FC2ブログ

ウェールズ 3日目 (Tywyn - Barmouth)

- 2018年03月31日(土) -

私たちの泊まっている部屋の窓から見える教会「St Cadfan」を見学しに行きました。
中では、イースターの飾り付けをしてました。
教会

教会

700~800年か、それよりも前に造られたと思われる古代の日時計。
上部が日時計で、下部は18世紀頃に道標としても使われた。
教会
その後、この教会の外に設置され、日時計は、教会のサービスの開始時間を指し示したんだって。

これ↓は、8世紀に書かれた、ウェールズ語の碑文。
教会


さて。
今日は、電車に乗って、前にも何度か行ったことのある「Barmouth(バーマス)」っていう海岸沿いの町に行くよ。
電車

この路線は、スリリングでした。岸壁のキワキワを走る。岸壁の真下は海!で、ドキドキしました。

その後は、あの向こうに見える、河口を渡る橋を通ります。前に、歩いたことのある橋で、電車でも渡ってみたかったのでした。
橋

河口から海を見た景色。
河口

バーマスに着きました。街は前にも何度か歩いたことがあるので、今日は丘の上から河口を見てみようと思い、街の裏から続く急な丘を登り始めました。

道中にあったギャラリー「St Johns Hall Gallery」で、つい長居をしてしまいまして~。
その真上にある教会「St John's Church」もチラッと見学をしました。
教会

教会

教会の前に立つと、バーマスの河口と街が一望できます。
河口

ここは、例のナショナルトラスト(概要はこちら >>)が設立された際に、一番目に登録された場所なんだって。
柵

橋

苔

更に急な坂道が続きます。
歩道

羊の毛が風になびいて哀愁がただよいます。ソヨソヨ。
羊

景色

子羊たちがカワイイすぎる。膝の土がついたトコ(たぶん)とか、絵に描いたみたい~。
羊

また同じような写真。河口と海が美しすぎる。
景色

あ、そうそう。あの河口の真ん中あたり、向こう岸から突き出た半島には、小さい蒸気機関車が走ってます。いつか乗ってみたい。
駅


丘から降りる道は、ギャラリーのオーナーに教えてもらった、街の中でも古くからある地域「Old Barmouth(オールドバーマス)」の家並みを通りました。
景色
ステキなコテージがたくさんあって、窓からの眺めも良いに違いない。こんなトコに住めたらええね~とため息が出ました。


さて。港まで降りて、小腹が減ったので何を食べようか。と言うたところで目に留まった「クラムチャウダー」の看板に惹かれ、小さなお店に入り、クラムチャウダースープとカニを食べました。海の幸、美味しかった~。

港で景色を眺めてー。
景色

海岸沿いを歩いて駅まで戻り、電車に乗って宿のある街まで帰りました。


私たちの泊まっている宿は、キッチンが共同で使えるようになっていて、この週末に宿泊していたインド人ファミリーが、カレーを食べた後に私たちが帰ったようで、スパイシーな良い香りが充満してました。
インド人の彼がちょうど廊下を歩いていたので、「美味しそうな良い匂いですね~」と言うて、今日はどこへ出かけたかなどをお互いに話していると、「夕飯を多く作りすぎたので、是非お食べなさい」とおっしゃる。

Jぽんと二人で顔を見合わせ、少しだけ頂くことになりました。
これが絶品☆でね~。
チキンの入ったカレー味の何か。私たち日本人は「カレー」とひとくくりにしてしまうんじゃないかと思うけど、カレーではないと説明してくれたけど、味がカレーなので、カレーと思いながら食べた。
なんせとっても美味しかったし、とってもフレンドリーなファミリーで、つい夜も更けて話し込んでしまいました。


今日も楽しい良い一日でした☆


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://uk2jp.blog92.fc2.com/tb.php/2177-e559c18b
    この記事へのトラックバック


    最新記事