FC2ブログ

お葬式

- 2012年11月02日(金) -

これ何か?の答えは、後日に回しても良い?


昨日は、Jぽんの叔母さんのご主人のお葬式に参列してきました。


日本の実家辺りの一般的なお葬式と違う点は、
 ・亡くなった日から1~2週間後にお葬式。
 ・参列者は喪服ではなく、黒っぽい服なら良し。
 ・お通夜、お香典、お焼香なし。(後の法事もなし)
 ・棺桶のフタを開けることもなし。


地元の教会で行われる告別式は簡単なもので、40分くらいで終わった。

まず神父さんの入場に伴って棺桶が身近な親族によって運び込まれ、祭壇前に置かれた。他の身近な親族が入場。
この時、Jママ、J姉と私が並んで座ってたんやけど、その身近な親族の座る席のすぐ斜め後ろを勧められ、断わりきれず、私も近い席に座ってしまったんよ。お孫さんがお年頃のお娘さんたちで、みんな号泣してるんやんか。
もう、それまで普通に話をしとったJ姉も私も、即もらい泣きしてしまった。

神父さんからのお悔やみの言葉の後、みんなで讃美歌を合唱。
神父さんから故人の生い立ちなどが紹介された後、身近な親族、昨日の場合は息子さんから父への手紙を、葬儀社の人かな。遠い親戚に当たるんかな。が、代読した。とっても感動する良い手紙を淡々と読み進める若い女の人。しかし、最後の最後、あと3行ってところで、つい声を詰まらせ、その後、涙をこらえ震える声で見事に最後まで読みあげてくれた。
もしあれが仕事やとしたら、あの仕事、大変やと思う。
私なら、全く知らん人の話でも泣かずには読めん。毎回号泣するわ、きっと。

そんで、牧師さんのお祈りの言葉に続き、また讃美歌をうたった。
でね。
最後に、故人の親しんだ曲を捧げますって、コレ↓が流れた。

棺桶の置かれた静かな教会の中に流れるこの曲。正直、かまんのん?と思った。
今まで号泣しとったお孫さんたちは、つい足でリズムを取ったりしとるし。



そんなお式も終わって、棺桶が運び出されて、今度は墓地へ向かった。

さっきの牧師さんが祈りを捧げる中、棺桶がスルスルと深く掘られた穴へ下ろされ、近しい人達から薔薇の花と、周りの人達からも薔薇の花弁が投げ入れられた。
中を覗き込んではないけど、すごい深い穴やった。

その時、不幸があって以来、初めてJ叔母やその息子さん達に会ったので、お悔やみの言葉を言うた。

そんで、その後は、日本の精進落としに当たる集まりがあった。
近くの会場を借りきって、みんなでサンドイッチやおつまみとビールなどを飲みながら、故人を偲ぶ話よりも、久々に会う親戚や知り合いと近況報告をし合っとった。


そんな、お葬式初体験な一日でした。

J叔母のご主人の、生前の元気な姿は、こちら >>
ステキな優しいオジサマやったんよ。


コメント

  1. やすろぐ | URL | -

    Re:お葬式

    それは大変な一日でしたね。ご愁傷様です。
    そちらのお葬式はシンプルで いいお別れが出来ますね。
    改宗しようかな。
    私の親しんだ曲は‥
    井上陽水の曲が流れるのかな?

  2. hajime | URL | 4HkZWzJ.

    Re:お葬式

    お疲れ様でした。
    叔父様のご冥福をお祈り申し上げます。

    日本の葬儀は色々と周りにも気を使って大変ですね。
    ウチの母は残った人が大変だから、自分の時は何もせんでいいと言っとりますが、残った人の意見もありますしね。
    最近は予め遺言に希望する葬儀を残しておく方が多い様です。
    僕も出棺の時はロック系がいいかな。

    関係ないですが、過去記事の14歳の子。
    お会いしてみたいw

  3. スドゥーコ | URL | -

    コメントありがとう~☆


    * やすろぐさんへ *

    お悔やみ、ありがとう。
    ↑なんて言うたらええのか分からんけど、この気持ちです。

    そうなんよ。シンプルで良かった。お葬式に「良かった」は無いかもしれんけど、良いお葬式やったと思う。
    日本みたいにバタバタ慌てんでええし、お悔やみはいくら。。とか気にせんでええし。純粋に故人を想ってだけ参列できた。


    * hajimeさんへ *

    お悔やみ、ありがとう。
    ↑なんて言うたらええのか分からんけど、この気持ちです。

    日本のお葬式に比べたら、ホントにシンプルでした。
    私も自分の時は何もせんのが良いと心底思うけど、親や姉の時にそれでよいかと言うと、イカン!って私が言いそう。
    hajimeさんはロックで出棺ですか。カッコイイ~。

    14才の子は、もうあれから約2年経つので、もう16才か。
    一段とお美しくなっておられましたワヨ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uk2jp.blog92.fc2.com/tb.php/1296-113cea78
この記事へのトラックバック


最新記事