FC2ブログ

霧の中

- 2010年11月17日(水) -

昨日、特大のカボチャを切ったので、久しぶりにカボチャのキッシュでも作ろうかなーと思ったら、タマネギがない。
タマネギのないキッシュって、どうよ?

と、畑の納屋に干したままのタマネギを採りに行く途中の景色。
これは運河。
景色

景色

これは農園に入る手前の公園。
景色

景色


農園の中も、真っ白けっけで寒かった。

野菜の様子を見て、納屋でタマネギに手を伸ばそうとしたところで、携帯が鳴った。
Jぽんからで
 「一階上の住人が中に入れんって困ってるらしい。
  ドアフォンのボタンで外の鍵を開けてあげて。」
って言うんやんか。

私達はフラットって呼ばれる、日本でいうアパートとかマンションとかみたいな所に住んでいるんな。
同じ建物内の住人が共通で使う玄関には常時施錠されてる鍵があって、つい2~3日前に、その鍵の付け替え工事があったんよ。

で、その一階上の住人は、最近留守にしてたんで、鍵が変わったことを知らずに買い物に出かけて帰ったら、
 「玄関が開かん!!どういうこっちゃ?!」
となって、Jぽんに助けを求めて電話があったらしい。


しかしだ。
私はその時、畑の納屋の中。
大慌てで必要な物を収穫して、大急ぎで帰った。


そこに、Jぽんから
 「今夜はパブに行って、そんでなんかオイシイものでも食べよう。」
とお誘いメールが届いた。

二つ返事で、近くのパブに行ったら、ジェフリーっていうJぽんの友達がカウンターに座っておいでた。
なーんか、この人、いつもジェントルマン気取りがハナにつくんで、ちょい苦手。

いつもはチラッと立ち話をして別の場所に座るのに、今日は私達と共に暖炉の前にきて一緒に座るじゃないの。
日本のことをもっと聞きたい、とかなんとか。


別れ際には手の甲にキッスをされました。←このジェントルマンのは「キッス」よ。なんとなく。

Jぽんに、「ジェフに気に入られたみたいやね」とニヤニヤしながら言われて、悪酔いしたのか、家に帰ってモドしました。


最新記事