遊び疲れ

- 2013年08月31日(土) -

木曜、金曜は、夕方になるとグッタリ疲れてました。

遊び疲れだ、間違いなく。



疲れるほど遊んだ報告、
8月17日の「キャンプ 1日目 (家 - Torquay - Paignton)」を更新しました。

ただいま~

- 2013年08月27日(火) -

昨日、26日の夜10時半頃に帰ってきたよ。

そーーーとーーー遊んだ。
たくさん美味しいモノも食べたし、コーストパス(海沿いの遊歩道)を歩いて、イギリスの地図の一番左端にあるランズエンドへも行ったし、冷たい海で泳いだし、フィッシュ&チップスも食べたし、パブにも毎晩のように行ったし、ちゃんと今回もケンカしたし。
ははは。
虹


すごい大量の写真を撮ったので、また逐一報告しまーす。
お楽しみに☆


しかし、疲れた~。
明日も仕事、頑張るぞー。おー。

キャンプ 10日目 (Gorran Haven - 家)

- 2013年08月26日(月) -

今日も朝はノンビリしましてー。
朝ご飯食べた後も、キャンプ場でゴロゴロしてました。

そんでも今日は最終日。
昼前に車に乗って、キャンプ場近くのJぽんお気に入りのビーチへ行きました。
景色
今年最後のキャンプになるし、泳いどこう!と勇んだけど、寒い~。
頑張って頑張って海に入って、なんとか泳ぐことができました。

ビーチに寝っ転がって水着を乾かそうと横になったら、風が吹いて寒い。
ガマン比べみたいになったので、キャンプ場に戻って温かいシャワーを浴びました。


村の教会の中を見学してー。
景色


車に乗ったのは夕方4時近くになってました。
これから5時間のドライブ。
景色


チラッと私が運転した以外は、ずーっとJぽんが運転してくれました。


翌日は朝から出勤で、この週はホントに疲れた~。
けど10日間も、疲れるほど遊んで、幸せなことよな。
とっても楽しかったです☆

キャンプ 9日目 (Gorran Haven - Portmellon)

- 2013年08月25日(日) -

今日も朝はノンビリしましてー。
朝ご飯食べた後も、キャンプ場で、まーたゴロゴロしてました。
景色

昼3時も近くなったので、また最寄りのビーチへ行きました。
今日は「砂のお城まつり」があるらしい。

お城まつりって言うとんのに、お城は関係ない、こんな作品がたくさん作られてました。
景色

遊び疲れが出て、今日はホントになーんにもせんと、堤防に座ってボンヤリしてました。
景色

景色

景色

景色

そんで、夜は私のお気に入りのポートメロン村のパブで一杯飲みました。
景色



View Larger Map

 A地点 : キャンプ場
 B地点 : ビーチ
 C地点 : The Rising Sun Inn(パブ)

キャンプ 8日目 (Gorran Haven)

- 2013年08月24日(土) -

今日も朝はノンビリしましてー。
朝ご飯食べた後も、キャンプ場でゴロゴロしてました。
景色

昼もだいぶん過ぎた頃、最寄りのビーチへ散策しに行ってー。
景色

ここへ来たら、いつものように、これらの景色↓を見ながらフィッシュ&チップスを食べんとイカンかろう。
Jぽんは食べんって言うんで、私一人分のフィッシュだけを注文して食べちゃったー。美味しかったー☆
景色

景色

景色

そんで、ここへ来たら、いつものようにムール貝採りをせなイカンかろう。
景色

景色

大きいムール貝がたくさん採れて、満足した後は、ビーチに寝っ転がって本を読んだりして、まーたゴロゴロ。

そしたら、近くで子供たちがワイワイ騒いどる。
この男の子が、こんな大きなヒトデを見つけたんだって!
人

人


キャンプ場へ戻って、ムール貝を蒸し焼きにして食べたら、美味しいこと☆

お腹いっぱいになった後は、またビーチ近くまで行って、カフェで珍しくカクテルを飲んじゃったー。
海を見に行ったら、満潮で波が道路の近くまで来ていて、驚いたよ。
景色

そんで、村のパブへ行って、更に1杯、いや2杯飲んじゃったっけかな。
パブ
ここでもライブがあって、楽しい夜になりました☆



本日の歩数 : 6,648歩


View Larger Map


 A地点 : キャンプ場
 B地点 : ビーチ
 C地点 : The Barley Sheaf(パブ)

キャンプ 7日目 (Porthleven - Gorran Haven) その2

- 2013年08月23日(金) -

その1の続き。

「Porthleven」って村へやってきました。
景色

この写真↓の左端にある、海に一番近い白い建物は、幽霊がでるパブなんだって。
地元の高齢のご婦人が言うておいでたけん、ホントっぽい~。
景色

景色

景色

村を散策した後は、ほぼ毎夏行く「Gorran Haven」村のいつものキャンプ場へ行きました。
テントを張った後、隣村の「Portmellon(ポートメロン)」に車をとめてー。
景色

その更に隣村の「Mevagissey」へ歩いて行きました。
景色

空にオレンジ色の帯ができとった。
景色

景色

景色

村を散策した後は、いつものようにパブで一杯。
パブ

ポートメロンまでまた歩いて戻って、この村の私のお気に入りのパブでまた一杯。
パブ
このパブでもライブ演奏があってね。
この写真↑の女の人の後ろに隠れとるオジサンの結婚記念日やったらしくてね。

近くのテーブルに座っとる奥さんへ、ビートルズの歌「Do You Want To Know A Secret」を捧げて奥さんを泣かしてました。
おっちゃん、カッコエエー。



本日の歩数 : 20,392歩


View Larger Map

 A地点 : セント マイケルズ マウント
 B地点 : Porthleven
 C地点 : キャンプ場

キャンプ 7日目 (ストーンサークル - St Michael's Mount) その1

- 2013年08月23日(金) -

テントを片付けて、次なるキャンプ場へ出発!

その途中、ストーンサークル「Boscawen-ûn」を観てきたよ。
ジャングルのような入り口から15~20分くらい歩いたら。。
遺跡

おー、ストーンサークルやー。写真↓をクリックすると、全体が見えるよ。
遺跡

大きさが伝わらんので、ビキニ姿ではないスド子ちゃん登場。
遺跡

上の写真↑で私がもたれかかっている、サークルの中心にある石は、こんな感じ↓で斜めになってました。
遺跡
このストーンサークルの石は、全部同じ種類の石やけど、一つだけ違うタイプの石があってね。
まぁコレもなぜ違うのかは分かってないみたい。

来た道を引き返している途中、脇道があったので、そっちに行くと、こんなんがあった。
石がいっぱい積み重なった近くにも、ミニストーンサークル。
遺跡
コーンウォール地方でも、特にこの辺りにはこういう遺跡がたくさんあってね。
遺跡大好きのJぽんは、遺跡巡りにまた来たい!と鼻息ブンブンしてました。


そんで、また車に乗って、今度やってきたのは、
「St Michael's Mount(セント マイケルズ マウント)」。イギリス版モンサンミッシェル。
景色

潮が満ちると孤島になるためボートが往復してるようですが、ちょうど引き潮だったので、歩いて渡りました。
景色

景色

景色

景色

観光客が大勢いて、お城に入るチケットを買うのに並ばんとイカンほどやったので、今回は中には入らず、またのお楽しみ~。
前回の一人旅にここへ来た時は、秋の終わりやったので閑散としていて、その時にはお城の中にも入って見学しました。
景色

町の中心あたりにあったパスティ屋さんでパスティを買って、ベンチに座ってこの景色を眺めながら食べました。
景色

このパスティが、すーごい美味しくてね。
また食べたい。「Philps」ってパスティ屋さん


ああ、まだまだ長くなっちゃうので次回へ続きますよ。


View Larger Map

 A地点 : キャンプ場
 B地点 : ストーンサークル
 C地点 : セント マイケルズ マウント

キャンプ 6日目 (Nanjizal Beach - Lands End - St Just) その2

- 2013年08月22日(木) -

その1の続き。


岩場のビーチで2時間ほど寝っ転がった後は、来た道を引き返さずに、このまま西へ向かって歩いて行くよ。
景色

景色

あの丘の上に見える白い建物は先日も行った、
イングランド本土最西端の「Land's End(ランズエンド)」のある場所。
景色
先日は北側から、今日は南側からコーストパスを歩いてランズエンドへ行きました。

ランズエンドからバスに乗ってー。
景色

先日、ビキニのカワイ子ちゃんが飛び込みしとったビーチの、
西隣りにあるビーチ「Porthcurno Beach」に来ました。
景色

ここも10年くらい前に来た時に立ち寄った場所で、このコーストパスを一人で歩いたのでした。
景色

このコーストパス↑を昇りきった所にある「Minack Theatre(ミナックシアター)」は、海を一望できる野外劇場。
イギリス人女性「Rowena Cade(ロウェナ ケイド)」さんが38歳の時から50年の歳月をかけて、二人の庭師に手伝ってもらって、一つ一つ手作業で造った劇場。

ミナックシアターのサイトのWebcamで現在の様子が見えるので、それを拝借↓しました。
景色
ミナックシアター(英語)のサイトはこちら >>

この日も舞台の公演があったみたいで入場の列ができとったけど、私達はまだまだ駐車場までの距離を歩かんとイカンかったので、今回はパス。
値段もお手頃なので、次回は事前に計画立てて演劇を観に来たいな。


この崖の上の建物↓のちょっと下辺りにあるのがミナックシアター。
景色
ここまで来た時、ちょうどバイオリンやらの演奏が聞こえてきて、ダイナミックな景色を見ながら、なんやら優雅な気分に浸りました。


村の教会もチラッと見学してー。
景色


出発地点の駐車場へ戻ってきたよ。
景色

あ~、今日は、ようけ歩いた~。

キャンプ場へ戻ってシャワーを浴びて、また「St Just」町へ繰り出しました。
先日フィッシュ&チップスの写真を撮った時に横目に眺めた、あのパブで、まず一杯飲みましてー。
パブ

もう一軒、別のパブ「The Star Inn」へ来ました。
パブ

ここではライブもあって、どんどん人が増えてきて賑やかな夜になりました。
パブ

今日は無計画なまま出発した散歩やったけど、バスもちょうど良い時間のがタマタマあったし、歩いた距離もちょうど良い感じでキレイな景色いっぱい見れたし。
あ~楽しかった☆



本日の歩数 : 23,487歩

View Larger Map

 A地点 : Nanjizal Beach(寝転がったビーチ)
 B地点 : Lands End(イングランド本土最西端)
 C地点 : Porthcurno Beach(バス降りた場所)
 D地点 : Minack Theatre(野外劇場)
 E地点 : Porthgwara(駐車場)
 F地点 : St Just(パブ)
 G地点 : キャンプ場

キャンプ 6日目 (キャンプ場 - Nanjizal Beach) その1

- 2013年08月22日(木) -

今日はコーストパス(海沿いの遊歩道)を歩くよ。

「Porthgwara」村の駐車場に車を止めて、最寄りのビーチへ来ました。
景色

横手に回ると、こんな自然のトンネルがあって、上↑のビーチが見えました。
景色

ほんじゃー、この木の看板↓が目印のコーストパスを歩き始めますよー。
景色

景色

コーストパスは、こんな感じのとこを歩きます。
景色

景色

辺り一面、どこを見ても淡い紫色の「Heather(ヘザー)」と、黄色の「Gorse(ゴース)」の花が丘を覆ってキレイ~。
景色

景色

おー!!!なんとキレイな~海の色!!!外国みたい~!!!
景色
って、ここも外国なんやけど、トロピカルな国みたい☆

景色

おー!!!アレが目的地「Nanjizal Beach」らしい!!!テンションあがる~!
景色

と丘を回って近くにくると、あれ?岩場のビーチ?一面砂浜なんちゃうーん?
景色

岩があったら泳ぎにくいやんな。
景色

と、Jぽんとビーチで寝っ転がって本を読んだりゲームをしたりしました。
波打ち際を歩いたけど、泳ぎにくそうなんで、足だけしか付けんかったよ。


長くなるので続きます。


View Larger Map

 A地点 : キャンプ場
 B地点 : Porthgwara(駐車場)
 C地点 : Nanjizal Beach(寝転がったビーチ)

キャンプ 5日目 (キャンプ場 - Pedn Vounder Beach)

- 2013年08月21日(水) -

このキャンプ場は、隣りに野生動物が住むにはもってこいの草原があって、夜はフクロウやキツネの鳴き声が聞こえてワイルド感満点でした。

しかも、ピクニックテーブルが置かれてあって便利やし。気に入りました。
景色

今日も朝はノンビリして、昼からは海水浴に出かけるよ。

旅行の途中に誰かから聞いた、ヨーロッパでも屈指(らしいよ!)の美しいビーチへやってきました。
わー、ホントにキレイ~。
景色

景色

Jぽんと冷たい海に入ってチラッと泳いだ後は、岩の上から高見の見物。
景色
というのも、このビーチへ行くには、ワリと高い岩をいくつも降りんとイカンくて、簡単にはたどりつけんのやけど、満ち潮になるとその唯一の来た道すら閉ざされてしまうみたいでね。
潮が満ちる前に、安全な岩の上までやってきたという次第。

そしたら、近くの岩から若人たちが飛び込み始めました。
そんでビキニのスド子ちゃんも参戦したところをJぽんが激写してくれま。。
景色
というのはウソで、ビキニのカワイ子ちゃんを横目に、私はトドのように寝そべっておりました。

帰り道に再度振り返ったとこ。おー、満ちてもキレイなビーチやわ~。
景色


そんで帰りに、この村のパブで一杯飲みましてー。
パブ

これ夕方6時半くらいなんやけど、近くに座っとった同い年くらいの男の人がね。
すーごいご機嫌さんで話しかけてきてね。
すーごい酔っぱらって舌も回らんようなことになっとってね。
お一人でどんだけ飲んだんですかー、みたいな。
久しぶりにあんなご機嫌さんな酔っぱらいを見ました。
おかげで私達も楽しいお酒を飲むことができたよ。


そんで、その後は「St Just」っていう村でフィッシュ&チップスをお持ち帰りして食べました。
フィッシュ&チップス
揚物+揚物。
日本に住んでいた頃は、そんな油ものばっかり食べれん!と思っとったけど、お店のカウンターに置いてあるモルトビネガーと塩をタップリかけて食べると、これが美味しいのよ~。
あ~、書きながら、また食べたくなった。


隣りのパブに行きますかーって言うただけで、今日はもう帰って寝ることにしました。
景色

そんで、キャンプ場までの帰り道、道に迷って「ここどこ??」って二人で言うたけん。

今日も一日楽しかった☆


本日の歩数 : 5,210歩

View Larger Map

 A地点 : キャンプ場
 B地点 : Pedn Vounder Beach(泳いだビーチ)
 C地点 : St Just(フィッシュ&チップス食べた町)

キャンプ 4日目 (St Ives - Penzance - Lands End)

- 2013年08月20日(火) -

さて。
実家に帰る宣言をした後、険悪ムードのまま寝て、そんでこれまたお天気のヨロシイ朝を迎えました。

いつものようにJぽんが飲み物を入れてくれまして、そんで、
「お互いの勘違いでしたかねー、昨日のは」
というような温和な話の運びになりまして、握手をして和解。
なんと簡単な。
夫婦ゲンカは、そらー犬も食わんて。


そんでお互いの機嫌もヨロシクなりましたところで、お値段のヨロシかったキャンプサイトを後にして、次なる宿泊場所を探しに出発~!

イギリス鉄道の南西部の終着駅のある町「Penzance(ペンザンス)」を通り過ぎてー。
景色

あちこちの海岸へ寄りつつ、キャンプサイトを探しつつ。

海の見える良いキャンプサイトが見つかったけど、そこは「FULL(満室)」の看板が出とった。
イギリスの「FULL」は「キャンセルが出たとこ」のパターンが多い(過去記事はこちら >>)ので聞いたら、今回は本当に空きは無いらしい!!!
そんなこともあるのね。

そんで、いくつか見て回った後、気に入ったサイトを見つけたので、ここも二泊することにしました。

View Larger Map

 A地点 : 昨日のキャンプ場
 D地点 : 今日のキャンプ場

テントを張って、テントの中も寝心地良くセットしたとこで、頭がいたーい気がしたので、ちょっとお昼寝しちゃった。
目が覚めたらスッキリ気分も良いので、コーストパスを歩いて、イングランド本土最西端にある「Land's End(ランズエンド)」に行くよ。

コーストパス近くの駐車場に車を止めて、歩き始めたのが5時半を過ぎた頃。
そんな時間でもまだまだ明るいので、ノンビリ屋の私達でも一日を存分に楽しむことができるのが、夏のホリデーの良いところ。
景色

景色

景色

難破船があったよ。
景色

景色

ランズエンドに着きました。
最西端の印には、ニューヨークまでの距離と、イギリスで最北端の場所「John o'groats」までの距離が記されてます。
いくらやったか忘れたけど、料金を支払えば、自分の希望する場所とそこまでの距離をこのボードに入れて、記念撮影することができるみたい。
景色

「危険な崖」って、至る所に注意書きがあるよ。
上から↓見ても、そーんなに危険そうじゃないけど。。
景色

横から↓見ると、おー、危険きけん。
景色

ここも約10年前に一人で歩いたんやけど、その時、
「ここで崖が崩れて私が落ちても、誰も知らんのや、
 私がここに来とること誰にも言うてない!」
と思って恐れおののいたのを思い出しました。
しかーし、その時、既に知りあっていたJぽんには、たまたまココへ来る話をしていて、
「あの人、もし私に連絡が取れんなったら、心配して探してくれるやろうか。。」
と、チラッと思ったことを、この景色を見ながらJぽんに話ました。


写真には写らんかったけど、海の向こうには、シリー諸島も見えたよ。
景色

今日も青空がキレイな一日でした。
鳥

さて。歩いて来た道を引き返すよ。

西の地の果てでは、日立のショベルカーが活躍してました。
景色

クボタのショベルカーの活躍の記事はこちら >>
ははは。
ショベルカーマニアなワケではナイんやけど、外国に来て一生懸命頑張っとるんやーと思ったら、私も頑張らんとイカン!と思ったりするのよ。

ほら、こんな↓道を付けてくれよるんよ。私も少しでも人の役に立つように頑張ります。
景色

今日は、夕日が海に沈むのが見えそうだよ。
景色

と思っていたら、真後ろに満月が出とった!
景色
すごーい。
こんなん見たことないー。
ってJぽんと大騒ぎしました。


そんでー。
車を止めた近くのフィッシュ&チップスのお店に寄って、まーたフィッシュ&チップスを食べちゃった。
景色

この海を眺めながら食べたフィッシュ&チップスは、すっごい美味しかった!!!
今日はパブには寄らず、このお店のサングリア(赤ワインにフルーツ果汁やフルーツなどを入れて甘くした、冷たい飲み物)を飲んでご機嫌さんになりました☆


本日の歩数 : 13,299歩

View Larger Map

 A地点 : 駐車場
 B地点 : ランズエンド

キャンプ 3日目 (キャンプ場 - St Ives) その2

- 2013年08月19日(月) -

その1の続き。

展望台から美しい街並みを堪能した後、裏通りの小さな路地を探検しながら、またビーチに降りてきたよ。
右側の御一行様は、フィッシュ&チップスを食べてました。海の近くでは必ず見る光景。
景色

私達は、フィッシュ&チップスは夜食べようと、パスティ(牛肉と野菜をコショウで味付けして、パイに詰めたもの)を購入。

ここで、これまたいつもにも増して、しょーもないことでケンカ勃発。


この美しい青空を仰ぎながら。
景色

この美しい景色を見ながら。
景色

なぜケンカせならんのだ???
と思うやろう?
私も思うー。
たぶんJぽんもー。



以下、無言で別行動。

しかし、キレイなモノはキレイやね~。
景色

夕日は雲の向こうに隠れてしまったけど、空がキレイな色になりました。
景色

景色

景色

景色

パブ前で偶然Jぽんに会いました。パブの中ではライブミュージックもしとったので、ケンカ続行ながらも一緒に入りました。
パブ

パブ

そんでまた無言で街並みを歩きましてー。
景色

ベンチに座ってフィッシュ&チップスを食べる段になって、更なるケンカ勃発!!!

もうケンカも大ゲンカ、
「ホリデーやめて明日帰ろう」

そんでついには初の
「実家に帰らせて頂きます」宣言、
デターーーーーーーーーーーーーー!!!


そんな大ゲンカしとんのに、ベンチに座ってブログ用の写真撮ってみたり。
景色

海に映る満月を撮ってみたり。
景色

キャンプ場まで帰るバスの待ち時間に、窓から見えるパブの中を撮ってみたり。
パブ

現実逃避ですかね、これね。


 本日の歩数 : 19,916歩。

View Larger Map

 A地点 : 展望台
 B地点 : 防波堤(灯台のとこ)
 C地点 : The Island(夕日が隠れたのを見たあたり)
 D地点 : キャンプ場

キャンプ 3日目 (キャンプ場 - St Ives) その1

- 2013年08月19日(月) -

テントが朝日に照らされて、暖かくなると外に這い出る。
景色

するとJぽんが飲み物を入れてくれて、紅茶を飲みながら本を読む。
お腹が減ったなぁと思うと、ベーコン&卵を焼いてパンに乗せて食べたら、ゴロンと横になって本を読む。
あ~、極楽極楽。

極楽気分を味わっとると、あっという間に昼が過ぎてました。


慌ててシャワーを浴びて、天気の良い今日は、コーストライン(海沿いの遊歩道)を歩くよ。

キャンプ場からコーストラインに出るまで、草原をいくつか越えて。
景色

両脇が野生のブラックベリーの垣根になっとる、こんな道も通って。
景色

海だ~!気持ち良い~!!!
景色

きれいな海を眺めながら、コーストパスを1時間くらい歩いたら、今日の目的地「St Ives」へ着きました。
あの向こうに見えとるビーチと家並みが、そう。
多くのアーティストが魅了されて集まる、美しい町。
景色

これは「ボウル」って呼ばれるゲーム。
偏心球を、目標球のどれだけそばに近づけられるかを競う球技。
景色
こんなキレイな景色を背景に、こんなジェントルなゲームを楽しむとは、なんと贅沢な~。

この町の海辺は、砂浜のビーチがたくさんあって、どこも賑わってました。
町の東側の湾になっているところは、真ん前にお店もたくさんあって、一層賑やか。
ここでコーニッシュアイスクリームを食べたよ。
景色

景色

景色

すぐ近くにパブもあるよ。
10年前に一人でこの町に観光しに来た時は、ここでビールを一杯飲んじゃった。あの時は秋の終わり頃だったので、観光客はほとんどおらず、静かな町なのね~と思っていたけど、夏場はこんなに賑わうとは。
景色

南西部の海沿いは、こういう急な坂が多い。
景色

坂の中腹辺りに、さっきまでいたビーチが展望できる休憩所がありました。
景色

ビーチと反対側には電車の駅。
景色

まだまだ長くなるので、続きは「その2」になりまーす。



View Larger Map

 A地点 : キャンプ場(コーストパスに出るまでに通った草原はグーグルマップでは記せん)
 B地点 : ビーチとパブ
 C地点 : 展望台

キャンプ 2日目 (Paignton - St Ives)

- 2013年08月18日(日) -

泊まったB&Bの朝食は、これまた悲しいモノで、なんてて紅茶も飲めるようなシロモノでは無くて驚いた!
飲めんかった紅茶の味は、なんというか灰のような味というか、香りは一切ナシの変な物でした。

おかげさまでB&Bを朝早く出発しまして、近くの浜辺をチラッと散策したよ。
湾の向こう側に見えるのが、昨日泊まりたかった町、トーキー。まぁまた次回のお楽しみ。
景色

車に乗って、更に西へ向かったよ。
Devon地方とCornwall地方の境界「Tamar川」に架かる「Tamer橋」。
景色

この橋はCornwallからDevonへ入る時にのみ有料で、今回、私達はDevonからCornwallへ入るので無料でした。
日本でも片道のみ有料って橋あるんかな?イギリスでは何度か見たことあるよ。

この橋には歩道も併設されていて、少し離れた位置に鉄道橋も見えたので、車を近くに止めて歩いたよ。

この坂↓を下ると「Tamar川」があって、左の木々の上にチラッと見えとるのが車道と歩道のある橋で、中央の橋が鉄道橋。
景色

橋の歩道から見た、鉄道橋「Royal Albert Bridge」。1859年に開通。
それ以来、絵画、写真、ガイドブック、切手や£2硬貨にも使われ、多くの観光客が訪れる。
景色

車道と歩道のある橋「Tamer Bridge」。1961年に開通。
その当時では、イギリスで一番長い吊り橋だったらしいよ。
景色

橋の支柱のチェックをしとるのか、柱の周りをグルグルと時計回り、反時計回りに周り、時にはスピードを出してターンしてどう見ても遊び半分で楽しそうでした。
景色


また車に乗って、また西へ向かい、きれいな景色が見えたので、車を止めて、海を眺めながらコーストパス(海沿いの遊歩道)を歩いたよ。
景色

今の時期は、この淡い紫色の花「Heather(ヘザー)」が満開でキレイ。
景色

本日泊まるキャンプサイトを探しつつ、また車に乗って更に西へ。

多くのアーティストが集まる町「St Ives」へ来ました。
この周辺は宿の値段がお高いのは知っとったけど、キャンプサイトもベラボウな値段。
ハイシーズンとはいえ、街はずれのサイトで、
小さなテント+2人の1泊が£35(約5,500円)にはビックリ。
ノーサンキューやろ、コレは。ビックリするけん。

そんで、更に街はずれの良いキャンプサイトを見つけたので、そこへ泊まることにしました。
そんでも1泊£26(約4千円)。
今まで私達が泊まったキャンプサイトで最高金額を更新!
しかも2泊しちゃうよ。すげ~。太っ腹~。

受付で指定されたピッチにテントを張って、ちょっと疲れたのでテント内で一眠りしとると雨がポツポツ降り出して、あれなんでやろうね、テントの中で雨音を聞くと心地よく眠れる効果ありよ。
で、起きたら、ピカッと眩しいオレンジ色の太陽が。
景色

そんで、この反対側に見えたのが、先日載せた虹の写真。
景色
こんなに虹が近くに見えたのは初めて。
虹の始まりと終わりがすぐこの草の壁の向こうに見えました。


虹が消える頃、また車に乗り込んで、海に沈む夕日を見てー。
景色

小さな村「Zennor」にある唯一のパブ「The Tinners Arms」へ行って、地ビールを飲みました。
パブ

パブ

パブ

パブ

このパブは、1271年に建てられた建物なんだって。
昔ながらの雰囲気タップリのパブで、コーニッシュビールを飲むと、ホリデーが始まったって気分がする~☆


本日の歩数 : 7,203歩


View Larger Map


 A地点 : ペイントン(泊まったB&B)
 B地点 : Tamer Bridge & Royal Albert Bridge(歩いた橋)
 C地点 : キャンプ場
 D地点 : The Tinners Arms(パブ)

キャンプ 1日目 (家 - Torquay - Paignton)

- 2013年08月17日(土) -

土曜の朝、出かける用意をして、家を出発したのが昼1時前くらいだったかな。

この日は一日雨の予報。
雨が降るなら、出発は一日遅らせるのかな、と思っていたら、Jぽんが
 「雨の日を移動日にしよう!」
って言うた。
一日中、車に乗っとるなら、雨でもええよな、確かに。

って言うほど雨にも降られず、道中ずっとこんな曇り空でした。
景色

イギリス南西部にある、Devon地方の「Torquay(トーキー)」って町へやってきたよ。
景色

景色

ここはアガサクリスティの生まれた町で、夏の保養地としても有名。

10年くらい前に私が住んでいた町なので、ここで1泊してJぽんを観光案内しようと思ってました。
ここへ来て雨が本格的に降り出したので、今夜はキャンプではなくB&Bと呼ばれる民宿にでも宿泊しようと、何軒か訪ねたら、どこも満室。
この町は夏の間は賑わう&学生さんたちの夏休み中&週末、とは知っとったけど、そんなに全部満室にならんでも~。。

仕方ないので、隣町の「Paignton(ペイントン)」へ移動しました。
ここは同じく海沿いの保養地なんやけど、トーキーに比べると、人も減るし宿も安くなる。
ちょっと寂れた感じは、10年前と代わらずそのままでした。


そんで、私達は長距離ドライブで疲れていたために、宿の選択を誤り。。えーっと。
「もうちょっとキレイに掃除できるよ、私なら」
と何度も口にしました。

本日のお題が「キャンプ1日目」なのにB&B宿泊。
キャンプの方が清潔で快適だと感じた宿は、イギリスではこれが初めてかもー。


View Larger Map

 A地点 : トーキー
 B地点 : ペイントン

ホリデー始まり

- 2013年08月16日(金) -

あらっ。
あの会社に勤めて、ちょうど一ヶ月が経ったよ。

そんで、来週は一週間のお休みをもらったので、金曜の仕事終えた今から、ホリデーの始まりはじまり~。
しかも翌々週の月曜は祝日なので、10連休。わーいわい。


今、仕事が忙しくなってきていて、いろいろと覚え始めた所なのに、10日も休んだらまたスタート地点に戻っていそうな気もして不安もありつつ。

まぁそんでも楽しむぞー。
おー。


明日は雨の予報やけど、明後日の日曜から晴れるみたいなので、毎夏行くコーンウォール地方か、はたまたウェールズか。
どちらにしても、海沿いでキャンプする予定です。

また明日も更新できるようなら更新するけど、明日出発するなら、次の更新は、キャンプから帰ってきてからになります。
帰るのは26日の予定。
お天気が良ければの話ですが。


また写真を大量に撮ってくるので、覚悟してね~☆
行ってきまーす。

夏が去る

- 2013年08月13日(火) -

近所の猫が日向ぼっこしてました。
動物

こんな生い茂った草むらで横になって、気持ち良いのかどうか分からん。。
すぐ近くには、キレイに刈り込まれた芝生があるのに、なぜココなんやろう。



日本は猛暑らしいのに、この辺りは先週あたりから涼しくなってきて、昨日と今日は、朝夕のチャリ通勤の時に風が冷たくて、半袖やと寒いくらいでした。
しかも天気予報には、最高気温は17℃、最低10℃って書いてあるのに、会社のクーラーは22℃の設定ってどうなん。


来週一週間の休みを取って、今年初のキャンプに出かけようと思っとったのに、テントで寝たら寒いんかな。
今年は珍しく暑い夏が続いていたのに、私達の休みが近づくと寒くなるとは、けしからん~。

ランチ

- 2013年08月12日(月) -

今日は、職場の同僚たちとランチを食べに、街へ出かけました。
誕生月の人がいたら、そのお祝いでランチを食べに行くんだって。

イギリスの料理人、ジェイミーオリヴァーが経営しているレストラン、
Jamie's Italian」へ行ってきたよ。

私は、シーフードリゾットを食べました。
えーっと。
リゾットって、この辺りのどこのレストランで食べても思うんやけど、もうちょいお米が煮えとるほうが好き、みたいな、ちょっとお米に芯があるというか。
パスタでいうならアルデンテの茹で加減ってとこなんかな。
私は、雑炊が好きなので、リゾットのようなご飯モノは、柔らかくなっとるのが好き。

味は悪くなかったけど、次回行った時には違うモノを注文するかなー。


といいつつペロッと平らげまして、会社へ戻ったら別のチームの人がお誕生日で、ケーキやお菓子がタンマリあったので、それも頂きました。

そうそう。
私の勤めたことのある会社2つとも、そうなので、これが普通なんやと思うんやけどーね。
誕生日の人は、自分でケーキやお菓子類を持参して、みんなで食べてお祝いするんよ。

違う部屋の人達からも声がかかるので、今んとこ、毎週1~2回はケーキを食べてます。


そんで、なんですっけ。
そうそう、お腹一杯満腹マルで、夕飯時になってもお腹が空かんので、今日は夕飯抜きにしようかなー。

畑の収穫

- 2013年08月11日(日) -

最近、畑仕事がおろそかになってます。
そんでも、月曜から金曜までは、2~3回は水やりに(Jぽんが)行くし、私もたまについてって、野菜の収穫をします。

日本のカボチャ。小さめで甘くてオイシイらしい。
野菜

野菜

いつもと変わりばえせん感じの収穫に加えて、今回は、グーズベリーも収穫したよ。
フルーツ

毎年、よく熟さんうちに、気の早い二人が収穫してしまうんやけど、今年はおろそかになっていたので、ええ感じに熟してくれてます。

何にしようかー。
ジン買って来て、果実酒にしようかなー。そいともジャム?
どうしようかなー。

久しぶりの散歩

- 2013年08月07日(水) -

昨日も天気が良かったので、またパブに行ってしまいました。
その前に、久しぶりに運河沿いを散歩したよ。

モーヘンっていう水鳥の親子も散歩中でした。
景色

鳥

これはカモの親子。
鳥

景色

運河の下を交差する川沿いにも、散歩をする人達がたくさんいました。
景色

散歩する人達やジョギングする人達、サイクリングする人達とすれ違いました。
景色

そうそう。Jぽんのイトコ夫婦にもタマタマ会いました。


そんでー。
運河沿いのパブにやってきたよ。
パブ

ここでカメラのバッテリーが切れてしまったのが、とーーーっても残念なくらい、この後、空がピンクになって、運河に映る空の色がとってもキレイでした。

会社の違うなーと思うこと

- 2013年08月03日(土) -

仕事を始めてから、これといって仕事のことを書いてませんが、大して書くコトもないんよ。
日本の会社で働いとった感じと同じなんでな。
目新しいこともさしてなくて。

えー。
違うトコというとー。。


・初めましての挨拶をする時は、握手をする。

・名前で呼び合う。
上司のことも、苗字ではなくて名前で呼び捨てにする。
年上とか関係なく、みーんな名前で呼ぶんよ。


・有給は全て消化して欲しいと言われた。
有給は一年で24日もらえるらしく、私は7月中旬から勤め始めたので、約半分の11日が今年の分。
面接の時に、予約しているホリデーの有無を聞かれ、これは聞かんと労働基準法かなんかに触れるらしく、あらかじめJぽんと決めておく予定やったのをスッカリ忘れていて、咄嗟に「8月に1週間」って言うたんよ。
入社前に予約してあるホリデーは、入社後、休みを取る権利があるんだって。

今の時期は、あの会社は忙しくない時期で、しかも夏休みなので子供を持つ親は今とばかりに休みを取っている模様。それが普通みたいでね。
私のフロアは20人くらいが仕事してるんやけど、毎日その半数が休み。私が勤めて3週間が経ったけど、静かよ、毎日。
1~2週間の休みを、それぞれみんな取っていて、私もそれに便乗して、8月19日の週に1週間休みをもらうことになりました。


・イギリスの会社の「重役出勤」といえば、朝早いらしい。
ウチの会社の勤務時間は一日7.5時間で、朝は9時半までに出社すれば良いらしく、帰りは4時半になったら帰って良い。
その時間内にさえ会社にいれば良いので、私は8時半~4時半の勤務と昼休み30分で、今のところ7.5時間を守ってます。
通勤ラッシュを避けるためか9時~9時半に出勤する人が大半で、私のように8時半に出社する人は少なくてね。日本でいう部長に当たる人かな。が、彼の部屋に座っておいでるくらい。
私が朝早く自分のデスクに座っていると、後から来た人に
「スドゥーコ、重役クラスみたいやね」って言われたよ。



つづく。

パブ報告

- 2013年08月02日(金) -

昨日は、近所のパブに行ってきましたよ。
パブ

私はサイダー、Jぽんはビール。
Jぽんはご機嫌さんで、おかわりして飲んでました。

天気の良い夏らしい日が続くので、ついついウカれてパブ三昧をしてますが、私は最近めっきり弱くなったようで、ビールでもサイダーでも、このパイントグラス1杯飲んだら、ちょうどええくらい。
後はこの半分のサイズの、ハーフパイントって呼ばれるグラスを飲むと、もう家に帰って寝たくなるようになりました。

年かしらね~。
そうなんでしょうね~。



そうそう。
昨日の家の話ですが、間違いがありました。

 誤:「建物自体はレンガ造りで、更にその内側はコンクリート」
 正:「建物自体はレンガ造りで、更にその内側にももう一層レンガ」

だそうです。
Jぽんに聞いてみたんよ。書いた後にアヤシイような気がして。
そしたら、コンクリートではありませんでした。
レンガとレンガの間には空間もあるらしくて、なんか説明してくれよったけど、サイダーが美味しかったです☆

今日も暑い!

- 2013年08月01日(木) -

今週は、一日の間に雨が降ったり晴れたりを繰り返す天気が続いていて、ちょっと涼しくなってました。
それが今日は、一日中ピカーッと晴れた天気で、ムーンと暑い!
31℃って言うとった、昼間のココの天気。
天気予報では、湿度の高いムシムシした一日になるって言うてました。

例年夏の短いイギリスでは、晴れた日には少しでも太陽に当たって夏を肌で感じんとイカン人が多く、というか、日本でお花見の時期に、桜の下でピクニック、みたいな気分と同じかな。

よって今日のような蒸し暑い日にも、当然、昼休みの30分は外のベンチに座って、陽に当たりつつランチを食べました。
暑いのを覚悟して座ったのに、不思議と汗ひとつかかん。
あれ?暑いと思ったのは気のせい??


しかーし。
夕方仕事が終わって、クーラーのよくきいた会社から出ると、ムーンとした空気が体にまとわりついて、暑い。昼休みよりも暑いかも。

そんな中、チャリに乗って家へ戻って、ウチんちの建物に入るドアを開けると、すーーーずしいーーーー。

ウチんちは、フラットって呼ばれる、日本でいうマンションとかアパートみたいな建物。
3階建ての建物に、各階が1軒ずつの小さな建物で、2階がウチんちです。

建物自体はレンガ造りで、更にその内側はコンクリートなので、壁がゴッツイんよ。
なので、外壁が太陽に照らされて暑くなっても、部屋の中まで暑くなることは滅多になくてね。

それで、建物に入ったら、いくら外が暑くても涼しいのです。
クーラーがきいとるトコに入ったみたいなくらい、涼しい。


それを忘れて、部屋へ入って、つい何気に窓を開けると、外から熱い風が入ってきて、なんじゃーこーりゃー、と本末転倒になります。

西日が当たる部屋でも暑くはならんけれど、今日みたいな天気の良い日は風が家の中を通ると気持ちが良いので、日が沈むまで待って、涼しくなってから風を通します。

そうして、以前にも書いたように、この辺りの家にはどこも網戸がついてないので、開け放した窓から蛾が入ってくる、というワケです。



そんで、何が書きたかったかと言うと、こんな暑い良い天気の日には。。。
そう!!!
まーたパブに行ってきまーす☆


ああ、今夏はパブに貢献しすぎやで~。


最新記事