入口脇の、これ何か?

- 2012年10月31日(水) -

建物の入口脇にあるモノ、これ何か?
モノ

その右にあるのは、犬のための飲み水。
モノ

こんなタイプのもあるよ。
モノ

モノ


さて。
これらは、何のためにあるでしょう?

角煮と渋皮煮

- 2012年10月30日(火) -

昨日は、豚の角煮を作りました。
下茹でした時の茹で汁を使って、栗とマッシュルーム入りの炊き込みご飯も作りました。
そんで、栗の渋皮煮も初めて作りました。

時間かかったけど、手間は大してかからんし、何よりとっても美味しかった。
Jぽんは、栗入りのご飯を初めて食べたそうで、感激しとったよ。
秋満載のご飯!!!って、すーごい褒めてくれた。

で、残ったご飯は、今日のランチに持って行きました。
栗の渋皮煮を乗せて。
↑この辺りのセンスが私には分からん。



ところで関係ないけど。
今朝、何気に布団の中で日本語を想い巡らせよってね。
「台所」って、なんで「台」なん?
ってとこから始まって、疑問が沸いてきた。

台所、居間、寝室って、どれも部屋の名前やのに、
なんで、台、居、寝なん?
エライお父様の勉強部屋(←そういうイメージ)に至っては、書やし。
なんで、「室」に統一するとかせんかったんかね?

サマータイム終了

- 2012年10月29日(月) -

昨日からサマータイムが終わって、日本との時差が9時間になったよ。
こっちは時計を一時間遅らせるので、昨日は一時間、得した気分で、朝からユックリしたよ。

時計を見る度に、
「ホントなら、今○時やね」
とJぽんと言うとった。

お腹がすくのも眠くなるのも一時間早かった。
夜10時半には大あくびが出て、
「そうか、今はホントは11時半やもんな」
と思ったりして。


そんで、今朝、洗濯機のスイッチを入れたのが9時。
「ホントなら8時やな~」
と思った途端、火花が出た。
洗濯機の足元の辺りから。


洗濯機がコワレたよ~。
ウンともスンとも言いません。
しかも洗濯機のドアのロックがかかったままで、中のモノも取り出せません。
えーん。
どうしたらええんだー。

マッシュルーム&栗

- 2012年10月27日(土) -

昨日は、Jぽんの足の病院に行った後、Jママんちに行って、その後、まーたマッシュルームを探しに行きました。
また?って思うやろう?
けどな、これが美味しくて。あっと言う間にペロッと平らげてしまうんよ。

Jぽんが運転できんので、私が運転して、先週末に行った草原へ行ってきたよ。
そしたら、これ↓見て!!
キノコ

キノコ

キノコ

アッチにもコッチにも、「shaggy parasol(シャギーパラソル)」がいっぱい~!!!

しかしここは、その辺りの草原とは違って、大きい大きい学校の敷地内。
たまたまその外を歩いとったら、垣根の向こうに見えたんよ。

ちょうど、学校の管理人さんが歩いとったので、
「キノコ採ってもよい?」って聞いたら、
「誰も気づかんと思うけん、好きなだけ採ってお行きなさい」
って快諾してくれて、遠慮なく採ってきました。


学校の校庭にあるステキな街路樹。Jぽん曰く、ローマンの道なんだって。
景色


栗も採ってよいって言うてもらっとったので、栗拾いもしました。
野菜

野菜


本日の収穫。
キノコ

こんなに↑キノコ採ったん?遠慮なさすぎ!と思うやろう?
けど、まだまだまだまだいっぱいあったんよ。ほんの片隅にあったのだけ採らせてもらって、これだけあるんよ。


実家辺りで見る栗よりも一回り小さいけん、芝栗ってことにしとこうか。
野菜


土曜の朝食に、マッシュルームのバター炒めと温泉卵、3時のオヤツに栗のオーブン焼きを食べました。
美味しかった~。

Jぽんのヒザ

- 2012年10月26日(金) -

昨日、Jぽんはヒザの手術を受けました。

一年以上前やったかなぁ。
Jぽんはマラソンとか好きで、よく長距離レース?みたいなのにも参加して走りよったんやけど、ヒザが痛くて走れんなっとったんよ。
あら、どうしよう。2年半前3年半前が最後よ、ハーフマラソンに出場したの。途中、ヒザが痛くて歩いたって言うとったの。
時が経つのは早いわー。

というか、なんで手術するのがそんなに遅いのか、イギリスの医療事情の悪さには驚くやろう?


当日の朝、7時15分までに病院へ入ったら、午前中に手術を受ける人達が6~7人ずつのグループに分けられて、処置室みたいなところに入って行った。
付き添いの人は、待合い室で待たせてくれんらしいので、私は病院内をウロウロしたり、持参の本を読んだりして時間をつぶした。
昼前には「手術が終わりました」って病院から連絡があったので迎えに行って、一緒に帰ってきたよ。


手術前に印を描かれたらしい。…ただの相合傘やったりして。
人

痛くもなんともないらしく、手術の後からすぐ、ワリと普通に歩いとったのには驚いた。


そんで、翌日、近くのかかりつけのドクターんとこに、消毒してもらいに連れて行きました。
日本の病院と同じような感じやろう?
建物


で、Jぽんは、もう包帯を外されとった。
包帯の代わりに、膝上から足元まである、きついゴツめのレギンスみたいなのを履いとるよ。寝る時には脱ぐらしく、ヒザの手術した所には、透明のテープが貼られてあって、手術跡が見えた。こういうのを見ると、オシリがモゾモゾなるよね。
そんで反対の足には、エコノミー症候群かなんかの予防のために、ピッタリした靴下を履いとる。寝る時にもこれは脱がんらしい。


えー、ホント?
みたいな話やろう、何もかも。

- 2012年10月25日(木) -

先日、鮭を丸ごと買いました。
内蔵は取ってくれとるけど、頭もウロコも付いとるので、流しに置いたら、こんなんなった。
キッチン

キュウクツそう。

三枚におろして、アラでスープした。
和風の味付けにマッシュルーム入れて、栽培中のミツバも入れたら、ホッとする味になりました。



ずいぶん前に書いた、出前一丁のカップヌードルはね。
赤いの(胡麻味)は、日本で食べるのと同じようなモンやった。美味しかったよ。
青いの(海鮮味)は、味が濃いというか、イマイチやった。のでコレは次は買わんな。

キノコ三昧

- 2012年10月24日(水) -

先週の日曜日、またキノコ探しに行ってきたよ。

いつもと違う草原で、いつもと違うタイプのキノコを発見。
キノコ

このキノコ、輪っかになって生えとる。
これを「fairy ring(フェアリーリング)」って呼ぶんだって。
「fairy ring(フェアリーリング)」
妖精たちの舞踊の跡と信じられたことから、草地の中にキノコのために環状に生じた暗緑色の輪のこと「妖精の輪」と表現される。

日本語では「菌輪(きんりん)」。
菌輪とは、キノコが地面に環状(あるいはその断片としての弧状)をなして発生する現象、あるいはその輪自体のことである。菌環(きんかん)とも呼ばれる。


これ、ホントに暗緑色の輪に沿ってキノコができとるよね。不思議~。
キノコ


この草原には、この種類のキノコがたくさんあったけど、美味しそうに見えんかったというか、柄の部分が青紫の筋状のアヤシイ色。誰も採った形跡もないし、毒キノコに違いない、と私達も採らんかった。

家に帰って調べたら、「field blewit」とか「blue-leg」とか呼ばれる、食べれるキノコらしい。
よーくよーく調べて、Jぽんと二人でそうに違いない、と思う。
でも、食べてみる勇気はないかも?
とJぽんと悩み中。



今日も一日中、霧に覆われた暖かい日。
キノコが好きそうな気候です。


10月21日の「ボビー帰る」を更新しました。
ボビーがおるのに慣れてしまったので、おらんのに、つい一瞬、探してしまう。
ブログを更新しながら、つい後ろを気にしてしまう。
えーん。寂しいわー。

- 2012年10月23日(火) -

ここ最近、暖かくて霧の出る日が続いとってね。

火曜の「Fog」と水曜の「Mist」は、どちらも「霧」。違いは下の通り。
 Fog可視1km未満
Mist可視1km以上2km未満

イメージ


そういやJぽんが「今週終わり頃から寒くなる」って言うとったの、ホントや。
冬が来る~。

ボビー帰る

- 2012年10月21日(日) -

もうスッカリ秋の景色やねー。
景色


そんな本日、ボビーを連れてボビーの飼い主、スピーズ&リンダんちへ行ってきました。
ボビーは久しぶりにご主人さまに会えてうれしそうで、そんな姿を見るのもまたウレシかった。

お茶しながらホリデーの写真も見せてもらったりして、そんで、留守中のボビーがどんなにおりこうさんやったか、私がどんなに彼にメロメロになったかも熱く語ったよ。
そんでな。
私がトイレに立ってね。用を済ませてトイレのドアを開けたら、そこにボビーが伏せして待っとってくれてね。うちんちでそうしてくれとったんと同じように。
もう、ホントにこう心のどっかをキュッと掴むようなコトをしてくれるんで、そのまま連れて帰りたかったわー。

で、「またいつでも預かります」と念を押しつつ、後ろ髪をひかれる思いで車に乗りました。


そんで、ウサ晴らしに、その足でJぽんとマッシュルーム探しに行ったよ。
Jぽんが、「あの木の上に何かおる!」と田舎道で車を止めてジーッと木の上を眺めとったらな。
その足元にあるのは、それ、あなた、キノコじゃないの!!
ここ最近、キノコの本を熟読しとるので、二人で声をそろえて
「parasol mushroom(パラソルマッシュルーム)やん!」って言うた。
キノコ

家に帰って本と見比べたら、「shaggy parasol(シャギーパラソル)」って呼ばれるモノで、どちらであっても無毒。
私はこのタイプのキノコは初めて食べるので、楽しみ☆

その近くで見つけた、普段よく採るフィールドマッシュルームも採って、キノコ三昧。


その後、近くにある古い橋を見に行ったよ。
景色

この草原には、マウンドって呼ばれる古墳が二つある。金銀財宝が入っとるんだって。
動物

昔、この場所は重要な場所やったらしくて、この川にもお宝が沈んでいるというウワサらしい。
景色


お宝、欲しいなー。
まぁそんでも、今日は食べれるお宝を見つけたことやし、ヨシとしよう☆

ボビーのお願い

- 2012年10月20日(土) -

今日も、畑の裏の川は増水中。
Jぽんとボビーと一緒に、また同じ川を見に行ったよ。

昨日の橋の写真の、橋を渡った所。
景色


またマッシュルームを探しに、先週と同じ草原へやってきたよ。
ボビーは果敢にもこの大木を持ち上げようと奮闘しとった。
動物

収穫は大きめのマッシュルーム1つ。炊き込みご飯の具にしたよ。

家へ帰る前に、近くの教会を散策したよ。
建物

建物




明日、ついにボビーが帰ってしまう。
動物

毎晩、こうやって↑私の膝の上に顔を乗せたり上半身を乗せたりしてくつろいどったのが、おらんなるのは、
さーみーしーーーー。

こうやって↓気持ち良さそうに寝とるのが見れんなるのも、
さーーーみーーーーしーーーー。
動物



ボビーが「もう一週間お泊りしたいです」って言いよるって、返さんとく?
と、Jぽんと相談中です。

洪水

- 2012年10月19日(金) -

昨日は、昼からボビーを連れて畑へ行ってきました。

まーたラズベリーを収穫して、あとは草引きしたくらいかな。
その間、ボビーは長い棒を咥えて、アチコチをウロウロして遊んでました。


夕方、Jぽんが仕事帰りに迎えに来てくれるので、その前に、畑の裏を流れる川を見に行ったら、なんと大洪水。
歩道が水に浸かりそうなことになっとる。
景色

この上の写真↑の真ん中あたりにある看板よりも向こう側が川のはず。
川の向こうの草原も、冠水して湖みたいになっとった。


この橋↓の下が川で、橋の向こうは歩道が続くはずなのに、一面が水浸し。
景色


こんな感じで、この辺りの洪水は、日本の川のようにザブザブ流れず、川幅が広がったり、草原が湖のようになったりする。
このまま雨が続くと、洪水の被害が続出するんだろうな。



この日のこの景色は、川の水位上昇を見に行ったのではなく、たまたまなんとなく久しぶりに川を見に行こうという気になって、この洪水を見て初めて「そういえば前日の夜中に豪雨の音がしとったわ」と気付いたのでした。

アガサ劇場

- 2012年10月18日(木) -

最近、ボビーのことばーっかり書いとるんで、たまには違うことを。


ちょっと前に、アガサクリスティーの「The Mousetrap(邦題:ねずみとり)」を観てきたよ。
今年で60周年を迎えるにあたり、イギリス全国ツアーを行っとってね。私達の町にもやってきたので、Jぽんと一緒に観て来たよ。
「The Mousetrap(邦題:ねずみとり)」
イギリスの女性推理小説作家アガサ・クリスティの戯曲。
1952年11月25日、ロンドンのウエスト・エンドにあるアンバサダーズ・シアターでの初演以来、現在までロングランを続けており、世界で最も長い連続上演をしている演劇として知られる。

推理劇であるため、当初からカーテンコールの際に筋書きの結末を漏らさないようにと観客にお願いをしているほか、慣れで演技をしてしまわないよう定期的に役者や演出家を入れ替えている。
観客にはリピーターが多くおり、1度観た観客は2度目にはほとんどが自分の子供を連れて観に来るという。



BOX OFFICE(チケット売り場)でチケットを購入して。
建物


演出がすごい良くてね。
古いお屋敷の応接間が舞台で、家具の配置や装飾がウマいのはもちろん、窓の外の薄暗い雪の降る日の感じや、雪が積もる様子、それから小窓を一つ開け放ったままの無人の舞台に響く暗闇からの吹雪の音が、「ああ、あの小窓から冷気が入ってくるー」って、会場全体までが冷え込むような気になった。

公演中の舞台は撮影禁止なので、残念ながらコレ↓は某サイトより借り物。
イメージ


前半と後半に分かれていて、途中の休憩時にはグラスワインも飲んだりして、雰囲気もちゃんと味わったよ。


アガサさんお決まりのミステリー、殺人事件の犯人は誰だ?ってストーリー。
これまた思わぬ人が犯人で、私は一度は疑ったものの、違う理由を見つけてしまって、でもこれも犯人の計算やって。
まんまと騙されました。



コレ↓は、舞台も終わってみんなが帰りよるとこ。
このシアターは新しい建物で、日本の映画館を思い出した。
建物

Jぽんがしきりに
「また隣町のシアターにも何か観に行こう」
と、古いステキなシアターへ行きたくなったようです。

なんせ、久しぶりの演劇、観に行ってとっても良かった。
今度は何を観に行こうかな。

ボビーな日々

- 2012年10月17日(水) -

犬がこんなにカワイイとは、知らんかったー。
と、ボビーに参りっぱなしのスドゥーコです。


ところで、今、昼12時前。

ボビーは、今朝チラッと起きて私の顔を見にキッチンへ来た後、用意したばかりのエサにチラッと横目をくれて、そのまままたボビー専用布団へ潜り込んでしまいました。
トイレにも行かず、朝ご飯も食べず、グウグウ眠ってます。
動物


どっか悪いんじゃないかと心配するやろう?
でも、コレにはワケがありまして。


今朝、まだ暗いうちに、リビングで寝ているはずのボビーが吠えた。
熟睡中のJぽんに
「あれ、ボビー?」
と言うと、ベッドを飛び出して叱りに行くJぽん。

今までも、窓から外を眺めていてネコが通ると吠えることはあったんよ、ボビー。
でも、夜中に吠えることは初めてやったんで、昼間が運動不足で眠れんのかとベッドの中でヌクヌクとしながら考えよったら、Jぽんが一向に戻ってこん。
「ちょっと待って」
って言いながら、引き出しを開けたり閉めたりしよる音も聞こえる。

 何しよんだろうか?
 待てって何を待たせよるん?

と思ったら、寝室のドアが開いて

「ボビーがハマッて動けんなっとる」

って言うんよ、Jぽんが。
ど、どこに??!!ハマった??
と私も慌ててベッドを飛び出し、リビングへ行ってみると。


そこには、布団カバーに絡まったボビーが困った顔して立っとった。
どうやら布団とカバーの間に潜りこんでしまって、ちょっと開いた穴をどうにか大きく破いて顔を出した後、そこでハマってしまい、前にも後ろにも行けなくなった模様。
立ち往生とはこのことか。
大きい布団を背後に、顔だけ出した犬。

ベッドに戻って、思い出しては可笑しかった。


たぶん、布団との格闘をずいぶんと長い間しとったんで、寝不足なんやと思う。
お腹が空いたら起きるやろうし、昼からは畑にでも行ってきまーす。

ボビーと畑

- 2012年10月16日(火) -

先週土曜は、畑へ行ってきたよ。
Jぽんと行く時はいつも車で行くけど、今日はボビーの散歩を兼ねて歩いて行ってきました。


畑に着いて、探検中のボビー。
動物


双子のラズベリーを発見。
フルーツ



そうそう。
ボビーは、散歩好きのイギリス人に飼われているためか、散歩が大好きみたい。
オジイサンなのに軽快に歩くよ。
それから、紅茶を一日10杯以上も飲むイギリス人に飼われているためか、紅茶も好きなんだって。
Jぽんが水筒に入れて持ってきとった紅茶を分けてもらって、ボビーはご満悦やった。



畑からの帰り道、塀の上にリスがおったよ。
動物

なんだか最近、動物の写真ばっかりやな。

音速

- 2012年10月15日(月) -

見た見た?
オーストリア人の男の人が、39kmの高さからスカイダイビングして、音速よりも速い、時速1,342kmの最高落下速度で、世界記録を更新したらしいね。


前日にJぽんから、この人が24マイル(39km)の高さスカイダイビングをするって話を聞いとって、
「39kmの高さって想像ができん」
としか私は言わんかったけど、「例えばビルの何階?」って聞かんで良かったー。
ニュースには、
「旅客機が飛行する通常の高度より3倍以上も上空の高度」
って書いてある。詳しくはこちら >>


音速より速く移動しても生きとれるんやね。
なんか、こう、タイムマシーンみたいな、なんか変な次元に行ってしまいそうな、そんな感じがする。
アホがバレるけん、このくらいでヤメとこーっと。

運河→マッシュルーム

- 2012年10月14日(日) -

今日は天気が良いので、ボビーを連れて散歩に行くよ。

家のすぐ前の運河沿いを歩いて。
動物

教会跡を通り過ぎて。
動物

車道も少しあるいて。
動物


ここ↓、ローマンロードの一部なんだって。
ローマンロードとは、約2000年前にローマ人によって造られた道路。
ここから、どこそこの街へ向かって、真っすぐ造られてウンヌンカンヌンと、Jぽんはいつものようにローマンのロマンについて熱く語っておられました。
景色


森に入って、日当たりの良いベンチで休憩した。
私達はミカンを食べて、ボビーはボビー用のオヤツを食べて。

そうそう。
このボビーはカワイイ顔して、もう…12才って言うたっけ。忘れたけど、なんせオジイサン。で、耳がかなり遠くなっとるらしい。
動物

森の中で迷子になりかけてね。
呼んでも反対方向に走って行くんよ!見失って、私、そーとーアセった。
見つけた時、ボビーはすました顔しとったけど。

その後、いくつか草原を越えて。
景色

また車道を少しだけ歩かんとイカンかってね。
車の通りが多いんで、生い茂った草むらを歩こうとしたらボビーが激しくイヤがって、あっ!と思ったら首輪が抜けて、車が走る車道に向かった!ギリギリのところでJぽんが抑え込み、更に嫌がって噛むそぶりを見せて暴れるボビーを私がマタで抱え込み。
もう、噛もうが何しようがカマンとこっちも必死。
結局、ボビーは一度も誰も噛まず、すぐ大人しくなった。
もう~。
しばらくは、胸がしんどかった。ため息が何度も出たけん。


みんなで気を取り直して、車に気を付けながらボビーにも気を付けながら。
あの↑時を境に、お互いの関係が変わったというか、遠慮がなくなった。少なくとも私は。


そんで、先週もやってきた草原に着いたよ。
リードを外して元気よく走るボビー。
動物


先週も会った馬。覚えていたようで、向こうから駆けてきたよ。
撫でて撫でて~って今日もされた。なんなん、馬、カワイイやん。
動物


私達がマッシュルームを探しとる間、ボビーは手頃な棒を探してきて、ガリガリ噛んで遊んどった。
動物

本日のマッシュルームの収穫は、先週の半分。
誰かが採った後の更に誰かが採った後の更に…の、取り残し見逃し、みたいなのでした。

運河へ戻ってきて、近くのパブの庭で一杯飲んでー。
ここから運河沿いを歩いて、約一時間で家に着くくらいかな。
景色


このひと際大きい馬は、昔、運河に浮かぶボートを牽引していた種類の馬。
私達が散歩しているこのトゥパスって呼ばれる歩道は、もともとはこの牽引する馬が歩くために造られたもの。
動物


運河に映る空がキレイ。
陽が沈むまでに家に着くかなー。
景色


もう少しで家となった辺りで、それまで私達にピッタリくっついて歩いていたボビーが、随分先を歩き始めた。
家が近くって分かるんやね。
エライよね~。
景色


ボビーは家に帰るなり、いつもの夕飯の1.5倍の量をペロリと平らげ、ボビー専用布団でグッタリぐっすり眠って動かんだろうと思いきや、私達の夕飯が終わるのをテーブルの下で待ち、終わったらソファーに一緒に座ってくつろいどった。


なんてカワイイんだ、犬って。


 本日の歩数:30981歩。

地図でだいたいの距離を計ったら、12マイル(約19km)。
先週のテムズ川沿いの1.5倍の距離を歩いとるのに、不思議と腰も足の裏も痛くない。
犬と一緒に歩くと違うのかしら?

カレー

- 2012年10月13日(土) -

うちには、今、こんだけの各種カレーが揃ってます。
キッチン

この間の里帰りの時に買って帰ったのと、先日、実家からの小包に入れてくれとったの。


一昨日、Jぽんの友達のクリーシーが泊まりに来たので、日本のカレーを作ってふるまいました。
たいそう口に合ったらしく、お代わり3回しとった。
Jぽんに至っては、翌日のランチにも持って行きました。


ちなみに、一番手前の「バリ辛」は、まだ試してません。
夏季限定なのに。
もうイギリスは冬の寒さが来とるのに。

ランナービーンズ

- 2012年10月12日(金) -

隣の畑のニックが、ランナビーンズをくれた。
「育ち過ぎたかもしれん」と言うとった通り、サヤごと食べれるマメなのに、サヤはシッカリ固くなって中のマメは大きく丸々なっとる様子。

なので、中のマメを取り出して、マメだけを食べることにしたよ。
野菜

ツルっとピカッとなって、美しい~。
野菜

というか、こんな派手なピンクのマメって日本では見たことないかもー。

これを煮ると、血色が悪い感じの薄紫色になって(その瞬間「あ、死んだ」と思ってしまった)、その後、薄い黄緑色になった。
不思議~。




預かり中のボビーは、おりこうさんにしてくれてます。
今日は天気も良いし、畑まで一緒に歩いて行こうかな。

ボビー

- 2012年10月11日(木) -

昨日の夜から、友人宅のボビーを預かり中。
動物

ホリデーに出かけるんだって。来週土曜に帰ってくるので、それまでウチでお預かり。

それとは別に、近所のハリーもホリデーで一週間留守にしてます。
その間、飼い猫のエサと水を見に2~3日に1度、ハリー宅へ行ってます。


みーんなホリデーに出かけて、私達はペット達とお留守番。
ああ、不憫だわ。
なので、お留守番同士で仲良くしてます。




10月7日の「マッシュルーム採り2」を更新しました。

名前の由来

- 2012年10月10日(水) -

花


「オックスフォード」の名前の由来、知っとる?
雄牛「ox(オックス)」が渡ることのできる浅瀬「ford(フォード)」って意味なんだって。


「(川や湖水などの徒歩・馬・車などで渡れる)浅瀬」の意味を持つ「フォード」が付く地名は、その通り川沿いに多く、先週末の散歩のスタート地点「Swinford」も、そう。
豚「Swine(スワイン)」が渡ることのできる浅瀬「ford(フォード)」って意味なんだって。
きっと、オックスフォードよりも浅くて、牛よりも小さい豚も歩いて渡ることができるってことなんやろうね。



10月6日の「THAMES PATH 1(Swinford - Osney)」を更新しました。

草原の入り口で見た、これ何か?の答え

- 2012年10月08日(月) -

みなさん、「これ何か?」に参加してくれてありがとう~。
週末は久しぶりにお天気が良かったので、遊び呆けていて、答えが遅くなりました。

草原の入り口で見た、道路にかかる金属の柵、これ何か?の答えはーね。
景色


「cattle grid(カトルグリッド)」と呼ばれる、家畜が通れないようにするモノでした。

今回の正解者は、
カワイさん、かわのえさん、大根の足さん、ふくさんのお嬢さんの4名でした。

メガネ屋さんのお二人ともが正解よ。何で知ってるん?
メガネ屋さんの入り口にもあるんだろうか。。
それとも、付けると答えが見える秘密のメガネがあるんだろうか。。



週末の散歩でも、カトルグリッドを見つけたので、写真を撮りました。
ココ↓は、道路の両脇に柵もないし、近くに放牧されとる羊たちは、この一帯、どこへでも行ける感じでしたが。
景色

ここは丸い棒状の柵だったので、ツルっと滑らんように、気を付けて歩きました。
モノ



しかし、四足の動物がココを通れんのって、なんでやと思う?
前足は目で確認しながら歩けるけど、後ろ足は見えんってことなんかな?



なんせ、またの「これ何か?」をお楽しみに~☆
みなさん、また参加してね。

マッシュルーム採り2

- 2012年10月07日(日) -

日曜は、Jママんちの庭にある納屋の屋根の修理をJぽんと一緒にした後、夕方から、近所の草原へマッシュルームを探しに行ってきたよ。


川の向こうに馬がおった。
動物


先週の連日の雨で、増水した川。
景色


そんで。
つ、ついに、念願のマッシュルームを発見~☆
キノコ

あら、あの向こうのんは、近くに放牧されとる子牛が食べてみたんやな、きっと。
キノコ

うぉーーーー、いっぱい隠れとる~!!!
キノコ

キノコ

と、テンションもスゴイ上がりまして、スーパーのナイロン袋に半分くらい採れました。
今回は前回と違い、題名に違わず「マッシュルーム採り」となりました☆



そんで、来た道を引き返すと、川の向こうにおった馬が近づいてきたよ。
動物

Jぽんの、えーっと。オッチャンのクサイとこ、ですっけ?やすろぐさん。をニヲわれよった。
動物

で、スドゥーコの薔薇のカヲリのとこも、ニヲわれよった。
動物

もとい、これはニヲわれよるのでは無く、腕をグイグイ押されよるとこ。
Jぽん曰く、撫でて欲しいんだって。

…なんで、モノ言わん馬の気持ちが分かって、乙女心が分からんのかはナゾやけど。



馬大好きのJぽんの気が済んだので、別れを告げられた寂しそうな馬。
動物



空を見上げると、また日暈が出とった。
景色

動物

この羊がスマしたポーズでコッチ見とったので、写真撮ったよ。
動物


そんで、夕飯を作って待ってくれとるJママんちにまた戻った。

外で遊んで帰ってきて、暖かい家に入ったら、優しいオカンと美味しい匂いが待っていてくれて、なんとも幸せに満ちた瞬間でした。

お腹いっぱい夕飯食べて、みんなでクロスワードしたりテレビ観たりしてマッタリした、よい1日でした☆

THAMES PATH 1(Swinford - Osney)

- 2012年10月06日(土) -

今日は、ロンドン中心部を流れる、あのテムズ川の上流を散歩するよ。

この写真↓の奥に見える橋「Swinford Bridge」は、この辺りでは珍しい有料の橋。
この橋については、後日また触れることにしてー。
今日は、この橋を渡った所から、テムズ川沿いを下ってオックスフォードへ向かうよ。
景色

テムズ川にある、川の高低差を解消するロック。
うちの近く辺りにある小さな運河のロックとは、大きさが違うなぁ。
景色

歩いてきた所を振り返ったとこ。
会心の一枚が撮れてしまった。
景色


先週はずっと雨続きやったので、川も増水しとるし、散歩道にも水たまりが多い。
景色


テムズ川沿いに群生する笹を発見。Jぽんと笹舟を作って、川に流したよ。
景色


草原の向こうには羊たち。
空には気球も上がって、なんとのどかなことか。
景色


ここにもロック。確かここがオックスフォード運河へ流れ込む支流のある所やったと思う。
景色


この味気ない橋は、交通量の多い主要道路A34。
毎回このA34を通る度、「ここテムズ川」って言わずにおれんJぽんが「あの場所を歩いとる~」とウカレとった。
景色


右手に見えるのは、修道院廃墟。
景色

この廃墟もジックリ見たかったけど、この辺りで実は私達、アセってました。
なぜって、本日の目的地オックスフォードに、一向に近づかん。
1マイル(約1.6km)前の道しるべに「オックスフォードまで、あと2マイル」って書いてあったのに、ここにも同じ距離が書いてある。
オックスフォードの「Osney」って場所まで行きたいけど、あとどんくらいで着くのかも分からん、その「Osney」から今日の出発地点までバスで帰りたいけど、土曜日のバスの運行状況も知らん。ひょっとして最終便を逃したら、どうやって出発地点まで帰るか考えても無いし。


で、このすぐ後にあったロックの管理人さんに聞いたら、その「Osney」は2.5マイル先。1時間も歩いたら着くらしい。
この時、もう5時を少し過ぎた頃。暗くなるまでには街に着けそうなので、まぁなんとかなるだろう。


散歩道には、たくさんの人達と牛たち。
動物


この辺りは川幅が広くて、流れがゆっくりしとった。
景色


この橋で川が2つに別れていて、一見、川面は穏やかに見えるけど流れは速そうで、ちょっと怖かった。
景色

景色

景色

景色

景色

この橋へ上がった所が、私達が目指していた「Osney」の街でした。
しかも後で地図を見たらオックスフォード駅のすぐ裏で、心配していたバスも夜中まで走っているらしい。
そうとは知らず、バス停で時刻表を探していると現れたバスを止めてそれに飛び乗った私達。
オックスフォードを堪能することなく、家路に着くのでした。
景色

スタート地点の橋の上から見た、今日歩いたのとは反対方向の景色。
次回はあっち向かって歩くぞー。おー。
景色

帰りに、私のお気に入りのパブで一杯飲んでー。
pub


ケバブをお持ち帰りして、お腹いっぱい食べてご機嫌さんになった。

久々の良い天気に、キレイな景色を見ながら散歩して、美味しいもの飲んで食べて、贅沢な一日でした☆



今日の歩数 : 20199歩

足の裏と腰、いてー。

草原の入り口で見た、これ何か?

- 2012年10月05日(金) -

昨日の牛たちに睨まれた写真、私もなかなか勇気があると思ったやろう?
それもそのはず。

牛と私達の間には、柵があったんでした~☆
動物




そんでは、この日に行った、別の草原の入り口で見つけた、私の実家付近では見たことのないモノで、これ何か?

草原に続く道路には、よくこういう↓金属の柵が、溝にかかる橋のようになってある。
景色


車で通る時には、スピードを落としてユックリ走る。
歩く時は、柵の間に足がハマらんように、注意して歩くと良い。
自転車で通る時は、躊躇せず、垂直にガーッと走ると良い。


さて。
これは何のためにあるでしょう?

マッシュルーム採り

- 2012年10月04日(木) -

Jぽんと、マッシュルームを探しに行った日のこと書こうっと。


ドライブして行った先の、村の教会。
景色

お墓の周りの草がボウボウで荒れ地みたいになっとるのは、ワザとなんだって。野生動物のために。
景色

教会入口の頭上にある彫物↓は、1100年代のモノなんだって。
…えー。。もうすぐで千年や!!すごーい。
建物


コレ、羊が木の枝で、ゴーリゴーリ背中を掻きよった。
動物


この牛の向こうの草原に続くフットパス(散歩道)へ、マッシュルームを探しに行こうと思ったら、牛がようけ歩いて、足元がヌカルミになっとるではないか。
動物

しかも、続々とみんなが近づいてくる。近づきすぎるくらいに寄ってきた。
動物

前日、牛に追いかけられたことやし、ここは撤退することにした。


マッシュルームは、今年はもう少し先かもなー。

チャイニーズ

- 2012年10月03日(水) -

つい先日、近くのチャイニーズのお店に行ってきたよ。
中国だけじゃなくて韓国や日本などのオリエンタル食材を扱っている、ワリと大きいスーパー。

醤油や即席ラーメンの他に、今回はこんなのも買ってきたよ。
食べ物
出前一丁のカップヌードル。赤いのが胡麻味、青いのが海鮮味。見たことある?

豆腐は真空パック入りで2013年まで保存可で、開け方を書いてくれとった。
食べ物

豆腐は二種類が置いてあって、
 「SOFT(ソフト)=絹ごし」
 「FIRM(ファーム)=もめん」
やと思う。今回は絹ごしを買ったよ。
この豆腐と豚ひき肉で、ニンニクとショウガたっぷりの麻婆豆腐丼を作ったら、Jぽん大絶賛しとった。
しかし、豆腐一丁が170円。
高いね。。


そんで、食後のデザートに、冷凍庫にある各種ベリーを煮て、クランブルパイを作りました。
食べ物

イチゴ、ラズベリー、ブラックベリー、ブラックカラントとグーズベリー。

美味しかった☆


最新記事