FC2ブログ

キャンプ 2日目 (Gorran Haven - Mevagissey)

- 2011年07月01日(金) -

朝はユックリ寝て、テントの中が暑くなった頃に外へ這い出すと、いつものようにJぽんはノンビリとティーを飲みながら本を読んどった。
私のコーヒーも入れてもらって、私も本を読んで。

朝ごはんは、ベーコン&目玉焼きをパンに乗せて食べた。
外で食べるとどうしてこうオイシイんだろう。

またゴロゴロしながら本を読んだりお昼寝したりしとると、Jぽんの友人クリーシーからメールが届いた。
 「今、Gorranビーチ。海は穏やかで眺めも最高!」
って書いてある。
Gorranビーチとは、昨夜も行った、私達のキャンプサイトから最寄りのビーチ。徒歩10分の距離。
ニヤニヤしながらJぽんと、どうやって驚かせてやろうかと企みつつ、あわてて海に行く準備をした。

今回、私達はクリーシー夫妻がこの辺りに滞在することを知っていたけど、Jぽんはクリーシー夫妻には黙ってここへやってきた。彼らのキャンプサイトは近いけど別の場所。
ので、もちろんメールを送ったクリーシーは、私達がすぐ近くに来ていることを知らん。

この写真↓の右手前のイスに座っている二人がクリーシー&サラ夫妻。
景色

私達二人が背後に忍び寄っても、彼らは気付く様子もない。
Jぽんが彼らの真後ろにバッグを置いて、中からバスタオルを取り出した。
両手でバスタオルの端を持って、ワッサワッサはたきはじめた。しかも近すぎる距離で。

 Jぽん「Sorry, mate.(悪いね、兄さん)」
 クリーシー夫妻「It's alright, mate.(気にしないで、兄さん)」

と言いあっても、彼らは気付かん。
当たり前よな、まさかJぽんが後ろにおるとは思いもせんわな。

まだまだワッサワッサを続けるJぽん。
横で見とる私はおかしくて仕方ない。周りにいる人達も、これはナニゴト?とイブカシゲな目で私達を見つめとる。
後ろでワッサワッサされよるクリーシー夫妻が、ついに後ろを振り返った時、
「ハロー、サラ」って私が言うたと同時に、Jぽんはバスタオルをクリーシーの頭にポイッと被せた。

あの時の二人の驚いた顔は、きっと一生忘れられんなー。

お互いにハグし合って、そーとー笑った。
周りの人達は、さぞホッとしたことだろう。

ちなみに、このワッサワッサは事前に計画したのとは全く違う、Jぽんが急に思いついてしたことやけん。



私達も、彼らの前にワッサワッサしたバスタオルを敷いて、日光浴をしながらお互いの近況報告をして楽しんだ。
景色


あっと言う間に満ち潮が近くまでやってきた。
あっと言う間やと思ったのに、時計を見たら6時半も過ぎとった。

近くのお店でフィッシュ&チップスを買ってきて、海を眺めながら食べたよ。
海辺のフィッシュ&チップスは、いつ食べてもオイシイ!!
景色


そのフィッシュ&チップス店のオーナーさんの話では、隣の漁村「Mevagissey」でサマーフェスティバルが行われているとのこと。
今夜は「Kings of Queen」っていうQueenのトリビュートバンドが、ハーバーで野外ライブを行うんだって。
ので、クリーシー&サラと一緒に行ってきたよ。
景色

人


で、野外ライブときたら、

ひゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!
うめぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!
(カワイさんの許可を頂いてます)

地元のサイダー飲んで、更にもう一杯飲んで。
景色

景色

↑同じ景色の、日が落ちる前と暗くなってからを撮っとった。


ご機嫌さんになったところで小腹がすいたんで、チャイニーズのお持ち帰りして、港沿いのベンチに座って食べたよ。
おいしかった~&今日も1日楽しかった!


最新記事