナイロン袋にベーコンやソーセージ等と一緒に入れとったのに、ミルクだけが無くなっとった。

牛乳くらい、私としては大した問題ではないんやけど、Jぽんにとっては大問題。
休みの日には、Jぽんは寝起きに3杯の紅茶を飲む。
ほとんどのイギリス人が言う「ティー」とは、牛乳の入ったミルクティーのこと。

 牛乳がない = ティーが飲めん。


いや、今回のキャンプで知ったんやけど、Jぽんに加えてスピーズ&リンダと一緒におると、何かにつけて「ティー」って言うんで、「一体、1日に何杯の紅茶を飲むのか」って聞いたんよ。
そしたら、みんな黙りこんで数えだしてね。
答えが「10杯以上。少なくて10杯。」って、みんな口を揃えて言うた。
ちょっと驚いたけん。

そんなこんなで、朝の紅茶が飲めんとなると、そらー、Jぽんの不機嫌も倍増するわな。


空を見上げると、今にも雨が降ってきそうな気配やし。
雨が降り出す前にテントを片付けて、ここはひとまず退散。
私のカイカイも最高潮に達し、スッカリ夜も眠れんことになってしまっとるので、今回は帰ることにした。


休憩に立ち寄った、デヴォン南部にある「Greenway」って村の川沿い。
対岸の村へは、小さなフェリーで行き来できるらしい。
景色

景色


そのすぐ近くにある海沿いの町「Paignton」。
芝生に座って海を眺めとると、蒸気機関車が通った。
2002年やったかな。この隣町「Torquay」に住んどった頃、あれに乗ったなぁと懐かしんだ。
景色


一気に北上して「Clevedon」って町に来た。
ブリストル海峡の向こうにボンヤリと見えるのはウェールズ。
この海峡っていつ見てもこんな赤っぽい色。上の写真のデヴォンの海と比べてみてん。
景色


さて。
朝起きてから、紅茶はもとより、なーんも食べてない私達。
あ、ビスケットはモグモグ食べた。

いくらなんでも、そろそろ紅茶が飲みたかろう、と、キャンプ用品がなんでも揃っとる後部座席から必要なモノを取り出し(たまたま2Lペットボトルに水の入ったのがあった)、湯を沸かして紅茶を入れた。
ガソリンスタンドに寄った時に、牛乳もちゃんと買ったけん。ぬかりなし。
(イギリスのほとんどのガソリンスタンドには、コンビニ風の小さなショップが併設されとる。)

この紅茶はウマかったね~。
更にもう一杯飲んだもん、日本人の私でも。


Jぽんの不機嫌も私の不機嫌も、ちぃとマシになったところで、コッツウォルズの村々を通って。
動物


家の近くのパブに(またかって言うてもええよ!)寄って、インディアンレストランでテイクアウェイを待ちよる間に、ビールをサービスしてもらって、また飲んじゃって。

帰って、カレー食べたらウマかった!!


あ、いつの間にか仲直りしたよ。



View Larger Map

 A地点 : Gorran Haven(キャンプサイトのある村)
 B地点 : Greenway(川沿いの村)
 C地点 : Paignton(蒸気機関車を見た町)
 D地点 : Clevedon(対岸にウェールズを見た町)
 E地点 : Little Sodbury(コッツウォルズの村々の一つ)

キャンプ 5日目 (Gorran Haven周辺)

- 2010年07月26日(月) -

今日も天気が良いので、「Caerhays」って村のビーチへ。

ビーチを背景に、Jぽんと交代で膨らませ途中のディンギー。
景色

ディンギーで沖に出て来たよ。
景色

今日は風があって、ボンヤリしとると岩場の方へ流されてしまう。
一生懸命オールを漕いでJぽんの足が届くところまで戻ったら、今日はウエットスーツを着たJぽんが、海に入った。
牛飼いのようにJぽんがディンギーを引っ張ってくれて、私はその上で寝そべって日光浴を楽しんどると、近くでボードの上に腹ばいに乗って(なって?)寒さをしのぎながら波に漂っとる少年に、
 「寒くないん?」って聞かれたJぽんは、
 「動き続けると寒くないよ!」ってアドバイスしとった。

その少年、私を見て
 「彼女、ええねぇ!!」とも言うとった。


 子供ですら寒いと感じる海で、どうしてイギリス人は頑張って泳ぐのか?

という素朴な質問は、私も初めてイギリスの夏の海を見たときに思ったんよ。
 彼らは寒いとか冷たいとか分からんのんか??肌の質が違うんよ、きっと。
と自分を納得させたんやけどな。

何度か海沿いへキャンプしに行くようになって、やっと分かってきた。
日本に比べて夏の短いイギリス、全くもって暑くないイギリスでも、「夏を楽しむため」に、頑張って泳ぐんやと思う。
更にいうと、毎年夏になれば、いつでも海で泳げる距離にある私の実家と違って、内陸に住む今となっては、滅多とないチャンス!少々寒かろうが海の水が冷たかろうが、今日を逃したら、次は更に寒いかもしれんのやもん。

同じ理由で、夏の服装もそうかも。
ホントに暑いと思う日って、あんまりないんな。
今年は快晴続きで例年にない暑さやったけど、それでも、日本のように、じっとしとっても汗がにじみ出るような暑さとは程遠かった。
今、この辺りの気温は19度。
家の中はもっと涼しいというか、どちらかといえばヒンヤリするくらい。
けど、そんでも「夏」やけん。
私もJぽんも、タンクトップやTシャツ着とるよ。

そうこうしとると、肌が鈍感になるというか、日本に住んでいた時のように気温によってマメに服装を変えたりせんなってきたかも。
少々寒くても平気やし、少々暑くても平気。になってきたような気がする。


ちなみに、私が日本にいたときに毎年泳いだかっていうと、長年泳いでなかったなぁ。
子供の頃には家の裏の海で毎日毎日泳いだけど、お年頃になって以降、甥っ子&姪っ子と泳いだのが久しぶりやったくらい。
しかし、イギリスで滅多とないチャンスとはいえ、なぜ今更、この冷たい海で泳ごうと奮闘するのかは我ながら不明。

子供たちの大半がウエットスーツを着て泳ぐ中、白髪のお年寄りたちが水着だけで足の届かんところまで泳いで行くトコロに、何かヒントが隠されているような気もする。



とかなんとか言うとる間に、海も満ちてきた。ビーチで寝っ転がって体を乾かして。
景色


更に南へドライブして「Carne」って村のビーチにやってきた。
前回ここに来た時は長い長いビーチが見れたのに、今回は満ち潮なのでビーチはこんだけ。
景色


引き返す途中、「Veryan」って村のラウンドハウスの間を通って。
前回この丸い家についてチラッと書いてあるので、上↑のリンクからどうぞ。
建物

これは上の写真のラウンドハウスとは別の、村の反対側に位置するラウンドハウス。
B&B(朝食付き宿泊施設)になっとるよ。
建物


23日の夜、真っ暗闇でビーチが写真に撮れんかったパブが、これ。
引き潮の時は、砂浜のビーチが現れるんだよ。
pub

外で海を眺めながらパイントを飲んだ後、寒くなったんで2杯目は中に入って飲んだ。
pub

今夜はクイズナイトらしく、参加しようか迷ったけど、またの機会に参加することにして、チャイニーズを食べに行ったよ。
pub




View Larger Map

 A地点 : Gorran Haven(キャンプサイトのある村)
 B地点 : Caerhays(今日泳いだビーチのある村)
 C地点 : Carne(長い長いビーチのある村)
 D地点 : Veryan(ラウンドハウスのある村)
 E地点 : Portmellon(本日のパブがある村)

最後の「Portmellon(ポートメロン)」を、酔っぱらったJぽんが、何度も「ポートレモン」って言い間違えるのがおかしかった。
翌日、酔っぱらってなくても、やっぱり「ポートレモン」って言うとったけど。

キャンプ 4日目 (Gorran Haven)

- 2010年07月25日(日) -

今日は朝から天気が良いよ~!

昼前の干潮時間に合わせてビーチへ行った。今日はディンギー(ゴムボート)を持参して。
景色

景色

景色

みんなでディンギーに乗り込んで、隣のビーチにやってきた。
岩に付いた大きなムール貝を採ったよ。昨日のパブで食べたのより大きいのばかり!
景色

今日は風もなくて、ディンギー日和。
Jぽんと私がディンギーでマッタリ波に漂った後、スピーズ&リンダが入れ替わりで沖へ出た。
心配そうに見守るボビーの後ろ姿。
犬


そうそう。
カユイのは海水に浸かると良いかも!と、また果敢にも海水浴にチャレンジしよるところをJぽんが写真撮ってくれた。
この写真の斜め具合はJぽんのセンスと受け止め、そのまま載せようっと。
景色

この後、Jぽんもリンダ&スピーズも、みんな泳いだよ。
リンダは水中眼鏡つけて潜ろうとしたけど、それはあまりにも冷た過ぎて無理やった。

たぶん、この日の気温は20度前後。
日差しはキツイけど、太陽が雲に隠れるとヒンヤリするくらい。
海の水温は。。そうさなー。10度とかかなぁ。分からんけど、海に入ってしばらく立っとると、足の先が痛くなるくらい。


Jぽんが日本に来た時、10月やのに海で泳いだんよ、あの人。
でも、このイギリスの海に比べたら何倍も暖かくて、「みんな泳がん意味が分からん」と言うとった気持ちが理解できた。

今回もこの話になって、
「お盆を過ぎたらクラゲが出るんで泳がんなる。
 9月に入ったら誰も泳がん、まだまだ暑さは続くのに」って言うたら、
「なんで??」ってみんな一斉に驚いとった。
10月にJぽんが泳いだ時はクラゲもおらんかったし、泳げるんと違うんかって言われて、まぁ、このイギリスの気候で泳げるなら、なぜ日本の10月が泳げんことがあろうか。

なんで暑いのに泳がんなるん?
「ばあちゃんが、海坊主がでるって言うたけん」
って答えたけど。
ホントのところはどうなん?私の代わりに誰か答えを教えてちょうだい。



さて。
海も満ちてきたし小腹も減ってきたので、元のビーチに戻って、高台からビーチを見下ろしながらフィッシュ&チップス食べた。
景色

景色



この後、スピーズ&リンダは翌日(月曜)から仕事に戻るので、テントをたたんで帰ってしまった。


残された私達は、さっき採ってきたムール貝を料理して食べた。ウマかった!!
ビールも飲んでワインも飲んだ。
ビスケットやらお菓子なんかもボリボリ食べて、お腹一杯になったんで、そのままテントに入って寝たったー。

ああ、なんとワンダフルなホリデー。

キャンプ 3日目 (Gorran Haven - Mevagissey)

- 2010年07月24日(土) -

今日は、まだ雨こそ降ってないものの、ドンヨリしたアヤシイ天気。

隣の小さな漁村「Mevagissey」へ車で来たよ。
景色

漁船から揚げられたばかりの新鮮な海の幸をさばいている小さな出店で、ムール貝を買って食べた。
リンダたちはカニを買って食べた。
お互いのんをシェアして食べた。
なので、カニも貝も食べた。ウマかった。

釣り船で沖へ出て、魚釣りでもしようかって話になったけど、寒いんでやめてー。
景色

堤防に座って人が釣りしよるの見た。
景色

ら、この人の髪型が不思議なので拡大。
人

港にあるカフェで、クリームティを食べた。
クリームティとは、紅茶とスコーンのセットに、クロテッドクリームとジャムが添えられたもの。
景色

町並みをブラブラ歩いた後、キャンプサイトに戻ったら、スゴイ霧が出とった。
BBQをしようってイロイロ買い込んできたのに。残念。
犬


というわけで、近くで見かけた16世紀に建てられたっていうパブで、いっぱい飲んで食事もした。
ここで、またムール貝食べちゃった。ウマかった~。
pub



しかし。
ここでだ。
ポツポツとカユイのが出てき始めたのよ。

いや、出てき始めたのは、今朝、漁村「Mevagissey」の駐車場に着いたあたりからか。
なんか虫に刺されよる?とチラッと思ったんよ、確か。
それが、今夜のパブに入って座った途端、次々とカユイことになってきて。
このパブ、犬も猫もインコも飼っとるらしく、ひょっとしてノミかなんかじゃない?ってみんなに心配してもらいつつ、そんでも私だけ??しかも、虫らしいものは見えんし、あまりにも一度に大量すぎる。

とか言いながら、みんなでノホホンと飲み続けた。

キャンプ 2日目 (Polzeath - Gorran Haven)

- 2010年07月23日(金) -

同じキャンプサイトにもう一泊するか。
それとも、コーンウォール南部へ移動するか。

天気次第よね~。。と、なかなか意見がまとまらんのんで、私が決めた。

 「南部へ移動しよう!!!」


テントをたたんで向かったのは、いつもの小さな海沿いの村「Gorran Haven」。
いつものキャンプ場にテントを立てて、ランチ食べてお茶して、さぁ水着を着て海へ!

この写真、夕方5時やけん。
日本なら、海水浴から帰るくらいの時間に海に来たよ。
景色


穏やかな砂浜の海にこの犬を見たら「カロリーヌの冒険」やっけ。
子供の頃に大好きやった絵本の中の一つで、潮干狩りに来て大騒動になった話を思い出した。
犬


リンダが一番に泳ぎ出したよ。
今日みたいに天気が良い日でもイギリスの海は冷たくて、海に入るには気合いがいるんよ。
景色

Jぽんと私も、リンダ達の飼い犬ボビーを連れて、海に突入!
と言いたいところやけど、頑張って太ももまで浸かったら、そこからなかなか進めんくて。
先にボビーのんがリンダと一緒に泳ぎ始めた。
景色

この後、私は頑張って水に浸かって泳いだよ。
動きを止めると寒いんで、ずっと泳ぎ続けた。
Jぽんとスピーズは、気合いが足りず、本日は日向ぼっこのみ。


ビーチの近くのカフェで、ポークサンドウィッチを食べて、コーニッシュラガーを飲んだ。

キャンプサイトに戻ってシャワーで体を温めて、一眠りした後、隣村まで歩くことにしたよ。
目的は、もちろんパブ!
コーストパスから、さっき泳いだビーチを振り返ったとこ。これは夜8時半頃の写真。
景色

景色


ビール飲んでサイダーも飲んで。
みんなでトランプして遊んだら、4回とも私が勝ったんで、たいそう気分が良かった。

これが、そのパブ。暗くて見えんけど、隣のビーチを眺めながらビールが飲めるんだよ。
pub




View Larger Map

 A地点 : Polzeath(昨夜のキャンプサイトのある村)
 B地点 : Gorran Haven(今夜のキャンプサイトのある村)
 C地点 : Portmellon(今夜のパブのある村)

キャンプ 1日目 (家 - Bude - Polzeath)

- 2010年07月22日(木) -

早朝5時に起きて、家を出たのが5時半過ぎ。
今回のキャンプは、夏至をストーンヘンジで一緒に迎えた、リンダ&スピーズと合流する予定。
キャンプ恒例のごとく、待ち合わせ場所と家を出る時間(待ち合わせ時間じゃない)だけ決めて、ノンビリとドライブした。

コーンウォール北部の「Bude」って町の駐車場に入ったところで、彼らの車を発見。
彼らは一足先に到着して、カフェで朝食兼ランチを済ませたとこやった。

さて。
雨がザーザー降る中、今夜の宿はどうしたものかと4人で思案した。

南東の空を見ると、少し明るいじゃないの。
ほんじゃ、そっちに行ってみよう、と「Polzeath」を目指した。


ビーチ横に「Tristram Camping Park」ってキャンプサイトを発見。
 なんと1テント(2人)で一泊£24(3千円強)だって。
 しかもシャワーは5分間50p(約70円)の別料金。たまげるワ。
 去年のクリスマスに泊まった川沿いのホテルは朝食付きで£30(約4千円)やったで。
とかブツクサ言いながら、またキャンプ場探してウロウロするのもシンドイし、ここはテントからの眺めも良いし。
と、今夜のキャンプはここに決定!

テントを張りよる途中に、チラッと小雨が降ったものの、天気も良くなってきた。

ビールやワインを飲んでマッタリした後、あの向こうの丘の更に向こうに昔の城跡があるらしいんで、散歩することにしたよ。
この写真、夕方6時過ぎ。今の時期はホントに一日が長いわ~。
景色

景色

景色

丘の真ん中ちょい下あたりがキャンプサイト。
景色

砂浜のビーチに降りて歩いたり。
景色

キャンプサイトを振り返ったり。
景色

あの丘の上に砦があったんだって。
景色

人

人

海に沈む夕日を、どっかのパブから見れんものかと、あわてて引き返した。
景色


けど、間に合わず。
水平線辺りに雲がかかっとったんで、どちらにしても夕日は見れんかったんじゃないかな。

パブの庭でビールを飲んで、ケバブ食べて、テントに戻って寝たよ。



View Larger Map

 A地点 : Bude(雨ザーザーの駐車場)
 B地点 : Polzeath(今夜のキャンプサイト)

トマト

- 2010年07月21日(水) -

うちんちのトマトは、まだまだ青いまま。
野菜


他にも花がたくさん付いとんやけど、家で育ててきたトマトの苗を畑に植え替えに行った。


なぜって?



明日から、まーたキャンプに出かけるのだ~。

今度は長いよ。
明日の早朝から出かけて、なんと来週いっぱいキャンプする予定。
11日間?
ながっ!


というわけで、トマトの水やりができんので、自然の雨が降ってくれることを期待して。
枯れてしまわんことを祈って。


行ってきま~す☆

演歌

- 2010年07月20日(火) -

ずいぶん前のことやけど。

日本の演歌を聞いた初めてJぽんは、
 「インドの歌かと思った」
と言うた。


そういえば、コブシが共通しとる!!

今度、インド人の作るカレー屋さんで流れてる曲を「演歌かも」と思いながら聴いてみてん。
Jぽんの気持ちが少し分かるけん。



そんで、畑の納屋は、無事に屋根も乗せて、一応完成☆
昨日はケンカもせんと、仲良く共同作業ができました!
日々精進やね~。

性格

- 2010年07月19日(月) -

Jぽんの性格は、こんなの。
モノ


 え?何が??

と思った人は、Jぽんの性格に近いかも。

 なんで端から開けんのかね?次はどこを開けるんやろう?

と思った人は、私の性格に近いかも。



こんな二人なので、些細なことでよくケンカをします。


昨日、イトコに譲ってもらった納屋を畑に建てるのに、どれほどモメたことか。
帰りの車の中では大ゲンカ。

そんでも、些細なことが発端なので、長引かんのが良いトコロ。

夕飯作り終わった頃には仲直りしとったけん。


また今日も畑に行って、昨日の続きを繰り広げます。
…またケンカになるんかなー。

なるべくケンカせんようにしたいんやけど。
日々精進やね。

マドンナ

- 2010年07月18日(日) -

この間、キッチンで鼻歌を歌いながら夕飯作りよったら、Jぽんが鼻歌に参加してきた。

途中までは一緒に歌うのに、ここからサビ!ってとこで、Jぽんが変な間奏を入れるんよ。
ドラムの音をマネしとるのか、ドゥンドゥン~ドゥンドコドコ♪って気持ち良さそうに。

何回も元に戻して、ここからサビ!ってなったら、またJぽんが気持ち良さそうにドゥンドゥン~ドゥン♪って入れるんで、

 「何よ、それ」

って言うたら、

 「え~、こんな間奏が入るやん!」

って譲らんのんで、

 「たぶん、私達、似たような違う歌を歌いよるんやね」

って二人で納得した後、

私 : 「私が歌いよるのは」
J : 「ボクが歌いよるのは」

二人揃って「マドンナ」。


おかしい。
二人で覚えとる限り歌詞付きで歌ってみたら、同じ歌やった。


おかしい。
なんなんだ、あの間奏は。
サビはいつ歌えるんだ?

BBQ

- 2010年07月17日(土) -

今日は、Jぽんの幼馴染み、パットんちのBBQに誘ってもらったんで行ってきたよ。

おいしかった&楽しかったよ。


例の日本の古いモノを集めるのが好きなマーティン(過去記事はこちら >>)が、
 「新たに謎のモノを入手した!」
というて、ポケットから出して見せてくれたんやけどな。
小さい、片手に納まるくらいの大きさの、…なんやろう。
小物入れ?の上に上手に彫りモノがしてあるんよ。
何に使うものなんやろう。

分からんけど、前面に「愛母里」って細い線で彫ってあった。

「愛はラブで、母はマザー、里は…」って説明しよるあたりで、
「アイボリーって書いてあるんや!」と気付いてね。

そのもの自体、プラスチック製じゃないけど、象牙でもないぞね。
なんかの石やね、とかなんとか言うとってな。

「古いもの?中国製?日本製?」

って聞かれて、「愛」って音読み?訓読み??となって、分からんなってね。

日本で「アイボリー」を漢字で書くなんて、一昔前の暴走族くらいしかおらんのと違うん?と思ったらおかしくなって、ちょいウケたんやけど。

たぶん中国製で、もし日本製やとしても、横書きで左から右に向かって「愛母里」やけん、そんなに古くはないと思うよって言うた。



なんの知識もない私にはサッパリ分からんけん。
お宝鑑定団みたく、「いい仕事してますね~」くらい言うて盛り上げるべきやったろうか??

- 2010年07月16日(金) -

先日、晴天続きで雨が降らんって記事を書いたやん?

これは昨日の空。
景色


ズザーと雨が降った。ザーザー降り。雷も鳴りよった。
長いこと降った。

 ああ、畑の野菜が喜ぶわ~。芝生も草花も大助かりやわ~。

って、なんて自然をこよなく愛しとんやろ、私。

アロットメント

- 2010年07月15日(木) -

畑で野菜を育ててるってことをよく書きますが。

前に日本に帰った時、クロスケに
「農家で仕事をしてるんですか?」と聞かれたことを思い出した。


イギリスでは、アロットメント(市民農園)が流行ってるんよ。
自治体が管理している農地を、区画毎に希望者が会費を払って使わせてもらうというもの。
ここ何年かは順番待ちができるほどの人気で、40年待ちって地域もあるらしいよ。
ホンマか。


私達は、確か半年待ちくらいで借りることができたと思う。
今まで畑仕事なんてしたことがなかった私達。最初の1年は、通常の半分の大きさの区画を借りて野菜を育ててみると、思いのほか楽しめた。
というわけで、今年は新たに通常サイズの区画を借りて、毎日勤しんでいるというところ。


今の畑を借りた当初はジャングルやった。この中に、ハチの巣もあったよ。
畑

畑

畑

あ~、よく頑張ったワ~。


食についてのことをアロットメントに絡めて書いてある、茂木健一郎氏の記事がオモシロかったんで、是非読んでみて下さいな。

砂漠?→蚊?

- 2010年07月14日(水) -

この新聞に載ってある写真、どこやと思う?
景色

ロンドン中心部にある王立公園の1つ、ハイドパークの写真よ、↑これ。
どっかの砂漠か砂浜のビーチかと思わんかった?

普段青々と茂る芝生がスッカリ黄色くなってしまって、どこもかしこも、いつもとまるで違う景色。
連日晴天の続くイギリス、特にロンドンを含む中部は、先月初めに一度雨が降ったきりでチラッとも雨が降ってない。
こんなのは、1929年以来のことだって。

気温も高い日が続いて、30度を超える日も何日かあった。
そんでもカラッとしとるので、日差しはキツイけど、日本のようなムシムシした暑さとは違うくて。
日陰はちゃんと涼しいし、日なたでも風が吹くと涼しくて気持ちが良い。



あ、そういえば。
つい2~3日前、初めてイギリスで蚊に刺された。

イギリスには蚊はいないとされてるんよ。

家で夕飯食べよって、ふと腕を見たら、蚊がとまっとってね。
目を疑って、マジマジと見たら、血吸われよった。
パチンと叩いたら、横に座っとったJぽんが
 「殺さんでええやん」
って言うんよ。
えっと、菩薩様かなんかかね。

血吸われよったって言うたら、「見間違いよ」って信じてくれんのんで、後で赤くなってカユくなった所を何度も見せといた。


つ、ついにイギリスにも蚊がやってきた?

昨日の続き

- 2010年07月13日(火) -

昨日はなんだか頭が痛かったんで、レッドアロウズの続きをハショってしまった。
写真も撮ったし、せっかくなのでその続きも書こうっと。


レッドアロウズを見た後、家の近くの川沿いで寝っ転がって日光浴した。

日本なら、この暑い時期に日光浴なんて考えられんやろうけど、普段、晴れ間の少ないイギリスでは、少しの太陽も見逃さず、みんな挙って(←「こぞって」ってこんな漢字なんやね)晴れの日を満喫する。
ちなみに、この日の最高気温は30度くらい。

カヌーを楽しむ人。
景色

乗馬を楽しむ人。
景色


今の時期は、どこも色とりどりの花のハンギングバスケットがキレイ。
景色


家に帰る前に、近くのパブで一杯飲んだ。
そのパブにやってきたお客さんの車。かっこええねぇ。
乗り物


家に帰って、ワールドカップ決勝戦を観た。
スペインが勝ったね。

Jぽんが、ワールドカップが始まった時から「今年はスペインが強い」って言うとったんよ。
Jぽんの予想も、タコの予想も当たったねぇ。

レッドアロウズ

- 2010年07月12日(月) -

のどかな景色の中で私達が待っているもの。
景色

景色


あ!きた!!!レッドアロウズよ!
スポーツ観戦

スポーツ観戦

すぐ頭の上を旋回してった。早い~。
スポーツ観戦


そう、今日はシルバーストーンサーキットでF1が行われる日。
例年、レースの始まる一時間前に、このレッドアロウズがショーを行うのよ。

去年も同じ場所でこのショーを見て、去年はその後レースを見に行ったな、確か。

今年は見に行かず、家の近くの川沿いで寝っ転がって、ノンビリしたよ。



↑今日って書いたけど、昨日のことでした。

これ何かの答え

- 2010年07月11日(日) -

えーっと。
やすろぐさんちのブログによると、最近、新聞に載ったらしいやん、このトマトもどき。

みんな知っとるかなー。。と思いつつ載せたのに。
新聞読んでなかったのね!!
みんな参加してくれてありがとう!!!



というわけで、答えは、トマト。
じゃないかった、「ジャガイモの実」。
野菜

よくよく見たら、ジャガイモの葉っぱでしょ。

  

ジャガイモとトマトはともにナス科で
「ハチが運んだトマトの花粉が受粉したのでは。」
ということらしい。

ジャガイモは水不足のときなどに
子孫を残すため実を付けることがあるそうだ!

by やすろぐさん ブログはこちら >>

これ何か?

- 2010年07月10日(土) -

最近、畑で見つけたモノ。畑の中から「これ何か?」。
野菜

野菜

 ヒント : トマトじゃないよ。

最近の畑の様子

- 2010年07月09日(金) -

ランナービーンって呼ばれる、サヤごと料理して食べるマメ。の花。
野菜

これは、枝豆。イギリスの気候で育つように改良されたの。小さい花が咲き始めたよ。
野菜

ニンジンの葉と葉の間に、これってカモマイルじゃない?みたいな葉っぱを見つけて、入口脇に植え直したら、花が咲いた。
ニンジンの種の中に混じっとったってこと?
花
そんでー。花の足元にある丸い葉っぱ↑は、アスターの種を植えて育てよるつもりが、昨日の帰りがけ見たら、朝顔?夕顔?みたいな花が咲いとった。どういうこっちゃ?


これは「Di Nizza」っていう種類のコジェット(ズッキーニ)。
野菜

これも同じくコジェットで、「ブラックビューティ」って種類。
野菜



全体的にはこんな感じ。
畑



よく分からんままに、なんとか花も咲いて実もなって。
毎日必ず、夕飯には何かしら、畑で採れたものが料理できてます。
植物って、思ったより強いのね。


あ、今回写真を撮りよったらオモシロイもの発見したけん、また明日にでも載せます☆

- 2010年07月08日(木) -

この花、なんて花か知っとる?
花

私がJぽんちにやって来た時には、スッカリ枯れてしまって茶色い葉っぱだけになっとったのを、大胆に枝ごとチョン切って、ワリとマメに水やりしとったんよ。

葉っぱが出て来たな~スッカリ枯れてしまっとったワケじゃなかったのね~と思ったら、今年はこんなキレイな花を咲かせたよ。

Jぽんは、今までこれに花が咲くとは知らんかった!って言うとる。


なんて植物なんやろうね。





あ、昨日のショーン ペン&鈴木保奈美に似とるかもって話を書いたら、「美男美女?」ってコメントをいただきましたが、彼らホンモノは美男に美女やけど、私達二人は、誰の目を引くこともない、いたって普通の一般庶民の顔です。
調子に乗って、スンマセン★

Jぽんのこと

- 2010年07月07日(水) -

おとといか。
テレビで「At Close Range(邦題:ロンリー ブラッド)/1985年」を観た。
ショーン ペンが主演なんやけど、若い!25年前も前やもんな。

そこで、突然、Jぽんが

 「若い頃、自分がショーン ペンに似とると思った」

って言うんよ。
よくよく聞くと、どっかにポスターかなんかが貼ってあるのを見て

 「オ、オレ?の写真がなんでここに???」

ってドキッとなったくらい似とったんだって。
でも、誰にも「似てる」とは言われたことないって。
オモシロかろ。Jぽんらしかろ。


でも、そう言われてみると、Jぽんの若い頃の写真は、ショーン ペンの若い頃に似とるかも。

 「あーー、似とるかもーーー!」
と思うようになってきた。
人
Google image検索結果はこちら >>



今まで、ジローラモに似とるとしか思ったことがなかったけん。

Jぽんが日本に来た時、どこに行っても「ジローラモ」って囁きが聞こえよった。
一度、酔っぱらったオジサンに「違う」って言うのに、「絶対、間違いない!」って念を押されて、「え?そうなん?」と思ったこともある。

そんでも、私がJぽんに出会ったのは、ジローラモが有名になる前で、日本に帰った時にテレビのイタリア語講師を見て、
 「Jぽんに似た人がおるなー」
と思ったもんだ。



あ、Jぽんの顔を知らん人がこれを読んだら、どんな男前かと想像が膨らむことかと思うけど、「キムタク似」とか「トヨエツ似」(←時代を感じる名前を挙げてしもた?)とか言うのと同じくらいの、「似とるか?」レベルです。

それを踏まえた上で、私は若い頃に鈴木保奈美に似とるって言われた(これまた年がバレるね)けど、この間、久しぶりに出て来た彼女の写真をみたら、似てね~!!!!ってワロタ。
…ここは泣くとこかね。グスン。

チェリー

- 2010年07月06日(火) -

昨日、昼前くらいにルイーズが持ってきてくれた。
袋にいっぱい入ったサクランボ。
フルーツ


例によって、10円玉とほぼ同じ大きさの10Pを一緒に盛ったけど、すーごい大きくない?このチェリー。
しかも甘くてオイシイ~。

庭の桜の木にできたんだって。
例年は、鳥に先に食べられて、自分が食べるほども残らんらしいのに、今年は鳥が食べに来てないのか、食べきれんくらいできとんだって。
きっと、鳥も食べきれんくらい、今年はたくさん実がなったんじゃないかしらん。


畑に一緒に行って野菜持って帰ってもらおうと思ったら、今はキッチンを新しくする工事中で、何も料理ができんのんだって。
なので、「ハリーにチップス作ってもらい」って、家にあった新ジャガと物々交換したよ。

芝刈り

- 2010年07月05日(月) -

このカワイイ小さな花が、たーくさん咲いとるのは、Jママんちの庭。

Jママがちょっと留守をしとる間に、芝生が伸びて、その間から雑草が花を咲かせとったんで、昨日、Jぽんと一緒に芝刈りをしたよ。
花


キレイになったやろう?
景色



そんで、Jママ姉んちに遊びに行って、その後、畑に行ったよ。

Jぽんの仕事仲間のミック夫妻が畑を見学に来てくれてね。
畑のでき具合を褒めてもらって、とっても気分が良かったけん!

イス持参で来てくれとって、みんなでお茶しながらイロイロ話しして楽しかった。

帰る前に一緒にジャガイモ掘って、ターニップ(西洋カブ)とビートルートを抜いてレタスとラズベリーも採って、お土産に持って帰ってもらった。


人に喜んでもらえると、普段、黙々と野良仕事を頑張っとる苦労が報われるってもんやな。
また明日から頑張ろう~っと☆

畑は休み

- 2010年07月04日(日) -

アルジェンティーナ、負けたねぇ。
ドイツは圧倒的に強いねぇ。

と、昨日は一人でテレビでワールドカップ観戦した。

終わった頃に、クリケットに出かけとるJぽんから電話があって、観戦内容の報告をした後
 「今日は畑はお休みするよ~。そんで家でマッタリするけん。」
と、ダラダラ過ごす宣言をした。

そのすぐ後、ルイーズから電話をもらって、
 「ハリーとクリケットを見に行くので一緒にどう?」
と誘ってもらって、ほんじゃ行っとこかなー。と、ダラダラ宣言を撤回した。


これはJぽんがバッターしとるとこ。
スポーツ観戦

今回のJぽんのバッティング報告をしますとー。
 1球目、大きく空振りして、こ、腰が。。ってなっとった。
 2球目がこの写真。
 そんで、3球目であえなくアウト。

クリケットは、打ち上げたボールがノーバウンドでそのままキャッチされるとアウト等の、野球と同様のルールもあるけど、野球みたく3ストライクでアウトとかではなく、バッターの後ろにあるウィケットって呼ばれる3本の棒に、1球でも投球が当たればアウト。
アウトにならなければ、何球でもバッターは打てるんよ。

それなのに、たった3球でアウトのJぽん。
その中で、なけなし?の2球目を逃さず写真に撮ったってすごくない?



そんでー。
クリケット場の周りをグルッと散歩しとる犬の後を、このネコがずーっとついて歩いとった。
犬



ゲームは引き分けで終わって、その後のお楽しみのパブに行って、みんなでワイワイ飲んだ。
一人二人と帰っていって、ルイーズ&ハリーと4人で飲んどると、空にランタンが飛んどるのが見えた。

いっぱいいっぱい飛んどった。
空にポチッと光っとるのがランタンな。
なぜか急にイスの上に立ちあがったハリーが手に持っとるのんは、イギリスのナマぬるい茶色いビール、ビター。
景色

景色


そんで、いつこのイングランドの旗を降ろすんかいね。



帰りに、みんなでインディアンレストランでテイクアウトして、家に着いたら12時過ぎとった。

あ~、オモシロかった。
ダラダラ宣言撤回して良かった☆

神の手ブロック

- 2010年07月03日(土) -

昨日のウルグアイ×ガーナ戦、すーーーーーーーごいオモシロかったね!!
観た?


スアレスが、なんとなく私の甥っ子を思い出させるんで、ユーログアイをサポートしとんやけどな。

延長戦の最後の最後に、スアレスがハンドボールでレッドカードになったやん。
あれは、故意にではなく、「なんとしてもゴールを止めたい!!!」の気持ちが強くて、つい手が出たって感じやったよな。←身内への欲目みたい?
レフリーの掲げたレッドカードを見た時の彼の反応が、コントみたいでオモシロかった。
その後のペナルティをガーナが外した時の顔も、ホントに甥っ子を見とるようで、こっちまでウレシクなったけん。

そんで更にその後のペナルティで、ガーナが外してユーログアイも外して、もう、ヒヤヒヤなった。
あんなにキャーキャー一喜一憂なったのは、私の人生のスポーツ観戦で初めて。

しかし、スアレスはレッドカードになったけど、あのゴールを防いだおかげで勝てたと思わん?
とかなんとか、試合が終わってからもJぽんと熱く語り合ったけん。


あ~、オモシロかった。
満喫。



そうそう。
結局、私と家でマッタリ観戦したJぽんも、このワールドカップで一番オモシロイ試合やった!と言うとった。
もちろん、そーとーウルサかったけん、試合中。

畑→ワールドカップ観戦

- 2010年07月02日(金) -

今日は3時からブラジル×オランダ戦があるんで、Jぽんは、いつもより朝早く出勤した。
そんで、ヤッツケ仕事して、早く帰ってくるんだって。

というわけで、私も朝から畑に行ってきたよ。

ラズベリーが、たくさん赤くなっとった。
しかも、前に写真を撮ったのんより、数段デカい!!
ホントにあれ、ラズベリーなんやろうか。。


そんでー。
隣のジャックじいさんが、いつものように
 「こんにちは~。お元気?」
ってニコニコしながらやってきた。

レタスあげて、チャードっていう野菜をもらって。
このチャードは、葉っぱはホウレンソウみたいで、茎はアスパラガスみたいなんだって。


そんで、花が咲き始めたレタスを抜いて、ニワトリにやりに行ったら、イタリアンのオジサンが近くにおってな。
 「ニワトリは人間と同じで、塩と胡椒をかけんと食べんのだぞ」
ってオジサンなことを言うて、私をカラカイよった。



そんでー。
あわてて帰ってきて、試合観たよ。
オランダが勝ったねー。
あの、レッドカードもらったブラジルの選手は、一体なにを思って相手選手を蹴ったんだろうね。

日本人審判、がんばっとったけど大変そうやったね。


さて。この後の試合も楽しみ。
家で観ようか、パブで観ようか。
それとも友達んちに行って観ようかってJぽんがウロウロなっとるよ。


最新記事