ラベンダー

- 2015年06月29日(月) -

畑のラベンダー。
ラベンダー
昨年、放ったらかしにして、花が終わっても刈り込んでやらんかったので、花の高さが揃わず、バラバラ花が付きました。

こうバラバラやと、思い切りがつきやすい。
新芽が出ている、ちょっと上辺りから、花バサミで、ジョキジョキ刈り込んでやりました。

家に持って帰って、テレビを観ながら花のトコだけを指で取ってー。
ラベンダー

カップに入れて、沸騰したお湯を入れました。
ラベンダー

ストレイナーで花を濾すと、紫色と緑と灰色を足したような色の汁ができた。
ラベンダー


少し前にオックスフォードのカフェで飲んだラベンダーティーが美味しかったので、それをイメージしとったのに、様子が違う。
あれはドライのラベンダーを使っていたので、薄い黄色のティーでした。
今回の私の作ったのは、生のラベンダーを使ったけど、花が紫色やけど、まさかこんな色になると思ってなかったので、ちょっと衝撃。

 「えー、これ、飲んでもええ色?」

とJぽんに見せると、無言でスプーンですくって飲んだ。
そして更にもう一すくい、また更にもう一すくい、スプーンで飲んだ。

どうやら美味しいらしい。
Jぽん曰く、オックスフォードで飲んだのよりも数倍美味しいらしい。

騙されたと思って私も飲んでみたら、おーいしーーーー。
とってもアロマな味。

好き嫌いもあると思うけど、私たちは気に入りました。

ティーを作った出ガラシの花は、まだまだ良い香りがしとるので、お皿に乗せてロウソクで下から熱して、部屋をラベンダーの香りにしよう作戦をしてます。
ほーんのり香って、眠くなり中。

花を摘んだ残りの、茎と葉っぱも良い香りがしてるんよー。
これも何かに使えんかなー。
お風呂に入れてみようかなー。

イチゴ収穫

- 2015年06月23日(火) -

日曜は夏至やったよねー。

Jぽんは、またストーンヘンジへ行きたかったみたい(昨年の記事はこちら >>)やけど、私が日曜は休日出勤だったので、友達のハリーと一緒に、ストーンサークル「Rollright Stones」へ行ってきたそうな。
日の出は、曇り空でイマイチやったみたい。


そんでー。
私は仕事から帰って、Jぽんも昼寝した後、イチゴの収穫をしに畑へ行ってきました。
イチゴ

一面がイチゴで真っ赤っかになっとってね。
ここ最近、お天気も良かったので、完熟イチゴになってました。
収穫するのに2時間もかかった。


先日、「私はイチゴをそのまま食べるのが好き」って書いたとこやけど、Jぽんが、生クリームではなくサワークリームを買ってきたんよ。
それをタップリかけて食べてみたら、こりゃー美味しい☆
あんなに美味しいとは知らんかった。

ってことは、生クリームも美味しいんかな?
今度また試してみよーっと☆

イチゴの季節

- 2015年06月21日(日) -

イチゴの季節がやって来た~。
イチゴ

毎朝、ボウル一杯のイチゴを食べてます。甘くて美味しいんよ~。あ~うれし。
イチゴ


Jぽんは、イチゴに生クリームかけたり、アイスクリーム添えたりして食べとるけど、私はそのままイチゴだけを食べるのが好き。
子供の頃は、練乳かけて食べるのが好きやったな~。


昨日、一昨日と畑へ行ってないので、今日行ったら、たんまり収穫できるはず。
行ってきまーす☆

パブ飯

- 2015年06月17日(水) -

先日、仕事から帰って、さぁグッタリなろうと思ったら、Jぽんがパブに行こうって言う。

ほんじゃグッタリするのやめてー。
パブに行ってきました。

Jぽんのラガーをパイント&私のビターをハーフパイントで。
パブ

この後、ここで夕飯も食べて帰りました。
ビールも夕飯も美味しかった☆

グッタリせずに出かけて良かったです☆

畑の様子

- 2015年06月16日(火) -

あら、サボりグセがついて、一週間ぶりの更新になっちゃった。
えーっと。
毎日仕事が忙しくて、家に帰ったらグッタリなってます。

そんでも、陽が長くなって、日没は夜9時半くらいかな。10時頃まで薄っすら明るいので、グッタリなっとっても、なんだか救われる感じ。

この間の土曜は休日出勤して、日曜は畑に行ってきたよ。
アーティチョーク。そろそろ食べ頃かな。
野菜

Jぽん立ち入り禁止の、私のハーブ園。
野菜

ニンジンを白くして大きくしたような、パースニップ。
野菜

タマネギと子タマネギ。
野菜

日本のカボチャ。
野菜

ジャガイモ。
野菜


いつまでも肌寒い日が続いとったので、野菜の成長が遅いような気もするけど。
雑草の成長は、毎年同じく、とっても早いです。

白い花

- 2015年06月09日(火) -

最近、お天気の良い日が続いとってね。

春の野花が咲く中、チャリ通勤は気持ちが良い季節。
景色

景色

一番キレイな時期を逃してしまって、花が終わり始めた頃に、やーっと写真を撮りました。
ははは。

背の高い花は、カウパセリ。低い花は、ワイルドガーリック。
一面が真っ白の花に覆われて、とってもキレイでした。


徒歩や自転車やと、こういう景色が楽しめるのがええよね。

ガーゴイル

- 2015年06月06日(土) -


「Gargoyle(ガーゴイル)」
ガーゴイルは、怪物などをかたどった彫刻であり、雨樋の機能をもつ。主として西洋建築の屋根に設置され、雨樋から流れてくる水の排出口としての機能を持つ。

芸術であるとともに、宗教的意味合いが強い。例えば古代エジプトでは寺院の平らな屋根の上にガーゴイルがあり、その吐き出す水で聖杯などを洗っていた。

中世ヨーロッパの聖堂建築には、もともと雨樋はなかった。しかし、13世紀に盛んに建設されたゴシック建築の大聖堂は、高く勾配の急な屋根を特徴としており、雨水が勢いよく流れ落ちるようになっていた。そのため、雨水が壁面を濡らして漆喰を侵さぬように、外壁から離れて水を落とす吐水口が必要となった。

動物の面や頭部の彫像は古来、魔除けに用いられてきた。

建物

視線を感じるので見上げたら、あ、お友達。
建物





5月25日の「THAMES PATH 4(Clifton Hampden - Abingdon) その2」を更新しました。

- 2015年06月02日(火) -

一休さんの「このはしわたるべからず」の、イギリス版。

橋


ではなく、この橋は、端っこも真ん中も通るのは危険らしい。




5月26日の「THAMES PATH 4(Clifton Hampden - Abingdon) その1」を更新しました。


最新記事