FC2ブログ

THAMES PATH 1 1 (Clifton Hampden - Little Wittenham)

- 2019年06月30日(日) -

ロンドン中心部を流れるテムズ川の、源流から始まる国立遊歩道「Thames Path(テムズパス)」184マイル(294km)。
私たちがいつか踏破したいと思っている散歩道。

一年に一度くらいしか歩いてなかったのに、つい先日、「この調子だと踏破するのは21年後?!」と気付き、最近マメに歩きに行ってます。

オックスフォード近くの村「Clifton Hampden」へ来ました。
2015年に、ココから上流へ向かって(過去記事はこちら >>)歩きました。

今日は下流へ向かって歩きます。
橋

橋を渡って、村を振り返ったとこ。
橋

川沿いを歩く草原の右手には、丘が二つ見えます。Jぽん曰く、たぶんアレは、昔お城が建っていた丘。
丘

すーごいたくさんのカナダギース(Canada geese)発見。
鳥

グレイラググース(Greylag goose)が一羽、混ざってました。
鳥

川が蛇行しているので、川に沿って歩いている私たちの真正面にお城の丘が見えてきました。
散歩道

歩き疲れたので、今日はココで引き返します。
川

「Great crested grebe(グリーブ)」って鳥。
鳥

涼しげな色のキレイなイトトンボ。
トンボ

歩き始めた村「Clifton Hampden」まで戻りました。
村の教会が立派なので、見学しに行きます。
教会

教会

教会の出入り口からは、テムズ川が見下ろせます。なんと、美しい。
教会

墓地

家に帰るには中途半端な時間なので、前回、テムズ川を上流へ向かって歩いた時に行った「Abingdon」って町へ行きます。
車を止めて川沿いを歩いてー。
川

親鳥とはぐれたヒナが、ピーピー言うてました。足がデカい!
鳥

このヒナ鳥、きったね~。これも足がデカ!
鳥
↑コレが、将来、こう↓なるらしい。
鳥

サギ。やっぱり恐竜っぽい。
鳥

公園には、ガチョウが、すーごい、たーくさんいました。Jぽん、威嚇されていてワロタ。
公園

公園

川

修道院跡。
塀

あの高い煙突は13世紀に造られたんだって。
建物

さて。橋を渡って、テムズ川沿いにある、このパブの庭でビールを一杯飲むぞー。
パブ

私の注文したビール。
パブ

パブ

ジャズのライブを聞きながら、ビールを一杯いただきました。
パブ

車んトコまで歩いて帰る道。キレイに手入れされていて、気持ち良かった。
散歩道


今日は久しぶりにケンカしながら歩きました。
まぁ、たまにはそんなこともあるさ~。ケセラセラ~。

夏日

- 2019年06月29日(土) -

今日は、南からの熱波が来るので、30度を超える暑い日になるんだって。

暑いので窓を開けると、外の方がムーンと暑い。
窓を開けた方が良いのか、閉めた方が良いのか悩み中。


テムズ川沿いを散歩中に見かけた羊の親子。
羊

母羊の背中に子羊が乗っとるの、初めて見た。カワイイ。
お母さん羊は、口をモゴモゴしながらこちらの様子を伺い中。
羊




5月19日の「THAMES PATH 9 (Swinford - Bablock Hythe)」を更新しました。

クリケット

- 2019年06月27日(木) -

先週土曜日、お天気が良かったので、Jママと、オーストラリアから里帰り中のJ妹を誘って、Jぽんのクリケット観戦をしに行きました。

クリケット


Jぽんのチームにいるインド人を紹介されてね。
 「こんにちは」
 「よろしくお願いします」
って日本語で言われて。
どこで日本語を習ったのか聞くと、日本に8年住んでいたらしい。

インドの日産に就職した翌日、日本勤務を命じられ
「オドロキマシタ、デモ、ハッピーデシタ」って。

日本は、優しい人が多くて、日本食も美味しくて、とっても大好き☆って、目をキラキラして言うてくれました。
漢字検定も受けたらしく、
「4級に合格しました。もっと勉強します。」
って聞いて、私も英語、もっと勉強しようーと思いました。



4月13日の「THAMES PATH 7 (Lechlade - Kelmscott)」を更新しました。

THAMES PATH 10 (Bablock Hythe - Northmoor)

- 2019年06月23日(日) -

ロンドン中心部を流れるテムズ川の、源流から始まる国立遊歩道「Thames Path(テムズパス)」184マイル(294km)。
私たちがいつか踏破したいと思っている散歩道。

一年に一度くらいしか歩いてなかったのに、つい先日、この調子だと踏破するのは21年後?!と気付き、最近マメに歩きに行ってます。


今日は、前回の最終地点「Bablock Hythe」村にあるパブ「The Ferrymans Inn」から、また今回も上流へ向かって歩きます。
草原

川

トンボ

ここはキレイに刈り込まれていて、歩くのが気持ち良い。
散歩道

川

Jぽんが「あの高圧線に見覚えがある」って言うた。
…そうですっけ。。みたいな。私にはイマイチ記憶がありません。
散歩道

そのすぐ横に、スタイルと呼ばれる、柵を乗り越える踏み台があった。今はもう使われてないみたいやけど。
散歩道
このスタイル、前(7年前)に歩き終えたトコや!
7年前の過去記事「THAMES PATH 2(Newbridge - Northmoor)」はこちら >>

ここから、前にも歩いたと思う農道を歩いて、小さな村「Northmoor」へ向かうことにしました。
農道

聞いたことのない鳥のさえずりが聞こえたので、Jぽんと野鳥観察。
「Yellowhammer(イエローハンマー)」。
鳥
私は初めて見たと思う。Jぽんも、すーごい久しぶりって言うとった。
この鳥の鳴き声は「A little bit of bread and no cheese(リトルビット オブ ブレッド & ノー チーズ)」と聞こえると言われていて、そう言われれば…。。そういうことにしとく?くらいでした(笑)。

さて。車道に出たので、ここを歩いて車を止めている村まで帰ることにしました。
向こうから馬が歩いてきたよ。
馬
「キレイな馬ですね~」と声をかけると、馬を止めてくれました。

この馬は、前の飼い主に虐待されていて、それを知ったこのお姉さんが、「私が飼う」と名乗りを上げて引き取ったんだって。
このお姉さんや周りの人たちを信用するまで半年かかったけど、今はお姉さんのためになんでもしてくれる、いい相棒だって。
ああ、なんてええ話なんや~。
私たちにも馬を撫でさせてくれました。Jぽんは馬が大好きなので、ご機嫌さん☆

でも、馬を飼うって、月々どんくらい費用がかかるんやろうね~って庶民的なコト言いながら車まで戻り、さっき近くを歩いた「Northmoor」村の教会へ来ました。
教会

教会

教会の中にある、この石棺は、1340年代のもの。
教会


さて。また車に乗って、小さな村「Stanton Harcourt」へ来ました。
家

花

湖に沿ってある散歩道を歩いて、ストーンサークル「Devil's Quoits」を見に来ました。
石

元々は、4000~5000年前に造られたストーンサークル。
しかし現在立っている石は、新しく2002~2008年に置かれたものなんだって。

というのも。。
「第二次世界大戦時、飛行機の滑走路として、この辺り一帯はコンクリートで平らに固められた。
その後、砂利の採掘もおこなわれ、深刻な損傷を受けた。」
って書いてあった。
なのに、今立っている石と、その周りのお堀は、オリジナルにそって忠実に造られたって書いてもあって、どうやって~?!言うけん!

石

石

石

で、この村の教会にも行ってみました。
教会

外から見ても中を見ても、立派な教会。村の裕福さが見えるわ~。
教会

見て~。壁の向こう側にある、教会の隣の家、まるでお城やで。たまげる。
家

教会の墓地は、こんな自然な感じに上手に手入れされていて、蝶々やミツバチが飛んでました。
墓地

村の外れのパブ庭でビールを一杯飲みましてー。
パブ

パブから出てきたら、パブの真ん前に、こんなガチョウがいました。家に帰って調べたら、「Egyptian goose」らしい。
鳥


あ~、今日もようけ歩いた。
楽しかったです☆

エルダフラワー

- 2019年06月12日(水) -

長いことブログをサボって何をしていたかというと、これといって大して何もしてません。
また週末を長くとって、小旅行にデボン北部へ出かけたので、また追って報告しまーす。



先週のお天気の良かった平日、仕事から帰ったその足で、Jぽんと散歩に出かけました。

エルダフラワーを収穫するのが目的だったのに、気付けばJぽんの無計画散歩、2時間半に付き合わされてました。
疲れたし、お腹減ったし。
けど、青空を満喫できて、気持ち良かったです。

「エルダフラワー(セイヨウニワトコ)」
セイヨウニワトコは、ヨーロッパ、西アジア、北アフリカに自生する低木または小高木樹。花は、20センチほどの円形になる散房花序で強い香りを持つ。クリーム色の花を咲かせた後、秋に黒みがかった紫色の実がつく。

ニワトコ属の植物は、古くから世界各地で薬用に使用される。
セイヨウニワトコは、葉、茎、花に薬用がある。葉は、打ち身や捻挫に外用する。花は、風邪、花粉症、咽頭炎、関節炎の治療や緩下剤に使用される。

で、このエルダフラワーで何をするかと言いますとー。
ジンに漬けました。
花

エルダフラワーの香りのするジンができる予定。
レシピ通り、レモンゼストも入れました。
2瓶作って、一つは砂糖なしにしてみました。

これを、週末の電話で母に見せようと腰をかがめたら、腰がギックリ言うて、母を心配させました。
今回は大したことなくて、月曜には普通に歩けたけど、クセにならんように気を付けんとイカン。



そんでー、いつの話?っていうくらい前のホリデー最終日報告。
4月23日の「ドーセット 6日目 (Lyme Regis - Bridport - 家)」を更新しました。


最新記事