北ヨークシャー 4日目 (Pickering - Goathland)

- 2014年12月31日(水) -

そういえば書き忘れとるけど、毎朝ゴッツイ霜が降りて、寒いです。
景色

今日は、保存鉄道「The North Yorkshire Moors Railway」へ来ました。
この「Pickering」駅より北方向の「Grosmont」駅まで、18マイル(29km)の距離を走る。乗車時間は約一時間。
景色

出発前に、運転手さんが運転席の部分へ入らせてくれました。
景色

そんでポーズもとってくれました。ええ人やー。
景色

さて、客車に乗って、出発進行~☆
(同じような写真ばかりですが、サーッとご覧ください)
景色

景色

景色

景色

景色

景色

景色

本日の最終駅、「Grosmont」駅まで来ました。日によっては、もっと先まで行くみたいやけど、残念ながら今日はここまで。いったん降りたけど、小さな村でコレと言って何も無いようなので、また列車に乗り込みましてー。
景色

引き返して一つ目の駅「Goathland」で降りました。
景色

この駅は、ハリーポッターの撮影にも使われたそうな。
景色

駅から、村と反対側の湿原を歩きに行きましてー。
景色

慌てて村も歩いてきましてー。
駅に戻ったら、モクモクと蒸気を上げて列車がやってきたので、コレ↓に乗って帰ります。
景色

出発駅「Pickering」に戻って、丘の上のお城へ行ったけど、閉まっていて中には入れんかったので、城壁の外側にある散歩道を歩きました。
景色

日が暮れてからの駅も見てみようと、また駅まで戻りました。車をとめたのが駅の駐車場やったし。
景色

そこへ、ちょうど最終の蒸気機関車が入ってきました。
景色

蒸気をまとった黒い車体が、速度を落としてゆっくりと薄暗い駅舎へ入って行くさまは、二百年前にタイムスリップしたような趣のある眺めでした。
今日も一日、重労働お疲れさまでした、と声を掛けたいような。


車に乗り込んで、スカーバラの宿まで戻り、夜はタイ料理を食べました。



 本日の歩数 : 17,825歩。


この日は大晦日で、海沿いのこの町ではアチコチから花火の上がる音が聞こえてくるし、テレビではカウントダウンが始まったというのに、Jぽんはグーグー寝てました。

そうそう。
宿の斜め前には「SOBA」という看板が見えたので、Jぽんに、「あそこ日本料理屋さんかも」ってワクワクして言うたら、どうやら若者向けのクラブのようで、この大晦日の夜は、朝方までワイワイ賑わってました。
ちなみに、このホリデーに出かける前に、年越しそばを作って食べてきましたよ。

北ヨークシャー 3日目 (Robin Hood's Bay - Whitby)

- 2014年12月30日(火) -

今日の日の出も美しい~。夕日みたいやけど。
景色

ホテルの朝食、イングリッシュブレックファースト。
シリアルを食べた後にコレを食べるので、お腹満腹になります。
食べ物


今日は、スカーバラの町から北にある、「Robin Hood's Bay」という小さな村へ行くよ。
隣り村に車を止めて、コーストパス(海沿いの散歩道)を歩いて行くことにしました。

すーごい下り坂を歩いて降りた後、またすーごい上り坂を登りました。
まだまだ上り坂が続く。ひー。
景色

テッペンまで登ると、ずっと平坦地が続きました。
こんな木のトンネルも通ってー。
景色

もうすぐ崩れ落ちそうな散歩道も通ってー。
景色


「Robin Hood's Bay」に来ました。
景色

古い家並みが建ち並ぶこの村は、迷路のような細い通路が入り組んでいて、とってもオモシロイ。
過去に、密輸入が盛んに行われていたらしく、家屋をつなぐ地下通路もあったそうな。
景色

景色

Jぽんと探検しとったら、猫が現れました。
撫でて撫でて~ってやってきて、しばらく私たちと一緒に散歩を楽しみました。
景色

景色

村の丘の上にある、この湾を一望できるホテルのカフェで、Jぽんはティーを、私はホットチョコを飲んで休憩。
景色

また丘を下って村の探検の続きをしまして。
景色

ビーチへ降りました。
景色

景色

景色

村を探検しとる間に充分な引き潮になったので、帰りはビーチを歩いて隣り村へ戻るよ。

このビーチでは化石が採れるらしく、しかしもう暗くなり始めとったので探す時間も無く。
歩きながらでも、Jぽんがアンモナイトを一つ見つけたよ。
景色

景色

ビーチを歩くと、あっという間に隣村へ戻りました。


車に戻って、そのまま更に北へ。
「Whitby」という海沿いの町へ来ました。

ブッチャー(お肉屋さん)。
食べ物


パブ「Duke of York」。
窓辺の席で川を眺めながら、地ビールを一杯と夕飯も食べたよ。
景色
お肉屋さんの写真を撮ったけど、この町はシーフードが有名らしいので、スカンピー(エビフライのようなモノ)を食べたら、これが美味しかった☆

パブ近くから始まる、199ある階段。
景色

ここを登ると、小説ドラキュラの舞台「St Mary's Church」と、七世紀に建てられた修道院「Whitby Abbey」が隣り合わせにある。
景色

暗い中の、廃墟となった修道院も、ドラキュラの出てきそうなお墓のある教会も、迫力満点でした。

景色

しかし今回は夜で、どこも閉まっていたので、また昼に来るぞ~。



 本日の歩数 : 18,739歩。


前日に歩きすぎて膝が痛くなっとったので、今日はあんまり歩かんって言うとったのに、またようけ歩いて、膝も腰も痛い~★

北ヨークシャー 2日目 (Scarborough)

- 2014年12月29日(月) -

宿の部屋の窓からの景色。宿の真ん前がスカーバラ駅。
景色

キレイな日の出が見えました。8時半頃かな。
景色

宿の朝食を食べて、散歩に出かけました。
今日は、スカーバラの町の、お城から北方面を歩く予定。

スカーバラの商店街。
景色

お城のすぐ足元にある教会「St Marys church」。
ここにはあのブロンテ姉妹の一番末の妹、Anne Brontë(アン ブロンテ)のお墓がありました。
景色

景色

景色

景色

スカーバラ城。
今日はお休みで、城壁の内側へは入れませんでした。
景色

お城から南側にある湾を見下ろした景色。
景色

お城から北側にある湾を見下ろした景色。
景色

この写真↑の方向、北へ向かって歩いて行くよ。

お城を振り返ってー。
砂浜の向こうの、丘の上にお城。
景色

浅瀬の向こうにお城。
景色

コーストパスの向こうにお城。
景色

コーストパス(海岸沿いの遊歩道)をドンドン先に歩くJぽんは、犬の散歩中のご婦人に、スカーバラの歴史について話を聞いてました。
景色

コーストパス沿いにパブがあったので、まだちょっと時間が早いですけど、地ビールをハーフパイントで一杯。
全然違う色やけど、どちらもビターと呼ばれるビール。
パブ


砂浜を歩いて、お城方面へ向かって戻るよ。後ろを振り返ったとこ。
景色

景色

景色


お城のある丘の麓をグルッと海沿いに歩いたら、思ったよりも距離があるらしく、遠かったー。

そんで、その先にある港の防波堤を歩いて、灯台にも行ってー。
景色

裏通りにあった小さなパブで、また地ビールを飲んで。
景色


夜はチャイニーズが食べたくなって、そーとー探したのにレストランを見つけることができんくてね。どの町にも、必ずと言ってよいほど、中華レストランとインドレストランはあるっていうのに。
ホテルを通り越して、「あの角まで歩いて無かったら、あきらめる。」って言うた、その角にありました。
うーれしーーー。

いろいろたくさん注文して、またお腹いっぱい食べました。
美味しかったです。



 本日の歩数 : 25,914歩。


足も腰も痛くなりました。

北ヨークシャー 1日目 (家 - Humber Bridge - Scarborough)

- 2014年12月28日(日) -

朝になって、ようやく宿を予約して、荷物を車に乗せて出発したのは、11時も回った頃でした。

高速は混んでいるトコもあり、と思えばスイスイ走り、と思えばまた混み。の繰り返し。
あ、ココ↓は対向車線も渋滞しとるね。
景色


ちょっと遠回りになるけど、吊り橋「Humber Bridge」を渡りに来ました。
通行料片道£1.5(約270円)。
景色
2006年時の普通車の通行料は、片道£3(約540円)で、イギリスで一番高い通行料だったらしい。つくづく良心的な値段よねー。

あら、まだ目的地に着いてないのに、夕日が沈む~。待って~、な気分。
景色


本日の宿は、パブ兼ホテル。
パブの裏側に駐車場があって、車を止めた場所からパブ兼ホテルを見上げたとこ。あの角っこ辺りがパブ兼ホテルで、お隣さんとはくっついた建物。
外国って感じの建て方じゃない?
景色

部屋は、4人泊まれるファミリールームを使わせてくれました。ので、広くて快適。
ホテル

シャワーを浴びて、夜の街を散歩しに行きました。
港のボートにもクリスマスのライトが灯って、ステキ☆
景色

しかし、これがまた寒くてね。寒いというより、海風が冷たくて痛い。
北風の吹く海沿いでホリデー。風邪ひかんようにせなな。
景色

景色


今夜はパブへ行かず、イタリアンレストランへ入りました。
「Calzones」という、ピザを半分にたたんで焼いた料理(と説明された)を初めて食べたらね。とっても美味しかった。
ピザのトッピングの部分が、内側になることで蒸し焼きにされたような感じで、具がジューシーでした。
もう何も食べれんって言うくらい、お腹いっぱい食べて満腹になりました。

満腹になったあと、宿まで歩いて帰りながら、ホリデーの始まりって気分になりました。

ヨークシャー

- 2014年12月28日(日) -

せっかくの連休、どこかへ遊びに行こうって言うて、家でダラダラ三日を無駄にしました。

そんで、やーっと行き先を決めて、やってきたよ。
イングランド北部にある、ヨークシャーへ来ました。

ウチのあたりはそんなに寒くないのに、道中、雪の積もっている地域もあって、北は寒い。
ヨークシャーの北東の海沿いの町に宿をとりました。
さっき、夕飯を食べに外へ出たら、冷たい風がピューピュー吹いて、厳冬って感じ。
このホリデーで、海沿いの散歩道を歩きたかったんですけど。
どうなることやら。


なんせ、またようけ写真を撮って帰るので、お楽しみに。

クリスマスの買い物

- 2014年12月27日(土) -

先々週くらいに、少し離れた町へドライブしました。

クリスマスらしい町並みを歩きたいなーというて、私の行ったことの無い町へ連れてってもらったら、あんまりクリスマスらしくなかったのですが。

街の中心↓。ここを中心に、ショッピングストリートが四方に広がっていて、クリスマスのプレゼントを買い込みました。
景色

背の高い人たちが歩いてきたよ。
景色

どのくらい高いかというと、このくらい↓。
景色

町の教会。
景色

帰り道、パブに寄って、地ビールを一杯飲みました。
景色

景色


そんでー。
ボクシングデーも過ぎまして、今日は27日。
せっかくの11連休なのに、まだ家でゴロゴロしてます。
どうもヤル気がでませんが、どこかには行こうと思って、荷造りはしました。
行き先が決まれば、報告しまーす。

クリスマス

- 2014年12月26日(金) -

今日はクリスマスの翌日、ボクシングデーと呼ばれる日で、イギリスでは、クリスマスとボクシングデーの両日が祝日です。

先日も書いた通り、この年末は里帰りをする予定だったので、日本の家族へのお土産を用意しているうちに、こちらの周囲の人たちの「クリスマスがやってくる~ワクワク☆」気分に乗りそびれたというか、関係ねー(無い)みたいな気になっていたというか。

慌ててクリスマスプレゼントを買い足したり、ラッピングしたりしているウチに、クリスマス気分になれると思っていたのにーね。

昨夜は例年通り、Jぽんの姉家族んちでクリスマスディナーを食べて、プレゼント交換して、ゲームして。
みんなでワイワイとっても楽しかった。
クリスマスを満喫したハズなのに、家に帰って、あれ?もうクリスマス本番(笑)終わった?みたいな物足りないようーな気がしてます。


今日はダラダラした一日になりそうやけど、明日からどっか遊びに行く予定を立ててます。
またどこに行くか決まったら報告しまーす。

予定変更

- 2014年12月19日(金) -

野暮用があるので、年末に里帰りする予定がね。

** 長文注意 **


明日から里帰りするつもりでね。
12月20日ロンドン発のチケットを購入しとったのにね。
つい一昨日の17日、その野暮用の予定日が急に変更になりまして。

どうすんよ~。
と慌てました。

航空チケットも空港往復の高速バスチケットも購入済み、会社も休みは報告済み。

どうすんよ~。
と慌てました。

野暮用は無くても予定の通り帰るか。
それとも、予定変更するか。

何をどう考えたらええのか、サッパリ分からんくて、上司の助言に沿って落ち着いて考えまして、野暮用に合わせて予定変更決定!


まずは会社の休みを調整しましてー。
慌てて、航空会社に電話したら、
 ・出発前日の夕方までに、野暮用日時の変更証明書を提出すること
 ・それと同時に、変更後の日程で同航空会社のチケットを新たに購入すること

を条件に、現在のチケットは全額返金してくれるらしい。
これまた慌てて実家の姉に連絡をして、証明書の手配をお願いしまして。

証明書が期日までに間に合わなければ、出発前までに
 変更手数料(今回の場合は約2万円)プラス、
 購入済みのチケットと、変更後のチケットの差額
を支払って、通常の変更扱いとなるらしい。


こういう時に頼りになる実家の姉が、すぐさま手配をしてくれて、イギリス時間で期日前日の朝までには航空会社宛てに直接メールが送れる予定、と連絡をくれました。

しかーし。
これまた小心者の私ったら、本当に約束の時間までに要望通りの証明書を出してくれるのか、出してくれなければ姉に更に手間をかけることになるなぁと、よく眠れずモンモンとした一夜を過ごしまして。
(この安心でき無さは、イギリスの環境に慣れたってことかと翌朝気づきます)

朝早くから目が覚めて、メールを確認すると、姉ったら、素晴らしい文面とともに完璧な書類を揃えて、航空会社宛てに添付送信してくれている☆
 あー、これが日本だ!
 日本の社会そのものだ!
と、心配して損したと、心底思いました(笑)

そんで、変更後の日付に合わせて新規にチケットをネット購入し、予約番号を片手に航空会社へ電話をしました。

そうしましたら。
なんと、姉からのメールが届いてないとおっしゃるではないか。
航空会社宛てに、私を㏄に入れて送信済のメールを、今朝私は受信確認しましたよー。
というても、届いてないそうな。
宛先を確認しても合っている。


何がイカンのでしょうね。。。

と話し合っていると、「添付ファイルのサイズが大きすぎるのが原因で、確認ができないことになっている」と判明しました。
そう言われて見てみたら、あらホントよ。
私はサイズも確認せず、メール上で簡易表示しただけなので、普通サイズで見えとったけど、ダウンロードして開いたら、一文字が画面一杯に広がるくらい大きいことになっとった。
笑える~。
姉らしい。
シッカリ者の姉で、なんでもキッチリシッカリするのに、どっか一つ笑えるコトを忍ばせる。というのか。

とにかく、サイズを小さくしたものを再送信して、今度こそ受信確認してもらえました。
新規予約の番号も伝えて、無事、明日出発の便はキャンセルしてもらえました。
あ~、良かった。
姉には全くもって感謝☆


そんで、この波に乗って、高速バスも変更をしました。
こちらは何の理由があろうとも、変更手数料がかかるそうな。
前回は無料でしてくれた、と言うてみたけど、ダメでした。
(過去、実際に無料変更を電話で受け付けてくれたのに)
次回からは、高速バスは出発間際まで予約せんとこーっと。
早い目に予約をしたところで、料金が安いワケでもないし、よっぽど混み合う時期じゃないと満席にはならんみたい、ウチの近所から空港往復の便。


あー、慌てたけど、全てなんとか変更できて、よーかった☆

あ、で、肝心の里帰り変更は、1月中旬~下旬になりました。

バーミンガム続き

- 2014年12月16日(火) -

続き。

トナカイのハンバーガーを食べて、お腹の虫も収まったところで、運河沿いを歩いて向かったのは。。
景色

ここ↓「Barclaycard Arena (The NIA)」。
景色

前座の「Standard Lamps」。
ライブ

ライブ

そして、待ちに待った、The Who☆
ライブ

ライブ

ライブ

ライブ

ライブ

ライブ

ライブ

あら、最後に手をつないだツーショットがアップになったのに、顔が隠れちゃった。
ライブ


2時間半ぶっ続けの、すーごい力強くてパワフルなライブでした。
メインの二人とも70才。
すげー。

クリスマスマーケットで食べた、これ何か?の答え

- 2014年12月13日(土) -

久しぶりの「これ何か?」、みなさん参加してくれて、ありがとう~☆


クリスマスマーケットで食べた、これ何か?の答えはーね。
景色

「トナカイ」でした~。

「Reindeer(トナカイ)」
シカ科で唯一、雌雄共に角がある。これは、角の用途が繁殖期におけるオスの抗争だけでなく、雪を掘ってエサを得る役割もあるためである(そのためメスは、子どものエサを確保しなくてはいけない冬季に角が生える)。オスの角の方がメスよりも大きい。オスは春に角が生え秋から冬にかけて抜け落ち、メスは冬に角が生え春から夏にかけて角が抜け落ちる。
時速80キロで走る。


今回は、なんと驚いたことに全員正解☆


えー、なんで???
トナカイって食べたりするん、知らんかったよ、私。
ましてやクリスマスの時期に。
サンタクロースとセットで、子供たちの夢の、神聖なモノなんと違うん?
とか言いながら、美味しい美味しい言うて食べたのは私たちなんですけどー。

私が知らんだけで、日本ではポピュラーなん?


ともかく、 今回もお付き合いいただきまして、ありがとうございました☆
引き続き、バーミンガム報告にもお付き合いくださいませ。

クリスマスマーケットで食べた、これ何か?

- 2014年12月10日(水) -

続き。

小腹が空いたので、クリスマスマーケットをウロウロしましてですね。
まずはモルドワインを飲みました。
ジャーマンソーセージを挟んだ、ホットドッグも食べました。

そんで、コレ↓も食べました。
食べ物

ハンバーガー。
炒めたタマネギとチーズとロケットをトッピングして、ケチャップとマスタードをかけましてー。


それではココで、久しぶりの「これ何か?」。
このハンバーガーのお肉は、何のお肉でしょう?

 ヒント : とーってもクリスマスらしい動物。



みなさん、ドンドン参加してくださいマセ~☆

クリスマスマーケット

- 2014年12月09日(火) -

日曜は、午前中ダラダラしてしまって、ついテレビのクリスマス料理番組に見入ってしまったりしてー。

出かけるのが遅くなったので、バーミンガムへ到着した時にはもう真っ暗でした。
というても、4時半くらいかな。
景色

クリスマスマーケットが開かれていたので、小腹も空いたし、何か美味しそうなモノはないかウロウロ。
景色

モルドワインを発見☆
今日は、ひときわ寒いし、体も温まって美味しい~。
景色

景色

このメリーゴーランド↓は回転が速くて、見とるだけでもちょっとスリリングでした。
景色

景色

景色

たこ焼きを焼いとるようにしか見えんけど、これは丸いケーキでした。
景色

たこ焼きなら迷わず買うのにな~。
景色

景色


長くなるので続きます。

バーミンガム

- 2014年12月08日(月) -

昨日は、バーミンガムへ行ってきました。
景色

街の中心では、クリスマスマーケットが開催されていて、とっても賑やかでした。
ヨーロッパでも最大規模のマーケットなんだって。

楽しかったけど、つーかーれーたーーー。
家に帰ったの、午前1時半。


また写真をたくさん撮って来たので、お楽しみに~☆

クリスマス

- 2014年12月04日(木) -

1日に会社のクリスマスの飾り付けをしました。
会社


昨日は、会社の忘年会(クリスマスパーティー)でした。

前回とは違って、洒落たレストランだったので、前菜が出てきたとき、
 「これこれ、こういうの!」
と期待通りの見た目だけで、もう満足してました。
あ、味の方も、メインもデザートも美味しかったです。
調子に乗って食べ過ぎました。
ついでに、飲みすぎました。
水曜だというのに。


なんせ、美味しかったし楽しかったです☆

カメラ

- 2014年12月01日(月) -

昨日の写真を見てお気づきかと思いますが。
カメラが壊れとる。

フラッシュ強制発光で撮ったら、フラッシュがピカッと光った後、シャッターがカッシャッてユックリめの音がして、撮れた写真は真っ暗けっけ。
かと思えば、真っ白に撮れたりもする。

スローシンクロ(暗い場所で人物と背景を両方撮りたい時に使う。シャッタースピードは遅い)を使うと、真っ暗になったり、たまにハチマキ巻いたカワイ子ちゃんがボンヤリ撮れたり。
で、何枚も撮ってみて、なんとか景色が見えるものを昨日載せたというワケです。



次はどんなの買おうかなー。

年末で何かと物入りやけど、新しいカメラ買うの、うーれしーーー。
今のカメラは丸9年使いました。
ご存じの通り、どこへ行くにも持参して、ようけ写真を撮りました。

次に買うのも、今のカメラと同じように、散歩に出かける時、ポケットに入るような小さいのが良いよなーと思い中。

ちなみに値段を見てみたらーね。
同じ機種のカメラを買うのに、イギリス価格は日本価格に比べて高い!
そうよー、イギリスの消費税は20%なのよ。

そういえば言いそびれてますが、ついこの間、やっと里帰り報告を終えたとこなのに、また里帰りをします。
年末、野暮用ができまして、クリスマス前から年始にかけて、まーた里帰りします。
お金持ちでもないのに、年に二回もの里帰り、きーびしーーー★


まぁなんせ、そんななので、カメラは日本で購入することにしてー。
あれ?
空港内の免税店で買ったら安いんかな?


最新記事