FC2ブログ

Yorkshire Dales 5日目 (Ravenglass)

- 2017年12月31日(日) -

宿で美味しい朝ご飯を頂きましてー。

車に乗って、湖水地方の西側にある海岸沿いへ来ました。
川

河口に近いけど、海は見えませんでした。「River Usk」。ウスク川。
海
満潮干潮の時刻が掲示板に貼られていて、今日、12月31日までの情報しか載ってなく、おー、ギリギリセーフ☆みたいな。
で、この時間が一番の引き潮の時間帯でした。

そんでー。「Ravenglass」駅に来ました。
本線横にあるこの建物↓、これ、駅舎ではなく、なんとパブ!
駅
中に入ってみたら、お客さんで満員御礼でした。

パブは入ってみただけで、今日の目的はコッチ↓の駅。
駅

保存鉄道「Ravenglass and Eskdale Railway」に乗りますよ。
保存鉄道

蒸気機関車も、客車も小さめで、二人用のシート。
保存鉄道

一番前の、蒸気機関車に一番近い席に座りました。
出発進行~☆
保存鉄道

保存鉄道

保存鉄道

丘の斜面には、自分たちの乗った蒸気機関車の影!
影

7miles(約11.3km)先の、最終駅「Dalegarth」に着いたよ。
回転台で、蒸気機関車を回転させているとこ。
回転

保存鉄道

運転手のオジサンに、Jぽんがいろいろ質問中。
オジサン

この最終駅で降りて、付近の山を散歩して、次の便(最終便)で帰ろうかってJぽんの案は、却下しました。
みなさんご存じの通り、Jぽんは、散歩の距離とそれにかかる時間に楽観的すぎる傾向があり、かくいうワタクシめも、まぁ人のコト言えたモンじゃないってとこなので、もし最終便を逃して山ん中で置き去りって、それは、この寒い日の大晦日には、してはイカンことだと思いまして。

ああ、今振り返ってみても、これは正しい判断だったと思います(笑)。
で、帰りの景色。
景色

保存鉄道

保存鉄道

あっと言う間に、始発駅に帰ってきてしまいました。
川

帰りに寄った「Kirkby Lonsdale」村。
街並み

裏の通りにあった、このパブで一杯ビールを飲みました。
パブ

夕飯もココで食べようかと思ったら、それはもう、大晦日の夜なので、予約一杯で断られちゃった。
ってか、お客さん、みーんなオシャレな服装なのに、私たちったらハイキングに出かけた帰りの服装で、あれ?場違い?テヘ★みたいな感じだったので、宿に帰ってシャワーを浴びて、宿でまた夕飯を食べました。


今日も一日楽しかったです☆

Yorkshire Dales 4日目 (Grinton - Arkholme)

- 2017年12月30日(土) -

この窓からの景色も、これで見納め。チェックアウトして、次の目的地へ向かいます。
パブ

保存鉄道「The Wensleydale Railway」の「Leyburn」駅に来ました。
今日は雪のために列車は走ってないそうな。
駅

上↑の駅員さんに勧めてもらった、「Castle Bolton」村へ来たよ。
村

村の突き当り(上の写真↑の左の建物)にあった、「Bolton Castle」
城
冬の間は閉館しているらしく、中には入れませんでした。残念★

お城の真向かいにあった教会「Saint Oswald's Church」。
教会

中にに入って見学しました。
教会

ここにも赤ちゃんキリストさま、ご誕生~☆
教会

高低差はあまりないけど、広い川幅の滝「Aysgarth Falls」。
川

丘の中腹にあった、すーごい大きな教会「St Andrew Church」
教会

教会

これは1506年の彫刻だそうな。
教会

ココの赤ちゃんキリストさまセットは、全体的に大きて見やすく飾られてました。
教会

木

通りがかりに、ステキなので車を止めて少し歩いた村「Bainbridge」。
川

この辺りでは大きい方だと思う村、「Hawes」へ来ました。
村の真ん中の、家のすぐ横に滝。
川

お腹が減っていたので、パスティとチーズケーキとキッシュを買いました。自分ちにのお土産に、ジャムとハチミツ、ビールも買い込みました。
村


そんでー。グーグルマップに騙されて、通り過ぎてしまったパブ兼宿に、やっと辿り着きました。

これがね。
この今日からの宿は、昨日までの宿の半分の値段でね。
昨日まで泊まっていた宿は、国立公園内の川沿いなので、立地で値段が高いのかなーみたいな感じやったんやけどーね。
今日からのこの宿は、小さい村の小さなパブで、外観も、特にどうってこともなく、まぁ期待してませんでした。
けど、宿泊客のレビューは良かったんよ。

しかし、とっても地味な不愛想なオバサンに案内されていった部屋の前には、洗濯に出すシーツが山になってあって、あれ、こりゃハズしたわ~★と、部屋に入った途端、あれ、何このステキな大きな部屋☆
宿

今まで泊まった宿の、どの部屋よりも大きくて心地良かった。と思う。
バスルームも、お風呂とシャワーが別にあって、とってもキレイでした。
「The Bay Horse Hotel」
またどっか行く時の道中とか、ここに泊まりたいです。

ともあれ、下に降りて一杯飲みましてー。
パブ

夕飯に、まーたステーキ食べちゃった。美味しかったです。
パブ

この日は、正月帰省をする甥っ子が、就職先から実家まで自転車で帰る挑戦!をしていると聞き、ビックリしました。
それを知った時、私はワイン片手にステーキを食べてました。

えー、甥っ子は、実家まであともう少しってトコの登り坂で、父への救助依頼を発したそうです。
若人よ、よく頑張った☆

Yorkshire Dales 3日目 (Grinton)

- 2017年12月29日(金) -

昨夜からチラチラと雪が降ってました。

朝起きて、部屋のカーテンを開けてみると、真っ白けっけになっとった!
駐車場

宿の朝食は、こんなステキな部屋で頂きました。美味しかったです。
朝食

上の写真の窓から外を見た景色がコレ↓。
パブ

私たちの泊まっているパブ兼宿の屋根の上には、なぜか羊の飾りがあります。
パブ

雪の中を散歩に出かけるよ。
誰の足跡もない雪道を歩くのは、ウレシイ。
景色

この辺り特有の石垣の景色。
景色

景色

景色

また、あちこちにこの「Red Grouse (レッドグラウス)」を見ました。
鳥

太陽が出てこようとしてきてー。
景色

谷の向かい側の丘を照らしました。
景色

この辺りでよく見かける、ツノがグルグル巻いた羊がたくさんいました。
羊

谷を降りて、向かい側の丘へ渡ります。
景色

橋を渡ってー。
橋

川

川

あの向こうに見える丘を歩きました。
景色

この三頭の羊、フェンスに寄ってきて、撫でさせてくれました。珍しい。
羊

変わった顔しとる、この羊たち。
それよりも、鳴くときにベロがベェって出て、「ベェ~~~」って鳴き声を発するの、初めて知った!
羊

前夜にも来た、隣村「Reeth」へ来ました。
景色

昨夜入ったパブの前を通り過ぎてー。
景色

村の端っこにあるパブに入りました。
パブ

ビールは夜のお楽しみにして、Jぽんはコーヒーを、私はアールグレイを飲みました。
暖炉が温かくて、ウトウトなる感じ。
パブ

外に出ると暗くなっていたけど、宿までの道のりは、雪の積もった歩道をお月様が明るく照らしてくれていて、懐中電灯なくても気持ちよく歩けました。
散歩道

さて、今夜の夕飯は、雪が積もっているのに、車で出かけることになりました。
というのが、散歩をしていて話す人、話す人、何人もの人たちが口にする「お勧めのパブ兼レストラン」っていうのが、私たちの宿から車で10分もかからくくらいの場所にあるらしくて。
食いしん坊の私たちとしては、それは是非とも行ってみたい。
予約一杯じゃないか電話をしてみようと思うのに、ココは田舎の谷あい過ぎて、電波が届かん。パブの電話を借りて、ヨソのパブの予約をするってのも失礼な話やし(笑)。

で、雪の中、行ってみました。道に迷いました。
やっと見つけたパブに入ると、予約一杯なんだって~★
明日なら空きがあるらしいけど、明日の夜は、別の町に宿泊予定。残念すぎるけど、またの機会を楽しみにすることにしました。

そんでー。
結局、宿へ戻り、宿で夕飯を食べることにしました。
まずはビール。
パブ

夕飯は、ダイニングルームで頂きました。
ステーキ食べちゃった。ワインも飲んじゃった。
パブ


美味しかったです☆

Yorkshire Dales 2日目 (Grinton) その2

- 2017年12月28日(木) -

続き。

丘の尾根を歩いて、隣村が近くに見える位置まで来たので、坂を下って丘の麓まで降りてきました。
あの真正面に見えている村へ行きますよ。
景色

Jぽんとスド子。
影

草原との草原の間に石垣がある場所には、こういうゲート↓とかもあります。
石垣
石垣にあるこういうゲートは、だいたいどこも細い目にできていて、横に大き目の人はどうやって通る?といつも思います。

さて。
隣町の入り口までたどり着いた後、隣町のパブで一杯ビールでも飲んでご飯食べようかって話になったけど、宿のある村まで、どんな遊歩道があるのか知りません。もしも街灯とかもない真っ暗闇の中を歩くのは、ちょっとイヤ。

まだ光があるうちに帰ることにしました。
あら、こんな遊歩道なら、真っ暗でも平気そう。懐中電灯くらい持っときゃ、ええ散歩になりそうやね。
遊歩道

あの見える丘の上↓を、ぜーんぶ歩きました。
景色

宿の近くにある橋まで帰ってきたよ。
橋

宿の真ん前には教会があって、まだ光が窓から見えたので、ドアが開いているか、みに行ってみました。
教会

あら、なんてステキな教会かしら。裕福なのね、この村と思うような。
教会

クリスマスを過ぎたので、こういう飾りの真ん中には、ちゃんと赤ちゃんキリストさまがいます。
教会

宿に戻って、のんびりお風呂に入って足の疲れを癒してー。
車に乗って、さっき入口まで歩いて行った隣村へ、まーた行きました。
パブ

こんなに色が違うけど、どちらもエールと呼ばれるビール。
パブ

寒いので暖炉の前に陣取りました。
パブ

この席から奥の部屋に、プール(ビリヤードみたいなの)テーブルが見えたので、プレイしに行きました。
その後、ダーツもして遊びました。

この通りにはパブが隣り合って何軒もあるので、お隣りさんへ移って、ビールをもう一杯。
パブ
夕飯はココで食べました。

お腹もいっぱいになったので、車に乗って宿へ戻りました。
Jぽんは、もう一杯何か飲もうかな~☆と言うので、宿の一階のパブへ入りました。

おー、今夜はミュージックライブがあるのね☆
ライブ

この中の誰かが、何か曲を弾き始めたり歌い始めたりすると、他の人たちがそれぞれの楽器を弾いて次々加わって、とっても素敵な演奏でした。

演奏の合間に、大きな羊をつれた羊飼いが、歌いながらパブに入ってきました。
ライブ
この羊が、本物かと思うくらいよくできていて、驚いた☆

人々が飲んで歌って騒いでいる間、飼い犬たちは、この通り、おとなしくというより、我、関せず。で、くつろいでました。
犬

今日は、ようけ歩いたし、いっぱい野生動物も見たし、オジサンたちのライブも良かったし、とっても楽しい良い一日でした☆




 本日の歩数: 14,329歩。

Yorkshire Dales 2日目 (Grinton) その1

- 2017年12月28日(木) -

朝、目が覚めてカーテンを開けると、部屋の窓からはこんな景色が見えました。
駐車車
ちょうどお日様が登って、丘の上の部分に陽が当たって赤くなった。一層美しい~。

お天気が良いので、今日は、丘を登りに行くことにしました。

これが、私たちの宿↓。
パブ

橋の上で景色を堪能していると、オジイサンが歩いてきました。
川
どこかお勧めの散歩コースは無いですか?と尋ねると、いくつか教えてくれ、上の写真↑の丘のコースもあったので、その道順を教えてもらいました。

とっても丁寧に説明してくれたけど、最初の三つ目くらいまでは、「どこそこの角をどちらへ曲がる」を記憶できても、その次辺りは、どこをどっちに曲がるんですっけ。。みたいなアヤシイ感じになって(オジイサンではなく、私が)、隣で一緒に聞いてくれているJぽんを頼ろう!と思っていると、どうやらJぽんも同じだったようで、この後、迷うことになります。

えー。川沿いまでオジイサンも一緒に散歩しました。
川

自然って、ほんとに美しい。この色、見てー。
川

川

えーっと、左へ曲がらんとイカンとこを、右に曲がってしまったようで、オジイサンの言うとったような柵を見つけることができないまま、とっても遠くまで歩いてきてしまいました。

農場があったので、そこの人に道を尋ね直して、この石の急な坂道を登ることになりました。この写真では急な坂っぽくないけど、汗かきました。
坂道

坂を登り切った所に小さな村があって、昔の郵便局やパン屋さんや鍛冶屋さんとかが改築されて民家になってました。

草原で飼われている羊。コレがワリと大きくて、遠目に見て、Jぽんも私も、子牛かと思ってました。
羊

草原と草原の間に柵のある所には、柵をまたいで通れるように、「stile (スタイル)」と呼ばれる踏み台があります。
この踏み台↓に登って、柵を超えます。
柵
あるいは、左側のゲート↑みたいなのしか無いトコは、それを開けて通って、元通りに閉めます。歪みとかで開けにくい場合は、ゲートに登って乗り越えます。

一旦、丘の上に出てしまうと、あとは尾根沿いに遊歩道があるので、平たいトコを歩き続けるのみ。ラクチン。
景色

尾根を歩く間、散歩している人たち何人もとすれ違いました。
ヘザー

景色

景色

この渓谷は、「Swaledale」と呼ばれる辺りかな。うーつーくーしーーー。
景色

歩いている時はそうでもないけど、立ち止まって散歩中の人たちと話していると、冷たい風がビュービュー吹いて、寒い!
氷
どうやってこんなキレイな四角↑に切り抜いたんやろうね?


続きます。

Yorkshire Dales 1日目 (家 - Grinton)

- 2017年12月27日(水) -

ホントは、ボクシングデーの26日に家を出発する予定が、ダラダラしてしまって、出発が1日遅れました。

天気予報は、今日は雪。
家を出て30分くらい車を走らせた辺りから、雪が降り始めてしまった。
高速
ラジオで時々かかる高速の道路状況を聞きながら、この先は混んでいるらしいと分かったトコで、横道にソレました。

渋滞を逃れたつもりが、雪も逃れたようで、お天気になりました。
しかし、すーごい寒い!

「Selby」って町の修道院「Selby Abbey(セルビー修道院)」に来ました。
修道院

1069年に建てられたこのセルビー修道院は、大聖堂を除くと最大規模の建物だそうな。
修道院

修道院

修道院

このアメリカ国旗の右上にある、ステンドグラスの模様「三つの星と赤のストライプ」は、アメリカ合衆国初代大統領ジョージワシントン、ワシントン家の紋章。
国旗
彼の両親はイングランド出身で、彼の祖先が、この修道院を建てる際に多大な寄付をしたのではないかとされるらしい。そして、この紋章が、アメリカ合衆国国旗のデザインの参考なったらしい。
このステンドグラスの紋章は、世界でも一番古い、ワシントン家の紋章と思われるんだって。

クリスマスツリー


修道院

さて。まだまだ道のりは遠いので、セルビーの町は修道院を見ただけで、旅路を急ぎますよ。

北上してまた高速に戻り、今回の旅の目的地、国立公園「Yorkshire Dales(ヨークシャーデイルズ)」の東に位置する「Richmond(リッチモンド)」という町に来ました。
リッチモンド

この広場から細い路地裏まで、全て石畳で敷き詰められていて、趣のある街でした。
リッチモンド
また後日改めてくることにして、宿を予約している「Grinton(グリントン)」村へと車を走らせました。

今回の宿は、パブ兼ホテル。入口を入った所に、サンタさんがいました。
宿
そこ、行き止まりやで~。言うで。

部屋で少し休んだあとは、階下でビールを一杯飲んでー。
パブ

パブ

夕飯もいただきました。
美味しかったです。

ホリデーの始まり始まり~☆

クリスマス

- 2017年12月26日(火) -

会社全体のクリスマスパーティーがありました。
会社

今年は面白い企画があって、当たりクジで有休を一日もらえた人がいました(笑)。


クリスマス前の金曜日は、お昼で仕事を終えてよいオフレが出て、例の持ち寄りランチを食べた後、ウキウキして帰りました。

あ、抹茶ケーキは評判が良くてね。みんな一人一人から、「すごく美味しかった」ってお褒めの言葉を頂きました。話したことなかった人たちからも。うれし〜。
またレシピ載せま〜す。


そんでー。
クリスマスイブの夕方は、Jママと一緒に、近所の教会のイベントに参加して来たよ。
教会


クリスマス当日は、Jママんちでクリスマスディナーを食べることになっていたので、昼過ぎに家を出ました。
Jぽんと歩いていると、ヘリコプターがすぐ頭の上を飛んで、近くの広場に着陸した。パトカーのサイレンも近くから何台も聞こえる。
クリスマスの日に物騒な!ナニゴト!と思って、歩調を早めて、先に年末の挨拶に訪れることになっていた、友達のハリーんちに駆け足で向かいました。
そしたら、ハリーんちのちょうど前の道に救急車が止まっていて、おじさんが倒れているのが見えてね。
後日ニュースにもなってなかったので詳しくは分からんけど、思ったほど物騒なコトではなかったみたい。

なにはともあれ、ハリー&メルと近況報告しあって、慌ててJママんちへ向かいました。
こういう時にも、日本ではないことやと思うけど、キッチンで立ったままワイングラスを片手に話し込むんよ。まぁソファに座ってしまうと、長居をしてしまう恐れアリやけん、分からんこともないけど(笑)。


そんでー。
オーストラリアから里帰り中のJ妹と、J姉ファミリーとみんなでクリスマスディナー食べてー。
クリスマス

お腹いっぱいになった後は、みんなでクイズして遊んだよ。
クリスマス


今年のクリスマスも楽しく過ごせました☆

抹茶ケーキ

- 2017年12月20日(水) -

今週金曜で、私たちの会社は仕事納めです。
金曜は、みんなで持ち寄りパーティーをしよう☆って話になって、私は日本っぽいものを、とリクエストされました。


お寿司は木曜に仕事から帰ってから作るの面倒やし。
冷めても美味しい、この辺りの食材で作れる和食。
何があるんだ。。

と頭を悩ませて、ひらめいた☆
抹茶!

抹茶ケーキを焼きました。
抹茶

レシピを読んで、ちょっと手を抜いたら、上の模様がなんともアーティスティックになりました(笑)。

美味しかったらレシピ載せまーす。
って、味見もせずに会社の人たちに食べさせようとしとん、イカンかな(笑)?




11月9日の「ドライブ」を更新しました。

コワれ

- 2017年12月19日(火) -

パソコンが壊れちゃった。
年末の物入りどきに。
お金はたまらんのに宿題は溜まる一方やし。
ウマいこと言うとるバヤイか。

どうしたもんかいね〜。


今朝の景色。

ただいま

- 2017年12月13日(水) -

昨日の夕方、家に帰ってきました。

この週末は大雪の予報が出て、せっかくのクリスマスマーケットがキャンセルになり、苦情が出てニュースにもなったりして。
それが今回私たちが訪れた町の話だったので、そんなトコを目の当たりにすることができたのも、良い思い出の一つになりました。

この辺りは、雪が降って寒い日が続いてます。
雪

歩道がツルツル滑って、危険~★
そんな中、明日もまた会社のクリスマスパーティーです。




11月6日の「家族」を更新しました。

Lincoln 4日目 (Lincoln - 家)

- 2017年12月12日(火) -

今回三泊したこの宿は、コンチネンタルってタイプの朝食で、ゆで卵(自分で作れる)と、トースト、シリアル、ヨーグルト、果物、ジュースなどが豊富に選べて、とって満足の朝食でした。
普段よく泊まる宿で出てくる朝食、イングリッシュブレックファーストってタイプの、ベーコン、ソーセージとか無くても、これくらいのほうがヘルシーでええかも。
宿

この街にまた行く時には、ココにまた泊まろうと思う、良い宿でした。

宿から徒歩3分でココに着きます。
街並み

後ろを振り返ると、お城。今日はとっても青空で気持ちが良い。
城壁

しかし相変わらず寒いので、城壁のあの上に見える部分は閉鎖されていて歩けんのだってー。
城壁

また大聖堂前に来ました。
門

大聖堂

平日の今日は、入館料金がいるので、これより先へは入りませんでした。
大聖堂

ステンドグラスの色が壁や柱に映って、とってもキレイ。
大聖堂

大聖堂の正面にある柱の装飾。顔がたくさん横になっていて、柱の模様は舌!
装飾

大聖堂の周りをグルっと散歩しました。
大聖堂

あの家並みの窓からは、毎日毎日、この美しい大聖堂を眺めることができるんよー。ええねー。
街並み

大聖堂

裏通りの小道も散歩しました。
街並み

さて。帰途に着きますよ。
先日、インフォメーションセンターのお姉さんに勧めてもらった道を選んで帰りました。
草原

帰り道にあった小さい町に車を止めて、散策しました。
川

教会

教会

この日は、Jぽんの友達から、家の辺りは雪が積もっているって知らせがあったので、早い目に家に帰りました。

ホント、家の近く辺りが一番、雪が積もってました。
雪

翌日、会社へ行くと、積雪のために会社出勤は控えるようにってオフレがあったんだって、大雪の降った日。


なんせ、今回のホリデーも楽しかったです☆

Lincoln 3日目 (Lincoln) その2

- 2017年12月11日(月) -

続き。

青空と宮殿。
修道院


公園の端にあった美術館「Usher Gallery」に来ました。
コレ↓は、イギリスの海岸に打ち上げられたプラスチックゴミを集めて作ったライト。こりゃええアイデアやね。
ライト

Jぽんと、展示された絵画を、年代を当てながら観て回っとってね。
コレ↓を見て、Jぽんは「第一次世界大戦」って言うんでね。
戦車
なんで第二次世界大戦ではないん?って聞いたら、戦車の型が違うんだってー。
Jぽん、普段はアホなコトばっかり言うとるけど、アホやないんやなーとこういう時に思います(笑)。

絵画

美術館を出たら、夕日で大聖堂がピンクに染まってました。
大聖堂

隣にあった博物館「The Collection」にも入りました。時間が無いので駆け足で見て回りました。
石

舟

兵隊

また急な坂道「Steep hill」の通りに戻ってー。
街並み

ショッピングストリートを端まで歩いてー。
街並み

例の、運河に架かる橋の上にあるカフェに入りました。
カフェ
Jぽんが席を外した間に、後ろの席に座った彼女の長い髪が、シートのこっち側に垂れていて、Jぽんが座って彼女が痛いことになったらどうしよう~と気をもんだら、Jぽん、帰ってきてコチラ側の私の隣に座りました。
案ずるより横山やすし←言わずにはおれん。

カフェの階段の踊り場から見える運河。
運河

街の真ん中には、電車の本線が走っていて、この踏切が頻繁に降りてました。
踏切

大きなテントの中に、パブがありました。モルドワインを一杯。
パブ

ちゃんとした建物のパブもハシゴしました。クリスマス期間限定のビールを飲みました。
パブ
夕飯もココで食べようかとメニューを見たけど、コレというて食べたいモノもないので、チャイニーズに行こうかーというて出たら、目星を付けていたチャイニーズレストランが休み★
どうする~?と言いながら、また急な坂道を登って、大聖堂のライトアップの光に誘われて近づくと、今日はクリスマスの行事があるらしく、私たちも中に入らせてもらいました。
大聖堂

私も知っているクリスマスの歌を一緒に歌いました。
大聖堂

街の人たちみんなが口をそろえて「美味しい」と評判の良いタイレストランへ行きました。
タイレストラン
ホントにピカイチ☆美味しかったです。

で、帰り道もちゃんと大聖堂に寄って、今夜でライトアップされとるのは見納めやねーと言うて満足いくまで眺めて帰りました。
街並み

今日も良い一日でした☆

Lincoln 3日目 (Lincoln) その1

- 2017年12月11日(月) -

私たちの宿は、お城近くの高台にあるので、街並みが一望できました。
城下町
今日も寒い一日になるらしい。

さて、今日は何をしようかと言いながら、お城に向かいました。
城壁
城壁が歩けるらしいので、チケットを購入しました。チケットカウンターを離れようとしたところに、カウンターの電話が鳴った。
なんと、城壁の路面が凍結して、危険なので封鎖になったって!
チケットの払い戻しをしてもらって、また次回、歩きに行くことにしました。

お城の敷地内から、正門を見たとこ。
城

街のインフォメーションセンターと、その向こうに大聖堂。
iセンター

このインフォメーションセンターの建物は、ハーフティンバー(half timber)様式と呼ばれるもので、北方ヨーロッパの木造建築の技法。特に15世紀から17世紀、英国の住宅に多用された。 名称の由来は、壁と木造の部分が半々となる(半分木造の意味)ためとも、割られた材木を外部に見せるためとも言われる。(Wikipediaより抜粋)
iセンター

この歪んだ窓、見てー。
窓

インフォメーションセンターの中に入って、お姉さんたちと話をしました。
とても歴史に詳しく、この街や近辺のいろんなことを教えてもらいました。
iセンター

これがローマ時代からある道。今は、石畳の続くショッピングストリートになってます。
街並み

街から少し離れた所にある博物館「Museum of Lincolnshire Life」にきました。
ここは、もともとは軍事施設だったそうな。
ブリック

学校の教室としても使われたらしい。
教室

この穴に、先生がインクを入れてくれて、ペン先を付けて使ったんだって。
机

窓

まーた大聖堂の前にある門にきました。
門

まーた大聖堂を観にきました。
大聖堂

門から見た、インフォメーションセンターと城壁。
門

この家もハーフティンバーや!
街並み

ローマ時代からある道。ホントに急な坂、その名も「Steep hill」。
坂道

横にそれて、公園を歩きました。
公園


まだまだ続きます。

Lincoln 2日目 (Lincoln) その2

- 2017年12月10日(日) -

続き。

昨夜、大雪の予報が出たために、クリスマスマーケットがキャンセルされました。
街を歩いている間にも、この週末だけ開催されるクリスマスマーケットを楽しみにして来たのにってボヤいている観光客がたくさんいて、私たち、昨日の夜、この街に来ていて良かったねーってJぽんと言うた。

このモルドワインを売る出店だけは、今日も街角で開けてくれていて、大繁盛してました。
出店

この街の大聖堂とお城跡は、小高い丘の上に建てられていて、そこから下るこの坂道沿いにお店が建ち並んでます。
坂道を少し降りて、坂の上を振り返ったとこ。
坂道

この坂道の通りの名前は、「Steep Hill (急な坂)」。そのまんま。
坂道

また振り返ったとこ。
坂道

坂の麓からは、大聖堂が見えます。
坂道

運側沿いも散歩したよ。
運河

これは川。坂を下りきったところには新しい街並みが大きく広がってました。
川

運河をまたぐ橋の上に、カフェがありました。
入ろうと思ったけど、中途半端な時間で夕飯が食べれんなりそうなので、また次回。
運河

運河

さて。今日は何を食べようかって言いながら、また坂道「Steep Hill」を登ってー。
坂道

坂道

パブに入りました。
パブ

二階から通りを眺めながら、ビール飲んでー。
パブ

坂道

大聖堂をまた眺めてー。
大聖堂

大聖堂

何を食べようか悩んで、この街の名物(というウワサ)の、パイを食べに、このお店に入ることにしました。
レストラン
Jぽんは、たかだかパイなんぞ、と乗り気ではなかったけど、食べたら納得の味でご満悦でした。

そんでー。まーた大聖堂を観にきました。
この黄金の輝きは、つい引き寄せられる効果があるようで、毎回チラッと目にこの輝きが映ると、どうしても立ち寄ってしまいます。
大聖堂
雪が解けて濡れた地面に反射して、一層美しいことになってました。

また雪が降り始めたよ。
大聖堂

大聖堂の前の門から、お城跡のある方角を眺めたとこ。
ゲート

門から大聖堂を眺めていると、Jぽんが出て来たよ。
Jぽん


クリスマスマーケットがなくてなって残念やったけど、そんでも良い一日でした☆

Lincoln 2日目 (Lincoln) その1

- 2017年12月10日(日) -

宿で朝食をとっていると、宿の主がおもむろに
「クリスマスマーケットがキャンセルになった」と言うではないか。
昨日の夜から大雪の予報が出ていて、その為に市が昨夜、キャンセルを発表したらしい。

えーーーーーーーー!
雪景色のクリスマスマーケット、風情があってええんじゃないん?

っていうか、そんな言うほど全然積もってないんですけど!
景色

昨夜はたくさんのお客さんたちで賑わっていたマーケットの通りも、寒々しいことになってました。
マーケット

仕方ないので、市内観光するよ。
ローマ時代に造られた門。
ゲート

ゲート

大聖堂の正面にある門をくぐってー。
ゲート

また大聖堂に来ました。
大聖堂

日曜日の今日は、無料開放されてます。
夜の雰囲気とはまた違って、これもまた美しい。
大聖堂

ステンドグラス

ステンドグラス

彫刻

彫刻

大聖堂

どれだけたくさんの人が歩いたら、こんなふうに石が擦り減るんやろうね?
石

上手に写真が撮れんかったけど、インプ(小悪魔)。この街のシンボルになっているらしい。
気に入ったので、小さいインプを購入して帰って、家に飾ってます。
インプ

キャンドル

モザイク

大聖堂

大聖堂

大聖堂


まだまだ写真があるので、続きます。

Lincoln 1日目 (Boston - Lincoln) その2

- 2017年12月09日(土) -

続き。

ジャーマンソーセージを使ったホットドッグ売り場。
とっても賑わっていて、売り子さんが忙しそうにクルクル回って売りさばいてました。
ソーセージ
いろんなモノをたくさん食べたいので、一つ買って、Jぽんと半分こして食べました。

甘いお菓子も山のようにあってー。
キャンディ

焼き栗売りのオジサンたち。これも買って食べたけど、天津甘栗のほうが美味しい。
焼き栗

そうそう、この焼き栗に使われている栗が、すーごい大きいんでね。どこから輸入したのか聞くと、なんと中国だって!
焼き栗

クリスマスマーケット

街の音楽家たちが集まって、クリスマスらしい曲を次々と披露してくれてました。
音楽家

移動遊園地がお城の真ん前に設置されていました。
観覧車に乗る?って話になったけど、寒いし真っ暗で遠くまで見えんやろうから、明日の昼間に乗ろう!と名案に同意。
観覧車

メリーゴーランド

バス

ファンフェア

なんじゃーこーりゃー。柑橘類のドライフルーツで作られた、トナカイかな。
鹿
強い柑橘系の匂いに誘われてJぽんは出店に入ってったけど、私にはトイレの芳香剤のように思えてならんかった。

えー、今夜何度目かのモルドワインをまた買いましてー。
屋台


今夜のもう一つのメイン☆
大きなゲートをくぐって、大聖堂を観に行くことにしました。
大聖堂

ゲートを一足進むごとに、ライトアップされて金色に光る大聖堂が少しずつ見えて、鳥肌が立ちました。そんでウットリなった。
大聖堂

クリスマスマーケットの間、大聖堂は夜間も延長して、しかも無料開放してくれていて、ウレシイ☆
大聖堂

ロウソクの煙で上部は少し煙ってモヤがかかったように見えて、情緒あり。
大聖堂

外のライトアップの光がステンドグラスを通して内部も照らしていて、あ~美しい~。
大聖堂
えー。閉館で追い出されるまでユックリと見学しました。

さて。外に出て一番に何をしたかと言うと、またモルドワイン。
カメラを向けると、オジサンたちがニコニコして「閉店間際で安くなってるよ~」と声を掛けてくれました。
オジサン

このオニイサンもココの店員さん。酔っぱらっているに違いない(笑)。
オニイサン

お城前の別の出店ではホットドッグが叩き売りされていたので、Jぽんと一つ買ってまた半分こにしようと思ったら、もう一つオマケでくれました。
景色


あ~、今日も楽しい良い一日でした☆

Lincoln 1日目 (Boston - Lincoln) その1

- 2017年12月09日(土) -

月・火曜と休みをとって四連休にして、Lincolnという町へ遊びに行くことにしました。

朝は冷え込んでいて、霜が降りてました。Jぽんがフロントガラスの霜を削りとったのが、そのまま解けずに、出発してからも、しばーらくこのままありました。
霜

道中にあった、「Boston」って町に立ち寄りました。
マーケットが出ていて、その向こうに教会が見えました。
教会

教会

ツリー

あは、教会の前にサンタクロースがいました。
サンタ

東海岸近くに出る道があったので、海岸沿いを走って「Sutton on sea」って村あたりに車を止めて、海岸を見てみました。
広くて長い砂浜の海岸。
海岸

暗くなる前に予約していた宿を見つけたかったのに、寄り道しすぎました。
ああ、暗くなる、暗くなる~と、道中を急いでー。
街の中は一方通行がたくさんあって、迷いました。この道の、ほんの少し先が宿なのに、一方通行で入れんくて、ウロウロなった。

部屋に荷物を置いて、お茶のんで、ちょっと休憩したら、さぁ出掛けるよ☆
なぜなら、今日からこの街ではクリスマスマーケットが開かれるのです☆

宿から徒歩3分の場所にある、お城「Lincoln Castle」 。
内側に向かって人混みが流れているので、それに流されて一緒に入っていきました。
クリスマスマーケット

まずは温かいモルドワインを買いましてー。飲みながら歩くよ。
クリスマスマーケット

クリスマスマーケット



長くなるので続きます。

クリスマスパーティー

- 2017年12月08日(金) -

昨夜は、会社の部署のクリスマスパーティー(忘年会)がありました。

まずは社長の音頭で乾杯しましてー。
クリスマス

クリスマスディナー食べてー。
クリスマス

これが、私が一緒に働いている仲間たち。
クリスマス


食べ過ぎず、飲み過ぎず。
我ながらよくできました。
(里帰りした時に二日酔いで、翌日一日を無駄にしてしまったとこなので)

今回も楽しかったです☆



そうそう。昨日の夜から、寒波がやってきて、寒くなりました。
明日からは、しばらくマイナス気温が続くそうで、雪も降るんだって☆

月曜と火曜は休みをとって四連休にして、Jぽんとホリデーに出かけてきまーす。
クリスマスマーケットにも行くので、また写真撮って報告しまーす。
(宿題がたまる一方だわ。。)

寿司

- 2017年12月06日(水) -

昨日、Jぽんとスーパーへ買い物に行きました。

お寿司が安くなっていたので購入したんやけどー。
なんと、見て、この色(笑)。
寿司

派手なピンクの巻き寿司は、しば漬けの味。
オレンジの方は、スパイシーな寿司。

想像を絶するやろう?





11月4日の「ハードスケジュール その2」を更新しました。

住所

- 2017年12月04日(月) -

昨日やったかな。
携帯電話にメッセージが送られてきました。

 「こんにちは。あなたの住所を教えて」

って、なんでやねーん。あんた誰よ!みたいな。


そういえば、Jぽん宛に、携帯会社から請求書が送られてきていて、身に覚えがないので携帯会社に連絡してみると、Jぽんの名前で携帯電話が二つ契約されていると言われたそうな。
Jぽんの、名前と住所、生年月日が契約に使われていますって。

Jぽん情報が悪用されているようなので、警察に届け出るように勧められ、警察に行ってきたってー。
こわい世の中だわー。



11月3日の「ハードスケジュール その1」を更新しました。


最新記事