FC2ブログ

電子ピアノ

- 2018年01月31日(水) -

二週間前、電子ピアノを購入しました。
電子ピアノ

会社の帰りにJぽんに迎えに来てもらって、そのまま町へ向かって楽器屋さんに入り、電子ピアノを買って帰りました。
普段、なかなか物事を決めずにウロウロする私にしては、珍しい即決。
っても、どうせ何も知らんけん、考えたり見比べたりしたトコで分からんけんね~というのがホントんとこ。


子供の頃からピアノが習いたいと思っていて、叶わぬままに大人になって、そんでも習ってみたいなーと事あるごとに思ってました。
で、思っているだけではイカン!と急に思い立って購入して帰ったその日から、毎夜練習して、「エリーゼのために」の三分の二が弾けるようになりました。


我ながら、上達が早くて驚いてます(笑)。
たぶん、普段パソコンを使う仕事をしていて、両手の指先を動かす訓練が日々できているのが良かったのかも。
根を詰めて練習して、早々に飽きんように。気を付けねば。。




12月12日の「Lincoln 4日目 (Lincoln - 家)」を更新しました。

絵画と写真

- 2018年01月28日(日) -

リンカンの美術館にあった、この絵。
絵

現在の同じ場所の写真を、たまたま撮ってました。
街並み

この写真↑の左手にある白黒のインフォメーションセンターの建物が1543年に建てられた、と看板に書かれた説明を読んだ後だったので、この絵はそれより後に描かれたモノやね、とか言いながら絵画を鑑賞するのも楽しかったです。



12月11日の「Lincoln 3日目 (Lincoln) その2」を更新しました。

飾り

- 2018年01月27日(土) -

まだクリスマス前のコトが報告し終われてません。

クリスマス前に遊びに行った街、Lincoln(リンカン)のお城の壁にあった、この取って付けたような飾りは、本当に取って付けられたものらしい。
城

どっかの教会を取り壊した際に、譲り受けたモノって言うとったと思う、近くにいた門衛の人の話によると。




12月11日の「Lincoln 3日目 (Lincoln) その1」を更新しました。

押し寿司

- 2018年01月22日(月) -

昨日は、押し寿司と豚の角煮を作って、Jママんちに持参しました。
寿司

J姉妹ファミリーも集まって、クリスマスパーティーの続きみたいでした。

あ、例の抹茶チーズケーキも作って行ったら、好評やったよ。
あんまり変わったモノを好まんJママも、美味しいっていろいろ食べてくれて、チーズケーキはもう一切れお代わりして食べてくれたよ。

食事の後は、懐メロの話になって、私にはサッパリ分からん話題やったけど、J姉が懐かしいノリのええ曲をスマホで流して、J姉妹が踊り始めました。
Jぽんが「ロボットみたいな動きして」ってリクエストしたら、二人とも返事なしで即座にロボットの動きになって踊って、それがウマいんよ(笑)。

最初は涙流して笑いよった私とJぽんも、参加して一緒に踊って、「静かにしなさい」って言うとったはずのJママもなんも言わんなったと思ったら、立ち上がって一緒に踊ってました(笑)。


アホなんは、Jぽんだけじゃないみたい。
実家の家族を上回る勢いのアホさを目の当たりにして、和みました。




12月10日の「Lincoln 2日目 (Lincoln) その2」
を更新しました。

三日坊主

- 2018年01月20日(土) -

慌ててブログ更新をしていたのに、急にパッタリおとなしくなったなーと思っておいでる?
はははー。
三日坊主と言うわけではなくて、今週は仕事が忙しかったので、夜、家から仕事していたのでした。

え?言い訳(笑)?



12月10日の「Lincoln 2日目 (Lincoln) その1」を更新しました。

ラクダ

- 2018年01月15日(月) -

クリスマス前には、こういう飾り物を教会や街角でよく見かけます。
この写真は、「Lincoln Cathedral(リンカン大聖堂)」で撮ったモノ。
飾り物


ラクダ、この顔はないことない?(笑)。
ラクダ




12月9日の「Lincoln 1日目 (Boston - Lincoln) その2」を更新しました。

宿題

- 2018年01月14日(日) -

すげーーーーーーー。
先週一週間、毎日ブログ更新できたよ。
あ、惜しい。先週日曜に更新できてない。

なぜ急にまた慌てて更新し続けているかと言うとー。
宿題が貯まりすぎて、記憶がアヤシくなってきているのだ!

Jぽんと、過去のホリデーの話をしていて、「アレはいつやっけ?」とか言うた時に、よく自分でブログを検索することがあるんやけど、最近ズルして宿題を飛ばしたり、途中で放ったらかしにしているのもあったりして、自分の記憶代わりにええ働きをしてくれていたはずが、そうでもないことになっていて。
こりゃーイカン!今年はちゃんとホリデーくらいは記しておこう!と思いまして。

しかも、3月末と4月末には、もう次のホリデーを予定しているのだ。
ああ、遊び呆けるのもラクじゃない。。



12月9日の「Lincoln 1日目 (Boston - Lincoln) その1」を更新しました。

金色ポスト

- 2018年01月13日(土) -

そういえば、たまに金色のポストを見かけることがあってね。
ポスト

2012年ロンドンオリンピック&パラリンピックで、金メダルを獲得した選手の実家、あるいは選手が練習を重ねた土地にある郵便ポストが、その記念に金色に塗り替えられました。

全部で111コのポストが金色になったらしい。
ロイヤルメールの歴史上、赤いポストの色が替えられたのは初めてのことらしい。
そして、「これらのポストは、これから先も永遠にずっと変わることなく金色ポストであり続ける」ってロイヤルメールが宣言してます。

金色ポストの位置を示したサイトはこちら >>



11月26日の 「ナショナルトラスト」を更新しました。

運転技術

- 2018年01月12日(金) -

実家近くで見かけた、匠の技(笑)。
車





11月21日の「空の旅」を更新しました。

イタドリ

- 2018年01月11日(木) -

実家近くで見かけた「イタドリ」。
イタドリ


イギリスでは「Japanese Knotweed」と呼ばれ、大問題になってます。
コンクリートや家の床を突き破って伸びる繫殖力の強さに、イタドリが生えている土地は、駆除をしてからじゃないと売ったらイカンって聞いた気がする。



11月19日の「川魚」を更新しました。

にんじんパン

- 2018年01月10日(水) -

姪っ子の大好きなキャロットパン。
にんじんパン

数に限りがあるらしく、購買のおばちゃんがいつも姪っ子のために隠して(笑)おいてくれるそうな。

それを一つ、私に買って帰ってくれました。
100円って書いてあったので、£1(約150円)をあげたら、「50円儲かった~」と喜んでいたのに、2回目にまた買って来てくれた時、支払い忘れたので、姪っ子は結局50円の損(笑)。




11月18日の「足湯」を更新しました。

イカ

- 2018年01月09日(火) -

里帰り中、伯父がイカを釣ってきてくれました。
イカ

このタイプの、甲のところが大きいイカのことを、英語で「Cuttlefish(カトルフィッシュ)」と呼びます。
足が長いタイプのイカは「Squid(スクイッド)」。

レストランやお店で見かけるイカリングのことは、「Calamari(カラマリ)」。
昔はゴムを食べとるみたいやったけど、ココ最近は、どこで注文しても、美味しいイカリングが食べれるようになりました☆




11月16日の「黄昏→飲み」を更新しました。

番地

- 2018年01月08日(月) -

そういや、こっちの住所の番地って変わっとってね。

道の片側に、
奇数の番地が、1、3、5…と順番に並んであって、その道を挟んだ向かい側には、
偶数の番地が、2、4、6…と順番に並んであるんよ。

最初はそれを知らんくて、道に沿って片方の家並みだけを見て歩いて、「ここ、偶数番地しかない!」と、奇数番地のお宅を訪ねたいのに見つけれんくて、その通りの端から端まで歩いて、偶数番地の家の間にある細い道を入っていったら裏側にでも隠れとるんやろうか?とウロウロなりました。

なんでやろうね?
郵便屋さんの都合なんかな?


ちなみに、イギリスではナンバー10っていうと、イギリスの首相の官邸を指す。
正しい住所は、10 Downing Street。
番地





11月14日の「美味しいモノたち」を更新しました。

新年

- 2018年01月06日(土) -

明けましておめでとうございま~す。
今年もよろしくお願いしま~す☆


今年の元旦の夕飯。ステーキ&エールパイ。
パイ

地味やけど、これがすーごい美味しくて、翌日もまた同じモノを食べたのでした(笑)。



去年の宿題がいっぱいたまっているのに、クリスマスホリデーでヨークシャーデイルズってトコに遊びに行ってきました。
すごいキレイな景色を満喫して来たよ~☆
早くこの報告ができるように頑張りま〜す!


11月12日の「文化祭」を更新しました。

Yorkshire Dales 7日目 (Arkholme - 家)

- 2018年01月02日(火) -

朝食を宿で美味しくいただきましてー。
オーナーにお礼を言うて、家路に着くことにしました。

西海岸にある「Morecambe」と言う町に、この銅像を見に来ました。
銅像
この町出身の、イギリスで有名なコメディアン「Eric Morecambe」さん。
彼は1984年に58才で亡くなったけど、国民的お笑いコンビで絶大な人気を誇り、いまだに彼らの番組を見ることがよくあります。私が好きなのは、有名ゲストを迎えるコーナーで、昔のドリフターズを思い出させる感じ。

横に立って同じポーズで写真を撮った後は、近くの大きな町「Lancaster」へ、大聖堂とお城を見に行こうとしたけど、家までの道のりが遠く、翌日からは仕事ということを思い出し、真っ直ぐ帰ることにしました。


そんでー。
例の、前日、岩に乗り上げて車が壊れた音がした後、いったんメーター表示がおかしくなったのは、それ以降、機嫌を直してくれたようで順調に走っていました。

すると、急にガコッて言うた。
 「今の何?何か踏んだ?」
と二人で顔を見合わせると、また、ガコッて言うた。

イヤな予感がする。。。

車を近くの路肩に止めて、二人で車の底を覗き込むと、車の底を保護する(?)プラスチックが割れて、垂れ下がっている様子。
Jぽんがウマく、割れた反対側の部分に乗せることができて、ゆっくり走ってみると、どうやら問題なさそう。

しかーし。まだまだ道のりは長い。
高速道路に乗りたいところをガマンして、しばらく国道と県道を走り続けたけど、いつまでたっても家は近くならんし車の調子も良さそうなので、高速に乗ってみて、飛ばしすぎんように二人で気を付けながら帰りました。


あの車ってね。
前の車も、そうやったけど、故障する、時と場所を選んでくれるんよ。私たちの都合の良いように。

今回も、ガコッて驚かされたのは、まさしく高速に乗る手前の、車が止めれる場所やったし、簡単修理でそのあとちゃんと走ってくれるし。
相性のええ車って、あるよね~。


で、そうそう。
家まで無事辿り着いて、今回のホリデーも、と~っても楽しかったです☆

Yorkshire Dales 6日目 (Kirkby Lonsdale - Dent) その2

- 2018年01月01日(月) -

続き。

人里離れた谷あいにあった、小さな滝。
滝


細い道には、たまにこういうゲートがあります。
車から降りてゲートを開けて、車が通り過ぎた後、また元通りにきちんと閉めます。
ゲート

通ってきた道を振り返って、キレイやな~と写真を撮っていると、Jぽんも車を脇に止めて降りて来て、景色を一緒に眺めました。
ゲート

そんで、こともあろうかJぽんたら
「こんなトコで車が故障したらオオゴトやね」
って言うた。
「そんな縁起でもないこと言われん!」
と叱るように言うて、Jぽんが車を前進させた途端、車の底に何かが当たって何かが損傷した音がした。
すごいイヤな音。ゴツゴツした岩を乗り越えたらしい。
タイヤを深く削ったか、車輪のなんかが折れたか、車の底の何かが割れたか。そんな音がした。

二人とも、ヒーッッてなった。
そんでも車は前に進んでいて、Jぽんも車を止めず、そのまま走る。少しでも前進したいと願いを込めて。

車のメーター表示のトコを見たら、信じられんことに、ガソリン残量がゼロになっとる!さっきまで100マイル以上の分があったのに!
地図を見直すと、さっき出発した村と、麓の村との距離は約11マイル(約18キロ)で、今、私たちがいるのが、ちょうど真ん中あたり。。
もしも車が止まってしまったら、車中で一泊は凍死の恐れアリ。←大げさかも。
雨の降る中、歩いて人里まで行くには、引き返す方が近いのか、前へ進む方が近いのか。
もうすぐ暗くなるし、もちろんこの道沿いに街灯なんて無い。真っ暗闇の雨の中を歩くことになってしまうのか。
今までにすれ違った車もいないし、この先にもすれ違うような気がせん。
車の全ての表示はゼロになって、点いたらイカン赤いランプが灯っている。
走っている感じ、どうもタイヤと車輪には問題なさそうやけど、ガソリンが漏れているとか、そんなんかもしれん。

心拍数が上がりました。手に汗握りました。


ドキドキしながらしばらく走っていると、急にメーター表示が元に戻り、正常っぽい数値を表示してくれました。

ああ、どっか打って、車もビックリしてドキドキなっとったんかもしれん。←そんなことがあるのか?
このまま麓の道まで無事着きますように。
と祈りながら、麓の町が見えた時には、心底ホッとしました。

心底ホッとしたとこで、車を止めてステキなパブがあったので入ってみた(喉元まだ過ぎてないのに楽観的すぎると我ながら思う)ら、中はピカピカ新品の内装で、ハイキング風の私たちはイマイチ、ピンとこん感じだったので、そのまま出ました。

で、宿に戻って車の底を覗き込んでみたけど薄暗くなっていたのでよく見えんし、仕方ないので部屋に戻ってお風呂入って、またビール飲んで、夕飯は前夜に食べたステーキパイが美味しかったので、また同じものを注文して食べました☆


ああ、無事ココまで帰ってこれて、ホントに良かった~~~。
どんな元旦になってしまうのかと冷や汗かきました。

Yorkshire Dales 6日目 (Kirkby Lonsdale - Dent) その1

- 2018年01月01日(月) -

宿で美味しい朝食を頂いた後は、この村を散策してみることにしました。

これが私たちが宿泊している、パブ兼ホテル。
パブ

川へ向かって歩いて行ったけど、川沿いは泥んこの道で、散歩するのはあきらめました。
この「Arkholm」って村、小さい村やけど、立派なお屋敷がたくさんあって驚いた。
木

そういえば、すっかり忘れとるけど、この日は元旦。
道ですれ違った人に「ハッピーニューイヤー」って言われて、思い出しました。
前夜、例年通り、テレビでカウントダウンする音楽番組を見ていたのに、二人揃って眠ってしまっていて、とっくに深夜を過ぎた頃に目が覚めてテレビを消して寝たのでした。ははは。

車に乗って、前夜にもチラッと寄った「Kirkby Lonsdale」村へまた来ました。
この橋「Devil's Bridge」の近くに車を止めて、川沿いを歩くことにしたよ。
橋

1370年に架けられたこの古い橋に隣り合って、新しい主要道路にも新しい橋が架かっていて、現在は新しい橋のみ車両通行可になってました。
川

川沿いの遊歩道から見た、古い橋と新しい橋。
橋

川沿いを歩いた後、「Radical Steps」って名前の急な階段を上って、古い家並みを通ってー。
坂道

広場

村の教会へ来ました。
教会

教会

街並みを歩いてー。チャリティーショップも何軒か覗いてみましてー。
パブ

また車に乗って北上し、「Sedbergh」って村へ来ました。
小雨が降っていたので、カッパを着てやってきたのは、「Castlehaw」と呼ばれる、ノーマン時代にお城があった小さい丘。
城跡
今はこの通り、何も残ってないけど、周りにはお堀も残ってました。

雨が止みそうにないので、この村の散策はあきらめて、まーた車に乗って、更に山奥の小さな村「Dent」へ来ました。
街並み
ご覧の通り、石畳の道が続く、趣きのあるステキな小さな村。
なんと驚くことに、この石畳の道が、この村を通り抜ける主要道で、車でココを通ります。
街並み
車を止めて散策したけど、また雨が降り出したので、車に乗って宿へ帰ることにしてー。

来た道を引き返さず、細い山道を通って、麓の町に出ることにしました。


長くなるので続きます。


最新記事