マッシュルーム

- 2011年11月30日(水) -

先週の日曜は、またマッシュルーム採りに行ってきたよ。
景色


大きく育ってくれとると、こんな↓一面緑の草原にポコポコ白い頭が見えて、探すの簡単なんやけど、小さいマッシュルームは草原の中に隠れとるので、運よく真上を通らん限り、見つけるのは至難の業。
景色

この草原↑をくまなく見て回るんよ。根気のいるコトしよるやろう?


大きな木の根元に見たことないキノコが生えとったんで、Jぽんと観察しよったら、後ろからオシリをチョンチョンとつつかれて後ろを見たら、馬がおった。
動物

Jぽんは馬が大好きなんで、近くの草をむしってやりよった。
「今度はニンジン持って遊びにこよう」とも言うとった。


またまたマッシュルーム探しをしとるうちに、Jぽんとはぐれた。


どこに行ったかなぁとキョロキョロ周りを見回したら、おったよ。
「Jぽんを探せ」みたいな。
景色

羊飼いみたいに、羊に囲まれて一緒に歩いとった。
景色


なんか夕暮れ時って子供の頃を思い出すというか。
なんか懐かしいような気持ちになるよね。
動物

景色


家に帰ってお風呂に入って、家の近くのパブに飲みに行ったよ。
暖炉の前で暖まりながらビールを飲むと、冬って感じー。
ウイスキーも飲んじゃった。スモーキーなの。



そんで、マッシュルームは10コくらい見つけたかな。
バター炒めにして、パンにはさんで翌日のランチに持ってった。
うまーーーーーーー。

- 2011年11月28日(月) -

これ何か?
景色

この間は霧(キリ)で、今日は霜(シモ)。
↑自分で分からんなったんで、フリガナ付けてみたりして。

上の写真は、霜が降りた車の中から見たフロントガラス。
外でJぽんがガリガリ霜取りしとるのを、中で待ちよるとこ。


今の職場はJぽんの通勤路の途中にあるので、時間は30分くらい早すぎてしまうけど、会社近くで降ろしてもらって歩いて行きよんよ。
って言うたっけ。

景色

景色

景色

緑の芝生もこの通り、真っ白けっけ~。
寒いけど、キレイ~。

五里霧中改め二里霧中

- 2011年11月26日(土) -

先日の霧の写真を撮った日は、前夜、隣町にJぽんが車で飲みに出かけて、飲み過ぎて車を置いて帰ってきたので、Jぽんと二人で歩いて取りに行こうって言うとったんよ。

けど、畑で採れた野菜を洗わんとイカンし、家の掃除や洗濯もしたいし。
けど、Jぽんは散歩の国の人やけん散歩(15分やそこらじゃなく何時間とかの)もしたい。
ほんじゃJぽん一人で散歩がてら車取りに行く?と言いつつ、私も最近は運動不足。

そんで思いついたのが、Jぽんが先に家を出発して散歩→私は家の用事をした後、自転車で追いかける案。

どうよ。
完璧。



なにがどう完璧なんかと思ったやろう、みんな?

はははー。
私ら、ちぃとオカシイけんねぇ。
まぁ、そんでもJぽんが車んとこに辿り着く前にちゃんと追いつけたよ。
はははー。

Jぽんが徒歩2時間の距離を私が自転車で追いかけて1時間。
地図を見たら、およそ5マイルってとこか。
ってことは、約8km。
ってことは、約2里やん。たったの。
二里霧中やね。


そんで、私のバイクをJぽんの車に乗せて、まーたマッシュルーム採りに行った。
ほんの10分くらいでキレイなマッシュルームが10コくらい採れたけど、あの霧の中の草原を歩いたんで、ズボンのスソがびっしょり濡れとった。


もうそのマッシュルームもとっくのパッチに食べてしまったので、今週末も採りに行くぞー☆

五里霧中

- 2011年11月24日(木) -

先週の日曜は、霧が濃くてね。

あっち向いてもこっち向いても真っ白けっけやった。
景色

景色

景色

動物

景色

この霧の中、一時間、自転車こいだら、全身シットリ濡れたよ。
まつ毛にしずくが溜まって滴り落ちるくらい。


こんな霧の日でも、家族連れやカップルや犬の散歩しとる人や釣り人などなど、たくさんの人にすれ違った。
ほんとにイギリス人は散歩好きやなぁと思う。

数字

- 2011年11月23日(水) -

数ってね。
英語で言われてもピンとこんのよ。まだ。

4桁の数字を英語で言われても、覚えれん。
4桁の数字を日本語で言われたら、ピンっとくるのに。

ということに、今の会社に行くようになって、初めて気付いた。


4桁の顧客コードを口頭で言われて入力しようと思ったら、手が動くのが遅いんよ。

数字を目で見ながら入力するなら、脳を経由せずに目から直接指に信号が届いとんじゃないかと思うくらいの早さでザザーっと入力できるのに。
数字を日本語で聞いたなら、何個も先の番号を聞きつつ入力ができるってとこか。

それが、英語で数字を聞いた時、なんと一つずつ自分で言いながら入力しとった。入力しながら次の番号は耳に入らんというか記憶できん。
入力に限らず、手で書くのも同じやった。


日常会話の中に出てくる言葉の中で、数字が出てくる頻度なんか知れとるけんねー。
自分で数字を見て入力したりノートに書き留めたりするときは、いつも日本語で数字を読みよる。


今の仕事は数字ばっかりやけん、少しは英語読みに慣れるように自分の中でも英語で数を読むようにしよったら、少しはマシになったかもー。


英語で数を数えるなんて子供の頃からできることで、こんなことで手間取るとは思いもせんかった★

イニシャル

- 2011年11月22日(火) -

書類のイニシャルを記入する欄に、間違えて旧姓の頭文字を入力して、人に指摘されて気付いた。

普段、フルネームを記入する時には間違えんようにと結婚当初から気を付けて、何年も経った今頃、イニシャルで間違えるとは。そういや、今までイニシャルなんて書く機会がなかったかも。


姉が結婚して何年か後に、姓名を書く欄に、漢字で婚姻後の苗字を書いて、フリガナの欄に旧姓のフリガナを書いて提出して笑われたって聞いたことがある、そういえば。



これもDNAですかね?やすろぐさん。

さむっ

- 2011年11月19日(土) -

昼過ぎからチラッと畑に行ってきたよ。


ブロッコリーとカリフラワーの掛け合わせ、ロマネスコ。
野菜

今年はカタマリにならんくてね。20株くらい植えて、どれもこんな感じでバラバラと自己主張の強いロマネスコができました。
ちなみにコレ↓は、去年ほんの1つか2つだけしか育たんかったけどビューティやったの。
野菜



これはキクイモ。葉が枯れてきたってことは、そろそろ収穫できるってこと!
野菜


えーっと。
これは先週末のハーベスト。
野菜

今日は1枚も写真を撮らんやった。
この上のんは全て先週末に畑に行った時の写真。

そんで、コレ↓は1ヶ月近く前に撮った畑の写真。
畑


今日は寒かったんで、チラッと行って必要なモノだけ収穫して、すぐ帰ってきた。
さむさむ~。


Jぽんが友達と飲みに出かけんなら、今夜は家で一緒にモルドワインを飲みたいかも☆

花金

- 2011年11月18日(金) -

今でも金曜は「花金-ハナキン」って言うん?
そもそも「花金」って漢字で合ってるん?

まぁなんでもええわ。

金曜日やねー。
今週も、なんとか一週間、仕事がんばれた。

一番イヤな、問題のあるデータ毎に、原因・参照元とその理由・修正結果を簡潔にまとめて各クライアントにメールするってのを一番先に済ませて、後は他のデータ処理をした。

イヤなことって先に済ませると気持ちがええよね。
後に回すと、いつまでも「ああ、アレせんといかん。。」と気が重くなる。


この仕事は、あと2週間。
がんばるぞー。

キノコ狩り

- 2011年11月17日(木) -

昨日載せたハンティングの日に、たくさん写真を撮ったので、これらも載せようっと。


ハンティングを見た丘の反対側には、ヒツジがおったよ。
このヒツジは角がある!この辺りでは角がないヒツジのんが多いと思う。
動物


と思ったら、尻尾も長い!ヒツジは生まれてすぐ尻尾に糸をきつく縛って、少し大きくなる頃にポロっと落ちるようにするって聞いたことがある。前にも同じこと書いた気がする。。
この羊たち、オシリの周りの毛が刈られとる?
動物


秋、ヒツジ、草原ときたら、キノコ!
これはパラソルマッシュルーム。
野菜

これはフィールドマッシュルーム。
野菜

すーごいたくさんのキノコを見つけて、キャーキャーなった。

この草原をチラッと歩いて、寒くなったんで帰ることにしたよ。
景色


この日はサンデーローストをしようって、丸ままのチキンをオーブンで焼いたので、他の野菜と一緒にマッシュルームもホイル焼きにしたよ。


やすろぐさんが、昨日のコメントに「さすが狩猟民族」って書いてくれとった。
ホントやなぁと思う。そんで、私は「さすが農耕民族」やと思う。


あ、くまこ”さんが、今年もモルドワインを作ってくれたよ☆
今年のイギリスは、そーんなにまだ寒くないので、この間の花火大会の時に飲んだきり、まだ家では飲みたい!と思うほど寒い日がなくてね。ウチではまだ飲んでないのよ。

寒い日に温かいワインで暖まるって、冬が来たって感じがしてええよね~☆

ハンティング

- 2011年11月16日(水) -

先週の日曜はね、近くの小さな村にドライブしてきたよ。
車をとめて散歩しよったらね。

丘の向こうから、たくさんの犬が吠えよるのが聞こえてね。

川にかかる橋の上から丘を眺めとると、たーくさんの犬たちと馬に乗った人たちが、丘を駆け降りてきた。
景色

動物

動物

この犬たちは、何かの匂いをたどって、そのヌシを追いかけているらしい。

犬たちがやってくる前に、男の人が向こうから草原を走ってきて、橋を越えて、また草原に降りてどっかに消えてったんよ。その人の匂いを追いかけとるんだって。
動物


犬たちの後を、馬に乗った人たちが追いかける。
動物

動物

キツネ狩りが禁止されて、キツネの代わりに人が走るとは。。

オモシロイね。

家族の愛

- 2011年11月14日(月) -

11月に入ってから仕事に行きよるんよ。

また派遣の仕事なんやけど、今回はデータ分析&解析の仕事が回ってきてね。
電話で簡単な説明をされて、さっぱり分からんかったんやけど、「するする!」と二つ返事をした。
数学はどのレベルか、コレとアレは分かるか、と聞かれて、これまたサッパリ分からんのんで
「英語圏でのレベルは分からんけど、数学は得意。
 ルールを理解すれば難なくできます。」
って強気の返事をしてね。ホンマかーい、と自分でも思いつつ。
そんですぐに履歴書を送って、翌日から仕事っていう、なんとも慌ただしい始まりやってね。


短期契約の仕事なんで、まぁそんなにいうてもヤヤコシイことはせんだろうとタカをくくって行ったら、たまげた(驚いた)。

仕事に行った初日は、そーとー脳が沸いた。たまげた。
短期の派遣がするようなことか?と思うような一通りの仕事の流れを、そーとー早いスピードで説明された。たまげた。
英語も半分しか分かる単語がない感じ。たまげた。
ほんでも帰りに「よくできた」って言われた。これに一番たまげた。

私に仕事を説明してくれよる人が、私のホントんとこの理解度を知ったら、すごい驚くだろうなぁと思う。
なんのデータの集計をしとるのかも知らず、そのデータの分析&解析をするために、知らん単語ばかりの説明を聞いて、その中から想像をして、データに問題がある所を探してそれを解決するんよ。
↑この説明で、脳が沸いとるの分かってもらえるんじゃないかしら。

翌週には「同じ職種だと説明が簡単で済むから助かるわ」って言われた。
これには「データ解析&分析の仕事は初めて」って言うたけん。


毎日が勉強。忙しいけど、楽しいよ。
問題点を探して、その証拠集めをして、解決するって流れはオモシロイ。
一つ仕事が片付くと、サッパリする。
短期なのがツマラン。




そんでー、そんな中、日本の家族からの愛の小包が届いた。
「留守なので隣に預けました」って不在通知が入ってあって、仕事から帰ってすぐにお隣りさんを訪ねた。

そしたらね。
「大きい荷物が届いてるよー。でも、これ見て。」

って渡されて、これまたたまげた。
モノ


こんな大きく破れることがあるん?!!
しかも、この反対側も同じように破れとった。


何も抜け落ちてないとええんやけど。。。。

ちなみに、カレー、Jぽんシャツ、ステキなタオルと子供たちからのお菓子缶はちゃんと入ってました。
ありがとうね☆

リメンバランスデー

- 2011年11月11日(金) -

花

今日は、リメンバランスデー。

リメンバランスデーとは、第一次世界大戦の終戦記念日。
1918年11月11日午前11時に敗戦国ドイツが休戦協定にサイン。翌年1919年、当時の英国国王ジョージ5世が戦死者を追悼する日と定め、以来毎年この日の11時に2分間の黙とうを捧げる。
今では、第一次世界大戦の戦死者だけでなく、全ての戦争の犠牲者を追悼する。

11月第二週の日曜をリメンバランスサンデーと呼び、英国各地の慰霊碑の前で追悼式が行われる。ロンドンでは、英王室のメンバーをはじめ、首相、各代表者が出席する追悼式が行われ、その模様はテレビで生中継される。


このリメンバランスデーの象徴である、赤い花「ポピー」は、「In Flanders Fields」という詩集によって一般的に広まった。
ポピーは第一次世界大戦の荒れた戦場でさえ咲き、その美しい花の赤は、戦争で流された血の象徴でもある。




日本の終戦記念日ってな。昔の戦争で亡くなった人を追悼するやん?
ここもそうやけど、違うのは、亡くなる兵士が現在も増え続けているってこと。

「アフガニスタン南部で、イギリス兵1名が死亡」-イランラジオ日本語より

アフガニスタン南部で、爆弾の爆発により、イギリス兵1名が死亡しました。
プレスTVが伝えたところによりますと、イギリス国防省は、このイギリス兵の死亡を認めたということです。
このイギリス兵が死亡したことにより、2011年に入ってから現在まで、アフガニスタンで死亡した外国軍兵士の数は、392人に増加しています。
現在、アフガニスタンには、およそ1万人のイギリス兵が駐留しており、その多くは、情勢不安が続くヘルマンド州に駐留しています。
様々な世論調査によれば、イギリスの多くの人々は、アフガニスタンからの自国の兵士の即時撤退を求めているということです。
イギリス政府は、同国の兵士は、2015年まで、アフガニスタンに残留すると発表しました。
アフガニスタンにおける治安確保やタリバンとの掃討を口実に、15万人以上の外国軍兵士が、同国に駐留しているにもかかわらず、このの治安は確保されておらず、子供や女性を含む民間人の死亡者の数が増加しています。
2011年 8月 14日(日曜日) 16:53

アーティチョーク

- 2011年11月09日(水) -

これが、いつぞや絶賛した、例のアーティチョーク。
野菜

半分に切ったとこ。
と、それを更に半分に切って硬い皮もむいて内側のホワホワの花の予備軍ものけたとこ。


アーティチョークの達人が見たら、なんてことを!!って言われるかもしれんけど。

ええんよ。
これで美味しいアロマティックご飯ができるんやけん。




といいつつ、アーティチョークの達人がもし見てくれたなら、手ほどきをお願いしまーす☆

ガイフォークスナイト

- 2011年11月07日(月) -

土曜は「ガイフォークスナイト」って呼ばれる日やったんよ。

1605年11月5日、ガイ フォークス率いる集団は、国王ジェームス1世を殺害しようと、国会を爆破する計画を企てたが、前日に見つかり失敗に終わった。
これをを記念するのが、11月5日のガイフォークスナイト。
毎年この日には、大きな花火大会やたき火が各地で催される。




 町のセントラルでは大きな花火大会があるんやけど、混むしなー。。
 どっかパブの庭で花火上げてくれて、ビール片手に観るのがええねぇ。。

と、夕方、どっかパブが花火を上げてくれんかイロイロ探すのに、情報がナイ!

一つだけ見つけたのが、近くのコミュニティホール。村の集会所みたいな感じか。
うーん。。

「花火します!」って看板が外に出てないか確かめに、ドライブしてパブを何軒か見て回ったんやけど、どっこも花火看板ナシ。
うーん。。


仕方ないんで、村の集会所に行くことにした。

近くに車を止めて、家族連れが歩いて行く方に向かって一緒に歩いた。
(集会所の場所をJぽんが知っとると思ってついてきたのに、ビックリ!)

入口で£2(約250円)の入場料を払って、ほどなくして花火が始まったよ。
ホールではビールやモルドワイン(昨年オイシイと何度も言うた暖かいワイン)も売られていて、念願のビール片手に花火鑑賞☆ができた。
20~30分くらい花火が上がったかなぁ。もうちょい短いかも。
最後に、地味な仕掛け花火に火がついて、小さい何かが見えてきた。
よく目を凝らして見ると、
 「GOOD NIGHT」
って書いてあった。
地味やと思わん?


そんでー。
花火が終わった後はーね。
風がビュンビュン吹いて寒いんで、モルドワインで暖まりつつ、ジャズの生演奏を聴いたよ。
人

オジイサンたちのジャズバンド。
周りでは、家族連れのみんながダンスして楽しんでおいでた。
演奏後には、観客から惜しみない拍手喝采を受けとったよ。



家に帰ったら、運河を挟んで反対側の家の庭で大きな花火を上げとった。
景色

集会所で観たのよりも立派かもーって言いながら、Jぽんとバルコニーに出て観たよ。


いつまでも町のアチコチで花火の音が響いて、趣きのある良い一日でした。

ビートルート

- 2011年11月05日(土) -

畑で採れた根菜、ビートルート。

茹でた後に皮をむいたとこ。
こんなマゼンタ100汁が出るけん、これを料理する時は、マゼンタ汁で汚れてもかまんような服を着んとイカンのよ。
野菜

これをアツアツで食べるのも美味しいし、冷めてサラダとして食べるのも美味しいんやけどーね。
もう、これ今シーズン何個目よ?くらい食べとるので、飽きる前に、甘酢に漬けてピクルスにもしたりして。


そんな中、本日の急に思いついたハンバーグに入れる案は、素晴らしいと思う。
キッチン

ところで、みなさんちのハンバーグって、何がどのくらいの割り合いで入ってるん?
うちんちは、あんまり肉肉したのより、野菜がたくさん入っとるのが好きかも。
タマネギ、紫と白い2種類を入れたのは、家にコレしかなかったけん。
ニンニク大きめなのは、ニンニクを味わいたかったけん。
ビートルートは小さめのんを1つ、サイコロに切った。
ハーブ各種も冷蔵庫の中にあったのを入れた。
日本なら豆腐も入れたいところやけど。


これに、パン1枚をタップリ目の牛乳に浸したのと一緒に塩コショウして混ぜたら、こんなんなったよ!
キッチン

ビートルートのマゼンタで、ハンバーグがピンク色になった☆


と、ここまでは良かったんやけどーね。

オーブンで30~40分焼いた頃、そろそろ良い具合かなぁと蓋を開けて見たら、真っ赤の肉汁が表面にウッスラ浮かんでいて、ええ?!まだ焼けてない?と思って、ちょい温度を上げて10分後にまた覗いたら、同じ状態のままなんよ。


おかしいなぁ。。と竹串で差したら、中は焼けとるみたい。



みなさん、もうお気付きかしらん?

そう!!表面の赤いのは、肉汁ではなく、マゼンタ汁でした!!
あやうく騙される所やった。
あやうく真っ黒焦げにするところやった。
見た目が良くないので、ひっくり返して表面にも焼き色つけちゃった。


しかし、この赤い色、ハンバーグを食べとる時に見るのはあんまり気持ちがヨロシクないかもしれん。
充分火が通っとるの知っとるのに、生焼け?と時々思ってしまった。

Jぽんは気にならんらしく、いつものように美味しいと絶賛しとったけど。



次回はビートルートは入れんとこっかなー。
焼いたらピンクじゃなくなるし。

忘れ物

- 2011年11月04日(金) -

昨日の甥っ子の誕生日の記事に、載せようと思って忘れた写真。
フルーツ


畑のリンゴの木から落ちて、地面に転がっとったリンゴのキズを口に見立てて、甥っ子がペンで目玉を書いとった。
それを私が、納屋のガラス窓んとこに外向きに置いて、毎回、畑に行くたびに「ハロー」って言いよったんよ。


それがね。
日が経つにつれ、コワイ顔になってきてね。

ちょっとシボんできたかなーと思うくらいやったのが、色も悪くなってきて、ハロウィンの頃には、その辺のカボチャよりもコワイことになっとったけん。

そんでも捨てれんのよねー。



今もまだ、毎日コワイ顔して窓からこっち見てくれてます。

誕生日

- 2011年11月03日(木) -

今日は甥っ子の誕生日☆

この間、遊びに来てくれた時に、スッカリお兄ちゃんになっとるのに驚いた。
なんとな~く、最初の半日くらいは借りて来たネコ、じゃないけど、なんか遠慮されとる??と思ったりしたんやけど、畑で採ってきたミントを彼一人で「美味しいおいしい」とモリモリ食べとる間に、ちょっとしたハプニングなんかもあって、あ~、子供の頃となんも変わってないわ~、と私もホッとし、甥っ子も気が抜け、みたいな効果があって、家族の感じに戻れた。


みんなで散歩しとる時に、なんかで、
「スドゥーコのこと、どんくらい好き?1~10で、10が大好きの極限。」
って質問をしたら、
「えー。3。」
って言われて、そーとーソコんとこは修正してもらった。


で、それ以来、何かあるごとにその数を少しずつ譲歩していただきまして、いつのまにか1~10ではなくパーセンテージ表示に変わってまして、帰る頃には98%にまで上げてもらってね。

そんでも「99.99999%」って言うと、それは必ず否定されたんよ。
(ちなみに、姪っ子は千%!!!って即答でした。姪っ子は小さい頃から私のことをかいかぶっていて、私の似顔絵を描いてくれると必ずステキなドレスを着たお姫様になっとった。)


みんなが帰国後、なんでやったかなぁ。
甥っ子が
「帰って来い。帰って来い!
 さっさとJぽんとケンカして帰って来い!」
って言うてくれたことがあって、
(彼らの帰国間際に「Jぽんとケンカしたらすぐ帰るけん」って私が言うたので)

「99.99999%を100%にしてくれたら、すぐ帰る」
って言うたら、
「じゃあ、ケンカするまで待つしかないなぁ」
って返事が返って来た。


わーい、わーい!99.99999%は否定されんかったよ~☆
↑楽天的やろ、ワタシ。



もっともっと彼が小さい頃、私がイギリスに住んでいて実家に国際電話をかけると、
「いつ帰ってくるん?」
ってカワイイ声で聞いてくれよったんやけど、私の滞在が長引くにつれ
「スドゥーコ(本名呼び捨て)!帰ってこんのか!!ワーンワーン」
って電話口で泣かれたこともあったなぁ。



あ、なんかホームシックになった。




「柱~のキ~ズ~は~おとといの~♪」
って歌いながら、姉&子供たちと4人で何日かおきに柱に書いた背比べ、次回来る頃にはどんくらい伸びとるのか楽しみやな。


お兄ちゃんになっても、素直で優しい甥っ子が大好きなスドゥーコです。
甥っ子にとって、楽しい良い一年になりますように☆

Later with Jools Holland

- 2011年11月02日(水) -

Florence + the Machine - No Light, No Light

ええよね。

こっち↓は、何年か前の年末特別番組の時。

ええよね。
確か、この後にボーイジョージがカーマは気まぐれを歌って、あまりもの彼の声のハスキーさにビックリ(ガックリ)した。



そんでーね。
この番組「Later」の司会者、Jools Hollandは、ピアニストをはじめ、バンドリーダー、シンガー、作曲家、テレビ司会者の多岐に渡って活躍中。
スゴイんよ。天才やと思う。


この番組、ここから見れるんかな?日本からも。
 「Later」はこちら >>

昨日の番組では、Pete Townshend(The Whoのギタリストでメインソングライター)の演奏に合わせてピアノを弾いておいでた。
聴き惚れた&熱心に見入ってしまった。

ネコ

- 2011年11月01日(火) -

近所のネコ。
動物

触らせてくれんのよ、このネコ。
近づくと逃げる。


この悪役顔が気に入っとんのに。




ところで関係ないけど、やすろぐさんがね。
私の写真を加工して、オモシロイことしてくれた。

「アロットメント」ってお題で、運河の水面が波打ったり、雨がザーザーなったりしてくれとる。

写真も内容も、格段にヨロシクなっとるじゃないの。
毎回やすろぐさんちに載せてもらおうか、私の日常。


私のブログには、日々「こちらをどうぞ→」の一言のみ。

ええかもしれん!!!


最新記事