寝言

- 2012年06月30日(土) -

Jぽんが、夜中に姪っ子の名前を呼んだ。大きい声でハッキリと。

前に子供たちが遊びに来てくれとる時にも、叫んだんよ、姪っ子の名前を寝言で。
ビックリするけん。
その時の夢は、姪っ子が急にはぐれて、あわててみんなで探しよると、人相の悪い男の人が車の窓を開けて、姪っ子の名前をこっち向いて叫んだらしい。車の中に姪っ子が乗っているのが見えて、そんでJぽんは必死に姪っ子の名前を呼んだんだって。


昨夜の夢は覚えてないらしいけど、今回のは緊迫した感じではなく、楽しそうでした。

ちなみに、他の誰の名前を寝言で呼ぶのも聞いたことありません。
私の名前も呼びませーん。

スパゲッティその後

- 2012年06月29日(金) -

先日、話題にあげたスパゲッティ。
クルクル巻くのを想像したら、無性に食べたくなった。

しかし、せっかく話題を振りまいておいて、普通のスパゲッティを食べるのもツマランだろうと、読者のみなさん用に、こんなのを買ってきました。
キッチン

えーっと、後ろに自家製イチゴジャムも(さりげに、のつもり)入れてみたりしたら、本日のメインが切れちゃった。ははは。

これが、イギリス人用に作られた?斬新な、
 「short cut spaghetti(短く切ったスパゲッティ)」
です。
珍しいものではなく、普通にどこでも売ってます。

天気

- 2012年06月28日(木) -

今日は暑かったー。
湿度が高くて、日本の暑くなり始め、みたいな感じやった。

え?今、今日の湿度を天気予報サイトで見たら、75%ってなっとる。
日本のあの湿度の高さは、そしたら一体、何%なんだ??



私が実家に里帰りしとる頃、この辺りは降雨量の記録的な少なさに
 「ホース使用禁止令」
が水道会社から出されとったらしいんな。

私が帰るちょっと前くらいから、小雨がずっと降り続けるような毎日になったかと思えば、ここ最近、イギリス各地で記録的な大雨が降って、洪水の被害が出てるんよ。
大雨も大雨、一ヶ月分の雨が2~3時間のうちに降ったって、最近何度もで聞いた。
今日も、イギリス中部で大洪水ってニュースになっとった。
幸い、この辺りは今んとこ何も被害はないけど、大雨が降ればここも同じこと。自然災害はどうすることもできんけんね。


さて。
冒頭にも書いた通り、この辺りはホントに暑かった。

暑くなったら出てくるのが、裸足で歩く人達。
日本では見ることのない光景やと思う。

子供たちの通学路を通りよるって言うたやん?
靴を履いて歩く子供たちの中に、裸足で歩く子供たちもおるんよ。
裸足ならまだしも、靴下で歩く子供たちもおる。

子供たちだけじゃないんよ。大人も。
畑で知り合った人と、ガーデニングセンターでバッタリ会ってね。
裸足でペタペタ、お店の中を歩いとった。
 「夏はいつでもどこでも裸足なんだよー」
ってニコニコして言うておいでた。


家の中も、日本と違って、靴を履いたままウロウロするやん?
同じ空間を靴下でもウロウロ、裸足でもウロウロ。
最初は、すーごい抵抗があったんやけど、今は私も同じことしとる、家の中では。普段は私はスリッパを履いて、Jぽんは靴下履いとるけど、今日みたいに暑い日は、Jぽんも私も裸足。さっき仕事から帰ってきた時に靴で歩いとったところを裸足。

裸足や靴下で、外をウロウロ徘徊しだす日も、そう遠くはないのかも?

探し物

- 2012年06月27日(水) -

子供の頃、探し物を誰が一番上手に見つけてくれるかっていうと、お母さん!じゃなかった?

なぜ急にそんなことを言いだしたかというとーね。


Jぽんは探し物を見つけるのが、すーごいヘボくて、見とってあきれる。
目の前にあるのに、見えんのよ。なぜか。
Jぽんが探した後を追いかけて見ていくと、必ず出てくる。

そんなJぽんに向かって、今朝、
 「お弁当包みがない!ピンク色のペラペラの、どっかで見んかった?」
って、聞いたんよ。全く期待せずに。

そしたら、リビングにおったJぽんが、すかさず指差して、
 「ここにあるよ」
って言うたんで、すっごい驚いて指差しとる先を見たら、全く違う、オレンジ色の紙袋でした。
期待してなかったけど、そこまで??
とガックリなった。「ピンク」って言うたよ、私?それ、すっごいオレンジですけど。。

しかも、よけいにムカムカするのは、Jぽんは(Jぽんに限らずイギリス人全般かも)、赤と朱色の区別はワリとキッチリするんよ。
赤い食べ物で連想するものに「ニンジン」をあげると、「あれはオレンジ」とか言うくせに、なんでピンクとオレンジは一緒にできたりするん???

と、朝から内心キーーーーーッとなりました。
おしまい。

スパゲッティ

- 2012年06月26日(火) -

みんな、スパゲッティってどうやって食べる?

私は、「姉の作るナポリタン」と、子供の頃にデパート内の喫茶店で食べた「鉄板でジュージューいいながら出てくる目玉焼きの乗っかった特大ソーセージ付きのナポリタン」が、同じくらい大好きなんやけどーね。
子供の頃、そのジュージューが上手に食べたくて練習した、フォークでクルクル巻くのが私のスパゲッティの食べ方。
日本ではそれが主流かと思うんやけど、みなさんは、どうして食べる?

というのも、イギリスに来てから、ナイフとフォークで食べる人をよく見かけるんよ。
スパゲティを、フォークの背に乗せて、フォークの横幅に揃えてナイフで切って食べる。
あるいは、ザクザク最初に適当に切り刻んでおいて、それをフォークですくって食べるか。
初めて見た時は、衝撃的だったワ。

EURO2012

- 2012年06月25日(月) -

昨日、イングランドxイタリア戦があった。
なんでも、1996年以来、イングランドチームはこの大会でベスト4に残れてないらしい。
この試合に勝てば、ベスト4入りするらしい。


Jぽんは家で観戦したんやけど、いつもにも増してウルサイのなんの。
ゴールをカスッた時に叫ぶのはもちろん、いちいち選手に指示を出すんよ。
監督よりウルサイよ、きっと。テレビのコメンテーターよりもいろいろコメントするし。

ついには、叫んでソファからズリ落ちそうになって、こっち見て
 「もう、ボクら、フットボールを愛して止まんけん、しかたないんよ。
  パブで観戦しとる他の連中も同じやけん。」
って言うとった。
結局、ペナルティーまで持ち込んで、イタリアの勝ち。

どうみてもイタリアのんが強かったけん、これでええんやと思う。
Jぽんも「そうやな」って言うとったけど、でもガックリなっとった。

今日は朝から職場の男子はテンションが低い。
なぜって、昨夜の敗戦が原因。
チェスしたら、私が全勝するくらい、ぬけがらのようになっとった。


そんなに愛して止まんものって、みんな何か1つくらいはあるもんなん?
…私には思いつかんのだなー。

イチゴだらけ

- 2012年06月24日(日) -

今週は雨が多くて、先週の日曜以来、一度も畑に行けんかった。
イチゴがオオゴトになっとるんじゃないかと、晴れ間の覗いた土曜に畑へ行ってきたよ。


あっちも。
イチゴ

こっちも。
イチゴ

イチゴが真っ赤っか~。
ウレシイ~!!

中には双子ちゃんもおったよ。
イチゴ



しかーし。採っても採っても、赤いイチゴは一向に減らん。
かれこれ3時間半かかったかしら。全部収穫するの。
Jぽんは、横でイチゴを採りながら食べながら、他のこともしながらヨソの畑の人と話もしながら。

箱を持って行っとったけど、そんなでは間に合わず、買い物袋に新聞紙をひいて、そん中に入れて2袋分。
虫食いや小さいのだけを入れたのが、更に1袋分。

近隣の畑の人にも持って帰ってもらって、Jママんちとジャックじいさんちにも届けて。
今日、日曜になって、リンダ&スピーズんちと、ルイーズんちにも持ってった。

虫食い&小さいイチゴは、虫食いのところをキレイに取って、ジャムを作った。
大きい鍋に満タン、イチゴジャムができてしまった。
空き瓶を消毒して、4つ分のジャムと、イチゴジュース濃縮が1瓶できた。


まだまだイチゴの季節は終わりそうにないよ。
どうすりゃ、これ。




今日は、さなちゃんの誕生日。
おめでとう~。
イチゴ食べに来て~。

通勤

- 2012年06月22日(金) -

昨日は朝から一日雨の予報やったんで、Jぽんの職場とは正反対やけど、連れてってもらった。
帰りはタクシーで帰ろうと思っとったら、お天気も良いし、夏至やし(あんまり関係ないか)、歩いて帰ることにした。

サッサっと大股で歩いて、45分もかかった。
けど、毎日のチャリ通勤のおかげか、早歩きしたのにしんどくなくてビックリした。


今日も雨やったんで、朝はJぽんに連れてってもらって、帰りも雨やったんで、今日はタクシーで帰ったよ。
この辺りのタクシーって、料金メーターって言うんかな?がないんよ。
行き先に到着して、「いくら?」って聞いたら「£3」とか答えてくれるんやけどな。
どうやって料金設定をしとるのかしら。
だいたい同じ料金やけん、彼らの間ではルールがあるんやろうけど。

ここはロンドンと違うので流しのタクシーはないらしく(Jぽん情報)、いつも電話して来てもらうんな。
危険なので、流しのタクシーは存在せんらしい(Jぽん情報)。

電話する時に、迎えにきてもらう場所と行き先を伝えて、人数が多い場合はそれも言うて、値段が知りたければ先に聞いておけば、だいたいの料金を言うてくれる。
そんでその時のタクシーの混み具合で違うけど、5~10分くらいで来てくれる。
混雑しとるかもと、時間の余裕をみて「30分後に来てほしい」って予約の電話を入れても、「ノープロブレム」って言うワリには、おかまいナシで5~10分くらいで来てくれるのが笑えるところ。

夏至

- 2012年06月21日(木) -

今日は夏至。

今年もストーンヘンジに行こうって話が出たんやけど、天気予報は大雨。
前日の夕方までは天気も良さそうなので、ウチんちの近くのパブの庭ででも太陽が沈むのを見るかー、と、昨日、仕事が終わってからJぽんと二人でパブに行ってきたよ。

サイダー(リンゴのお酒)を飲みながらJぽんとチェスをしとったら、アイルランドから出張で来たっていうオジサンに話しかけられた。
すごい訛りが強くて、半分くらいしか私には理解できんかったけど、良い人そうで、いろんな話をしてくれた。

このパブの敷地内にあるB&Bに宿泊しているらしく、ちょうど私達の帰り際に、また出くわした。
村のメインストリートへ飲みに出かけるらしく、同じ方向なので乗せてってあげたよ。

とっても陽気なオジサンで、
 「キミたちも一杯飲んで行こうよ~」
と誘ってくれたけど、Jぽんは運転しとったし、残念やけどお断りした。


帰ってから、Jぽんに
 「すーごい良い人やと思うけど、
  ちょっと詐欺師っぽい雰囲気を醸し出すオジサンやったよね」
って言うたら、分かる気がするってー。

頭は短髪の白髪なのに、鼻の下にキレイに整えられたヒゲが赤毛やったからかな。
いや、そんな詐欺師は知らんのやけどーよ(笑)。

祖母

- 2012年06月19日(火) -

急にオモシロイ話を思い出した。

子供の頃、「人は年をとったら死ぬ」ってことを何かで知ってな。

 「えーっと。スドゥーコの知っとる一番年上の人は。。」

と考えて、思いついたのが、私の祖母(母の母)。
さっそく祖母に電話して

 「ばあちゃん、いつ死ぬん?」

って聞いて祖母を怒らせた。
後で母と一緒に謝りに行ったんじゃなかったかな、たしか。
悪気はなかったんですけど。


その時に学んだのは、人は年をとっても怒るんやなってことでした。テヘ。

こ、腰が~

- 2012年06月17日(日) -

イチゴの季節になりました。
イチゴ

ロクに世話もできてなくて、寒い天気が続いとっても、こんだけ採れたら上等やろう?
高さ10cmくらいの入れ物にこんだけ採れて、まだこの後もう1箱分、採れた。

去年に比べると甘さは足りんけど、そんでもタマに甘いのに当たると顔がニンマリなる。
毎朝、ボウル一杯分食べてます。
しあわせ~☆



あ、ウッカリ忘れるとこやった。
腰が痛くなるんよ。こんだけイチゴを採ると。
しかも近くの畑の人達がいろいろ苗をくれるんで、それらも植えたりなんかしたら、
もう、こ、腰が~。。よ。
もちろん植える前に雑草が生え放題の所を耕してからやけん。大仕事よ。

そんでも、疲れた時のイチゴが、これまた幸せ~。

車たち

- 2012年06月16日(土) -

ここ最近の散歩の途中で見つけた車たち。
乗り物

乗り物

乗り物

ああ、ジュビリーの週末の時の散歩の時やわ。
そんでユニオンジャックがたなびいとんやな。


どの車もステキやね~。

SPRINGWATCH

- 2012年06月15日(金) -

今、「SPRINGWATCH」っていう、野生動物を観察するテレビ番組があってね。
鳥のヒナが孵ったところにライブカメラを置いて、ネットで私達も観察できるようにしてくれとんよ。
鳥といえば、昼間だけしか活動せんと思うやろう?
夜間も私達一般市民が退屈せんように(かどうかは知らんけど)、夜活動するフクロウも観察できるようにしてくれとるよー。

これは、「Barn Owl(納屋のフクロウ)」っていう白いフクロウ。
名前の通り、納屋に巣を作っとるみたいよ、これ↓。
鳥

なぜ、そんな隙間に。。とか、なぜそんな真ん丸に。。とか、お、落ちる~!!とか。
見とって飽きんのだ、これが。
鳥

鳥

夜10時頃になると、親がヒナにエサをやり始めるんよ。
全てがオモシロくて、つい親鳥が次来るまで、とか言うて見続けてしまう。



そんでよ。
さっき、また見てみようと思ってBBCのサイトを開いたら、あなた、それ、番組が昨日で終わりなんで、それに伴いウェブ中継も終わりって書いてあるじゃないの!!


 どういうことーーーー!!!!

興味をひいておいて、そりゃないんじゃない?
ひどいわーーーー。。。



ヒナドリが旅立つのを見たかったよ~。

なんせ、去年もウチの畑のヒナの巣立ちを見逃しとるけんね。
 過去記事はこちら >>
あ、イチゴが美味しそうだわ。


ちなみに、今年も畑のバードボックスにグレイトティットが卵を産んで温めよったらしいんよ、Jぽん情報によると。
私が里帰り中の話な。
それが、ある日、Jぽんが畑に行ったら、バードボックスのフタが下に落ちとったんやって。
雨も降ってバードボックスの中はズブ濡れで、親鳥もおらんなっとったんだって。
マグパイ(カラスの仲間)か何かが襲ったんじゃないかと思うってJぽんが言うとった。
かわいそうに。
来年は、フタが開かんようにしとかなな。

イチゴの季節

- 2012年06月14日(木) -

イチゴがまたそろそろ赤くなっとるだろうと、仕事から帰って、畑に行ってきたよ。

今年はあんまり世話できてないし、お天気も寒空が続いとるので期待せずに行ったら、大きい立派なのがいっぱい鈴なりに赤くなっとって驚いた。
隣の畑のニックにもお裾分けして、そんでもJぽんと二人では食べきれんくらい採れたよ。
明日の朝はイチゴが朝ごはんだ~。
ウレシイ。


ポツポツ雨が降り出したんで、あわてて退散したのでイチゴの写真を撮りそびれたけど。
また例によって10円玉を横に並べて写真撮るけん。
お楽しみに~☆

ナゾの割引

- 2012年06月12日(火) -

キッチン


ははは。
チェスボードの上に置いたスパイスたち。


すっかり最近チェスにハマってるんやけど、今日言いたいことはチェスは関係なくてーね。

先日買い物に行った時、ガラムマサラを買おうとしたら、
 「同じメーカーのスパイスを2つ買うと、£2(約240円)」
って書いてあった。 



 「HALF PRICE(半額)」
 「BUY ONE GET ONE FREE(1つ買うと1つ無料でついてくる)」
 「THREE FOR TWO(3つ買うと、2つ分の値段)」
 「50% EXTRA FREE(50%増量)」

イギリスのスーパーには、上のようなナゾのウレシイ割引きキャンペーンがあってね。
ちゃんと、その期間も明記してくれて、広告が出されるんよ。

で、今回の私が買おうと思ったガラムマサラの値段は、£1.75(約220円)。2つ買ったら£2(約240円)になるなら、そら、2つ買わな損やん。
で、他に欲しいスパイス一番高い値段のスパイスは…と見ると、なんと「カルダモン」が£2.50(約300円)。
な、なぜだ。
単品でカルダモンを買うと、2つ買う値段よりも高くなるじゃないか。
ちょうどコレも欲しかったので、文句なしの購入。

マクビティのお気に入りのビスケットも「1つ買うと1つ無料でついてくる」なので、2つカゴに入れた。
仕事中に食べるアメも、「1つ買うと…」以下同じ。
トイレの洗剤は1つで£1。2つでも£1。以下同じ。


日本にはないナゾの割引き。
イギリスのスーパーの好きなトコロよ。

カモマイル

- 2012年06月11日(月) -

お花の季節ですなぁ。
花

畑のカモマイル。花のところだけを取って乾かして、カモマイルティーにするつもり。

花を摘みながら、かわいそうな気もしつつ、フンワリ良い香りがして気持ち良くなった。
そのまま寝室に置いたら、昨夜はいつもにも増してよく眠れたような気がしたよ。



あ、知っとった?
「グッスリ眠る」の、「グッスリ」は、「good sleep(グッド スリープ)=良い眠り」からきたって説があるらしいね。

初イチゴ

- 2012年06月10日(日) -

最近、仕事にかまけて畑仕事を怠っておりまして。
ちょうど種まきの時期に日本に帰っていたこともあって、今年は、あーんまり畑に気合いが入ってません。


そんでも、最近雨続きの中の晴れ間がチラッと覗いた昨日、久しぶりに畑に行ってきたよ。


チャイブの花も咲いとるし。
花

ポピーも咲いとるし。
花

イチゴもポツポツ赤くなっとるし。
イチゴ

イチゴの赤いのを見た途端、急にエンジン始動して、イチゴの周りの草ボウボウをキレイに抜いてやりました。
あと、イチゴの葉欠きもしてやって、ちょっとスッキリしたよ。
手入れしてやってないけん、去年ほどはたくさん採れんかなーと思うんよ、今年は。
しかもここ最近は雨ばっかりで寒いし。最高気温が12~15℃なんよ。
イチゴ、甘くなれんそうじゃない?
なんにせよ、イチゴのエリアに鳥よけのネットをかけて帰りました。


そんで、久しぶりにパンを焼いたんで、焼きたてパンを食べてお風呂に入った後、ハリーとリンダ&スピーズと一緒に、デイビットボウイのトリビュートバンドを観に行ってきたよ。

畑仕事を頑張りすぎて腰が痛くて、立ち見はしんどかったー★
けど楽しかったー☆

命日

- 2012年06月09日(土) -

以前、母が送ってくれた雷おこしと、親戚んちでもらって持って帰ったカンパン。
これがどちらもJぽんの口にも合うらしく、あっと言う間にこんだけになった!
キッチン

写真を撮った日の夜には、もう空っぽになっとった。


 こんなものを??

と思うやろう?
これがオイシイんよ。
素朴な味で歯ごたえあり。一つ食べるとまた手が伸びる。
こういうものを好んで食べるようになったら、年をとったのかもなぁと思う今日この頃。



父は硬い歯ごたえのあるモノが好きで、鶏肉も親鳥を好み、トウモロコシも昔からの硬いのが本物だと言ってました。
私はまだその域には達してないなぁ。。
父はそろそろ私達の願い事を叶えられる域に達してくれとろうか。。

薔薇屋敷

- 2012年06月07日(木) -

やすろぐさんのお姉さんは、薔薇を上手に育てておいでるらしくてね。
薔薇の咲き誇るステキなお屋敷の写真にウットリなった。


週末、出かけた先で見つけた薔薇たちを写真に撮ったけど、お姉さんちの薔薇にはかなわんなー。
この写真たちは良いとこ撮りで、下の2枚のバラたちは、まだまだ枝ぶりが小さかった。
花

花

花


そんでも、いろんな種類のいろんな色のバラが咲いていて、とってもキレイやった。
見た目が違うように、それぞれに香りも違うんね。
花の香りを鼻いっぱいに吸って、満足☆


薔薇と言えば、ロンドンのリージェンツパーク内にある「Queen Mary's Rose Garden」が、すごいキレイ。
もしも薔薇の時期にロンドンに行くことがあれば、とってもお勧めです。

「panoramic earth」で薔薇園をグルッと見渡すことができるので、見て見てみ☆
写真中央の「PLAY」ボタンをクリックした後、右下の「Fullscreen」ボタンをクリックすると、よく見えるよ。

長時間散歩

- 2012年06月05日(火) -

エリザベス女王のご主人、入院したらしいやん。
驚かんわ、これには。気の毒すぎる。
しかし、女王さま、4日間のハードスケジュールをこなして、ホントにエライわー。
86歳だで?あれだけの大人数に会うだけで(私なんか見るだけでも)疲れると思うけど。
最終日、礼拝後に大聖堂の外にある広い階段を一人で笑顔で降りよるのを見ると、慌てて手を差し伸べたくなったがね。見た目が大事なのは分かるけど、高齢なんやし、孫でもが付き添って手を取ってあげたらええのにね。



さて。
今日は、夕方から雨が降る予報。
雨が降り出す前に、どこかをチラッと散歩がしたいらしい。Jぽんが。

そんで連れてきてくれたのが、ここ。
「Kill your SPEED not the DEER!」=「スピードを殺せ(落とせ)、鹿じゃなく!」
の看板がある、鹿が放牧?されている、広い広い庭園。
景色

景色

花

景色


どの木も、すーごい大きくて立派。
芝を短めに刈っているところが歩道で、この木の枝の下をくぐるようになってるん分かる?
景色
歩道んとこの枝下の高さは2mはあると思う。


木の向こう側に鹿がおったよ。
動物

みーんな同じ顔に見える!
動物


庭園の裏に出て、森の中を歩いとると、大量の笹を発見。
景色

急に東南アジアに来たみたいな気分になった。向こうの森から原住民とか出てきそうな。。
景色

雨がポツポツ降ってきたんで、速足で帰るよー。来た道とは違うルートを通って、庭園内を歩いた。
景色

動物

鹿も雨宿り中?Jぽんは、この鹿を見て偽物やと思ったらしい。なぜ急に??
動物



今日は、そーとー歩いた。4時間半、歩きっぱなし。
雨にも濡れたし寒いし、パブにも寄らんと真っすぐ家に帰って、着替えてソファで昼寝?夕寝?しちゃった。


女王さまも、スドゥーコさまも、お疲れ様!

ジュビリーは雨

- 2012年06月04日(月) -

昨日の水上パレードは、始まる直前まで見に行くか悩んで、一度は出かける用意をしかけたんやけど、結局家でテレビ中継を見て、思ったよりもショボい?って言うた。二人揃って。
しかし、雨の降る寒空の下、川に浮かぶボートで86歳のエリザベス女王と90歳のご主人が揃って立ったままパレードを観覧て。
もう少しお年寄りをいたわってもええんでないのか、皇室関係の方々。

と、私達はヌクヌクとソファで寝そべってテレビに向かって文句を言うとった。
そんでそのまま夜も出かけず、家飲みしてダラダラ一日が終わってしまった。


今日は、昨日よりはマシな天気予報なので、昼過ぎから隣町へ散歩に出かけたよ。

Conker Tree(セイヨウトチノキ)の花が終わって、実ができよるとこ。
花

この連休はダイヤモンドジュビリーを祝って、各地でストリートパーティーやランチパーティーが開かれてるんな。
ここは教会で開催されていて、大人も子供も楽しそうやった。
景色

町を端から端までグルッと歩いて、帰りに通ったことのない歩道を歩くと、いつも車で通っていた橋が違う角度から見えた。その橋が1805年に建てられたものやったのを始めて知った!とJぽんが驚いとった。
建物

パブも賑わっとったよ。今日はここでは飲まず、もう少し散歩を楽しもう~。
人


私達の少し離れた前を歩いとる若い男の人が、急にしゃがみこんで何かを眺めとると思ったら、それを手にとって、公園の木の上にそっと置いた。
ブルーティットのヒナで、初飛行失敗して歩道に落ちていたみたい。
鳥


夕方になって足も疲れてきたんで、家の近くのパブに行ったよ。


私、会社のダリルに教わって以来、ほぼ毎日、誰かとチェスをしてるんな。
携帯用のチェスセットをJぽんが持っているので、最近はパブに行く時も持参して、今日もJぽん相手に次の手を考えこんどると、急にハリーが現れた。
ほんの一杯だけ飲んで帰ろうと思っとったのに、結局長居してしまって、家に帰ったら9時も過ぎとった。

そんでも、久しぶりにワイワイ話して、とっても楽しかった☆

ジュビリー初日

- 2012年06月02日(土) -

イメージ

これは、ダイヤモンドジュビリーの公式ロゴ。
6歳から14歳まで対象の応募作品の中から選ばれた、キャサリンちゃん(10歳)の作品。
選ばれた後、バッキンガム宮殿でエリザベス女王に会ったそうよ。
こういうニュースを読むと、相当緊張したんやろうなー、とか、同伴するご両親は何を着て行ったらええのか悩むんじゃないのか、みたいなことを思ってしまう。庶民やわー。。


しかし、イギリスはこういう風な王室等のお祝いに、市民を巻き込んで盛り上げるのが上手やと思う。
公式ロゴを子供たち対象に募ると、子供たちも真剣に60周年のお祝いのことに想像をかきたてるだろうし。保護者もつられて楽しくなるだろうし。

イギリスで過去に即位60周年を迎えたことがあるのは、ビクトリア女王だけなんだって。
彼女の即位63年7カ月の期間は、イギリスのどの君主よりも長く、世界中の女性君主としても史上最長らしい。

その歴史を塗り変えるのも確実であろうエリザベス女王、ジュビリー初日の今日は、エプソム競馬場で行われる「エプソムダービー」を観戦中。
明日は、テムズ川で行われる水上パレード「テムズ ダイヤモンドジュビリー ページェント」がある。
世界中から集まった千隻以上のボートと、ロイヤルファミリーを乗せたボートが、約11kmの距離をパレードするそうよ。
過去にも王室の祝賀パレードがテムズ川であったものの、350年ぶりの水上パレードになんだって。


そーとー混むやろうけど。
雨も降るやろうけど。

見に行こうか、どうしようかー。

ダイヤモンド ジュビリー

- 2012年06月01日(金) -

エリザベス女王の即位60周年をお祝いする「ダイヤモンド ジュビリー」で、この週末は4連休。

50周年の時、私はロンドンに住んでいたので、ロイヤルファンではないけれど、どんなものなのか見に行ったんよ。
女王様たちの住むバッキンガム宮殿の前には、たーーくさんの人達がお祝いに集まって、日本で言うならお正月の皇居前といったところか。
ロイヤルファミリーが揃ってバルコニーで手を振るのもお同じ。
この50周年の時は、コンコルド率いる飛行機やレッドアロウズが頭上を飛んだり、宮殿中庭ではロックコンサートが賑やかに行われ、特設のスクリーンで外にいる私達からも見えるようになっとった。


ちなみに、今回の60周年のイベントの一環として、チャールズ皇太子がスコットランドのBBCスタジオで、天気予報を読み上げるというサプライズがあったんだって。
これは5月中旬頃のこと。日本にはない思いつきよね。



私達は4連休でキャンプにでも出かけようかと思っとったら、今週に入ってから涼しくなって、天気もコロコロよく変わる。
ついさっきの天気予報では、海岸沿いもロンドンも、どこも雨だらけ。


どうしようかなー。。。


最新記事