スーパーノヴァ

- 2012年08月31日(金) -

一昨日、Jぽんが巻き寿司が食べたいって言うんで、2人暮らしなのに太巻き7本作った。
1本分は、Jぽんの職場の友達に。
もう1本は、Jぽんの翌日のランチに。
残り4本(Jぽんが3本)は夕飯にして、更に残った1本は翌日に持ち越し。

昨夜は、畑で次々採れるキャベツをなんとかしようと、お好み焼きを作って食べた。
巻き寿司の残りを食べつつ、お好み焼きを絶賛しながら食べるJぽん。
お好み焼き2枚も食べたよ、あの人。
胃がどうにかなっとんじゃないかと思う。
そんで、残りのお好み焼きを、今日のランチに持ってった。

(さっき電話があって、職場の上司が食べたいって言うんで
 少し分けたら、絶賛してレシピが欲しいって言われたんだって。
 キャベツたっぷりでヘルシーやし、Jぽんの周りで流行るかも?!)


そんな夕飯後、ボンヤリしとったら、「スーパーノヴァ」って言葉が急に頭に浮かんで、Jぽんに「何やっけ?」って聞いた。
「supernova (スーパーノヴァ) - 超新星」
超新星(ちょうしんせい)は、大質量の恒星が、その一生を終えるときに起こす大規模な爆発現象である。

そういや2~3日前に宇宙特集のテレビ番組を見たワ。

Jぽんは、このテの話は得意で、要領よく説明してくれる。
ついでに星座と流れ星のことも聞いたら、分かりやすく教えてくれた。
アホなJぽんを見なおした。ちょっとだけ。


ところで、昨夜の気温は8度で、秋というか冬みたいで寒かった。
今年のイギリスの夏は、寒くて雨ばっかりって言うとったやん?
雨の多い夏として記録史上2番目なんだって。
1番多かったのは1912年。ちょうど100年。
ほんじゃ3番目は更に100年後な。



8月26日の「Great Malvern」を更新しました。

Brit Kat

- 2012年08月30日(木) -

先日、安売りになっとったキットカットを買ってきた。
封を開けて1つ食べたところで気がついた。

これ、キットカットじゃない!
「BritKat(ブリットカット)」になっとる!!!
キッチン


イギリス国旗の模様になっとるだけかと思っとった。
名前まで変えるとは。

たぶん、これ、6月初めにあった、エリザベス女王の即位60周年をお祝いする「ダイヤモンド ジュビリー」用に作られたモノやと思う。
味は同じやのに、旬を過ぎたBritKatやけん安売り。
また買おうっと。



8月26日の「コッツウォルズの保存鉄道」を更新しました。

サイダーとチェス

- 2012年08月29日(水) -

昨日は天気が良かったので、畑で草引きしてきたよ。
ジャガイモ掘って、スイートコーンとキャベツも収穫したよ。

仕事帰りのJぽんが寄ってくれたので、いつもはチャリで家まで帰る所を、Jぽんの車にチャリを乗せて一緒に帰ることにした。
駐車場で車を回しながら、急に「一杯飲んでから帰ろう!」って気分になって、近所の母のお気に入りのパブへ行ってきました。


お天気が良くて暖かい日も、あと数えるくらいしかないかなーとか言いながら、パブ前のベンチで一杯飲んじゃった。

私のサイダーをワザとらしくチェスボードの後ろに置いてみたりして。
pub

このパイントグラスは「Strongbow(ストロングボウ)」っていうサイダー(リンゴのお酒)のロゴ入りやけど、中身は「Thatchers Gold(サッチャーズゴールド)」っていうサイダー。
どうでもええことのように思われるでしょうが、ココは言うておきたいトコ。

皆さんご存知の通り、お酒大好きのスドゥーコさんは、ワリとなんでも美味しく飲むんな、どのお酒も。
しかーし。
この「ストロングボウ」ってメーカーのサイダーだけは好きになれん。
味が、なんか間違っとる。
ので、間違えても飲まん。
サッチャーズゴールドは、オイシイよ。お勧め。


しかし、最近(たぶん)、このストロングボウがペアサイダー(洋ナシのお酒)を商品として出したみたい。
これは試してみたいなーと思うトコロ。
はははー。


そんで、チェスは勝ったよ。
近くで飲んどったオジサンは、「スドゥーコが後2手で勝てる」とか横から口を挟まずにはおれんタチらしく、一緒に参戦してくれました。

「ステキなお部屋、これどこか?」の答え

- 2012年08月28日(火) -

みなさん、参加してくれてありがとう~。
とってもウレシイ~☆


待合所の中に設けられた、古本屋さんとカフェとパブで、これどこか?
の答えはーね。

この写真↓の中にヒントが隠されてるん気付いた?
ヒントはおじいさんじゃないよ。ライトの上辺り、壁に沿って走っているモノ。
建物


これが、待合所のある建物の外観。
建物

待合所を出ると、ここへ。
建物


そう、答えは、電車の待合所。
やすろぐさん、志和ちゃん、大根の足さんの3人が正解でした~☆

この待合所は、「Downham Market」駅のプラットフォーム1にあります。
どうしてこの待合所を知ったかというと、
Jぽんの好きなテレビ番組「Great Railway Journeys of Britain」で紹介されたんよ。
「Great Railway Journeys of Britain」
1840年に書かれた一冊の本の内容に沿って、政治家、ブロードキャスター、ジャーナリストの顔を持つMichael Portilloが鉄道の旅をする。
本に記された、各駅の「何を見て、どこに宿泊する」が、170年後の現代どのように変化しているかを比較紹介する番組。
英語やけど、電車の走る田園風景や、電車の中の様子、それぞれの町の様子も見えて楽しいけん、見てみて☆



今回の答えで惜しかったのは、バスの待合所。
病院って答えもあったけど、いくらパブ好きのイギリス人も、病院には作らんのじゃないかなぁ。「無い」と言いきれんのが笑えるけど。



また次回の「これ何か?」をお楽しみに~☆

Great Malvern

- 2012年08月26日(日) -

保存鉄道に寄り道した後は、Great Malvernって町に来た。
Jぽんが「Malvern Hillsへ行こう」って言い続けて、なぜか何年も実現せんかった丘。


町のメインストリートは、このMalvern Hillsのふもとにあり、横道に入ると急な坂が始まる。

この坂↓を登って来たんよ。大汗かいて顔が真っ赤っかになった。
景色

Jぽんが「こんな急な坂が続く記憶は無いんやけどなー」と言うほど、いつまでも急な坂が続いた。


そんで、平らな道に出たら、あたりの景色が一望できた!
景色

この丘陵を向こうの端から歩いてきたよ。
景色

ここが丘の中でも一番高い位置。
視界を遮るものなく360度が一望できる。
景色

景色

景色

帰り道、ワザワザ急な坂道を降りた。
振り返ったとこ。90度にほど近い角度やったよ、大袈裟じゃなく。
景色

この写真↓には我ながら驚いた。
薄暗かったんでフラッシュたいたら、これじゃ、まるでトイレじゃないか。
建物

これ↑は、丘の中腹にあるカフェ「St. Ann's Well」の建物内にある湧水。
この辺りは、昔から湧水が出ることで知られ、19世紀には温泉街にも発展したらしい。それらが健康に良いと、お金持ちの人達が多く集まってきたんだって。
どうりで町並みが豊かそうなワケだ。

この湧水、飲んだら美味しかったよ。



そんで、カフェからちょっと降りたとこ辺りにあった、手形。ブレとるけど。
何よ、これ。
景色

メインストリートに降りてきて、町をウロウロ歩いた。
ここはミュージアム。
1430年に建てられた建物でMalvernの中では2番目に古い建物。
建物

そんで、Malvernの中で一番古い建物が、ここ「Great Malvern Priory」。
建築は、1085年から始まり1502年まで続けられたんだって。
建物



帰りは、あんまりにも疲れたんで、珍しくパブにも寄らずに真っすぐ家に帰った。
で、先日家族が送ってくれた、カップヌードル(カレー味)を二人で仲良く食べました。
美味しかった~。



View Larger Map

 A地点 : Toddington駅(保存鉄道)
 B地点 : Winchcombeの町(歪んだ家並みの町)
 C地点 : Winchcombe駅(保存鉄道)
 D地点 : Tewkesbury(せりだした家のある町)
 E地点 : Great Malvern(丘を歩いた町)

コッツウォルズの保存鉄道

- 2012年08月26日(日) -

昨日は結局ダラダラ一日過ごした後、夕方、畑へ行って、その後Jママんちに顔を見に行った。


今日は、朝早くに目覚めたので、サンドウィッチ作ってドライブすることにした。

まずは保存鉄道。
コッツウォルズの村々を走る美しい眺めの路線「Great Western Raylway」の「toddington(トディントン)」駅。
この駅は前にも来たことがあるよ。(過去記事はこちら >>)
乗り物

Winchcombeの町並みをグルッとドライブして。
左の家の歪みがええ味出とるね。
建物

次に来たのは「Winchcombe(ウィンチコム)」駅。
お待ちかねの蒸気機関車がやってきた~!
乗り物

乗車券購入してないのに、客車内をウロウロ渡り歩いた。
乗り物


左の赤い車両は「Royal mail」つまり郵便専用車両。
今は郵便には使われてなく、模型電車の展示に使われとったよ。
景色

これは火薬を運ぶ車両。
乗り物

先頭部分の機関車を切り離し、今度は最後尾に連結して、反対方向に進行する。
その途中に、水分補給。
乗り物

続いて燃料補給。
乗り物

この機関車、小さく見えるけど、イギリス国内では一番馬力があるって言うとった。
さぁ、蒸気を上げて出発だ~☆
乗り物

さすが馬力のある機関車、この長い長い車両を引っ張る。
この長い車両とその向こうに見える駅舎や丘は、100年前も同じ景色やったんかな。
景色

この駅舎は、元々の建物に使われていた石を使って再建されたらしい。驚くのが、石に一つ一つ番号を書き込み、同じ場所に同じ石を使ったんだって。徹底しとるね。
建物

ここは「Tewkesbury」の町並み。
この右の手前から2軒目。上の階に行くにしたがってせり出す建て方は、どうなん?
隣の人たちの「ズルイ~」って声が聞こえそう(笑)?
建物



更に長くなるので、続きは次回へ☆

祝日

- 2012年08月25日(土) -

来週月曜は祝日なので、3連休。
これまた天気が悪いらしい。
けど、どっかに行くかもしれんので、帰ってきたらまた報告します。

って言うとる今、もう土曜の昼過ぎやけど。
どこにも行かんかもしれんけど。
散歩くらいは行くと思う。


先日↓の「これ何か?」、引き続き参加お待ちしております~☆

ステキなお部屋、これどこか?

- 2012年08月23日(木) -

先週末の東部から、これ何か?
Jぽんの好きなテレビ番組で紹介された、ココ↓の近くを通りかかったので、行ってきました。

建物

建物

pub


これは、待合所の中に設けられた、古本屋さんとカフェとパブ。
さて、何を待つ所でしょうか?


「日本では普通の光景!簡単簡単~!!」の方も、
「日本には無いんじゃない?何ここ?!」の方も、
是非みなさん、ご参加くださいませ~。

トウモコロシ

- 2012年08月22日(水) -

甥っ子が小さい頃、「トウモコロシ」と言うてました。

昨日、久しぶりに畑へ行ったら、トウモロコシが何かに食べられとった。
まだ食べられてないのがあったので採ってきたら、あら、ちゃんと黄色くなっとる!
野菜

前回の早過ぎた収穫↓が10日くらい前。
そうそう。これは蒸した後、青い味がしてイマイチ美味しくなかったので、そぎ切りにして、チヂミの材料に入れて焼いた。ら、歯触りが良くて美味しく食べれました。
野菜


今回の黄色くなってくれたトウモロコシは、Jぽんが帰ってくる時間に合わせて蒸して、二人でキッチンに立ったまま、アツアツって言いながら食べました。甘くて美味しかった~☆

しかし、なんで下の方しか身が無いんやろう?
来年の課題だワ。



今年は、ラズベリーが例年にない収穫が多さで、冷凍庫がラズベリーで一杯になったので、ジャムを作りました。
砂糖をかけ始めた所で、写真を撮っとこう!と思ったので、粉吹いたみたいになってますが。
フルーツ

この山盛りのラズベリー、火にかけると鍋の半分にまで減ったよ。
冷凍庫がスッキリしてウレシイ。



8月18日の「東へ」を更新しました。

後片付け

- 2012年08月21日(火) -

キャンプ後の洗濯や片づけをしながら、キャンプ報告。


8月15日の「キャンプ 3日目 (Port William - Port Isaac - Boscastle)」
8月16日の「キャンプ 4日目 (キャンプ場 - Appledoreなど - 家)」を更新しました。

家族の愛

- 2012年08月20日(月) -

先日、もち吉のセールのことを書いた日に、実家を送り先にして、実家用と私用に、おせんべいを何種類か注文したのでした。
それと一緒に、いろんなものを家族が送ってくれました。
麺好きの私に、いろんな種類の即席ラーメンと、魚好きのJぽんにはいろんな種類の魚の缶詰とアマゴの甘露煮。
それから、私が日本のマヨネーズがオイシイと言うとったのを覚えてくれとって、重いのにマヨネーズも入れてくれてました。その他モロモロ。家族の愛がいっぱい詰まってました。
ありがとう~☆


しかし、今回の荷物はいつもにも増してスゴイ早く届いてね。
姉が金曜の朝、発送してくれて、月曜の朝8時前にココに届いた。
ほんの3日で届いたよ。
仕事はや~い。
素晴らしい郵便事情だわ。




そんで。
仕事の遅いワタクシは、先日のキャンプ報告をポチポチしていきますので、お付き合いくださいマセ。

8月13日の「キャンプ 1日目 (家 - Boscastle)」
8月14日の「キャンプ 2日目 (キャンプ場 - Boscastle - Tintagel)」を更新しました。

東へ

- 2012年08月18日(土) -

キャンプ道具を車に乗せたまま、コーンウォールから帰った翌日は1日ボンヤリ家で過ごした。

週末、イギリス東部が快晴で暑い予報。
そうと聞いては、Jぽんが黙っとらんやろう?

東部は、ケンブリッジ辺りから東へ向かって、平らな地形が続く。
それを、JぽんもJぽんの友達も「つまらん」と異口同音。
山や海に囲まれて育った私には、その「つまらん」さが分からん。平らな土地、まーっすぐな地平線、見てみたいやん?
日頃から、東の方に行ってみたい、と何度もJぽんに言うとったので、Jぽんもお天気に釣られて、つい東北方面へ行くことを承諾したのでした。


まーっすぐ続く川。地図で見ると約30km真っすぐ。
景色

もちろんこれは自然の川ではなく、人工の川。
平らな地形で、もともと湿地帯だった一帯を、川を作って水捌けを良くしているため、この辺りは至る所に川がある。



いくつか町を通り過ぎた後、海沿いに出かける人達で大渋滞を目前に見た私達。私達も海へ出かけるはずなのに、こりゃーたまらん!と陸地へ向かって車を走らせた。
キャンプ場を探しつつ、裏道を通りながら、どっか海沿いも目指しつつ。

それがなぜかキャンプ場が、ほとんど見つからんくてね。
一つ見つけたキャンプ場は、オーナーが性格悪そうやったんで、やめたし。

そんなこんなで、すごい遠回りしてアッチ行ったりコッチ行ったりして来たのが、この町「Wells next the Sea」。
景色

ここは川というか内海というのか。
変な地形やけん、地図を是非とも見てみて欲しい。干潟が陸地になったような感じ。
景色

景色

この辺りにもコーストパス(海沿いの遊歩道)があるらしく、ここはその一部。
景色

今日は、すーごい暑い。後のニュースで知ったけど、今年一番の暑さやったらしい。
景色

ここでも、例の魚介類を売る露店で、「rollmop」を買って食べた。
「rollmop(ロールモップ)」
開いたニシンで玉ねぎの薄切りとピクルスを巻き、スパイス入りのビネガーに浸けたもの。冷やして食べる。

そんで、まーたフィッシュ&チップスを食べた。
普段は滅多に食べんけど、海沿いに来たら食べなイカン気になるんよ。



駐車場にとめてあった車。キレイやねー。
乗り物

次に来たのは、「Stiffkey」。
このずーっと先が海。どのくらい先なのか分からんくらい、まっ平ら。
ちょっと歩いたけど、あまりにもまっ平らでJぽんが歩きたくない病&私は炎天下は歩きたくない病になったので、引き上げることにした。
景色

これは陸地を見た景色。
ちょっとは丘らしいものも見えたり。
景色

そんで、ホントに暑くて、二人とも思考回路が停止してね。
キャンプ場は見つからんし、もう家へ帰ることにした。
ウロウロ寄り道したとはいえ、家から片道約6時間の距離。
Jぽんの「東部はツマラン」を決定的にしてしまったかもー。


帰りは私が運転して、途中で寄ったパブの庭から見た空。
景色

まっ平らはツマランことないよー、と夕日が言うてくれてました。
果たしてJぽんのココロには届いたか。


あ~、疲れた~★



View Larger Map

 A地点 : Ten Mile Bank(真っすぐの人工の川がある村)
 B地点 : Downham Market(これ何かを出題する町)
 C地点 : Hunstanton(遠回りして着いた海)
 D地点 : Wells-next-the Sea(フィッシュ&チップスを食べた村)
 E地点 : Stiffkey(平らな海の見えん海岸)

ただいま

- 2012年08月17日(金) -

ホリデーから帰ってきたよ。

ホントは日曜に帰ってくる予定やったんやけど、豪雨の予報が出たので予定を早めて帰ってきました。


例によって写真をいっぱい撮ってきたので、また整理して報告しまーす。
土日はワリと天気が良くなるらしいので、テント等、お泊り道具は全て車の中に乗せたままになっていて、ひょっとしたらどこかへまた出かけるかも。



明日は明日の風が吹く~。

キャンプ 4日目 (キャンプ場 - Appledoreなど - 家)

- 2012年08月16日(木) -

昨夜の雨は強くて、テントの風の吹き込み口から時折入ってくる水滴が冷たかった。

朝になって晴れたけど、今日の天気予報もシャワー。
明日は豪雨なんだって。

朝ご飯を食べて、テントがだいたい乾いたところで、撤収。
週の半ばでココロザシも半ばですが、致し方ござらん。


ここは「Appledore」って町。
建物

Jぽんが、イギリス南西部に続くコーストパス630マイル(約1,000km)を8週間かけて歩いた時に、ここを舟で渡してもらったんだって。
こんなに川幅が広かったかなぁ、と感慨深そうやった。
景色

左手前↓のフィッシュ&チップスのお店で、フィッシュケーキを買って、海岸を見ながら食べたよ。
景色

この町は、色とりどりの家がカワイイ。真っすぐじゃない道がこれまた趣きあり。
景色

景色

家の軒下からツバメが飛んで出て来た。
日本ではワリとよく見る光景やけど、イギリスでは初めて見た。Jぽんがしきりに感心して、しばらく観察しとったよ。
鳥

これは「Bideford」にある、13世紀に造られた橋。
建物

16世紀には、イギリスで3番目に大きい港町だったというだけあって、町並みも大きい。
景色

次にやってきたのは、Exmoor国立公園の中にある「Withypool」村。
川の水がキレイで小魚が泳いどるのを見とると、カワセミが飛んだよ。
建物

村の小さなお店。ドアの横にあるのは給油ポンプ。今は使われてないと思うけど。
建物

そんで、ブリストル海峡の赤い海にやってきた。
海が赤いんじゃなくて、石か赤いんか。
景色

海沿いではフィッシュ&チップスを食べるのが決まりの私達は、近くのフィッシュ&チップスのお店で買って、この赤い海を眺めながら美味しく食べました。

この後はどこにも寄らず、そのまま家に帰った。
ああ、不完全燃焼。




View Larger Map

 A地点 : Trebyla Farm(キャンプ場)
 B地点 : Appledore(色とりどりの家並みの町)
 C地点 : Bideford(古い橋のある港町)
 D地点 : Withypool(カワセミを見た村)
 E地点 : Exford
 F地点 : Watchet(フィッシュ&チップスを食べた村)

キャンプ 3日目 (Port William - Port Isaac - Boscastle)

- 2012年08月15日(水) -

今日は一日中、雨の予報。
今日の予報は、ずっと雨が降り続けるのではなく、シャワーって呼ばれる、短時間、雨が降っては晴れ、晴れては雨が降る、というような空模様。「通り雨」が当てはまるんかな。
シャワーにも、弱いのと強いのがあって、今日は強いシャワーなんだって。

よって、今日は車で海岸沿いの村々を訪れるよ。


Jぽんお気に入りの村「Port Isaac」を目指しとると、途中に川の流れ込む海岸を地図上で見つけたので、運転手のJぽんに寄り道してもらった。
景色

谷間にある村の先の海岸は、すごい強い風が吹き込んで、岩の上を歩いとると、飛ばされそうやった。姉がもし一緒なら、腕を組んで歩くだろうなーと思った(姉が飛ばされないように)。
景色

川の幅は小さいけど、水流は多く急で、岩が削れとった。
景色

こういう洞穴のある岸壁は、アザラシが好んでやってくる場所なんだって。
景色

アザラシは好奇心旺盛で、海面にヒョコッと顔を出したまま、ジーッとこっちを見ることが多い。前に私が見た時も、そうやった。
今回もどっかから見てくれよらんかなーと探したけど、よう見つけんかった。

丘の上から、村と海岸を見降ろしたところ。
景色

この村↑の名前が「Port William」というのか、この村の一段高い位置にあるパブの名前が「Port William」というだけなのか、分からずじまい。なぜかJぽんが地名って言うんよ、地図には「Port William」という地名は無いのに。
とにかく、小さな村で観光客も少ない。また訪れたい村の一つになった。



さて。次にやってきたのは、今日の目的地「Port Isaac」。

ここは3年前にも来た村。
初めてのキャンプやったんよ、あの時が。(過去の記事はこちら >>)
景色

こういう海沿いの観光地には、どこかしらに魚介類を売る露店があってね。小さい入れ物に、エビや貝のむき身がそれぞれ入れてあって、そのまま食べれるようにしてくれとんよ。
今日は奮発して、カニの甲羅にカニのむき身とコが入っとるのを食べちゃった。
イメージ

景色

景色

景色

村の裏通りを散策して、またコーニッシュパスティを食べて。

そんで駐車場に戻る途中に、大雨に降られてズブ濡れになった!
ホントはまだ違う村へ行くつもりやったのにー。
仕方ないのでテントに戻って着替えて、一眠り。



最初に訪れた村のパブ「The Port William inn」で聞いた、Boscastle村にある昔ながらのコーニッシュパブ「The Napoleon Inn」へ行ったよ。
pub

pub

話に聞いた通りの、古いステキな雰囲気のパブ。
私達が来た時には満席で、食事をしとる人が多かった。

私達も、コーニッシュエールを飲みながら、また(!)小魚のフライを食べました。
そうそう。イカリングのことを、イギリスでは「カラマリ」って呼ぶんやけど、ゴムみたいで美味しくないんな。このパブのメニューにもカラマリがあったので、期待せず頼んだら、日本のイカリングのように美味しかった!

古いパブで趣きがあって雰囲気も良し、ビールも良し、食事も良し、で、このパブは是非また来たいパブの一つになったよ☆
pub

ほら、こんな↑壁に埋まったようなイスに座って、地ビールを飲むのを想像しただけで、こりゃええ!に違いなかろう?





View Larger Map

 A地点 : Trebyla Farm(キャンプ場)
 B地点 : Boscastle(2004年に大洪水のあった村)
 C地点 : Tintagel(キングアーサーの生誕の地)
 D地点 : Port William(川の流れ込む海岸)
 E地点 : Port Isaac(カニ食べた村)

キャンプ 2日目 (キャンプ場 - Boscastle - Tintagel)

- 2012年08月14日(火) -

今日はお天気が良いらしい。
キャンプは、こうでなくちゃ。


まずは朝ご飯。ベーコン&エッグを焼いてパンに乗せて食べた。
朝日を浴びながら外で食べると、どうしてこうオイシイんだろう。


キャンプ場の犬、ジェスがボール持参で遊びに来たよ。
動物

この犬は、キャンプ場のオーナーが放牧している羊を上手にコントロールしてくれるらしく、彼女自身もその仕事を楽しんでいるんだって。とっても働き者と聞いていた通り、ボール遊びをしている途中に口笛で呼ばれた途端、ボールを置いてスッ飛んで行った。オーナーの運転するトラクターの後部座席に乗って、揺られて出かけよる姿が誇らしげに見えて、微笑ましかった。



さて。
今日はキャンプ場から、昨夕チラッと散歩した村「Boscastle」まで、コーストパス(海沿いの遊歩道)を歩いて行くよ。
まずは、麦畑を通ってコーストパスを目指す。
景色

丘を一つ登ったら、向こうに海が見えた。
景色

牛の間を通るのは、何度通っても苦手。特に子牛がおる時はコワイ。
動物

あ~、海はやっぱりええね~。美しい~。
景色

景色

景色

Jぽんも楽しそうやろ。オリンピックのボルト気取り。
景色

今まで、いろんな場所のコーストパスを歩いたけど、こんなに野花が咲いとるのは初めて見たと思う。
一面、いろんな色の花で埋め尽くされて、とってもキレイでウットリした。どの花もキレイ!!
花

花

花

景色

お花畑に感動しながら上↑みたいな道をずっと通ってきて、次の丘↓を見たら、ありゃー。橋の所まで降りて、あのキツイ坂を登らんとイカンらしい。
景色

景色

階段登って坂も登って、丘をしばらく歩くと、急に見覚えのある景色が広がった。
昨日、フィッシュ&チップスを食べた堤防や!
景色

ここに来るまでも、コーストパスで、たくさんの人にすれ違ったけど、この岩場にもたくさんの人が散歩しておいでた。驚いたのは、松葉杖をついて、この岩場を歩いとる人がおったよ!
景色

景色

景色

この日は暑かったので、コーニッシュアイスクリームを一人で続けて2つも食べちゃった。
そんで、コーニッシュパスティをJぽんと半分コして食べた。
景色


この村は、2004年8月16日に大雨で起きた大洪水により、谷にある村のメインストリート↓全体が大きな被害を受けたらしい。
景色


更にコーストパスを歩いて、隣村「Tintagel」まで行き、帰りはバスでキャンプ場まで帰りたかったけど、最終バスが夕方6時前らしい。
それには間に合わなさそうなので、ここからバスに乗ってキャンプ場へ帰った。


車で「Tintagel」に来たよ。
14世紀に建てられた、石造りの「Old Post Office」。
建物

建物

ここ、Tintagelって村は、キングアーサー生誕の地。

あの左右の丘の中腹にある城壁跡↓が、キングアーサーの居城の一部らしい。
景色

城壁跡を一望できる位置にあるホテルのダイニングにあったチェスボード。
冬、荒れる海を見ながら暖炉の前でポートを飲みつつ、これでチェスしたら、気分が大変ヨロシイに違いない。
モノ

雨がポツポツ降りだしたので、3年前にも入ったパブに駆けこんだ。
この「press gang」っていうコーニッシュサイダーを飲んだ。甘めで美味しかった。
pub

そんで、昨夜も行ったBoscasle村にあるCobweb innにまた行って、コーニッシュラガーと、また小魚のフライを食べた。
pub

pub


今日も、美味しかった&楽しかった☆

キャンプ 1日目 (家 - Boscastle)

- 2012年08月13日(月) -

土日とも天気がイマイチやったので、月曜からホリデーに出かけたよ。

朝はユックリ寝て、朝ご飯もきちんと食べて家を出たのが10時過ぎ。
高速を走って、イギリス南西部のコーンウォール地方にやってきたよ。

コーンウォールの北側にある、「Boscasle」って村の近くのキャンプサイトにテントを張ったのが、夕方6時くらいやったかな。
見て↓海に広がるアヤシイ雲行き。
景色

お茶入れて、横になって一休みした後、Boscasleの村を散策したよ。
景色

景色

景色

フィッシュ&チップスを1つ買って、半分コして食べながら海を眺めた。
景色

霧雨が降りだしたので、退散。
景色

川沿いに登って、村のメインストリートにある、「Cobweb inn」っていう古い田舎風のパブへ行ったよ。
私は、コーニッシュラガーを一杯、Jぽんはコーニッシュビターを一杯飲んだよ。
pub

pub


フィッシュ&チップスを半分コにした理由は、パブでも何か食べたかったから。
「Whitebait」っていう小魚のフライがJぽんの大好物でね。
Whitebaitとは、25~50mmの青魚の稚魚。日本では煮干しに使われる小魚を、唐揚げにしたりパン粉付けて揚げたりしたもの。
イメージ

美味しかった~。


テントに戻って横になったら、いつものように3秒で寝てました。

なでしこ決勝 その3

- 2012年08月11日(土) -

ホリデーに出かける前に、もう一話。



先日の、なでしこ決勝戦ね。
姉に勧められて行ってきたんよ。


ホントは当日になって、行くのを一度は止めにしたんやったんよ。

 「なんで?!!」
って声がアチコチから聞こえます~。



というのもね。
フットボールの盛んなこの国では、大きな試合が頻繁にあって、オリンピックでなくても世界一を競う試合を観る機会は他にもあるんな。
それよりなにより、今回は私達一般庶民には高すぎる値段のチケットしか残っていなくて、しかも私達は来週から一週間ホリデーで散財するのが分かっとるやん?

 どうする~???

って二人で顔を見合わせとる時に、ポストマンが水道料金の請求書を届けてくれました。

 「はい、一人分のチケット消えた~」

となって、こりゃ今回は行くなってことやわ、このタイミング。
と、行くのをやめたんよ。
で、Jぽんは車の車検の手配をしに出かけて、その間に私は姉にメールにこのことを書いて送ると、即
「そんなバカなことを言わんと、
 行って私や日本のみんなの分も応援してきて~!」
とお願いされました。
しかもチケット代を姉が払うという。

 いやいや、それはイカンでしょうが。
 気持ちだけありがたく頂くことにして。
 しかし、そーんなに行っとかんとイカンもんなの??
 …確かに、日本のみんなの分も応援しとかなイカンかも。

と私も思いなおし。
Jぽんに慌てて「気が変わったけん、早く帰ってきて~」と連絡したのでした。



しかし、金欠必至の覚悟で行ったので、ダフ屋をチラチラ横目で探してね。
席の位置は多少悪くても、少しでも安いものが買えんかなーと。
ははは。

そしたら、明らかにこの様子は!!という若い男の人2人組がチケット売り場の手前にいて、Jぽんが
 「ハロー」
って言うたのに、向こうはチケットのことを言わん。
ジーッと見つめあったまま、何も言われないまま、通り過ぎた。
少し離れた所から私がジーッと見とると、向こうもジーッと見とる。
向こうが頷いたので、私も頷いた。

ダフ屋:「チケットいるの?」
私:「うん、いくら?」
ダフ屋:「一等席が£100(約1万2千円)。2人分で£200」
私:「高い!チケット売り場で買うのと大して変わらん!」
ダフ屋:「じゃ2人分£150で。」

Jぽんは黙って横で聞いとったけど、この瞬時の値下げに私達二人は顔を見合わせて、結局チケット売り場で買うことにした。
一等席どころか、チケット自体が偽物やったら、姉に顔向けできんかろう。
ははは。


そんで、正規のチケットを正規の代金で購入して観て来たのでした。
景色


アホやろう?
私達。相変わらず。



姉には感謝。ありがと。
観てきて良かったです☆

なでしこ決勝 その2

- 2012年08月10日(金) -

昨日の続き。
これまた長いので、ササーッとご覧くださいませ。



スタジアム内に入って、席に着いた。
まずまずの眺め。

キョロキョロあっち見たりこっち見たりしとるうちに、選手入場。
君が代斉唱。一緒に歌ったよ。
人

私の座っている辺りは、日本人と外国人が半々くらいで、外国人も、ニッポンを応援してくれよる人達が多かったよ。
人

ロンドン市内や近辺に住んでいる日本人のうちの何%が、今日ここに来てるんやろうね。
今日の観客の何%が日本人で何%がアメリカ人なんやろうね。
その他の外国人(イギリス人を含む)は、何%なんやろうね。
知るすべは無いけど知りたいね~。
ちなみに、この日の入場者数は80,203人で、オリンピック女子フットボールの試合では史上最多の数字らしい。このウェンブリースタジアムの収容最多人数は9万人。満員に近い。

満員じゃないなら、しつこいけど、なぜオンラインで購入できんかったのかナゾ。
隣りの席のイギリス人のオジサンも、
「ネットで『購入不可』って表示されたから来るのを一旦あきらめたけど、
 電話したらまだチケットがあるって言われて、ダメ元で来た」
って言うておられたんよ。
あきらめた人、きっとたくさんおるよねー。


アメリカに1点取られた後の日本の攻撃はすごかったよね。
人

人

観客の応援もすごかったよ。
いつもはJぽんの応援するチームをなんとなく見とるだけの私も、今回は日本の応援とあって、力が入ったー。
Jぽんも、「ニッポン」って、みんなと一緒に応援してくれよった。
ハラハラドキドキの攻撃を観ながら、向こうから周ってくるメキシカンウェーブも横目で見つつ、ウェーブがやってきたら立ち上がり、を何度かしとるうちに、一点かえした時は、みんなでジャンプしたけん!!!



残念ながら負けてしまったけど、そんでも本当に良い試合で、観に行って、本当に良かった。
人

セレモニーの入場の時、日本チームは前の人の肩に手を置いて連なって出て来たよ。
人

手をつないで表彰台に上がったら、左端から順にお辞儀をして、みんなで一斉にジャンプした。ニコニコみんな笑顔でとってもカワイイかった。
これをJぽんがとっても褒め称えててね。
この観客に対するパフォーマンスは素晴らしいって。特に今回なんて負けた直後で悔しいはずなのにって。いつまでも褒めとった。
私もそう思う。応援してくれたみんなにありがとうの気持ちと、仲間同士が支え合って楽しんでるってのが伝わって、とっても微笑ましかった。
人

国旗掲揚。ああ、世界の大会オリンピックなんやーと改めて思った。
人

人

こんなにたくさんのカメラが一斉に向けられたら、みんなが同じカメラに視線を注ぐことは皆無やろうね。
人

セレモニーの後も、日本チームのサポーターたちは、たそがれとった。
誰も一言も発さず、みーんな無言で座っとった。
人


そんで。
帰りのこの人の波を見よ。向こうに見える駅の入り口まで、ずーっとずーっと人の波。
駅の手前で、騎馬隊が馬を横向けて人を通せんぼして、駅の入場に制限をかけよった。
人

ので、私達はスタジアムから真っすぐ駅へ向かう道を通らず、横道にそれました。
そしたら、ロンドンに住んでいた頃を思い出す景色だったので、写真を撮りました。
景色

横道から入る地下鉄への駅は混雑してなくて、私達はロンドン郊外へ向かう電車に乗ったので、車内も混んでなくて、ラクチンでした。
乗り物

ここから車に乗って、約一時間。
家に着いたら、夜中12時半を過ぎた頃でした。


疲れたけど、とーーーっても楽しい一日になりました。
観に行ってホントに良かった。
Jぽんも、なでしこ絶賛してました。
澤選手のことをベストプレイヤーって言うとったよ。



そうそう。
長くなりついでに。

オリンピック始まって以来ずっと寒い日々が続いていたけど、ここ何日か温かくなって、特に今日は夏らしい、暑い良い天気でした。
夜になっても温かいままで、スタジアムに時折吹くそよ風が心地よかったです。
明日の閉会式まで良い天気が続くそうで、終わりよければ全てよし、の天気になって良かった☆


Jぽんは来週一週間休みを取っていて、二人でホリデーに出かける予定。
でもオリンピックが終わったら、天気がまた下り坂で寒くなるらしい。
どこに行くのかはいつものように未定で、今回は天気と相談しながらになりそうです。

明日から出かけるつもりなので、更新はしばらくお休みになります。
さ来週の月曜には更新できる予定です。
またたくさん写真を撮ってくるので、お楽しみに~☆

なでしこ決勝 その1

- 2012年08月09日(木) -

行ってきたよ、なでしこの決勝戦。
負けて残念やけど、そんでも銀メダル。
すごい良い試合やったね!!!


ではでは、大量の写真を載せるので、サーっとご覧くださいませ。

ウェンブリーパーク駅の改札を出た所から真っすぐ南に見える、ウェンブリースタジアム。
あー、テンションあがってきた~。
オリンピックだ~。決勝だ~。なでしこだ~。
景色

建物

試合は7時45分キックオフ。
ここに着いたのは3時過ぎ。なぜならネット購入できんかったチケットを現地で購入するため、早い目に来たのでした。
なので、まずはチケットを購入。

6時前には会場に入れるらしい。それまで時間もあるし、スタジアムの周りを散策するよ。
建物

スタジアム隣の、ウェンブリーアリーナ。あそこではバドミントンが行われてるんだって。
建物

警察の人達もたくさん。
人

スタジアムの正面から、地下鉄のウェンブリーパーク駅を見たところ。
まだまだ人は少ない。
人

スタジアム正面に立つ、イングランド史上最高のDF、世界最高のキャプテン「bobby moore」の像。
本日は、私達はこの日の最高額の席のチケットを購入した(それ以外のチケットが無かった)ので、この像の真後ろにある、ポッシュな入口から入るんだよ。
建物


まだまだ入場まで時間もあるし、お腹がすいたので、近くで何か食べてから入ることにして、まずは買い物へ。

アリーナ横で待機する選手たち。
人

サンドウィッチや飲み物などを買い込んで、スタジアム横の芝生で食べとったら、オモシロイ人たちを発見したので、写真を撮らせてもらったよ。
USA×日本。USAに日本刀を奪われとるではないか~!
人

入場時間を少し過ぎた頃。人出も多くなってきたよ。
人

一見、空港の入り口のようなスタジアム入口。
建物

入ってすぐに簡単な荷物検査と全身チェックされた。
とは言うても、ホントに簡単なもので、私の小さなバッグを開けて、上からチラッと見ただけで
「チョコレートとチョコレートと、チョコレートの入ったバッグね。ヨシ」
と通してくれました。
あんなんで良いのか?確かにチョコが入っとったけど、2つやし!

建物

景色

これが入口を入ってすぐのチェックしよるとこ。を、上から見たとこ。
人

会場内をウロウロしてー。
モノ

乗り物

試合が始まる前に、私はビールを一杯、Jぽんはコーラを一杯飲んで。
さぁ、本日の席はどの辺りなのかは、明日のお楽しみ~。

若いトウモロコシ

- 2012年08月08日(水) -

昨夜の女子200m走を観ながら、私が
「みーんな、今、ゴールしたけど、私があの中に入って一緒に走ったとしたら
 私は今、どこを走りよるくらいやと思う?」
って聞いたら、Jぽんが
「今、スタートしたとこくらい。」
って言うんで、ワロタ。

私が幼稚園~小学校低学年の頃くらいまで、かけっこの、あの「よーい、ドン!」の時のピストル?の合図が怖くてね。あの音を聞いたらしばらくスタート地点でボーッとなってしまって、周りの大人に
 「はよはよ、走らな」
と急かされたところで、我に返って、先を走る子供たちを追いかけるのでした。
この話を最近Jぽんにしとったので、そう↑言うたんやろうけど。
オモシロイね、この人。



そんで、本日のハーベスト。
野菜

左上から、小振りのレタス、ソラマメ、ラズベリー、トウモロコシ、コジェット、ビートルート。
下の段へうつって左から、ミント、ジャガイモ、タマネギ。です。

レタスとジャガイモとビートルートは、Jぽんの職場の仲良しさん(例の生姜シロップのレシピを教えてくれた人)と半分コ。あと、ミントは全部、彼へ。


そんで、トウモロコシは、収穫にはまだ若いのを知っとったんやけど、ホワホワの毛先を何かに食べられたり、横んところも鳥が突いたみたくなっとったので、採りました。
皮をむいたら、今まで見たことないような、ベビーコーンとの間、みたいなのがでてきたよ。
野菜

蒸して食べたら、青い味がした。

どうにかして美味しいことにできんかな?

なでしこ

- 2012年08月07日(火) -

先日の男子1500m走を観ながら、私が
「みーんな早い人ばかりが走りよると、ユックリ走りよるように見えるね。
 私もあの中に入って一緒に走ったら、3位くらいには入れるような気がする。」
って言うたら、Jぽんが
「あの距離、だいたい家から畑までの距離を3分半で走る早さよ」
って、分かりやすい例えを言うてくれて、ビックリした。

「スドゥーコががんばってチャリこいでも、あの人たちには追いつけん」
って言うていなはった。


すっげーーー。
あの人ら、スゴイね。
私が自転車で10分の距離を走って3分て。
どんなんなっとんだ~。



そんで、なでしこ戦はドキドキハラハラの良い試合やったね~。

それがね。
楽しみにしとったのに、どのチャンネルに変えても、なでしこ戦がない。
前回の試合はテレビで観戦できたのに、準決勝は中継ナシ?と嘆きながら、ネットで速報を観とったんよ。

その試合途中に、Jぽんが仕事を終えて帰ってきた。イギリスの旗を持って。
Jぽんが仲良しになったお店の男の子がくれたんだって。
モノ


中継をしよらんと私が嘆いたら「BBC Threeは?」と瞬時に言い当てて、前半を見逃した私は、その分も後半をこの↑旗を振りながら応援したのでした。

なぜそのチャンネルだけ見落としとったのか不明。



そんで、木曜の決勝戦の日は、Jぽんと一緒にウェンブリースタジアムに行ってきます。
とはいえ、ノンビリ屋の私達は相変わらずヘボいので、チケットが取れませんでした。

オリンピックのチケットは、まず公式サイトで購入をして、それを郵送してもらうか現地で発券してもらうかしか手段がないらしく、現地でチケットの販売は行ってないんだって。
けど、フットボールだけは、会場に余りチケットがあれば売ってくれるらしい。

実は、昨日の試合も観に行きたくてチケットをオンラインで探しとったんやけど、なくてね。
なのに、試合中に映る観客席にはたくさんの空席があるではないか!!

今回のロンドンオリンピックではこれが問題になっとって、スポンサー用に充てられた席が空席のまま、一般の人はチケット購入できないケースが続出やってね。
最近では幾分改善されたらしいけど、それでも、テニスのダブルス決勝だって行きたかったのに、結局チケットは購入できず、でも試合時の空席が目立った。

現地購入のできんチケットは行ったところで仕方ないけど、フットボールは例外らしいので、行ってみる価値はありそうやろ?
購入できんかったとしても、ロンドン観光してきたらええし。
ので、チケット購入できたら決勝戦をスタジアムで観てきます。
できんかったら、どっかのパブで観てきまーす。シクシク。

掘ったイモ

- 2012年08月06日(月) -

先日、「イモ掘った」って題名を付けたら、
 「掘ったイモいじくるな、を思い出しました」
ってコメントを頂きました。


ご存知の方も多いとは思いますが、
 「掘ったイモいじ(く)るな」は
 「What time is it now?(今、何時ですか?)」
に似ている有名な一文よね。


そういえばJぽんに言うたことがあるんよ。
ハッキリとした日本語らしい口調で、

 「掘ったイモいじくるな」

って言うたら、何回も聞き返された後、時間を教えてくれました。
あと、他にも

 「家内、屁をプー」

って言うたら、これは難なくクリア。聞き返されませんでした。
 「家内、屁をプー」=「Can I help you?(お手伝いしましょうか)」。



他にはー。
思いつきません。
何かあれば、Jぽんに言うてみるので、どしどしコメント下さいませ。




ちなみに、昨夜の観戦チケットは取れませんでした。
当たり前よ~。。ってみんな思ったろう?
私も。
シクシク。

しかし、テニスのアンディマリー、シングルスで快挙の金メダルがとれて良かった☆
心の底から拍手を送りました。
ダブルスは惜しかったけど。そんでも銀メダルやもんね。

あとはー。
100m走は、ヤマガタさん残念やったね。
今回の100m走の決勝は、史上初、世界最速の4人が同時に走るレースになったんよね、確か。
そんで、今回の金メダルをとったボルトが地球上で2番目に早いらしく、1番早い人は3年前って言うたっけ。なんかの試合の時のボルト、彼自身らしい。

人

メダルラッシュ

- 2012年08月05日(日) -

昨日のイギリスは、メダルラッシュでした。


その中でも、女子七種競技で金メダルをとった、Jessica Ennis(ジェシカエニス)が光っとった。
人

オデコも光っとるけど。
すっごいパーフェクトスマイル。
私好みデス。



昨日のこの陸上競技の観戦チケットを、当日リセールに出たのを見つけて買う気&行く気満々のワタクシに対して、二日酔いのJぽんは
 「明日(日曜)のチケット探して、明日行こうや~」
と、なんとヤル気のない返事。
 信じられん!!!!!

鼻息ブーブーしながら、そーとー力を入れて説得したのに、却下されました。
また当日リセールが出るとも限らんのに。
しかもお手頃価格のチケットやったのに。
日曜のチケットがリセールで出たって、高額の席しかないかもしれんやん?
その上、この昨夜の陸上では3つも金メダルが出たよ、イギリス。

あー、悔しいので、ここでグチらせてもらいました。



ほんでー。
今現在も、今夜の陸上チケットがリセールに出てないかチェックしながらブログ書いてます。
テレビは女子マラソンつけて。
雨が降りよるね、ロンドン。

午後からは、テニスのアンディマリーの試合、シングルスでもダブルスでも金メダルが掛かっとるね!
続いて試合出場てシンドイやろうな。
でも、少なくとも1つは金メダルとってほしいな。



あら!女子ダブルスが始まっとる!
あら!男子銅メダルのテニスマッチも始まっとるやん!ジョコビッチが観たい。
女子マラソンのゴールも観たいし。
忙しい~。


ところで、Jぽんはシンクロナイズドスイミングは興味ないんだって。
お金払ってくれるなら観るって言うた!
なんと失礼な。
ちゃんと観たことないけん、そんなこと言うんよね?
あんな大人数で一緒の動きをしたり、みんなで水中に潜って下から他の選手をジャンプさせたりするんやけん、スゴイんやけん!!って、これも鼻息ブンブンして言うといた。

あと、
「アイススケートは?いつ始まるん?」
って言うた。
スポーツのことなら、ワリとなんでもよく知っているJぽんの発言とは思いがたい。
「冬季オリンピックになったら始まるよ」
って教えといたけん。



こんだけ言うたら気が済んだ。
あ~、スッキリした。
みなさん、読んでくれて、ありがと☆

イモ掘った

- 2012年08月04日(土) -

昨日はジャガイモ掘りに畑へ行ってきたよ。

新ジャガで、母が教えてくれた料理をしてみようと思ってな。
小粒のジャガイモを茹でて、味噌と醤油と砂糖をからめて、テリッと仕上げるんだって。
美味しそうやろ。
説明の途中に「焦げ目が付くくらい」って入っとったんやけど、どこで焦げ目を付けるのか忘れたので、最後のテリッの所を、強めの火で仕上げて食べました。
Jぽんが、飲みに出かける前に「スゴイおいしい~!!!」って絶賛して食べよったよ。
簡単で美味しいレシピ、ありがと☆


そんで、本日のハーベスト。
野菜

と、これは家の窓際で育てているシソとミツバ。
野菜




テレビで、テニス観たり陸上にチャンネル替えたりと忙しいんやけどね。
さっき、男子100メートル予選で、ヤマガタさんが2位で予選通過したレースで、彼がゴールした後にカメラが彼に寄ってったらね。
日本人男子らしく、立ち止まって笑顔でお辞儀したんよ、カメラに向かって。
新鮮で良かった。
本番も応援しよっと。

パン焼いた

- 2012年08月03日(金) -

うちんちは、ブレッドメーカーでパンを焼くことが多い。
材料さえ入れれば美味しいパンが出来上がるので、とっても重宝してるんよ。

かれこれ一年?かな、そのありがたい機能に頼りっぱなしでパンを焼く日々やったんやけど、昨日、急に思い立って、ブレッドメーカーに粉を捏ねてもらった後、手で整形してオーブンで焼いたんよ。
キッチン

急に思い立ったワリには欲張りの3種類。
左のはプラムジャムを、右のはブラックカラントジャムを巻いて焼いた。どちらも自家製ジャムで砂糖少なめにしとったので、仕上げにグラニュー糖かけたら美味しくなったよ。
もう一種類はジャムは入れず、なんちゅーん。バターロール?みたいな形にして焼いた。バターロール風のパンは昨日の夕飯で食べてしまったので、写真ナシ。


夕飯は、ベジタリアン用のソーセージを焼いて、またまたBBCサイトのレシピを変えてスパイシーな味にしたレンズ豆と野菜の煮たモノを添えて、バターロール風のパンを一緒に食べました。
イメージ

これも昨日の記事同様、我が家の夕飯の写真ではなくBBCから拝借したもの。



なぜ急に思い立ってパンをオーブンで焼いたかというとーね。
この空を見よ!!!
景色

畑でまたジャガイモ掘ってこようと思って畑の方の空↑を見たら、アヤシイ雲が畑一面を覆っているではないか!!


あの雨雲が来る前に、チャリをスッ飛ばしてジャガイモ掘って、スッ飛ばして帰ることができるかしら??と妄想をしとる間に、雨雲はドンドン近づいてきとった。

ほんの15分でここまでやってきて、片道チャリで10分の距離やけん、こりゃ間に合わんかったなーと思いながら、パンを捏ねる設定をしたのでした。
景色




ところで、ベジタリアン用のソーセージって、私達は菜食主義者?と思ったろう?
昨日の記事のフィッシュパイもチーズは使わんかったし。
あ、魚は使っとるけん、ベジタリアンとは思ってないか。


私が日本に帰っとる間やったかな。
Jぽんの血液検査で、コレステロール値が高いって結果が出たらしく。
ついでに、私も日本におる間、ずーーーーーーーーーっと体調がすぐれんくて(あの遊び呆け具合ではみなさんそう思われんかもしれんが)、姉が「血圧計ってみ」って勧めるんで計ったら、なんと高血圧やってね。
病院で、血圧の薬を出されたりしとったのでした。

で、こっちに帰ってきてからも、食生活に気を付けて、塩分控えめ+野菜中心の食事をしとるんよ。


その結果、先日のJぽんの血液検査の結果は、とてもヨロシかったらしく、先生に褒められたってー。
私の血圧も、こっちに帰ってワリとすぐに血圧計を購入しまして日々計っとんやけど、購入日以来、ほとんど標準値以下。2~3回くらい標準値より高い時もあったけど、それもほんのわずか高いだけやったし。
だいたい、日本滞在の時みたく体がしんどくない。



と、そんなこんなで、「健康第一」と心底思うようになってきたのは、年をとってきた証拠なのよねーと思うスドゥーコでした。

フィッシュパイ

- 2012年08月02日(木) -

昨日、お魚が安かったので、買ってきてフィッシュパイを作りました。

フィッシュパイって日本では聞いたことなかった料理かも。
身の厚い魚2~3種類を3~4cm四方に切って、ホワイトソースで絡めたものをグラタン皿に入れて、それをマッシュポテトで覆い、オーブンで焼く。これが一般的なフィッシュパイかと思う。

けど、「マッシュポテトを作って、それで覆う」というのが面倒に思う私は、BBCのレシピをちょっと変えてよく作る。
イメージ

これは我が家の夕飯の写真ではなく、BBCから拝借したもの。
マッシュポテトで覆うのは面倒やけど、今回は新ジャガもあることやし、ジャガイモ茹でて魚と一緒にグラタン皿に入れました。


【材 料(4人分)】
切り身魚300~400g バター30g
 プチトマト10~15コ小麦粉50g
ホウレンソウ500g牛乳600ml
ジャガイモ中2コチーズ50g
チーズ50gコショウ少々
パン粉適量ブイヨン1コ

【作り方】
 1.の材料でホワイトソースを作り、冷ましておく。
2.ジャガイモをサイコロ切りにして茹で、冷ましておく。
3.魚は皮を取って骨も除け、3~4cm四方に切る。
プチトマトは半分に切り、ホウレンソウは3cmくらいのザク切りにする。
4.グラタン皿にトマト(半量)を並べて、その上にホウレンソウ(半量)を敷いて、魚(半量)を並べる→ホワイトソース(半量)→トマト→ホウレンソウ→ジャガイモ→魚→ホワイトソース、と重ねて、チーズとパン粉で覆い、170度のオーブンで20分、最後の10~15分を190度に上げて、キレイな焦げ目が付いたらできあがり。

今回は、チーズを使わんかったんよ。ホワイトソースにも仕上げにも。
ホワイトソースには、チーズの代わりにハーブを入れたよ。オレガノとセージ。
プチトマトがなかったので、代わりにセロリを切って入れても美味しかった。

今回使った魚は、鮭・タラ・タラの燻製の3種で、「フィッシュパイミックス」として切り身が1つのパックに入って売られてました。


とっても美味しいし簡単なので、是非お試しあれ☆

「巣箱でこれ何か?」の答え

- 2012年08月01日(水) -

さてさて。
みなさん、いつもご参加いただきまして、ありがとうございます。

「Cromford Canal」を歩いた時、運河沿いにあった巣箱。
景色


答えは、「コウモリ」の巣箱でした~!
正面に出入り口の穴が無い代わりに、底面が開いていて、そこから出入りするらしい。

コウモリに巣箱なんて作ってやらんでも、どっかの洞穴にひしめき合うようにおるんちゃうん?と思うけど、そういえば洞穴なんてこの辺りにありますっけ。。
何年か前に歩いた、ウェールズとの境界あたりの自然公園でも見かけたのを覚えてます。

今回は、正解を答えた人はいませんでした~。
間違えた答えを書いてくれるとウレシイ。イヒヒ。
なんせ、参加してくれてありがと☆



そんでー、あっと言う間に8月になりましたよー。
今夏は天気もイマイチで、まだキャンプにもどこにも出かけていないので、Jぽんが「ホリデーを!」と呪文のように唱えてます。
8月の第3週に一週間の休みを取ったそうなので、どっかに行く予定。
どこに行くかはいつものようにまだ決めてません。

どっか行ったら、その先で「これ何か?」を探してくるので、またご参加願いま~す☆


最新記事