クリスマスホリデー

- 2013年11月30日(土) -

今年の年末は、Jぽんが8連休、私は12連休の予定です。わーいわーい。

日本と違って、クリスマスとその翌日、元旦が祝日で、年始は2日から仕事。
その他の日は、会社からの特別休暇と有給休暇で埋めて、他の同僚にならって私も休みをもらうことにしたよ。


そんでー。
毎年、年末はJぽんと遊びに行くことにしとるので、ここ何週間か前から、お宿をネット検索してました。

そしたらね。
四つ星ホテルが、特別割引で、2人一室朝食付き一泊£26(約4,300円)を発見。

 なーぜーだー。。
 なぜそんなに安くしとるんだーー。

と思いつつ、宿泊客からのレビューを見ても評価は良い。
場所も、Jぽんが行ってみたいと思っとった辺りで、見どころはたくさんありそう。

 そんじゃー、行っときますかー!!!

と、4泊で宿泊予約を取りました。
4泊で、£103(約1万7千円)。2人分でこの値段。朝食付き。

本来、このホテルは1泊の値段がこれくらいのはずなのに、その値段で4泊も出来ちゃうなんてー。
うれしすぎる。
お値打ちすぎる。

私は廊下をスキップして、キャーキャー言うて。
Jぽんは地図を見て、「ここも行こう、あれも見に行こう」と言うてました。



そんで。
夕飯も食べて、またJぽんは地図を見始めて。
私もネットで何か探そうかな~。

と思っていたところに電話が鳴りました。
ナンバーディスプレイには見たことのない番号が表示されていたので、おそるおそる電話をとってみると。

なんと、そのホテルのオーナーからではないですか。



長くなるので明日に続きます。

頭脳

- 2013年11月28日(木) -

会社の人達ね。
私の周りの人達は、みーんな優しくて良い人たち。

みなさん頭の切れもヨロシクて、私一人がボヤボヤしとる感じ。
こんな私でも、日本では、もうちょっとマシやったような。。
と思うけど、まぁ、思い出は美しくなるモノらしいしー。


今日、その中の一人が、
 「記憶することが得意で、その能力をいつまでも保持したい」
って話してくれた。
メモとかせんでも、覚えれるんだって。
私のように、仕事のイロハ手帳みたいなのを作ったことが無いらしい。

私はというと、物忘れが大変ヨロシイお年頃なのに新入社員でアレコレ新しいコトを覚えるのに必死で、少しでも遅れを取るまい、他の人の足を引っ張るまい、と、教わった仕事の手順は詳細に渡って細かくノートに書き込んで、更には付箋で追加事項も貼りつけたりしとんのに。

その人は、そんなノートを一つも持ってないらしい。


脳の中を見せつけられた思いよ。
アチコチ矢印やら付箋やらの飛び交った自分のノートを見て、脳の中の違いをマザマザと感じました。


頭の良い人は違うんよね~、根本的に。

そういえば、若い時にお世話になった部長さんも同じことを言うておいでた。
当時、英語を習っておられて、
「英会話学校へ行ってもノートは取らない。
 必要なことは覚えれるもので、忘れるものは大したことではないからね~」
とニコヤカに話しておいでました。

頭の良い人は違うんよね~、根本的に。
と思ったものでした。

家の中やら身の回りとかも、キレイにスッキリなさっとんだろうなー、この人たち。


「人生はシンプル。自分が複雑にするんであって、
 シンプルに生きようと思えば、そうできるはず」

と、本日のありがたい説法を聞いた思いでありました。



しかし、この人が、これまたエラぶらんで、お調子のおトボケして笑わせてくれるんよ~。
ああなりたいもんだわ、私も。

ゴッツイ霜

- 2013年11月26日(火) -

昨日の夜は、寒かった~。
冷凍庫の中の酒粕を発見したので、甘酒作って飲んじゃった。
美味しかった~。


そんでー。
今朝の霜はゴッツイのが降りてました。

Jぽんも近所の人達も、みんな揃って車の窓ガラスの霜取りゴリゴリしてました。
チャリ通勤の私は関係ないわ~と思ったら、道中、凍っとる所もあって、キケン~。


左側は秋の景色、右側は冬の景色。
景色

さっさっさむ~。

大掃除宣言

- 2013年11月24日(日) -

今日は、急に掃除がしたい病になって、

 「年末までに家中を大掃除するぞ!」

宣言をしました。
Jぽんは、そんで?みたいな顔をしとったので、畑を耕しに行ってもらってー。


まずは手始めにキッチンから。
キッチンの棚の中を全部出して整理してー。
ジャムを作った時用に、と取っておいた瓶も整理してー。
サイダーを漉して入れる瓶は出してー。
Jぽんがクリスマス用に小タマネギのピクルス作りたいって言うとったので、その瓶も出してー。
なんか、ウチって瓶だらけやん、と思いました。


あは。金曜の夜、家飲みをしたんやけどね。
Jぽんがいつもの調子で、ビールを冷凍庫に入れてお風呂から出てきてね。
ボトルのフタ開けてグラスに注いだら、液体やったのが、みるみる凍ってね。
カメラを探しよるうちに、みるみる融けたんだけども。
ビール

凍ったビールの後ろに、部屋の飾りに瓶を置く棚が偶然にも写っとったので、話の流れで載せとこーっと。
3段の棚に1つずつ、Jぽんが掘り起こした瓶がキレイに洗って飾られてます。

そんなで、ウチはどこもかしこも瓶だらけ。



そんで話を掃除に戻しましてー。

冷蔵庫も棚の扉やらも拭いて、窓ふきもしてー。
床も磨いちゃった。

そんで、ついでに家中の窓ガラスも窓のサンも拭いて。


あ~、気持ちえ~。


しかし、こんなに一度にしてしまったら、次にせんなるんちゃう~ん、と思います。

大掃除宣言、来週末は忘れたことになっとるかも。
はははー。

Movember

- 2013年11月22日(金) -

今年も11月は「Movember」。

Movemberとは、November(11月)とMoustach(口髭)を合わせた造語。
男性のガンや健康に対しての認識を高めるため、11月の一ヶ月間をチャリティー期間として、男性方はヒゲを伸ばすんだって。

昨年はこのコトを知らんかったJぽん、今年はヒゲを伸ばしました。
けど、のび始めはカユイらしく、毎日毎日カユイと言うてました。

半月も経った頃、キレイに全部ツルっと剃って、
 「あ~、サッパリして気持ちええ~!!!」
と、極上の気分を味わったようでした。



会社では、今日、男性職員がケーキやお菓子を焼いて(購入も可)持参して、それを食べる人は募金に協力してね☆
という催しがありました。

日本で見るケーキやビスケットとは違うかなーと思って、会社のメール配信に掲載されとった写真を借用しちゃった。
ケーキ

ケーキ

私は、一枚目の写真の右上のチョコレートのケーキを購入したらね。
一番上の層はブラウニー、その下はキャラメル味のクリーム、その下はメレンゲのような甘い固いモノ、その下にはなんとオレオが入ってました。

なぜ、この組み合わせを思いつくのだ。
不思議すぎる。
甘過ぎる。

ブラックコーヒーを飲んでしても、甘過ぎました。
あー、ビックリした。


まぁ、こんな機会でもないと、なかなか味わえんモノかも?

- 2013年11月21日(木) -

昼間、同僚たちとランチを食べていて、ふと気付いたんやけどーね。

ネクタイの色がね。
真正面に座った、右側の人が、蛍光ピンク。左側の人が、蛍光黄緑。
私の左隣りの人は、前は赤で、後ろから白いのがチラッと見えとった。オレンジのズボンやし。
あれ?今時、ズボンって言うんかね?


なんせ、
おーーー。派手だわー。
と気付きました。

そう気付いて回りを見渡してみると、男の人のネクタイやシャツは、ホントに色とりどり。
女の人も、色とりどり。
みんな色とりどりを、上手に着こなしてるんよ。


と同時に、わ、私ってひょっとして地味?
と気付いたのでした。
今更。はははー。

初雪

- 2013年11月20日(水) -

昨日、天気予報が雨って言うとったのに、今朝起きたらドンヨリ曇りで、雨が降ってなかったのでチャリで出勤しました。
空気は冷たいけど、チャリこいどるうちに暖かくなるので、ワリと平気なんよ。

そんでーね。
昼前くらいに、雪が降り出しました。
チラッと降って、すぐに止んでー。

夕方、仕事が終わって外に出たら、ポツポツ雨が降り出した。
薄暗いし、ビュンビュン飛ばして帰りよったらーね。

路上駐車しとる車の横に、黒い子猫が座っとるのを発見。
向こうから車が3台続けて来たので、子猫は駐車しとる車の下へ隠れたのが見えました。
車道を対向車が通っとる間に、私は歩道に上がって、その駐車しとる車の横を通り過ぎようとした時、子猫が私の方へ出てきてね。

 あわわ、チャリでハネる~!!!

とブレーキをかけたら、ブレーキがブブブって音がしたんよ。
それまで車に気を取られとった子猫は、その音で私に気付いてね。


私のチャリの前輪に毛が当たるくらいのところにおったのが、ピョーーーーーーンと飛び上がって、そのままスゴイ早さで走り去って行きました。

その、ピョーーーーンの高さが、チャリに乗った私の頭の高さくらいやったのに、たいそう驚きました。



寒い中、チャリ通勤して良かった~。
オモシロいモン見たわ~。

冬が来た

- 2013年11月19日(火) -

今週に入って急に寒くなって、今夜はマイナス気温になるんだって。

仕事終わって外に出たら、だいぶもう薄暗くてね。
いつからバス通勤にしようかと迷いつつ。
毎日のエクササイズをせんなったら、しかも年末が来て美味しいモノを食べに行く機会も増えて、体重も増えて。

と、少々寒くても、まだまだ大丈夫~!と、自分を励まして、チャリ通勤を続けてきとるんな。
そんでも今週は日中の最高気温が5~6度、最低気温は2~3度で、寒かった。

う~ん。
ついにマイナス気温か~。
と思ったら、天気予報が明日は雨って言うた。

そんじゃ、明日はとりあえず、朝はJぽんに連れてってもらって、帰りはバスに乗って帰るとしよう。
明後日は明後日の風が吹く~。

サンデーロースト

- 2013年11月18日(月) -

昨日、日曜は、Jぽんの友達夫妻、ジャッキー&マーティンと一緒に、近くのパブへサンデーローストを食べに行ってきたよ。

彼女たちの家の前の通りは、いつもこの通り、道路の両脇は路上駐車の車でいっぱい。
景色

この家並みが建った当時の1890年頃、イギリスでは、蒸気自動車が走っとったらしいよ。
「蒸気自動車」
蒸気自動車は蒸気機関を用いて駆動する自動車である。
人工の動力を用いて進むことのできる、人類初の乗り物であった。

1827年頃からイギリス各地を結んだ定期運行が始まり、交通機関として定着するかに見えたが、乗客を奪われた乗合馬車業者からの圧力や、市街地での騒音・煤煙などの公害、ボイラーの爆発事故への批判から、1865年に「赤旗法」が制定される。
蒸気自動車は郊外では4マイル(6.4km)/h、市内では2マイル(3.2km)/hに速度を制限するもので、人や動物に警告する為に、赤い旗を持った歩行者が先導しなければならなくなった。

しかし、この家々の壁やら屋根やら煙突やら、100年以上変わらずここにあるんよ。
すごいよね~。


そんで、本題のサンデーディナーは、おいしかったです。
昼過ぎから食べて、ワインも飲んじゃって、たくさん笑って、あっと言う間に外は暗くなってました。

あ~、楽しかった☆

日本語三昧

- 2013年11月16日(土) -

今日は、朝から日本に電話三昧でした。

ずいぶん前から伯母に電話をしようと思ってしていなくて、やっと先週末に電話をしたら留守でした。時差があるので平日には電話をするようにならず、今週こそ!と思って、やっと今朝、話ができました。
みんな元気そうで何より。

そんでー。
その後、小学校ん時からの友人にも電話して、どうでもええ話してー。
電話を切り際に「で、何か用事あったんやないん?」って聞かれて、「ううん、なんもない」って笑った。

Jぽんにも言うたけど、どうでもええ話のできる友達って大切よね。
しょーもないこと言うて、笑って。
このブログを見て頂いての通り、私なんか、どうでもええことしか言えんし知らんし、やけど、こんな友達がいてくれて幸せ者だとつくづく思いました。

そんでー。
午後からは家族とスカイプで話して。
これまた、しょーもないこと話して、気付けば夕方になってました。

今日は、Jぽんは友達と出かけていたので、私はお気楽日本語三昧の一日でした。


あ~、楽しかった☆

Matchstick Men

- 2013年11月13日(水) -

今日は一日、この曲が頭の中をグルグルなって離れませんでした。
「Earworm(イヤーワーム)」って言うらしいよ、音楽が頭にこびりついて離れんの。


みなさんも是非、本日はコレをイヤーワームにどうぞ。


Nexus 5

- 2013年11月12日(火) -

会社の同僚マットが、新しく出た「Google Nexus 5」を購入しました。
スマホって言うんかね、日本では。

先週金曜に会社に届いて、目をキラキラ輝かせて、
 「今夜はコレで遊ぶぞ~」
とか言うておいでました。

しかし!
SIMカードの大きさが、今まで使っていたモノよりも一回り小さいらしく、入らん~!!!と言うとったんよ。
週明けて、どうしたのか聞いたらーね。
なんと、カッターで切ったって言うんよ!!!

なんでもネットで調べたら、基本的に内部の作りは同じだそうな。
で、周りのプラスチック部分を切り取ってサイズを小さくしたら、難なく使えるようになったって。
そんなモンなんやね。知らんかった。


で、その新しい「Nexus 5」を、どんなもんか使ってごらんって触らせてくれてね。
あなた、私なんか時代遅れの電話とテキスト(短いメッセージ)が遅れるのみの、カメラすら付いてない携帯しか持ってないので、指で画面を撫でてス~イスイって、それだけで喜んでみたりして。
音声識別もしてくれるって、アレコレ携帯に言うてみたりもして。


そうこうしとると、
 「スドゥーコ、コピー機の使い方、知ってる?」
と、そのマットが言う。

 「スタートボタン押したらええだけなんちゃうん?」
と言いつつ、一緒にコピー機んとこに行ったんよ。

そしたらね。

コピー機にもタッチパネルの小さい画面が付いとってね。
マットが用紙サイズの設定をしとるのを私が横で見守っとったらね。

ジーッと画面を見つめて、

 「スタートボタンが無い」

って言うた!!!



タッチパネル画面の中にはスタートボタンは無いけれど。
すごい目立つように大きいボタンが、それ、その画面の手前にあるの見えませんか?!!!

みたいな大きさのボタンを、指で指し示して差し上げました。


タッチパネルの時代に生きる彼23歳には、手押しボタンはもう時代遅れってことなのかしらね~。

あ~、急に年を取った気がするワ。
いやだいやだ。

久々の畑

- 2013年11月10日(日) -

土曜は、また一日家でゴロゴロしましてー。

今日、日曜は、畑に行ってきたよ。
Jぽんは畑を耕して、私は納屋の掃除をしました。

本日の収穫。
野菜

左下から、コジェット(ズッキーニ)、カボチャ、リーク(西洋ネギ)、ニンジン、スゥィード(西洋カブ)、ローズマリー、タマネギ(これは干しとったの)、紫蘇の実、パセリ、赤い茎と黄色の茎の葉っぱは、チャードっていうホウレンソウみたいなの。
そんで、真ん中の黄色い花は、ナスタチウムの花と実。

今、畑で育っとるのは、このくらいで、あと、キャベツ類も育ってくれてます。
芽キャベツが立派になっとったので収穫しようかと思ったけど、一度にたくさん収穫すると、洗うのが手間なので、芽キャベツは来週まで待つことにしました。



長く畑に行ってなかったけど、野菜はちゃんと育ってくれていて、かわいそうなコトをしとる気がした。
放ったらかしにせんと、もっとマメに行くぞ~。

キノコ狩り

- 2013年11月09日(土) -

ボヤボヤしとるうちに、また週末が来た!早い~。


しかーし。
しつこく、先週末の報告の続きを書いちゃおーっと。


広大な庭園近くの林で栗拾いをした後、昔の観光宿を見学してー。
そんで、キノコ。
またキノコ採りに行ったのでした。


おー、フィールドマッシュルームの団体様発見。
キノコ


おー、こっちはカサが開いてないよ!!!
…おや?
キノコ

おー、こ、こんな団体様、見たことない!!!!
…おや??
キノコ

キノコの生えとる場所、全体を見渡すと、どうも様子が違う。輪っかになって生えとるよ。
キノコ


最初の団体様は、いつも私達が食べるマッシュルームに違いないけど、後の2種類は、どうも違う種類に見える。

帰って、家にあるキノコ図鑑でよく観察しよう!
と持ち帰ってはみたものの、どうもイマイチどの種類かハッキリ分からん。

私達、どちらかというと冒険好きやと思うけど、体をはったキノコの冒険は止めときました。


これは、前回のキノコ狩りで、黒いインクの出てきた写真を撮ったキノコの若いの。
シャギーインクキャップ。これは若いので、まだ黒いインクが出てません。
20131103_23.jpg


そんで、拾った栗とマッシュルームで、栗ご飯を炊きました。
残ったマッシュルームはバター炒め、残った栗は、甘く煮ました。


あ~、旬のモノはやっぱり美味しいね~☆

冬の風物詩

- 2013年11月07日(木) -

週末の散歩の続きの前に、一昨日の話を書いちゃおうーっと。


おととい、5日は、「ガイフォークスナイト」って呼ばれる日で、今年もまたJぽんと花火を観て来たよ。
「Guy Fawkes Night(ガイフォークスナイト)」
ガイフォークスナイト、またはガイフォークスデイは、イギリスの風習。
1605年11月5日、ガイ フォークス率いる集団は、国王ジェームス1世を殺害しようと、国会を爆破する計画を企てたが、前日に見つかり失敗に終わった。
これをを記念するのが、11月5日のガイフォークスナイト。
毎年この日には、大きな花火大会やたき火が各地で催される。


ありゃ、接写モードになっとった。
花火

しかし、この種類↑の花火がね、すっごい眩しいんよ、ご覧の通り。

 なんのイヤガラセなのだ!!!

と思うくらい、ホントに目を開けとれん眩しさ。
そういや去年もこの花火が上がった時は目をつむってました。



そんでも、今年も寒い中、花火を観て、「あ~、冬が来る~」って感じがしました。

家に帰って、週末に拾った栗の皮を剥きながら、ポートも飲んじゃったし。
「Port Wine(ポートワイン)」
ポートワインは、まだ糖分が残っている発酵途中にアルコール度数77度のブランデーを加えて酵母の働きを止めるのが特徴である。この製法によって独特の甘みとコクが生まれる。また、アルコール度数は20度前後と通常のワインの10~15度に対し5~10度程も高く、保存性が非常に優れている。
赤と白があり、赤は輝くルビー色で「ポルトガルの宝石」と称されている。一般に、白は「食前酒(アペリティフ)」としておつまみなどと一緒に、赤は「食後酒」としてチョコレートや葉巻などと一緒に飲まれている。
更に、「あ~、冬が来る~」って感じがしました。

The New Inn

- 2013年11月05日(火) -

昨日の続き。


栗拾いをした後、来た道を引き返してー。
景色



庭園脇にある建物へ入りました。

ここは、17世紀初期に建てられた宿「The New Inn」。
この壮観な庭園を観光しに、英国各地から訪れる人々のための宿で、宿の造りから、英国で一番古い観光ホテルだと思われるんだって。


洗濯する部屋。
建物

洗濯板。
建物

煙突を下から見上げた所。
建物

その隣の部屋は、食堂。
建物

多機能ストーブ。お鍋を上に置いて料理しつつ、扉を開けるとオーブン、パンも焼けるし、暖もとれる。
建物

こんな机で手紙とか書いてみたい~。
建物

窓の外は広い草原も広がって。
建物


あ~ステキ~。。
こんな家に住んでみたいわ~。

おっと、ここは家ではなくて元々お宿なんでした。


日本では、昔の暮らしを再現した旧民家とか観に行ったことあったけど、そういえば、イギリスでは初めてかも。
こういう場所に行くと、一番、目を輝かせてイキイキしとるのは、お年寄り、というのは日本もイギリスも共通なようで、近くにいた高齢のステキなオジサマが、熱心に洗濯場のアレコレを私に説明してくれました。
そばにあった竹ボウキ(じゃないけど、よく似たホウキ)をまたいで、「魔女」とか、ちょっと照れつつ、はしゃいでおられる姿が、なんとも平和な暖かい日曜でございました。


つづく。

週末の報告

- 2013年11月04日(月) -

おととい土曜日は、まーたダラダラな一日を過ごしてー。

昨日は、昼から散歩に出かけてきました。
景色


この、まーーーーーーーっすぐ続く道はーね。
景色
クルッと反対↑↓向きまして。

この門の向こうにある、お屋敷のために造られた道なんだって。
景色

このお屋敷は、350年もの間、ある一族が所有し続け、一時は王様よりもお金持ちだったそうな。
お屋敷だけでなく、ここは英国式風景庭園の先がけとなった広大な庭園もある。
今は、有料で観光することができるみたい。


しかーし。
本日の目的は、その庭園ではなくてーね。

有料の庭園へ入る手前にある、林を散歩したよ。
いろんな形のキノコの彫刻があるねーって近くに行ったらね。
景色

景色

そのすぐ隣りに、栗の木がありまして。
この栗拾いが本日の目的なのでした☆


つづく。

ダーリン

- 2013年11月01日(金) -

会社の帰りに、お金を下ろそうと思ってキャッシュポイントに寄ったらね。

他の人が使用しとったので、後ろで待っとったらね。
私がよそ見をしとる間に、男の人が私の隣りに立っとった。

 この人、私よりも前に並んどったんやっけ。。

と記憶に自信が無いお年頃なので、前の人が使い終わった後、

 「私よりも先に並んでおられた?」

と、その人に聞くと、いえいえ、お先にどうぞ、と言われ、ほんじゃまぁ、と先に用を済ませました。
そんで、「ありがとね」と言うて去ろうとすると、

 「どういたしまして、マイダーリン」

と言われました。

知らん人にも「マイダーリン」とか「マイラブ」とか言われるんよ。
ウインクも付けてくれたりして。

些細なことやけど、よくあることやけど、いまだにこれには顔がニンマリなる。
ニンマリしたままチャリに乗って薄暗い中を帰りました。
アヤシかろう。


最新記事