FC2ブログ

クリスマス

- 2018年12月25日(火) -

クリスマスの今日は、例年通り、J姉んちに子供たちや親戚が集まって、みんなでクリスマスディナーを頂きました。

ローストされた大きな七面鳥を切り分けながら、
「日本のクリスマスは、何を食べるの?」
とJ姉の息子に聞かれ、
「巷では、ケンタッキーってウワサ」
と言うて笑いました。実家では、普段と変わったものを食べた記憶が無いし。

今年は、J姉んちの息子ファミリーも来ていたので、一段と賑やかで楽しかったです。
食後のゲームは、クイズ形式のゲームで、これも盛り上がってオモシロかったです。取り仕切ってくれた12歳の女の子がシッカリしていてカワイイかった。


クリスマス前の日曜は、Jぽんとドライブして、立ち寄った街で買い物したりしました。

街にあったお肉屋さんの軒先には、クリスマス用のお肉のカタマリが売られてました。
肉屋さん

日本ではあんまり見ん光景よね。



12月3日の「ウィンチェスター 4日目 (Winchester - Wantage - 家)」を更新しました。

誕生日

- 2018年12月24日(月) -

土曜日、会社の友達に「誕生日おめでとう」ってメッセージ送ったら、
「このメッセージ、いつ送ってくれた?私の携帯、壊れとるかも」
って返事が来て、

「え、昨日やったっけ、誕生日。。と思ったら、
あれ!!!先週の土曜日やった!ごめん!!!!」
ってメッセージ送ったら、
「先週の日曜やし」 って返事が来た。

なんにも合ってなさすぎる!


12月に入って、年末の休みに入る人が多くて、しかもみんな週の途中から休みが始まるように休みを取ったりして、という私も休みは先週水曜からで、いつがどの週か分からんなってました。

今日はクリスマスイブ。
明日はクリスマス。
よし、コレは間違えんぞ(笑)。



12月3日の「ウィンチェスター 3日目 (Winchester) その2」を更新しました。

水車小屋

- 2018年12月23日(日) -

ナショナルトラストの管理する「Winchester City Mill(ウィンチェスターシティミル)」に入りました。
ここは、現在も使用される水車小屋としては、イギリスで最古。
ミル
ココ↑で石臼を回して小麦粉ができます。
この下の部屋↓には水車があり、水力を利用して上の石臼を動かします。
水車

小麦粉を買って帰ろうって言うとったのに、すっかり忘れて手ぶらで帰り、家に着いてから、「あれ?小麦粉どこ?」って言うた。こわ〜。



12月3日の「ウィンチェスター 3日目 (Winchester) その1」を更新しました。

青い魚

- 2018年12月22日(土) -

近くの街の、日曜マーケットに出かけました。
チョコを試食させてくれたのが、すーごい美味しかったので、最近、あんまりチョコ食べんのに、つい買ってしまった。

路上ライブのお姉さん。
教会

後ろの教会がステキなので、見学に行きますよ。
教会

教会

街のチャリティーショップをハシゴしてー。

街の外れの博物館へ行きました。ココへは、姉と子供たちが来た時に一緒に行って以来ぶりかな。
博物館

「Coelacanth」。3億5千年前の化石が発見され、絶滅したと思われていたが、1938年に1.7mの個体が発見された。
古代魚
って、どっかで聞いたことのあるような話と思って名前をちゃんとみたら、「シーラカンス」やん!
こんなキレイな青やったんやね!知らんかった~!



12月2日の「ウィンチェスター 2日目 (Winchester) その2」を更新しました。

ウィンチェスター

- 2018年12月21日(金) -

かつてイギリスの首都だったウィンチェスターは、ローマ時代以前からある歴史ある町。

ココには、2006年だったかな。に、Jぽんに連れて来てもらったことがあります。
12年振りに訪れたけど、なーんにも覚えてませんでした。


ウィンチェスター大聖堂の正面。
大聖堂




12月2日の「ウィンチェスター 2日目 (Winchester) その1」を更新しました。

ナショナルトラスト

- 2018年12月20日(木) -

12月の初めに遊びに出かけたのを、ス~ッカリ報告し忘れるトコでした。


道中にあった、ナショナルトラストの管理する「Sandham Memorial Chapel(サンダム メモリアル チャペル)」に立ち寄りました。
NT

ここは、第一次世界大戦を題材にした壮大な壁画を見ることができます。
写真撮影禁止だったので、建物の外観のみ。



12月1日の「ウィンチェスター 1日目 (家 - Andover)」を更新しました。

クリスマスパーティー2

- 2018年12月14日(金) -

昨日は午前中が仕事で、昼からは会社全体のクリスマスパーティーがありました。

朝からウカレている仲間たち。
抱擁

仲間たち

会場へ移り、パーティが始まりました。
えー。この写真↓は、もう食事も終わってビールやワインも飲んで、次は何を飲もうかってトコかな。
パーティ

今回はライブ演奏もあったけど、歌が始まった途端にみんなが続々と部屋から出て行ってしまった。なんて失敬な!
でも、アレはちょっとウルサかったと思う(笑)。

酔いも程よく回った人たちが、ダンスしに前へ出たり、イヤがる人を無理やり前へ出したり。
パーティ

パーティ

パーティも終盤になり、デキ上がった人たち。
パーティ



定年退職した人たちも招待されていて、その後の幸せそうな毎日の話を聞いたり、私たちの代わり映えのない話をしたり。
あ~、今回も楽しかった☆
よいパーティでした。

クリスマスマーケット

- 2018年12月09日(日) -

土曜は、近所の街へクリスマスの買い物をしに出かけてー。

日曜は、ロンドンの北に位置する、「St Albans」という歴史ある町へ行きました。
街のメインストリートに出ていた日曜市をジックリ見て歩いてー。
マーケット

あらっ!あの家↓の上の部分、ズリ落ちそうよ!
建物

どの家も、歪みがすごくてオモシロイ。
建物

建物

この時計台は15世紀に建てられたもの。
時計台

大聖堂を見学しに来ました。
大聖堂

左右の柱の建築が違うのは、この更に奥の部分を増築工事中、建物右側が崩れ始め、慌てて柱を補修した際、奥の部分で使うはずだった建材を使ったためだそうな。
大聖堂

この柱だけでなく、いろんな箇所にいろんな建築法が使われていて、ツギハギでオモシロイのよ~と、ボランティアの高齢婦人に教えてもらいました。
天井

大聖堂

窓

この大聖堂、すーごい大きくてね。たくさんの部屋がありました。
一番奥の部分がここ↓。
大聖堂
ステンドグラスからは柔らかい日が差し込み、太陽の強弱が部屋の明かりを変え、とても静かで、何も考えずしばらく座って、ボンヤリと時間を過ごしました。
こういう空間を建築できる人って、すごいよね。

柱や窓や天井だけではなく、床もステキ。
床

大聖堂

祭壇のキリスト様。
大聖堂
すごい細かい彫刻で、近くでジッと見入っていると、アラームのような音が聞こえてきました。

アラームと言うより、アラートのような。
…まさか、私が立ち入ってはイカンとこに入っちゃった?
キリスト様に近づきすぎちゃった?

とJぽんを振り返ると、ちょうどアナウンスが始まり
「火災報知器が鳴りました。みなさん、慌てず、しかし急いで最寄りの非常出口より避難してください」
と言うた。

それは大変。
みんな外へ避難しました。

横から見ると、とっても長い大聖堂。
大聖堂

大聖堂の周りには、たくさんの人が避難して出てきてました。
大聖堂

どこにも煙も見えんし、大聖堂裏のクリスマスマーケットを歩くことにしました。
マーケット

マーケット

タイグリーンカレーの試食を勧められ、美味しかったので、一皿注文して、Jぽんと半分こして食べました。
ハンバーガーとかホットドッグを食べようかって言うとったのに、言うただけで、車に乗って家の近くまで帰り、パブで一杯飲んで、その後、チャイニーズをお持ち帰りして食べました。

今日も一日楽しかったです☆

クリスマスパーティー

- 2018年12月06日(木) -

会社の部署のクリスマスパーティー(忘年会)がありました。
忘年会

今回は、テーブル二つに分かれてしまって、あっちテーブルとは懇親が図れません。
忘年会

生後4週間目の赤ちゃんも参加しました。
忘年会

忘年会

食後はゲームやクイズもして、泣くほど笑いました。
忘年会

忘年会


最後の「ホントかウソか」ゲームでは、各自一つずつ自分のことを話して、みんなが真偽を当てるゲームで、私は
「母の祖父は…ニンジャだった!」
と言うたらウケました。


あ~、ようけワロタ。
今回のパーティーも楽しかったです☆

ウィンチェスター 4日目 (Winchester - Wantage - 家)

- 2018年12月04日(火) -

あれっ!もう最終日。はやーい。
宿で美味しい朝食を頂いて、部屋の窓からの景色を堪能してー。
ギルドホール

チェックアウトして、宿を振り返ったトコ。一階がパブで、上が宿。
宿

今朝は冷え込んで寒い!けど、気持ち良い!
街並み

街並み

また川沿いを少し歩いてー。
川

1450年に建てられたパブを横目に見てー。
パブ

昨日歩いた川沿い。太陽が眩しい!
川

メインストリートに画家さんがいました。うま~い。
画家
この絵だと、だいたい£500くらいで売れると思う、とおっしゃってました。
話のオモシロイ、気さくなおじさんで、つい長話をしておじゃましちゃった。

裏通りにあった、外国っぽい家並みというか、屋根。
家並み

また大聖堂に来ました。
大聖堂

大聖堂横の地面にあるマークは、今の大聖堂が建てられる前にあった、古い大聖堂の跡。
大聖堂跡

そういえば書き忘れとるけど、このウィンチェスター大聖堂は、ゴシック様式大聖堂のうち最も長い身廊と全長を持つ、イングランド最大級の大聖堂なんだって。横から見ると、ホントに長い長い建物。
大聖堂側面

川沿いを歩いて駐車場に戻ってー。
川

車に乗って、家路に着きました。

途中にあった古いマーケットタウン「Wantage」に寄りました。
教会

お腹が空いたので、小さなタイレストランに入りました。
レストラン

前菜の横についていた、ニンジンの蝶。
蝶

ご飯に、スティッキーライス(日本米のような粘々したご飯)を頼むと、竹籠に入って出てきました。
竹籠
これが、すごい美味しくてね~。ジャスミンライスらしく、香りが良かったです。

このお店は、タイ人が営んでいて、フレンドリーなウェイターさんが時々日本語を単語で言うてくれるんやけど、「ご飯、ご飯」って何回も繰り返すんがオモシロくて、極めつけは「お手洗いはどこですか?(英語で聞いた)」ら、「トイレ、トイレ、トイレ」って、これまた何回も言いながら、トイレの前のドアまで連れてってくれました。
またあそこ行かんとイカン(笑)。
あ、食事は甘すぎず、どれも美味しかったです☆


今回のホリデーも、とっても楽しかったです☆

ウィンチェスター 3日目 (Winchester) その2

- 2018年12月03日(月) -

クリスマスマーケットの続き。

暗くなってきて、ライトアップがキレイ。
マーケット

マーケット

今夜は、大聖堂で毎週月曜にあると思われる礼拝に参列しました。
成人男性の聖歌隊が歌うと聞いていたので、それが聞きたくて大聖堂に入ると、参列者はほんの20名くらいで、厳かなセレモニーが始まりました。

ああ、聖歌隊、なんて美しい歌声なんだ。
歌い終わる度に、毎回拍手がしたくてたまりませんでした。

礼拝後、またチラッと見学しました。
大聖堂

大聖堂

大聖堂

スパイスの効いた温かい赤ワイン、モルドワイン。今日は店じまいの模様。
マーケット

かのネルソン提督がポーツマス港への道中に宿泊したパブ宿「The Wykeham Arms」へ来ました。
パブ

地ビールを一杯。
パブ

ここには、チャーチル首相も来たんだって。
パブ

繁盛していて、でも賑やか過ぎず。とても落ち着ける良いパブでした。
夕飯も食べたかったけど、今夜は予約で一杯らしい。

それなら仕方ない。宿に帰って、宿でもう一杯飲みつつ、夕飯を注文しました。
宿

パブ

私の夕飯。イカ墨のリゾットに白身魚が乗ったの。美味しかった☆
夕飯

今夜の部屋は、昨夜の1階下。
窓が大きくなって、もっと見晴らしが良い☆
窓


今日も良い1日でした。

ウィンチェスター 3日目 (Winchester) その1

- 2018年12月03日(月) -

ウィンチェスターは、川の水が透明でキレイ。
日本では当たり前だけど、イギリスではあまり見ないので、ジーッといつまでも眺めてしまう。ウットリと言うより、ジーッと。
川

そしたら、川魚を発見。しかも大きい。釣り禁止って書いてあるワケだ。
魚

アルフレッド大王像と、大王がデザインした町のメインストリート。
道

川沿いを散歩するよ。振り返って、橋の向こうがイギリス最古の水車小屋。
川

市壁も一部残っています。
壁

壁

窓の一部が郵便ポスト。ちゃんと集配時間も書かれてました。なぜココに作ったんやろう?昔、街の小さな郵便局やったんかな?
ポスト

門の上にある、小さなチャペルを見つけました。
チャペル

チャペル

この門↓の上がチャペル。隠れ家みたい~。
アーチ

昨日、大混雑していたクリスマスマーケットに来ました。
マーケット

マーケット

昨日とは打って変わって、月曜の今日は、ガラーンとしてます。
マーケット

ココなんか、昨日はすごい行列やったのに!今日は店員さん、ヒマそう~。
マーケット

お~、コレ↓美味しそう☆
チーズ
とろけたチーズが、ポテトやソーセージの上にタップリかかって、食欲そそるわ~☆

夕日が大聖堂を照らし、黄金に輝きました。
大聖堂

ほんの一瞬のことで、すぐに雲が太陽を隠してしまった。


また続きます。

ウィンチェスター 2日目 (Winchester) その2

- 2018年12月02日(日) -

続き。

ウィンチェスター大聖堂では今夜、アドベントの礼拝があると聞いたので、参列しに行きました。
大聖堂

入口でロウソクを渡され、セレモニーが始まると、讃美歌と共にロウソクの火が一つずつ灯され、私たち参列者の持つロウソクにも火が灯りました。
大聖堂

そういえば、礼拝の最後に、寄付を入れるための小さな袋が回ってくるんやけどね。
ウッカリ小銭を用意するのを忘れていて、横で人が待っているのにモタモタするのもアレだし、誰かに聞いたことのある「気持ちなので、手を入れただけでかまいません」を咄嗟に思い出し、袋に手を入れて、何も入れずに手を出しました。
隣に立っているJぽんに小声で「寄付よ、小銭入れて」と言うと、これまたウッカリ忘れていて慌てたJぽんは、おもむろにポケットに手を突っ込み、ありったけの小銭を取り出し、そのまま袋に入れました。
後で「出した小銭を寄り分けるのも格好がつかんかった」とボヤいてました。ボヤかんかったらカッコええのにね(笑)。でも、私たちの性格が表れとるよね、この行動。二人を足して割ったら、ちょうどええ(笑)。

礼拝後、大聖堂内を歩いても良さそうだったので、見学しました。
大聖堂

大聖堂

大聖堂

大聖堂

大聖堂

大聖堂

大聖堂

大聖堂

外はライトアップされて、これまたキレイでした。
大聖堂

さて。夕飯をどこで食べようかウロウロさまよい歩いて、また大聖堂前まで戻りましてー。
パブ

道を挟んだ真向かいにあるパブで、大聖堂を窓から眺めながら夕飯を頂きました。美味しかった☆
窓

パブ

その昔、この道を挟んだ左右に向かい合った建物がパブだった時、片方が「天国」もう片方が「地獄」と言う名前のパブだったそうな。なんかオモシロイ話が書いてあったと思うけど、忘れちゃった~。
街並み

街並み

街並み

今日も一日楽しかったです☆

ウィンチェスター 2日目 (Winchester) その1

- 2018年12月02日(日) -

宿をチェックアウトして、車に乗って、目的地の「Winchester(ウィンチェスター)」へ向かいました。
街の中心は一方通行の所が多くて、道を一つ間違えて郊外へ出てしまったりして、ウロウロしました。

さて。荷物を宿に預けてー。
私たちの宿の真ん前には街の西門↓があって、この右手の奥には、12世紀に建てられた「The Great Hall(グレイトホール)」と呼ばれる建物があります。
建物

写真↓手前はウィンチェスター城の一部分。奥左側の建物がグレイトホール。
グレイトホールは、ウィンチェスター城跡に現在も唯一残るお城の建物。
建物

グレイトホール内の壁に掛けられているアーサー王の肖像の描かれた円卓は、アーサー王の時代のものと長年考えられていたが、後に作られたものと判明したそうな。
テーブル

かつてイギリスの首都だったウィンチェスターは、ローマ時代以前からある歴史ある町。
西門をくぐって、街を散策しますよー。
門

メインストリートには、日曜市が出ていました。
街並み

今回の旅の目的は、コレ↓。大聖堂横のクリスマスマーケット。
大聖堂

スパイスの効いた暖かい赤ワイン、モルドワインが大鍋で温められているところ。
ワイン

焼き栗コーナー。
焼き栗

日曜なので、すごい人出。翌日の月曜に出直すことにしました。
マーケット

街並み

宿のチェックインをまだしていなかったので、宿へ戻りました。
あら、なんて眺めの良いお部屋なのかしら☆
窓


長くなるので続きます。

ウィンチェスター 1日目 (家 - Andover)

- 2018年12月01日(土) -

週末と合わせて月・火曜日に休みをもらって、クリスマスマーケットを見に行くことにしました。

土曜の今日は、今回の目的地より北西にある、「Andover(アンドーヴァー)」で一泊します。
この街は、アガサクリスティの推理小説「ABC殺人事件」で、「A」の殺人事件が起きた場所なんだって。
川

街でウロウロ買い物したり、お茶したりしてー。

街の坂を登ったところに、教会「St Marys Parish Church」を見つけました。
教会

今日は、この後、コンサートがあるんだって。
教会

教会

夜の街並みも歩いてー。
街並み

1150年に造られた、ノーマンアーチ。
アーチ

この街で一番古いとされるパブに入って、地ビールを飲みました。
パブ

裏通りの川沿いを歩いてー。
川

別のパブで、もう一杯。
パブ

パブ

このパブの建物内には水車がありました。おもしろーい。
水車

何を食べようかウロウロした挙句、評判の良いタイレストランを裏通りに見つけたので、タイ料理を夕飯に頂きました。
街並み

ちょっと甘すぎるけど、でも美味しかった☆


最新記事