ロンドンロンドン

- 2011年03月31日(木) -

愉快で楽しいロンドンに行った報告、そーとーどうでもええ話で、しかもそーとー長いのに読んでくれて、みなさんコメントもくれて、ありがと☆
あ、気付けば今日も長文駄文。ああ。ゴメン。


前にロンドンに住んでた時は、いつでも写真が撮れると思って、あんまり撮ってなくてね。
昨日みたいなピカデリーサーカスとかの写真やらは、始めて撮った

ビートルズが渡る横断歩道、アビーロードのすぐ近くに住んで、毎日そこを渡っとったのに、その写真もないし。
有名なクリケット場のすぐ隣の建物に住んでいて、屋上からはプロの選手がクリケットしとるのが見えるのに、一度も見んかった。
アホだの~。




そんで、住んでた時から、私はバス派。
チューブ(地下鉄)のんが断然速いんやけど、地下やけん真っ暗やん。
周りの景色が見えんやん。
スス?かホコリで、一日経ったら鼻ん中が真っ黒になるんやけん。
鼻毛が伸びるん早いんやけん。

バスなんか、今でこそ自動ドアで乗車口が開閉されるんで、バス停以外で乗り降りすることができんなったけど、当時は昔のタイプのダブルデッカー(二階建てバス)やったけん、いつでもどこでも自分が乗りたいバスがユックリ走っとるときは追いかけていって飛び乗ったり、飛び降りたりできて便利やった。飛び乗る時なんか、同乗の車掌さんも手を差し出してくれたりして。
乗り物


あの頃は、乗車時にバスの運転手さんや、席に回ってくる車掌さんに自分の目的地のゾーンを言うて、それに応じたお金を支払いよったけど、今なんかオイスターカードっていう非接触型カードで支払いするけん、運転手さんは、乗客がちゃんとオイスターカードをピッていわせたかをジッと見るし、乗客はピッのとこをジッと見るし。運転手さんとハローとも言い合わん、顔も見ん、なんとも世知辛い世の中になったもんだ。


バスの良い所は、実際の地図と同じように見て回れるところ。
チューブを使うと地下鉄の駅から目的地までは分かっても、その周辺の景色とか分からんやん。
ロンドンのアチコチを見るには、もってコイじゃないかと思う。
しかも、今は次のバス停のアナウンスも自動でしてくれて、電光掲示板にも表示されるようになっとった。最寄りの観光地も言うてくれよったよ。ので、行ったことない人でも大丈夫☆

バスバスって言うとるが。
チューブを否定しとるワケではなく、ワリとこれも好きなんやけどな。
一面シルバーの未来チックな駅とか、シャーロックホームズの駅なんか、タイルがシャーロックホームズの模様やったりして。
何より、私の実家周辺には地下鉄がないんで、都会に来た!って気分を味わえる(笑)。


そういや今回初めて見たんやけど、貸し自転車が至る所にあった。
会員以外の観光客にも貸出してくれるみたい。
料金は、30分無料、60分£1と、90分は£4…急に高いよな。
これとは別にアクセス料金がかかるみたい。同じ場所に返さんでも良いらしいんで、30分で移動できる返却ポイント&目的地を計画して、自転車でノンビリってのもええかも?

また次回、Jぽんと行ったときにでもサイクリングを楽しむかもー。



昨日載せた写真は、徒歩の時以外はダブルデッカーの2階の一番前の席に座って撮ったもの。
景色がよく見えてウレシイ。バスの運転手さんになったような気にもなるし。

昨日の写真で観た通り、歴史ある建物が町のど真ん中にたくさん残ってるんやん。
これらは、やっぱりイギリスに地震がないけんやろうな。
地震、たまにはあるらしいけど、小さい小さいのんで体感なしって言うとった。


そんで今回は、前にチラッと書いた、事前に予約すると安いっていう電車のチケットをネット購入したんで、ロンドンまで片道£5(約650円)で行けたよ。

また行かんとイカン!


追伸 : 楽しいロンドン愉快なロンドン、ロンドン、ロンドン。こんなん知っとった?

楽しいロンドン

- 2011年03月30日(水) -

行ってきたよー。ロンドン。

電車でロンドンに着いて、今日は1日バスで移動しようと思ってたんで、バスのインフォメーションの窓口でバスマップもらった。ロンドンセントラルと、今日の目的地、ウインブルドンを含む南西部の2つ。

バスに乗って、まずは日本大使館のあるグリーンパークへ。
景色

景色


右手に見える日の丸んとこが、日本大使館。
景色


そうそう。
今日、ロンドンに来たのは、日本の運転免許証をイギリスの免許証に切り替えるため。
日本の運転免許証を持っている人は、イギリスに居住を始めてから1年間は、そのまま運転することができるんよ。
観光とかで来る人は違うくて、国際免許の取得が必要やったと思う。

私は今まで特に運転する必要もなかったし、まぁえっかーと放ったままになっとったんやけど、居住後5年を過ぎると、切り替えができんなるらしい。
で、日本大使館のサイトには「毎年4月1日に料金改定」って書いてあるし、永住権も取れたことやし、ここは一つイギリスで運転できることにしとこうじゃないか!と、料金改定前に3年発起(←イカン?)したワケだ。


その切り替えに必要なのが、日本の運転免許証と、日本大使館発行の翻訳。

日本大使館で、10日くらい前に郵送した(今回は例のスペシャルで)、日本の運転免許証とその翻訳を受け取って、今度はDVLA(運転免許センター)のあるウインブルドンへ、またバスで向かうよ。
ここからやと1時間はかかるかな。
窓からの景色を眺めながら、ノンビリ1人バスツアー。


左手に見えます茶色い建物が、有名な高級百貨店ハロッズ。
景色

建物


馬に乗って警備中の警察官達。
車道をパッカパッカ優雅に歩く。
動物


テムズ川を渡る前にチェルシーのフットボールスタジアムを右手に見て。
テムズ川を渡ったすぐ後にバスを乗り換えて、ウインブルドンに着いた。

DVLAはウインブルドン駅のすぐ近くで、混雑もしてなかったし、手続きもすぐに済んだ。
パスポートは、その場で返してくれるプレミアムでお願いしようと思って言い忘れたのに、担当の人がオファーしてくれた。これ、日本なら当たり前の接客やけど、イギリスでは珍しいことなんで、ちょっと驚いた。
切り替え料金は£50(約7千円)+パスポート当日返却プレミアム料金£4。

手続き自体、ほんの2~3分やったんで、「え?これだけ??」って聞いてしまったけん。
 ・必要な書類(D1フォーム)に記入したもの
 ・日本の運転免許証
 ・日本大使館発行の翻訳
 ・認証済み証明写真
 ・パスポート
を提出しただけ。簡単すぎる。
運転時の注意事項とかの冊子くらいくれてもええのにね。

イギリスの免許証は、約3週間で自宅に郵送されるらしい。
日本の免許証は、3~6ヶ月後に日本大使館に郵送されるらしい。そんで、日本大使館から届いた旨、私宛に手紙が届くらしい。なので、日本の免許証のことは、しばらく忘れときって言われた。


そういや、待ち時間…っても5分くらいの間に、ナンパされたよ。
どうみても20代前半の若い男の子。
手続きが終わってDVLAを出るまでついてこられて、ちょうど昼時やったんで、ランチに誘われた。

いやいや。
せっかくのロンドン、見て回りたいところが一杯あるのに、知らん人とランチしとるバヤイか。

時間がないので、と断ったすぐ後にチャリティーショップを見つけてドアを開ける時、つい後ろを振り返って彼がおらんのを確かめたけん。


私の勤めとった会社、この辺りやったよなー。。と歩いたんやけど、建物自体が改築されとって、全くちがう感じになっとった。
10年も経ったら、そりゃ変わるわな。


そんで、特に収穫もなく、またバスに乗って今度は違うルートでロンドン中心部に戻ったよ。

これが映画やテレビなんかでよく映る、ピカデリーサーカス。
景色


と、小さいけどエロスの像。
景色


この近くにジャパニーズセンター、略してジャパセンって呼ばれる、日本食や雑貨・本などを扱うお店があって、そこにも行こうと思っとったのに、な、無い!!
まさかツブれることはないと思うんやけど!!

と、近くの三越で聞いてみようかと三越を見たら、その隣に移転しとった。
そんで買ったものと言えば、巻き寿司用の海苔。
この間作ったら、ウケが良かったんで、またコリもせず作ろうと思ってな。


そっからコベントガーデンまで歩いて、お気に入りの靴屋さんを探したんやけど、これまた10年も経てばお店も変わるじゃないか。
前にあった場所には無くなっとった。くそー。


その後、北に向かって歩いて、オックスフォードストリートへ向かうつもりが。
迷って、大英博物館に来てしまった。

大英博物館と言えば。何度も行ったことあるんやけどーね。
実は、一度も迷わずに行けたことがないんよ。
バスに乗って、目の前で降ろしてくれた時だけは迷わんかったけど。
どうも、あの辺りの地図が私の中で理解しにくいのか、思った通りの場所に出れんのよ、あの辺りに行くと。
で、もう分からんけん、またバスに乗って、オックスフォードストリートの賑やかな通りに連れてってもらって、バスを降りた。
「Oxford Street(オックスフォードストリート)」
ロンドン市中心部を東西約2kmに亘り貫く大通り。
年間2億人以上が訪れる、ヨーロッパで最も人通りが多いストリートであり、300以上の店舗が連なる世界的なショッピング・ストリートとして有名。

2枚目の写真のあたりがそう。これは朝早いのと通りの端の方なので、あーんまり人が歩いてないけど、夕方に歩いた時は、よーけ人が歩いとった。

そんで、ロンドン在住の友達と待ち合わせしたのがここ、リバティ。
建物

待ち合わせ時間より少し早く着いたんで、中に入ったよ。
3階くらいからホールを見降ろしたとこ。
建物

こういう高級百貨店では、必ず日本人が買い物してるんよ。いつ行っても。
多種多量の高級百貨店の買い物袋を提げて歩いとるのも日本人の女の人たち。
お金持ちの人達が多いんかな。
私はせいぜいお手洗いを拝借するくらい。。庶民やわ~。

今回は、成田離婚(←ってまだ言うん?)しそうな若いカップルが買い物しとるのを見かけた。


そんでー。
5年振りに会った友達とパブに行ってビール片手に話しこんで、すっかり彼女の旦那さんが合流する時間を過ぎていて二人で慌てた。
けど、無事、旦那さんも合流して、彼とは8年振りか。とっても楽しかった。

夕飯は和食を食べに連れてってくれて、あっと言う間に電車の時間がきてしまって、地下鉄で電車の駅まで行って、予約した電車に乗って帰れた。

Jぽんが駅まで迎えに来てくれて、ウォーーーッと↑の全ての話をして、家に着いたら疲れてすぐ寝とった。


ロンドン、楽しい。
久しぶりやったし、良かった。

また行くぞ~☆

愉快なロンドン

- 2011年03月28日(月) -

コメントの返事が遅れてゴメンなさい。

週末、なんか忙しくしとって、今日は朝から畑に出かけて種まきしとった。
そんで、明日は日帰りでロンドンに行ってきます。


ウインブルドンに行く用事があるの、中心部からは地下鉄で行った方がずいぶん早いんやけど、バスを乗り継いでノンビリ景色を楽しみながら行こうと思ってます。
10年前か。ウインブルドン地区で仕事しとったんよ。バイトやけど。
ので、懐かしんできまーす。


ではでは。
帰ったら、コメントの返事とロンドン報告します☆

日曜の昼下がり

- 2011年03月27日(日) -

久しぶりにJぽんとケンカした。

一人で畑に行って、いろんな野菜の種をいっぱい植えてウサ晴らししようかと思ったけど、腹立ちまぎれに植えた野菜が美味しく育つような気もせんのんで、行き先を変更して、家の近所の草原を散歩することにした。

運河沿いを歩いて、14世紀やったかの古い教会跡横を通って。
家からそこまで歩いただけ(徒歩15分)で、散歩中の知り合いに2人会った。
つくづくイギリスの人って、みんな散歩好きやわーと思う。


天気も良いし、花もたくさん咲いて、そよ風も気持ち良い。
景色

今日は湖にヨットもいっぱい浮かんどるよ。
景色

川を渡って、私のお気に入りの家の前の通り。
景色

景色

隣村の、母のお気に入りのパブを通り過ぎて、その向こう側に続く道を歩いてみたら、村の教会があった。
建物

建物

引き返して草原を歩こうとしたら、馬が近づいてきたよ。
動物

馬を撫でながらJぽんに電話したら、相変わらず不機嫌なものの、今からやってくるって言う。
さっき通り過ぎたパブ前で待ち合わせて、近くのバイアダクト前に車をとめて、そっからまた散歩した。

これ↓がバイアダクト。この上を電車が走る。
建物

1883年に建てられたって言うたっけ。
当時は蒸気機関車が走っとったのが、今は電気やディーゼルの速い電車がひっきりなしに通る。そんでも壊れんのやもんなー。すごい技術よね。


そんで川沿いを歩いて、橋の上から川を眺めとると。
景色

カワウソ?みたいなのが泳いで岸に上がった。
今の何ナニ???って姿を追ったら、またヒョコッと出てきた。

カワウソじゃなくて、ミンクかも。
どっちにしても私には目新しいが、Jぽんはちょっとガックリしとった。


そこから電車沿いに続く散歩道を歩いて、草原に残されたローマ時代から続く道を歩いて。
左側の黄色い枯れ草の所↓が、ローマ時代からの道。
景色

疲れたんで、チョコとかお菓子食べた。



そっから引き返してバイアダクトに戻って、さっき待ち合わせたパブに戻った。
ら、例のジェントルマン気取りが座っとった。

私の姿を見るなり近づいてきて、手を取って
 「家族は大丈夫?スドゥーコんちは西日本(南って言うた)だったよね。」
と目を見つめて言われて
 「あ、あ、大丈夫。」
って、ウロたえてしまった。


結局、この夜はまたジェントルマン気取りと席を一緒にすることになったんやけど、知らん間に仲直りもできたし、まぁ、良い一日になった。

発電

- 2011年03月25日(金) -

ちょっと前、ルイーズと話しとって「海流を使って発電」って案が出たやん?

今回の災害で、原発へ問題意識が高まり、いろんなサイトで原発についてのことが書かれてあるのを、よく目にするようになった。避難命令が出た後も、「安全」と書かれてあるサイトもあり、また全く反対の意見もあり。

誰でも容易に公開できるネット情報の中から、真偽を見抜くのは難しい。
とりわけ原発に関しての知識が私には乏しいので、どの情報を信じればよいのか分からん。
分からんけど、確かなのは、原発は放射性物質を放出するってこと。
それは人体や自然において危険なものってこと。
日本は地震大国で、自然は私達の想像を超えるってこと。


安全を脅かしてまで、大量の電力が本当に必要か?


以前、ジャックに言われた、怠慢の道具、パソコンを思った。

 同じ姿勢で座りっぱなし。
 疲れる目や肩のコリにムチ打ってまで、画面を見つめて仕事を続ける。
 仕事帰りにジムに寄って、ランニングマシーンの上で走る。

これ↑を一つにまとめて、足踏みパソコンっての、どう?
昔の足踏みミシンみたいなの。
自分が縫いたい分だけ足を動かすのと同様に、パソコンを使う間、足踏み発電して使うの。
よくない??

血液の循環も良くなって、最近よく耳にするエコノミー症候群も少なくなるんじゃない?
テレビとかも、ソファに座ってカウチポテトなんてするけん太る一方なんで、足踏みして、テレビを見る。
どうよ??

一時流行ったボビー?ビリー?DVD見ながらテレビの前でエクササイズなんてせんでもええんよ。
足踏みだけやと、みんな競輪選手みたいな足になったらいかんけん、エクササイズ同様、いろんな筋肉を使うように選べる仕組みになっとると良いな。
こうなると、目だけじゃなくて体力も使うんで、必然的に休憩ができる。
体力使うと夜も良く眠れて、不眠症の人も少なくなるんじゃない?

体力に自信のない人は、モノクロ。
モノクロスイッチをオン!にすると、半分の運動量になるとか。
若い元気な人達は、お年寄りの分も発電したげるんよ。年金制度と同じように。

大量に電力を必要とする工場は、発電用に働いてくれる人を雇う。
今の就職難を助ける一歩になるよ?

そんで、1時間も2時間もかけての長距離通勤を止めて、近場で働く。自転車の距離。その自転車も発電に使えるので充電しとく?

電車は蒸気機関車に戻す?見た目もカッコエエし。
あは!この蒸気も石炭の変わりに人力にする?
座席の下にペダルが付いてあって、みーんな乗客が漕いで力を合わせて動かす。
ってことは、1人や2人じゃ動かすことができんけん、乗客100人とか集まるまで出発できんのよ。
うわー。。
それどうよ??
しかも進みだすまで、すっごい力が必要で、いったん走り出すとラクチンになる。となると、停まらんとイカン駅も、ついスッ飛ばしてしまったりして。
運転士さん、アワワワーって言うでな。

と、アホな発想に脱線してしまった。




石器時代~今の便利な時代を私達は知っていて、なんでも電力で動く最新式のものが便利で良いと、なんとなく今までその流れに乗ってきた。
その中から、どれが必要で、どれが機能的、不便かもしれんけど安全第一って、選択する時期がきたのかなと思う。

何もかも自動にしといて、就職難って言うなら、手動に戻して仕事を作ろうや。
原発の隣に住んでも良いって人たちだけが、今のままの生活を続けようや。


今回、被災にあった人たちに頑張れってエールを送るだけじゃなく、日本社会全体を見直して、子供たちやそのまた子供たちが安全に安心して暮らせる日本にしたい。

卒業式

- 2011年03月24日(木) -

今日は甥っ子の卒業式。

ついこの間、産まれて、ついこの間、小学校に入ったと思ったのに。
もう小学校卒業やって。

早いね~。


プレゼントしたランドセル、大事に使ってくれて、ありがとう。
卒業、おめでとう


もうずいぶん大きくなっとるけど、私の中ではいつまでもこんな時のままの、かわいいかわいい甥っ子です。
人



ああ、家族シック。



あ、昨日sanaちゃんからハガキが届いた!
うれしい!
ありがと☆

エガちゃん

- 2011年03月23日(水) -

江頭2:50、自らトラックを運転して救援物資配送

タレントの江頭2:50(45)が、自らトラックを運転して福島・いわき市に救援物資を届けていたことが22日、分かった。

福島第1原発事故の影響で同市の一部が屋内退避指示地域に指定されていることから物資が届きにくい状況。見かねた江頭がトラックで20日ごろ物資を届けたという。所属事務所の大川興業は「個人的な活動でやっているので詳しくは分からない」としたが、茨城・東海村のJOC臨界事故や新潟県中越地震を取材した事務所の大川豊総裁(49)からアドバイスを聞き、現地に向かったという。
すでに帰京しているが、「本人はとても恥ずかしがり屋なのでコメントを出す予定はない」(事務所)という。




エガちゃん、カッコエエ。


Jぽんが、日本の地震報道で映った作業服の政治家たちを見て、
「なんでみんな揃ってあんな服を着てるん?」って言うとった。

「視察?とかするためじゃない?…かな?」って言うたら、腑に落ちん顔をした。
ホントはなんの為なん?


政治家や官僚たち、作業服をアピールせんでもええけん、エガちゃんのように役に立つことササーっとやって!

水仙

- 2011年03月22日(火) -

土曜には一つも咲いてなかった畑の水仙が、月曜にはこんなにキレイに咲いとった。
花

春が来た~。

小春日和の散歩

- 2011年03月21日(月) -

昨日は、すーごい久しぶりに、ルイーズとハリーを誘って散歩してきたよ。

みんなの家からの中間地点で待ち合わせしたら、いつものようにハリーが遅刻。
「ユックリ歩いとるから後で追いかけといで~」と電話で伝えて、運河沿いを歩いとると、しばらくしてハリーがやってきた。
人


今日はポカポカ暖かくて、お天気もよろしくて、散歩日和。
私達の他にも、散歩しとる人達をたくさん見かけたよ。
景色


この広大な土地、何を育てるんだろう。
それにしても雑草が一つもなくて、石ころなんかも少なくて。
私達の畑と比べて土がどうのこうのと、まるで分かったような話をJぽんとしたりして。
景色


グルッと丘を超えて、川沿いを歩いて、また運河に戻ってきたよ。
景色


運河沿いのパブを2軒通り過ぎて、それぞれの家から一番近いパブまで頑張って歩いて、みんなでビール飲んだ。
ウマかった~!!!!

あともう少しでパブって所まで来た辺りで、「もう疲れた~」ってマジで思ったんよ。
ハリーとルイーズも同じくそうやったらしい。
Jぽんは「ヒザが痛い」と言いつつ一番元気やった。

今日の散歩は、14時~18時半まで歩き通し。
みんなの目測?歩測?では、約10マイル(約16km)くらいじゃないかと。

さぞビールがウマかったことと、想像してもらえるやろう?


あ~、日光浴も散歩もパブもビールもオシャベリも、いっぱい楽しめた一日でした☆

満月14%大

- 2011年03月20日(日) -

昨夜の満月は、いつもより14%大きく見えるってラジオで言うとった。

ので、暗くなってから何度も窓の外にお月さまを探した。
 ↑正しい日本語?詩的な感じにも思えるが。。

景色


街灯と同じくらいの大きさやね。

ルイーズとランチ

- 2011年03月18日(金) -

今日はルイーズが仕事お休みやったので、ランチに誘ってもらって、彼女んちに遊びに行ってきたよ。


お互いの最近の近況報告をし合って。
被災された方々へのお見舞いの言葉をもらって。

そこで、彼女が
「なんで地震大国の日本に原発があるん?
 海に囲まれた日本もイギリスも、海流を使って電力を作るって案はどう?」
って言うとった。

グレイトなアイデアじゃない?
凡人の私達には分からんけん、誰かエライ人、実現して!

キクイモその後

- 2011年03月17日(木) -

ふくさんレシピを片手に、キクイモを見下ろしとると。

キクイモが里芋に見えてきた。
あの、家で食べとった、和風の煮付けが食べたくなってきた。

というわけで、土をキレイに洗い落として、一口大に切ったものを甘辛く煮付けた。


…ホントは、ふくさんレシピの肉じゃが風にしたかったんやけど、シラタキもないし、タマネギも切らしとったので。



あと、ちらし寿司も作って、今夜は和風の夕飯でした。
ウマかった☆

キクイモの煮付けは多めに作ったので、Jぽんが職場でお世話になってるマダムに持ってってもらった。
もう少し残ってるの、オールドジョンに持って行こうかな☆



----------------------

リンクさせてもらっている、くまこ”さんのブログが更新されました。

昨夜、くまこ”さんのブログが3回続けて更新された夢を見てね。
本当にブログが更新されてるのを見て、気持ちが届いたんじゃないかと少しうれしかった。


大地震のあった前日に続いた小さな地震のこと、長く更新されてなかったこと、東北地方にお住まいと知っていたので、心配してました。
お母さまのご遺体が見つかったそうです。

心よりお悔やみ申し上げます。


良かったって言葉は相応しくないと思うけど。
想像を超える混乱の中、お母さんがご家族の元に帰ってこれて良かった。
くまこ”さんご家族が助かって良かった。

原発の不安、食料等の物資不足など、大変な思いをされている中、発信をしてくれている。
私達ができることって何があるんだろう。

キクイモ

- 2011年03月16日(水) -

昨日、また畑で草引きしとったら、ちょっと離れた場所の畑のオジイサンがやってきた。

 「スドゥーコ、お元気?」

って、このオジイサンは元牧師さんだったそうで、すごく穏やかな口調でニコヤカにユックリ話す。
今回の地震の件では、私の家族の心配をしてくれていて、東北地方の方々にお悔やみとお見舞いの言葉をいただいた。


 「ところで。キクイモがたくさんあるんだけど、植えるかね?」

と、これまた、ありがたいお言葉。
そう、このオジイサンが、以前にキクイモをくれたオールドジョンなのだ☆

前にもらったのが美味しかったんで、植えようと買うつもりだったって言うたら、
 
 「買う必要はないよー、スドゥーコ。バケツを持って一緒においで。」

と言われて、こんなにたくさんもらってきたよ。
野菜

20コくらい、いや、もっとあるかな。

大きくて立派なんで、
 「植えずに食べてしまうかもー」
って私が言うたら、笑いながら
 「好きなだけ食べて、全部食べてしまったら、またバケツを持ってここにおいで。」
って。

ええ人やねぇ。


そんで。
昨夜は、魚の燻製を焼いて、ジャガイモとこのキクイモと、その他の野菜を蒸して、夕食にしました。
ウマかった~。

キクイモは、前回と同じく皮つきのまま輪切りにして蒸しただけ。
だって畑仕事したら疲れたんやもーん★

ふくさんに教えて頂いたレシピは、このキクイモが育ってからか。。
それとも植える量を減らして、もうちょっと食べてしまうか。。
悩めるところだワ~。

Don't give up, Japan

- 2011年03月13日(日) -


人

姪っ子誕生日

- 2011年03月12日(土) -

今日は姪っ子の誕生日。


これらは、イギリスの海岸沿いの町で採れた化石たち。
モノ


また一緒に採りに行けるとええね☆


ああ、懐かしんで過去の記事を見たら、なんかホームシックならぬ家族シック。



と書いたものの、地震のことが気になる。

こっちの友達も
「日本が大変なことになっとるね。スドゥーコの家族は大丈夫?」
って心配してくれよる。

家族はありがたいことに大丈夫やけど、ニュースで流れる映像を見とると、ホントに怖い。
原発もどうなんよ?

被害の拡大がないことを祈る!
ほんとに。

地震

- 2011年03月11日(金) -

朝、Jぽんから電話が鳴った。

毎昼、ランチ食べながら、「何してるん?」って連絡が入るんよ。
毎日よ、毎日。

最初は、何のため??と不思議でならんかった。


それはさておき、今日は、さっき「行ってきま~す」って出かけたとこやのに、もう電話??と不思議に思って電話に出たら、

「テレビ見た?ニュースつけてみ」

って大慌てで言うんでどうしたかと思ったら。


日本がオオゴトになっとる!




こわい。
スゴイこわいことになっとる。


こっちでも朝からずっと、津波や揺れの映像が流れていて、大きく報道されてます。

被災された方々、お見舞い申し上げます。

Jぽんは潔白の続き

- 2011年03月10日(木) -

さて。
昨日の話の続き。
モンモンモンモンとしたまま。


午前中、私の日本の自動車免許→英国の自動車免許に切り替えようと、手続きの仕方をネットで調べた。

まず日本領事館に、日本の自動車免許の英訳を発行してもらわなイカンのだな。
フムフム。
そんでDVLA(免許センター)に必要な物を持参するのか。
フムフム。

と、下調べを終えかけた。


ついでに、もうちょい見てみるかー。。
と、DVLAに提出する必要書類の中の、証明写真についてを何気に読んで、目を疑った。

「申請者の証明写真の裏に、
 『親族以外の英国居住者で、2年以上の知人』のサインが必要」

って書いてある!!!

証明写真が本人のモノであることの確認の為らしい。



イギリスの免許証は、一度取得すると70才になるまで有効で、10年毎に顔写真のみの更新をするようになってるらしい。
例の疑惑の証明写真は、免許証の写真の更新のために、Jぽんがスピーズに頼んで、本人確認のサインをしてもらったまま、忘れていたものと思われる!

よくよく見ると、Jぽんの筆跡とは違うような気がしてきた。
よくよく考えると、その疑惑の証明写真は、DVLAの申請書に挟んであった。



。。。。ってことは。。。。



間違いなく、自動車免許の写真の更新申請をしようとして、スピーズにサインしてもらったってことやん。




。。。。あは。。。。。


。。あはは。。。。



ど、どうしよう。。。


その申請書、様式が古いかもと思って捨てたし。

たぶん、その申請書の「写真を確認しました」欄にも、スピーズに記入してもらっとったハズ。

それ、月曜のゴミの日に出してしもたし。。




あっちゃーーーーーーーーー!!!


あらぬ疑いをかけられ、必要な書類を捨てられ、なーーーーーんとかわいそうなJぽん。



どうしようか、私。

ワーザワザ、ヒント満載の場所にあるものを、関係ないと勝手に捨てておいて、無実で潔白の純真無垢(←これはウソか)なJぽんに疑いをかけて、白い目でジローーーーッと見て。

スパイか、いやマヌケ面だとワイワイ勝手に妄想を膨らませて。
アガサさんやシャーロックさんの国に住みながら、全くもって、見当違いの推理をしました。


なんでこんなに一人で遊ぶのが上手になってしまったんだ。。



だって、永住権申請には、証明写真の裏は本人の名前を記入するんやったんやもん。
証明写真の裏には、何の申請にも本人の名前を記入するものやと思うやん。


ひーーー。
言い訳はしません。
ひーーーー。




かわいそうかろ、Jぽん。
ゴメンやろ、Jぽん。


ここで秘かに懺悔するけん。
許して☆

反省しました。
ごめんなさい!!!



みんなもアホやと思ったろう?私のこと。
わーん!!
コレがスドゥーコです。
ワーン

Jぽんは潔白

- 2011年03月09日(水) -

かわいそうなJぽん。

これ、書くか書くまいか迷ったんやけど。


懺悔のつもりで書こう。


一週間か10日くらい前のこと。
雨降りで、畑にでかけれんかった日に、家で書類整理をしよったんよ。
Jぽんが、いるものとイランものとをゴッチャにしたままの山積みの書類があって。
もう何ヶ月も気になっとったんでな。

半分がゴミやん。。とあきれつつ分類しとったら、Jぽんの証明写真が出てきた。

何気に裏を見たら。


!!!Jぽんの名前じゃない、他の人の名前が書かれてある!!!

!!!しかも、その名前はスピーズ(Jぽんの親友)のもの!!!

!!!しかも、写真2枚ともにスピーズの名前が書かれてある!!!



なんなんこれ??


つい先日の、私の永住権申請の際に、
「申請者の写真の裏には申請者のフルネームを記入、
 配偶者の写真の裏には配偶者のフルネームを記入」
って指定があって、その通りに記入して提出したのを思い出した。



どういうこと???

Jぽん、他人になりすまして、どこに証明写真を提出しようとしてるん?
何を企んでるん??
しかも親友の名前を使うって、何のつもり???

と青くなった。

どうしたらええのか、どうするべきか考えた。


Jママに相談するか。
J妹に相談するか。
間違えてもJ友達には相談できん。
スピーズ嫁に言うてみる?
いや、長年の友情がコワれることになる。
いや、コワれてもええと覚悟の上でしとることだろう。
いや、写真が2枚もここにあるってことは、思い止まったってことか。

と、モンモンモンモンとした。
考えれば考えるほど、胸が悪くなった。


何なん一体???
Jぽんに何て聞こう?
何て答えるんやろう?

何て言われても信じんと思う。
ウソって決めつけてケンカになるに違いない。



長年の親友の名を騙ってまでしたいこと、せなイカンことって何??


永住権申請の際、Jぽんの個人情報を申請書に記入する時、Jぽんのパスポートを見たんやけど、ここで性別が「F(女性)」やったらビックリするよなぁ、なんてチラッと思った記憶がよみがえった。

性別は男性やったけど、まさかの名前がウソ??Jぽん、偽名??
いや、パスポートには私の知っとるJぽんの名前が書かれてあった。
誰に会っても私の知っとるJぽんの名前で呼ばれるし。

パスポート自体が偽物?全てがウソ?
ス、スパイ??
いや、それはありえんだろう、あのマヌケ面。←ゴメン、Jぽん。


考えれば考えるほどイヤんなってきた。
顔見るのもイヤんなってきた。


冗談みたく聞いてみようか。
「何を企んでるん?ワルンボめ」とでも。

でも答えは何も信じられん。
なら聞くだけムダか。

と、モンモンとした毎日を過ごした。



長くなるので、この続きはまた明日☆


あ、心配をかけるとイカンので先に言うとくけど、なんともマヌケなオチで、なんてことない結果。

Jぽんは潔白です。
友達思いの良い人です。

初ファイヤー

- 2011年03月08日(火) -

昨日は雲ひとつない晴天で、気持ち良かった~。
春やね、春。

そんでー、イチゴの手入れの続きをして腰が痛い。
ロビンは、あれ以来、遊びに来てくれんなったし。
夕方4時を過ぎた頃から、急に気温が下がってきたみたいやし。

帰りたいかなー。。

と思いつつ草引きをしとったら、仕事帰りのJぽん登場。


一面の青空に気を良くして、枯れ草やゴミを集めて焚き火を始めた。
畑

今年、初の焚き火。
(写真でみるとスッカリ空が暗いけど、ホントはこんなには暗くなかった)

暖かくてヨロシイ。


今夜は放射冷却で冷え込むって天気予報が言うとった。
-4度の予想。

冬やね、冬。

イチゴの手入れ

- 2011年03月07日(月) -

ちょっと前から、畑のイチゴを手入れ中。


ランナーがジャンジャン伸び放題で、イチゴの苗が増え放題。
その間に雑草も生え放題。

イチゴ

手入れ前↑と、手入れ後↓。
イチゴ

がんばってるやろう?



今日も天気が良いので、そろそろ畑に行こうかなーっと☆

寝言

- 2011年03月05日(土) -

何日か前の夜、Jぽんが寝言を言うた。

寝言は珍しくなくて、よく歌ったりもするんやけどーね。


この日はね。

夜中に咳払いやったなんかで私の注意を引きつけてから、

「ミャーオゥ~」

って言うた。
そんで、すぐに寝息が聞こえた。



なんなんやと思う?

○○~

- 2011年03月04日(金) -

↑メガネみたいに見えて来た。


本日言いたいのはだ。

日本でも「○○円~」とかあるやん。
最低金額を書いた広告。

さっきも某航空会社から「期間限定スペシャル運賃 ○○円~」ってメールが届いた。
安いじゃんと思って、
「運賃には別途燃油特別付加運賃等、税金が別途かかります。」
って小さい字で書いてあるのを横目に、フライト予約の日程等を選んで進んでったら、それ、最終的に支払う合計金額は、広告に書いてあるスペシャル運賃の2倍になったやん。

うそつきめ。



「~」って書いてあるけん、ウソはついてないんだろうけど。





イギリスも同じで、「£○○~」って広告をよく見かける。

「£」って付けたら、↑メガネかけた人が受話器持っとるみたく見える。
しかも昔の電話の。


そんでー。
そうそう。その£○○~って電車の広告を見て、電車に乗ってロンドンにでも行こうかとサイトで日程を選択したら、その「£○○」は、一体いつのどの時間のことを言うとるん??
というくらい、こっちを選べばばこっちの料金が上がり、みたいなことになる。


それで思い出したけど、イギリスの公共交通機関に設定されとる同日の往復料金って、ベラボウに安くてね。
片道料金に10円とかくらい足すだけで、往復チケットが買えたりするんよ。
これは、日本も導入するべきやと思う。


で、結局、その広告で見た料金をウマく組み合わせることができず、同日往復料金でもえっか。。みたいな気分にさせられて、時間だけが無駄に過ぎて、結局、そんな料金を支払ってまでロンドンに行く用事って何やったっけ。。みたいなことになって。



窓の外は晴天で、畑に行ってイチゴの手入れの続きをしようっと。

と、今日の午前中を返して欲しい気分。


広告のウソツキめ。

自動と手動

- 2011年03月03日(木) -

先日、姉とスカイプで話しとった時のこと。

「友達が新築の家を建てたん、なんでも自動でスゴイらしいよー。
 蛇口に手をかざせば自動で水もお湯も出てくるわ、
 防犯カメラの情報は自動で携帯やかに送信されるわって言うとった。」

って私が言うたら、

「そうやなー。今は部屋の電気でさえリモコンで明るさ調整できる世の中やけんねー」

と姉が座ったまま、手元のリモコンで部屋の明るさを変えて見せてくれた。


「うちなんか、リモコンはテレビだけしかナイで!!!」


って笑ったんやけど。
うちだけに限らず、この辺の家はどこもそんなもん。

Jぽんが私の実家に遊びに来た時、
「スドゥーコんちは、一見、普通の家やのに、
 いろんなところでピコピコ電子音がして、いろんなものが自動で動く!!」
と、こっちの友達に国際電話で興奮して話しとったのを思い出した。
当時は、過去から未来に来た人みたいなことを言うとるな。。と思ったものやった。

実家では、お風呂のお湯はキッチンからも調整できるし、スピーカー付きでお風呂の中の人と話ができる。
ドアフォンに部屋の照明にエアコンにテレビに、トイレのオシリ洗浄やらリモコンだらけ。
トイレときたら、立ちあがったら自動で流れてくれるのも珍しくないし、なにより、トイレの前に立ったらフタがパカッと自動で開いてくれたりして。

日本に住んでる時は、それらが当たり前で、
「すごーい!便利!!!」
と、便利を見るたびに気分を良くしとったものやった。
ジャパニーズテクノロジーだわ~、とか思ったものやった。



けど、この不便の国に住み慣れてみると。

エアコンがいるほど夏は暑くならんので、エアコン付きの家は見たことがないが。
トイレのフタ、自動で開いて欲しいかな?と考えると、自分で開けるので良い。
部屋の電気、リモコン欲しいかな?と考えると、自分で立ちあがって点けるので良い。


そんな便利になって、どうするんやろ?NIPPON。

このまま、ずーっとずーっと日本の便利はますます進化を遂げて、何もかも自動で便利になって、ずーっとずーっと何年も何百年も経ったら、日本人の手や足は進化?退化?して、他の国の人たちと違う形の人間になるんじゃないかと思う。

ジャックじいさんちにお邪魔した時、
「スドゥーコはインターネットを使うのかね」
って聞かれて、使うって答えたら
「怠慢のための道具だ」
って言われた。

今までそれを使って仕事をしてきて、それに誇りを持っていたにも関わらず、それがなぜだかイヤなことを言われた気はせず、でも耳に残った。
ジャックじいさんに日本の一般家庭を体験してもらったら「怠慢だらけ」と、さぞ嘆かれることだろう。


話は戻って、姉に
「この辺りのどこの家にも、部屋の明かりを調整するリモコンなんかないと思う」
って言うたら、
「イギリスの部屋の電気は、明るさを調整するほど明かるくないやん、もともと。
 豆球くらいのあかりしかないんやけん、点けるか消すかだけでエエわ。」
って言われて笑った。

ごもっとも。


まぁ、それは大げさやけど、夜は暗いものとして過ごすのがイギリスの一般家庭。
夕飯を食べた後、リビングでくつろぐのは、メインのライトは消して、小さなスタンドや間接ライトを点けて、薄暗い中でユックリと過ごす。

そうこうしとると、体も休まってきて、自然と眠りにつきやすい。
これは、落ち着くので好きなところ。



好きじゃないのは、水とお湯の蛇口が別々になってるところ。
キッチンも、洗面所も、バスタブも、水とお湯の蛇口が2つある。
冬の寒い日なんか、水だと冷たい、お湯だと熱すぎる。
アチッアチッてなりながらロクロク手も洗えんことになったりして。


便利の国から、不便の国に来て2年。
まだまだいろんな発見をしていて、ありがたいことに、どちらにも良い点を見つけることができる。
コレじゃなきゃイカン!と言わず、柔軟に過ごしていきたいと思ってマス。

日本の川とイギリスの海

- 2011年03月02日(水) -

昨日の「あまごの里」の横に流れる川で、川遊びをする甥っ子。
人



昨日の写真、「フィッシュ&チップス」を食べた海岸沿いの村、Mevagissey。
景色



同じような「魚のフライ+お酢」を紹介したので、
同じような「曇り空+水辺」の写真を載せてみました。

日本もイギリスも、どちらも味があってヨロシイ。

あまごの里

- 2011年03月01日(火) -

遠い親戚って言うてもええんかな。
人里離れた山の奥に「あまごの里」って川魚料理を食べさせてくれる、昔懐かしい感じの釣り堀&お食事処があってね。

勝手に松山ミシュラン★★★」ってサイトで紹介されとった。
↑たまに日本食が恋しくなって見てるんよ。


この「あまごの里」のお料理は、全部全部おいしくて、「アマゴの塩焼き」や「川魚のいくら丼」も大好きやけど、なんといっても「にじますのフライ」が、私の一番のお気に入り。
Jぽんに至っては、
「こんなにオイシイ魚のフライは、生まれて初めて食べた!!!!」と絶賛しとった。

そういえば、イギリスの代表料理の一つに、フィッシュ&チップス(白身魚のフライ&フライドポテト)があって、それに塩コショウと、モルドビネガーっていうお酢をドバドバかけて食べるんな。
モノ

ああ、こんな写真見たら食べたくなった。。
魚のフライ+お酢なので、ちょっと似た味かもしれん。


そんでー。
帰るたびに家族みーんなで、この「あまごの里」に行ってこのコースを注文して、私は更に「にじますのフライ」をお代わりして食べるのが、何よりの楽しみ。
じいちゃんと兄は、塩焼きをお代わりして食べる。



ああ。
なんでこんなことを書いとるんだろうか。
食べたいやんか。




---------------

昨日の拡大写真、分かりにくかったので追記しました。


最新記事