FC2ブログ

イギリスのオモシロ一般常識

- 2010年11月05日(金) -

昨日の続き。
イギリス一般常識のテスト勉強の中から、少し抜粋。


保険ナシの車を持っていることは犯罪。
保険対象外の人が、その車を運転すると違法。
バイクの運転手と同乗者はヘルメット着用が必須。
ただし、シーク教徒の男性でターバンを巻いている場合は、この限りではない。
飼い犬は、公共の場では飼い主の氏名・住所を記入した首輪を付けなければならない。
動物病院の支払いができない場合は、チャリティーの病院がある。
18才未満はアルコールを買ってはならないが、16才以上はホテルまたはレストランで、食事と一緒にワインかビールを飲める。
両親は子供を遅刻せず出席させる責任あり。怠ると告発される。
若い成人の半数、全人口の1/3が薬物使用経験あり。
UK人口の8.3%が移民。ロンドン人口の1/3(29%)が移民。
祝日は4日間だけ。


などなど。
オモシロかろ。


しかし、ターバンは命よりも大切なんかって話だ。
それとも、あのグルグル巻き、ひょっとしてヘルメットと同じ安全性があるってこと?



そんで、今日は「ガイフォークスナイト」。
1605年11月5日、ガイ フォークス率いる集団は、国王ジェームス1世を殺害しようと、国会を爆破する計画を企てたが、前日に見つかり失敗に終わった。
これをを記念するのが、本日11月5日のガイフォークスナイト。
この日には、大きな花火大会やたき火が各地で催される。

これも、一般常識のテキストに載ってるんよ。
今から、その花火大会を観に行ってきまーす☆


最新記事