雪が積もったよ

- 2010年11月30日(火) -

朝起きたら、雪が積もっとった。
景色

家の前の運河も、凍った上に雪が積もっとるみたい。見えるかな?
景色


今週はずっと、最低気温は-4℃。
明日と明後日は、最高気温が-2℃だって。最高がよ?
さむいぞー。


11月でこんなに寒いのは30年ぶりの記録なんだって。

ジュード ロウ

- 2010年11月29日(月) -

つい先日、テレビで「Sleuth(邦題:スルース)」を観た。

ジュード ロウが、キャメロン ディアスにあまりにもソックリなんで、内容よりもそっちに気を取られてしまった。
表情も話し方も動きも小さな仕草も、いちいちソックリ。
顔までソックリに見えてきた。


これって巷では知られたことなん?
それとも、私がそう思っただけ?

さーむー

- 2010年11月28日(日) -

昨夜は-6℃やったって言うとった。
ここは運河沿いなんで、もうちょい寒いかも。

午前中、フリーマーケットを見に行った。
特に収穫ナシ。


その後、リンダ&スピーズんちに行ったら、リンダの妹さん(オーストラリア在住)がホリデーで遊びに来ていて、会うことができたよ。

そういや関係ないけど、スピーズは会ったら必ずホッペにチューしてくれるんよ。
その後、頭にもチュッてするんよ。スピーズだけじゃなく、ハリーも時々してくれる。
頭って、どうなん?
今日なんか、「昨日、お風呂入ってねー(入ってナイ)」と思いつつ。


お茶してイロイロ話して、私達は散歩に出かけたよ。

今日は忘れずにパンを持ってきとったので、カモに餌やりしたよ。
氷の上を滑りつつ、パンをついばむカモたち。
鳥

スッカリ凍った運河。ナロウボートから昇る煙が、さらに冬の景色っぽいよな。
景色

ビシビシ氷が音を立てよると思ったら、大きなボートが、凍った運河の中を氷を砕きながらやってきた!
景色

今夜はここに停泊するらしい。
ボートから子供たちが降りてきて、氷を砕いて遊び始めたよ。
景色

ここでも子供たちが棒キレで氷に穴を開けようとしとった。
景色




あー、うるさ。
私がこのブログを書いてる横で、Jぽんはテレビでフットボール観戦しとんやけど、Jぽんのサポートしとるチームが、エクストラタイムにゴールを決めたんで、手を叩いて歓喜していなさる。
うるさいー。


今な。
横になんか動くモノが見えると思ったら、小さなクモが天井から?糸を垂れて下がってきとんやった。
Jぽんに
 「外に出してや」
って言うたら
 「寒いのにかわいそうやん。小さい、まだベイビーよ。」
って言うた。


なんて寛容なんやろな。

初雪

- 2010年11月27日(土) -

朝起きたら、雪が積もっとったよ。
チラッとだけ。


畑の様子を見に行って、今年最後のリンゴを収穫した。大半が凍っとった。
ロマネスコも凍ってるみたい。大丈夫なんかな?
野菜


その後、Jママんちにに行って、お茶してー。

家に帰って、凍ったリンゴを剥いて食べたら、シャリシャリしてジューシーでオイシイかった。



そんでー。
またモルドワイン温めて飲んだよ。
テレビ見ながらゲームしながら飲みながら。


ちぃと酔っぱらったらしく、オーブンのソーセージが焦がしてしもた。

シチューとモルドワイン

- 2010年11月26日(金) -

今週はホントに寒くて、最高気温が1℃、最低気温は-4℃だって。
さーむーーーー。

で、昨夜は、畑の野菜たっぷりの、ミートボールシチューを作った。
ルイーズが仕事帰りに寄ってくれたんで、一緒に夕飯も食べてってもらった。

そうそう。
モルドワインっていう、スパイス入りの甘い赤ワインも温めて飲んだ。
今シーズン初。

クリスマスシーズンが近づくと、このモルドワインが売り始められるんな。
モルドワイン用のスパイスがガーゼに入れられて、赤ワインに入れて温めたら作れるってのも売られてるんやけど、今回、私達が飲んだのは、モルドワインとしてできあがったもの。
ボトルから鍋に移して、煮立たせないように温めて飲む。

これがウマいのよ~。
体も温まるし、甘いし、香りも良いし。
とってもキケンな飲み物デス。

「モルドワイン」で検索したら、レシピもあるよ。
是非、試してほしい。



ああ、また買いに行こうっと。

芽キャベツ

- 2010年11月25日(木) -

今夜から、また冷え込むらしい。
昨日からすでに寒いけど、いよいよ雪が降るらしいよ、明日は。

タマネギもナイなったし、今日は天気もええんで、気分転換に畑に行ってきたよ。



さっさっ寒い~。

すーごい寒いのに、いつも畑仕事で使っている手袋を忘れてしまった。
それに気付いたのが、家と畑の、ちょうど中間地点くらい。

 納屋のタマネギを取って、サッサと帰ろう~。

と決めて行ったのに、畑を見たら、つい他の作業もしたくなってしまうじゃないの。

芽キャベツの葉っぱを取り除いたり、ブロッコリーの黄色くなった葉っぱを取り除いたりした。
雨の少なかった今年は、去年に比べると芽キャベツも随分小さい。
野菜



そういえば、ニンジンも家にないんやった。
ニンジンを7本くらい引いて、泥だらけなんで、サッと水で洗おうと水場へ行くと、そういえば冬の間は水道を止めるんやった、ここ。
水を溜めとる所に行ったら、その表面に薄氷が張ってあった。

冷たいの分かっとんのに、その水をバケツに入れて、ニンジンを洗った。素手で。
3~4本くらい洗ったところで手が痛くなって、断念。
弱かろ。


で、半分しか洗わんなら全部洗わんかったほうが良かった感のニンジンを新聞に包んで、泥だらけの手を、また薄氷の張った水をバケツに入れて洗った。

すーごいアホやろ、この行動。
どう考えても。


で、いつの間にか太陽も雲に隠れたし、いよいよ寒くなったんで、あわてて家に帰ったよ。


今日の収穫。
 ・ニンジン
 ・ブロッコリー
 ・ロマネスコ(例のブロッコリーとカリフラワーの掛け合わせ)
 ・チャード(ホウレンソウに似たもの)
 ・ケール(ビタミンの含有量は緑黄色野菜の中でも多いらしい!)
 ・タマネギ&ニンニク(これは納屋に干してあるの)

申請用写真

- 2010年11月23日(火) -

昨日の慌てついでに、申請用の写真を撮りに行った。

近くの郵便局に備え付けれらた、自動で証明写真を撮ってくれるボックスで撮ってきたよ。
それがね。
日本のんで撮って以来、今回、イギリスに来てから、初めて撮ったんやけどね。
日本のんって、用途によって各種違うサイズが選べれるやん?カラーとモノクロとかも選べるんじゃなかったっけ?

今回、私が使ったボックスはーね。
何も選べんの。

確かにボックスの外側に「パスポート用」って書いてあったわ。
操作も至ってシンプルで、お金(コインのみ)を入れたら、目の前の画面に○が出て、
「その中に顔が収まるように座ったら、緑のボタンを押してください」
って言われた。

ボタンを押して、カシャッと音がした後、画面に自分の顔が表示されて、気に入らんかったら、2回やか3回、撮り直しができる。
この辺りは日本のんと同じようなもんよな。


それがね。
カシャッと音がした後の、画面に表示される顔が、すーごい暗くて、見えんのよ。
かろうじて、ボンヤリと日本人らしき女の人が見えるかもー。
くらいの暗さ。

再度撮り直してみても、画面に表示されるのは、暗くてね。

 まぁ、写真が出てきたら分かるわー。


と、「OK」ボタンを押して出て来た顔を見てビックリ。

キレイに明るい写真が出て来た。のはええんだが。

顔のシミがキレイに写っとるではないか!!!
それもそのはず、ファンデーションを塗るのを忘れとった。



こっちに来て以来、滅多にお化粧をせんくてね。
友達もあんまりしとる人がおらんし、Jぽんが「自然なほうがいい」と言うし。
なんとゆーても、私の顔は化粧映えのせん顔。

で、もともと不精なのもあって、スッカリなんもせんクセがついてしまった。


そんでも、目の上にチラッと色つけて、眉毛もチラッと描いて、薄い色のリップも塗って。
準備万端で臨んだはずが、あなた、基本のところを忘れとった。
キレーに、キレーーーーに忘れてしもーとった。


日本で毎日お化粧をしてデスクワークをしとった頃には、思いつかんミスだわ。
たまげる。

でも、昨日のミスは泣けたけど、今日のこのミスは、なんか笑えた。



しかし、みんなならどうする?
£5(約700円)。
撮り直す?

ムキー

- 2010年11月22日(月) -

ビザのこと。

食べるピザじゃないよ。
異国に住むためのビザ(査証)の方な。いつも食べ物のことばっかり書くけん、念のため。

私のもってるビザは、2年が経つと、永住権申請が可能になるんな。


先日、その永住権を申請するために必要な、一般常識のテストを受けたって書いたやん?
その合格証明書は、ホームオフィスへ提出する必須書類のうちの一つに過ぎんのんな。

その他諸々、同居している証明や、2人の財政状況を証明する書類等が必要なんな。
面倒やけど、まぁこれは分かっていたことやし、2年前に今のビザを取得する時にも日本で同様のことをしとったので、これは納得というか、充分承知のことやったんな。


しかーし!!

その諸々の書類とともに提出するフォームがあってな。
それがこの週末に変更されて、月曜、つまり今日から新しい書類に記入して提出せなイカンらしいんな。
約20ページ。
また印刷して記入しなおさなイカン。

それは、まぁええとして。


申請料金の値上がりも今日から。

それも、まぁ仕方ないとして。


英語のスピーキングとリスニングのテストの合格証明書が新たに必要になる??
私、ひょっとして9月中旬頃から申請が可能やった??


っていう疑惑が!!


ホームオフィスのサイトには、
 「イギリス入国後、2年が経つ日より28日前から申請ができます」
って書いてある!

てっきり、「私のビザが切れる日より28日前から申請できる」と信じとった。
ちなみに、私のパスポートに貼ってあるビザ(有効期間2年3ヶ月)の横には、
 「ビザの有効期限内の最終の月に申請をしなさい」
って書いたメモが添付されてある。
ってことは、私の解釈であってたってこと???


私がイギリスへ入国したのは、2008年10月上旬。
仮に、前者の「2年経過より28日前」とすると、2010年9月中旬から申請可能。
後者の、私が信じ切っていた方では、2010年12月上旬以降、ピザの期限最終日まで可能。


モンモンとした週末を過ごして、今朝、ホームオフィス開始の9時キッカリに電話したワヨ!

そしたらーね。
なんと、9月中旬の方が正解みたい。
「今日からでも、すぐさま申請できます」
って言われた。



なーぬーーーーー。
今日から新しい申請書類に申請料金に改定されたんやん。

私は一体何を待ってたん??
書類記入を2度したかったん?
新しい料金になるのを待ってたん?

となって、すーごいガックリ中。


すーごいガックリ中。

すーごいガックリ中やけん。



しかも、これは週末から90%、私の勘違いと思っていたので、ガックリは週末からずっとやけん。
何がガックリって、自分にガックリ。
後悔中。

ホームオフィスの規定はよく変わるので、日々ワリとマメにチェックしとったんよ。
なのに、なんでもっと前に、この申請時期の所をシッカリと読んでおかんかったんやろう?
と、それが悔やまれる。

 自分で自分のクビを締めた。
 ただでさえ面倒な手続きを、ワザワザさらに自分で面倒にしとる。

そんなウツウツ中に、母からスカイプが鳴った。



そんで、つい泣けてしまった。
姉とも話して、オイオイ泣いてしまった。


大したことではないんは分かってるんやけどな。
申請期限を過ぎて、取り返しのつかんことになったってワケでもないんやしな。

他人から見れば、全然大したことないんよ。
けど、このビザ関係のことって、すーごい憂鬱なんな。ストレスが大きい。
私達申請者は、出来る限りの書類を集めて、ホームオフィスの出す決まりゴトに沿って申請せなイカンのんな。
申請を却下するのも認定するのも、ホームオフィス次第。あるいは審査する係の人の気分も、少しは関係するんかもしれん。
その審査次第で、私達2人のこの先が変わるって、すーごいストレスなんな。


そんで、自分の勘違いに気付くのと、申請書類等の変更を知ったのが、同時やったから、大したことじゃないのに、どうしよう?!となったんかなーと思う。



ちなみに、一つ良いニュース。
私の場合は、英語のリスニングとスピーキングのテストは受けなくていいんだって。
それだけでも、随分と手間が省けるんで、良かった。


しかし、万が一、私と同じく永住権を申請しようとしてる人がこれを読んでも、鵜呑みにせす、ご自分でご確認くださいませ。
これは、「私の場合」の質問とその答えであり、全ての申請者に該当するとは思えません。
ホームオフィスは、日々情報を変更しているし、私のこの日の情報も、翌日には、古い役に立たないモノになっているとも思います。




****************

日本に住む家族へ

心配かけまいとこのブログを始めたのに、つい、昨日は、スカイプで泣いてしまった。
泣いたらスッキリして、あの後、申請に関してのことを読んだり、必要書類を集めたり、を一生懸命しとったけん、泣いてないけんねー。
何がなんでもイギリスに住みたい!ってわけでもないし、Jぽんも日本に住んでもええって思ってくれとるし、審査次第では、もうすぐみんなに会える!と思うと、それはそれでウレシイんかも。

とりあえず、この流れに乗って申請をチャチャッと済ませて、お気楽な毎日に戻る!を目標に頑張るけん☆

草引き

- 2010年11月20日(土) -

今日は、畑のお隣さんに「納屋を建てるのを手伝って」と頼まれていたので、Jぽんと一緒に畑に行ってきたよ。

Jぽんが手伝っとる間、私は自分ちの畑の草引きをした。
あと、芽キャベツの手入れと、自分ちの納屋の周りもキレイに片づけたよ。

斜め向かいの畑で草引きをしとった、デニスじいさんちのリンゴの木が上手に剪定されとったんで、私んちの畑脇のリンゴの木も、どの枝をどこで切ったら良いのか、教えてもらった。

今日の納屋の手伝いをしとるのとは反対隣りのジャックじいさんといい、このデニスじいさんといい、親切で優しいんよ。気軽に話しかけてくれては、オモシロイ話や為になる話をしてくれる。



しかし、二人とも私の名前を覚えてくれんくてね。
前の畑の場所から、今の場所に代わって、約1年。
冬の間はあんまり顔を出さんから、春先以降から数えると、畑で顔を合わせるようになって、もう少なくとも半年は経つ。
けど、毎回、名前を呼んでくれんのよ。Jぽんの名前は呼ぶのに。
普段聞き慣れん名前やけん覚えにくいわな、そりゃな。


それがな。
今日、デニスじいさんが、ふと何気に私の名前を呼んでくれたよ。



これが、今日の小さなウレシイことでした。

お葬式

- 2010年11月19日(金) -

さっき、Jぽんが仕事から早く帰ってきて、Jぽんの同級生のお葬式に参列しに行った。
心臓発作で、急に亡くなったんだって。

イギリスでは、参列者が真っ黒の喪服を着ることはあまりないようで、Jぽんは暗めの服を着て行くことが多い。
今日もそうかと思って、黒っぽい服を用意したら、

 「親族の意向で、若くして急に亡くなったから、明るい色の服を着てきてって言われた。」

とのこと。
普段に着とるジーンズとシャツと、その上にカーキ色のジャケット着て出かけたよ。


もちろん、日本のような、お香典なんてナシ。
手ぶらで出かけたよ。

なんてお手軽なお葬式なんだ。

ロマネスコ

- 2010年11月18日(木) -

先日の霧の日に撮った、畑で育ち続けているロマネスコの写真。
野菜


白いピカピカ光ったようなのがくっついてるのんは、霜。
朝降りた霜が、凍ったまま解けてないんやね。
これ、昼の3時くらいやったと思う。


こんな寒い中でも育つんかな?
早めに収穫したほうがええんかな??



そうそう。
昨日の記事に、ウイリアム王子が婚約したらしいって書こうと思ったんやけど、「モドした」って書いた後に、どうやってその話につなげたらええんか分からんかったので、今日になりました。

テレビで、ウイリアム王子の母、ダイアナ妃の結婚式にかかった費用はいくら、ドレスにかかった費用はいくらって言うていなはった。
ウイリアム王子たちの結婚式も、豪華絢爛なことになるんだろうね。
この不景気の中、誰のお金でそんな贅沢をしようと思っているんだ?キミたちは??
お祝いがしたいなら、したい人たちがボランティアでしろー。
国民の税金をそんなことに使うなー。

と思ってしまいました。



そんなことより。
イギリス南西部の、私達が毎年夏にキャンプをしに行く町「Mevagissey」が、大雨と満潮が重なって、大洪水になっとった。見なれた景色が大惨事。大変だー、あれは。
王子の結婚式に使う税金があるなら、この町の復興に、その税金を使えー。
そうだそうだー!←Jぽんの声

霧の中

- 2010年11月17日(水) -

昨日、特大のカボチャを切ったので、久しぶりにカボチャのキッシュでも作ろうかなーと思ったら、タマネギがない。
タマネギのないキッシュって、どうよ?

と、畑の納屋に干したままのタマネギを採りに行く途中の景色。
これは運河。
景色

景色

これは農園に入る手前の公園。
景色

景色


農園の中も、真っ白けっけで寒かった。

野菜の様子を見て、納屋でタマネギに手を伸ばそうとしたところで、携帯が鳴った。
Jぽんからで
 「一階上の住人が中に入れんって困ってるらしい。
  ドアフォンのボタンで外の鍵を開けてあげて。」
って言うんやんか。

私達はフラットって呼ばれる、日本でいうアパートとかマンションとかみたいな所に住んでいるんな。
同じ建物内の住人が共通で使う玄関には常時施錠されてる鍵があって、つい2~3日前に、その鍵の付け替え工事があったんよ。

で、その一階上の住人は、最近留守にしてたんで、鍵が変わったことを知らずに買い物に出かけて帰ったら、
 「玄関が開かん!!どういうこっちゃ?!」
となって、Jぽんに助けを求めて電話があったらしい。


しかしだ。
私はその時、畑の納屋の中。
大慌てで必要な物を収穫して、大急ぎで帰った。


そこに、Jぽんから
 「今夜はパブに行って、そんでなんかオイシイものでも食べよう。」
とお誘いメールが届いた。

二つ返事で、近くのパブに行ったら、ジェフリーっていうJぽんの友達がカウンターに座っておいでた。
なーんか、この人、いつもジェントルマン気取りがハナにつくんで、ちょい苦手。

いつもはチラッと立ち話をして別の場所に座るのに、今日は私達と共に暖炉の前にきて一緒に座るじゃないの。
日本のことをもっと聞きたい、とかなんとか。


別れ際には手の甲にキッスをされました。←このジェントルマンのは「キッス」よ。なんとなく。

Jぽんに、「ジェフに気に入られたみたいやね」とニヤニヤしながら言われて、悪酔いしたのか、家に帰ってモドしました。

今週の天気

- 2010年11月16日(火) -

今週の、この辺りの天気予報。

月曜の「Fog」と火曜の「Mist」は、どちらも「霧」。違いは下の通り。
 Fog可視1km未満
Mist可視1km以上2km未満

ってことは、月曜の「Fog」のんが濃い霧ってことやな。

モノ


その濃い霧のはずの月曜は、朝から一日、すーごい晴れ渡った青空やった。
景色


天気予報なんて宛てにならんなーと思ったら、火曜の今日は、予報通りの霧。
景色

家の前の運河も怪しげに見えた。
景色

これ何かの答え

- 2010年11月15日(月) -

先日の、この野菜は何と何の掛け合わせか?の答え。
野菜


答えはーね。

 「カリフラワー」+「ブロッコリー」

でした。
みんな、参加してくれてありがとうね~!!!


この野菜の名前は「ロマネスコ」っていうんよ。

味はーね。
カリフラワーとブロッコリーを足したような味。
そのまんまやがな。
食感は、カリフラワーのサクサクした、あのまんまの感じで、味もカリフラワーの味かなぁと思うなかに、ブロッコリーの柔らかい緑の香りもする。1つで二種類の味が楽しめたよ。


半分はシチューに入れて、半分は塩茹でして食べたんよ、今回は。
どちらも美味しかった。

Jぽんは、
 「これ、野菜の中で一番好きかも!」
って絶賛しとったよ。
そういや、Jぽんはカリフラワーもブロッコリーも大好きなんよ。



このロマネスコも種から育てたんやけど、お店で売っとる小振りのカリフラワーくらいの大きさにはなってくれた。

セッカチJぽんは、見るたびにテッペンを覗いては
 「背が高いだけで、なーんも生っとらん!」
と、一時は引き抜かんばかりに、プリプリ言うとった。

 「いずれ、何かはできるはずよ。待ては何か少しは採れるって。」
と、毎回言うとった気がする、ノンビリの私は。



 待てば海路の日和あり。
 急いては事を仕損ずる。
 果報は寝て待て。

ってことだの。

これ何か?

- 2010年11月11日(木) -

今日は、ひーーーさしぶりに畑の様子を見に行った。

昨日から急に冷え込んだので、今夜はシチューがええなーと思って、買い物帰りに畑に寄ったのよ。
なんかシチューに入れたら良さそうなものが収穫できんかなーと。


そしたら。
これこれ。
待ちに待った、というか、ダメやとあきらめとった、この野菜が立派に育ってくれとった!
野菜

野菜

ビューティなスパイラルにウットリして、変わり映えせん写真を2枚も撮ってしまったじゃないか。

小さい各トンガリ、一つ一つもキレイに螺旋を描いてるんな。
美しい~。
自然とは、うーつーくーしーいーーーー。




そんでだ。
これ何か?


珍しい野菜やと思うんやけど。
珍しくない野菜、2つを掛け合わせたもの。

何と何の掛け合わせか?

トイレ

- 2010年11月10日(水) -

週末に出かけた先の駐車場のトイレが、今まで見たこともない形やった。

トイレなんて写真に撮ったこともなかったけど、今回、つい撮ってしまった。




見てみたい?

見たみたい人はこちら↓をクリック☆
【トイレ】の続きを読む

ダービシャー 2日目の続き

- 2010年11月08日(月) -

昨日の続き。


次に来たのは、保存鉄道「Peak Rail」の駅、「Darley Dale」。
この写真の奥に見える白いゲートは、普段はこのように線路を塞ぐように閉められてるんな。あのゲートの向こう側は、線路と道路が交差していて、蒸気機関車が来る時間が近づくと、線路を塞ぐゲートを開けて、道路を遮断する仕組み。
しかもそれは手動。
線路脇に小さな小屋があって、そこでそのゲートを開け閉めする担当の人が座って待機してるんよ。
鉄道

ゲートが開けられた、と思ったら、向こうからモクモクと煙をあげて来たよ、蒸気機関車!
鉄道

ゲートから見た駅とプラットフォーム。
もともとは白っぽい石で造られた駅も、蒸気機関車の吐く煙で、こんなに真っ黒になったんだって。
鉄道

駅の裏の小道は、落ち葉で埋め尽くされとった。
景色

鉄道



ここは「Matlock Bath」って町。
「Bath」っていうからには、温泉かなんかがあるんじゃないかと思うやろう?
その通り。
1698年に温かい湧水が発見され、「Bath House」なるものが建てられて、温泉保養地としても栄えたらしい。
今では、その湧水の場所は、なんと水族館になってるんよー!
ちょっと驚き。
湧水プールで錦鯉が悠々と泳いでる模様が、水族館入口脇のテレビに映し出されとった。
鯉が泳げるってことは、そんなアツアツの湧水じゃないってことよな?何度くらいなんやろね?
Jぽんは「熱さに慣れれば魚も生きられるんじゃないか」って言うとったけど。
それはアヤシイ。
景色

この町は、バイクのツーリングで訪れる人たちが多いってJぽんから聞いとったんやけど、ホント。
どこもかしこも、黒い皮のスーツの人たちだらけやった。
景色

多数のバイクの中にポツンと停められていた、この車。
三輪車はたまに見かけるけど、後ろが一輪の車は初めて見た!
乗り物

歩いとると、その車がやってきて、この向こうでUターンしてきた。ちょいブレ。
乗り物


駐車場に戻る途中で、ハリー&ルイーズが車で通りかかった所に会った。


家の近くのパブで待ち合わせる約束をして、一杯飲んじゃった。
ここは、母の誕生日に来て、スキトルってボーリングに似たゲームをしたパブ。
pub

4人でスキトルして、サイダー飲んで、楽しかった☆





View Larger Map

 A地点 : Derby(ライブのあった町)
 B地点 : Ashbourne(ランチ食べた町)
 C地点 : Winster(ピークディストリクトの中にある小さな村)
 D地点 : Darley Dale(保存鉄道の駅)
 E地点 : Matlock Bath(温水水族館のある町)

ダービシャー 2日目

- 2010年11月07日(日) -

昨日はダービーで一泊した。

ダービーから北東に約20kmの位置にある「Ashbourne」って町で朝食兼ランチを済ませて、次に来たのは「winster」。
ここは国立公園ピークディストリクトの中にある古くからある村で、昔は鉱山として栄え、一時はこの小さな村に20ものパブがあったらしい。現存するパブは2つのみで、そのうちの一つは1472年からあるんだって。
景色

この写真↓の手前にある大きな石の下、地下約300フィートから、鉱物を採掘しとったんだって。
散歩中のオジサンが教えてくれた。パブが20軒って話も、このオジサン情報。
景色

牛みたいな模様の羊がおったよ。
景色

この村自体、標高の高い位置にあるみたいやけど、メインストリート以外は、斜面に家が建てられていて、雪の日なんかどうするんやろ?と思った。
けど、ステキな家並みよな。
景色




明日に続く。

Jean Genie

- 2010年11月06日(土) -

デビッドボウイのトリビュートバンド「Jean Genie」のライブを、ダービーって町に観に行ってきたよ。

今回は、スピーズ&リンダとハリー&ルイーズ、その他数名で楽しんできた。
ライブの前に、1530年に建てられたパブ「dolphin inn」に行った。
とっても趣きのある味わい深いパブで、また行きたいパブの一つになったよ。

そんで、20時も過ぎたんで、ライブのある「The Flowerpot」って所に行った。
ここはパブも併設されとって、更にそこでまた飲んでー。



しかし。
デビッドボウイって、顔は知っとるけど曲は知らんかったんよ、私。
昔チラッと聞いたけど、ヘンなの~と思ったような記憶あり。

今回、そのトリビュートバンドを観に行くってことになったんで、例のテスト勉強をしつつ、彼の曲も聞いて覚えつつ。
何度も聴いとるうちに、ええじゃないの。となりまして。
今回のライブが楽しみやったんよ。


そんでだ。
ボーカルが出て来た時、
 あれ?サイトで見たよりも随分ポッチャリしとるよ?
 ホンモノが痩せとるぶん、私のイメージの中でもホッソリした人を想像しとったし。
 どうなん?
と思ったんやけど、歌いだした途端、

「あら?車ん中で聴いとった(本物のデビッドボウイ)と変わらんじゃん!!
 ええじゃないの!!」
となりまして。

私の好きな曲もたくさんあったし、みーんなで歌って踊って、とっても楽しかった!


で、これが「Jean Genie」。薄暗いんでボケた写真しか撮れんかった。
スポーツ観戦

スポーツ観戦

スポーツ観戦

スポーツ観戦

「Jean Genie」のサイトはこちら >> 
※彼らの曲が自動で流れるので、音量注意。





ああ。
イギリスのコメディドラマ「Extras」のゲストでデビッドボウイが出た時に歌ったのんを思い出した。
この歌、しばらく耳に付いて離れんかった。

これも良いよな。

イギリスのオモシロ一般常識

- 2010年11月05日(金) -

昨日の続き。
イギリス一般常識のテスト勉強の中から、少し抜粋。


保険ナシの車を持っていることは犯罪。
保険対象外の人が、その車を運転すると違法。
バイクの運転手と同乗者はヘルメット着用が必須。
ただし、シーク教徒の男性でターバンを巻いている場合は、この限りではない。
飼い犬は、公共の場では飼い主の氏名・住所を記入した首輪を付けなければならない。
動物病院の支払いができない場合は、チャリティーの病院がある。
18才未満はアルコールを買ってはならないが、16才以上はホテルまたはレストランで、食事と一緒にワインかビールを飲める。
両親は子供を遅刻せず出席させる責任あり。怠ると告発される。
若い成人の半数、全人口の1/3が薬物使用経験あり。
UK人口の8.3%が移民。ロンドン人口の1/3(29%)が移民。
祝日は4日間だけ。


などなど。
オモシロかろ。


しかし、ターバンは命よりも大切なんかって話だ。
それとも、あのグルグル巻き、ひょっとしてヘルメットと同じ安全性があるってこと?



そんで、今日は「ガイフォークスナイト」。
1605年11月5日、ガイ フォークス率いる集団は、国王ジェームス1世を殺害しようと、国会を爆破する計画を企てたが、前日に見つかり失敗に終わった。
これをを記念するのが、本日11月5日のガイフォークスナイト。
この日には、大きな花火大会やたき火が各地で催される。

これも、一般常識のテキストに載ってるんよ。
今から、その花火大会を観に行ってきまーす☆

Life in the UK

- 2010年11月04日(木) -

そろそろ、あら、もうとっくに過ぎとった。
イギリスに引っ越してきて、2年が経った。

私が持ってるビザは2年間有効(+約3ヶ月)で、それを過ぎる前に、次のビザを取得する手続きをせなイカンのな。
ほとんどの人は永住権を取得する手続きをすると思うんやけどーな。

いろいろなものを証明する必須の書類がありまして。
その中の一つが、「Life in the UK」っていう、イギリスの一般常識のテストの合格証明書。

政治・法律・歴史・地理・王室・日常生活のことなどを、テキストを購入して勉強しとかないかんのんな。
年代や数、%なんかを、イングランド・スコットランド・ウェールズ・北アイルランド別にそれぞれ覚えないかんこともあったりして。
政治のことなんか、日本の事でも分からんのんに、どうなん??と気が重かったんやけど、勉強するにつれてなんか楽しくなってきてね。



今朝、テストを受けてきて、合格したよ。
家に帰って答え合わせしたら、100点満点やった。

エライ?エライ?エラかろ。
むははー。





全24問で、75%以上正解したら合格。
6問は間違えてもカマンのんよ。
制限時間は45分。

練習問題(無料)してみたい?
英語やけど、興味のある人は試してみて☆

Jぽんや他のイギリス人も正しく答えれんようなことが多かった。
政府の出した本に基づいて問題が出されとるんで、2001年現在とかの古い情報もあったりするし。



今夜は、Jママも誘って外食してきまーす☆

甥っ子デー

- 2010年11月03日(水) -

今日はーね。
愛しの甥っ子の誕生日。

昨年は何をしたっけなー。。
と昨年のブログの記事を見たら、日本に帰っとった。
みんなで海に行って潮干狩りしとった。
今年は甥っ子、何をしたんかなー。

しかし、日本、ええねぇ。
どの写真を見ても、のどかやわ~。


遠いようで近い、近いようで遠い。
イギリスと日本。


今夜は甥っ子のリクエストにより、すき焼きなんやって。
私も参加したいです、すき焼き誕生日パーティ。

姉に
 「甥っ子の好きなケーキをどれでも買ったげて」
とプレゼント代わりにお願いしたら、
 「ありがとう。Jぽんとスドゥーコの分も食べとくね☆」
と返事がきました。

優しいのか優しくないのか分からんけど、良い姉を持って、幸せです。
シクシク。


しかし、甥っ子が生まれて12年が経つんだって。
干支が一回りしたんだって。
ほんまかーい!!

ヨソの子は大きくなるのが早いって言うけど、うちんちの子(甥っ子)も大きくなるのが早い!
この間、生まれたとこやと思うのに。←そら大げさかね。


甥っ子はーね。
小さい頃から感が良くてね。(←叔母バカ丸出し)
知らんことでも、さわりを教えると、ピンっ!とすぐに理解した。
そんな甥っ子が、ご飯をバクバクすーごい一杯食べとるのを横で見とって
 「甥っ子の胃が見てみたい」
って言うたら、食べよる口を止めて、ハッキリと
 「い」
って言うて、上下の歯をキレイに見せてくれた。

あれは何歳の時やったんかなぁ。「胃」を知らん年やったよなぁ。
オモシロかったんで、父に話したら、涙を流してワロとったなぁ。


と、素直で優しい甥っ子が大好きなスドゥーコです。
甥っ子にとって、楽しい良い一年になりますように☆

モンキーボウイ

- 2010年11月02日(火) -

最近、注目の人、Bale。
スポーツ観戦



今夜、ヨーロピアンチャンピオンズリーグで「トッテナム×インターミラン」の試合があった。
3-1で、Jぽんがサポートするトッテナムの勝ち。

今回、このBaleはゴールを決めてないけど、ナイスなパスで、クラウチとパブリチエンコにゴールを決めさせた。
一人だけ動きが早くて、見とるだけですーごい気持ちが良いけん、動画を見てみて↓。


ちなみに私達は彼のことを、親しみをこめて「モンキーボウイ」と呼んでます。
後ろから見ても、モンキーちゃんなんよ。かわいらしい。


最新記事