FC2ブログ

Jぽんのヒザ

- 2012年10月26日(金) -

昨日、Jぽんはヒザの手術を受けました。

一年以上前やったかなぁ。
Jぽんはマラソンとか好きで、よく長距離レース?みたいなのにも参加して走りよったんやけど、ヒザが痛くて走れんなっとったんよ。
あら、どうしよう。2年半前3年半前が最後よ、ハーフマラソンに出場したの。途中、ヒザが痛くて歩いたって言うとったの。
時が経つのは早いわー。

というか、なんで手術するのがそんなに遅いのか、イギリスの医療事情の悪さには驚くやろう?


当日の朝、7時15分までに病院へ入ったら、午前中に手術を受ける人達が6~7人ずつのグループに分けられて、処置室みたいなところに入って行った。
付き添いの人は、待合い室で待たせてくれんらしいので、私は病院内をウロウロしたり、持参の本を読んだりして時間をつぶした。
昼前には「手術が終わりました」って病院から連絡があったので迎えに行って、一緒に帰ってきたよ。


手術前に印を描かれたらしい。…ただの相合傘やったりして。
人

痛くもなんともないらしく、手術の後からすぐ、ワリと普通に歩いとったのには驚いた。


そんで、翌日、近くのかかりつけのドクターんとこに、消毒してもらいに連れて行きました。
日本の病院と同じような感じやろう?
建物


で、Jぽんは、もう包帯を外されとった。
包帯の代わりに、膝上から足元まである、きついゴツめのレギンスみたいなのを履いとるよ。寝る時には脱ぐらしく、ヒザの手術した所には、透明のテープが貼られてあって、手術跡が見えた。こういうのを見ると、オシリがモゾモゾなるよね。
そんで反対の足には、エコノミー症候群かなんかの予防のために、ピッタリした靴下を履いとる。寝る時にもこれは脱がんらしい。


えー、ホント?
みたいな話やろう、何もかも。


最新記事