FC2ブログ

ケント 2日目 (Margate - Whitstable)

- 2018年04月30日(月) -

昨日も一日中雨で、今日は一日中、さらにヒドイ土砂降りの予報。

部屋から見える大聖堂も雨でボンヤリ。
大聖堂

街には美術館や博物館、幽霊屋敷(笑)などなど、建物の中で楽しく時間を費やすことのできる場所がたくさんあるけど、そこに行くにも、土砂降りの中を歩くのはイヤやね~。。
と、今日は車でドライブすることにしました。

ローマ時代の円形闘技場「Richborough Roman Fort And Amphitheatre」
ローマン建築
大雨なので、見学はまた次回。

白亜の断崖。
白壁

ロンドンの中心を流れるテムズ川の河口に沿って海に出た、一番東に位置する町「Margate」。
雨

なんちゅー天気やねん!
雨の中、駅のトイレを拝借しに車を降りたら、寒くて震えました。

この先にある、ローマ時代の塔と砦「Reculver Towers and Roman Fort」に行きたかったのに、あの水たまりの部分で、向こうから来た車が下半分、水に浸かって引き返すのを見ました。
洪水

雨も強いけど風も強い。
海は大シケで、この日この辺りの海岸で、二人が高波にさらわれたってニュースになってました。
高波


「Whitstable」っていう、ローマ時代からカキで有名な町に来ました。

チャリティーショップで「一押し☆」と教えてもらったカキを食べれるお店「Wheelers Oyster Bar」に来ました。
カウンターに座ってー。
魚介類

魚介類

生ガキが食べたいと言うと、「ロックオイスター」と「ネイティブオイスター」のどちらが良いか聞かれた。
「ロック」の方は、アイルランド産、「ネイティブ」の方は地元で採れたものと説明してくれました。
このお店、一つずつでも売ってくれるんだって。
好きかどうか分からんので、地元のカキを2つ頼みました。

タバスコとレモンとコショウをかけて、Jぽんと一つずつ、ツルっと口に流し込むと、あら、美味しい。
写真は撮り忘れました。

いろいろ食べてみたいので、カウンターに並べられたモノも少しずつ頼んで、あと、カキフライも注文しました。これも一つずつでも注文できるって言われたけど、私はカキフライ大好きなので、半ダースで頼みました。
オイスター

黒ビール、ギネスが衣に使われているらしい。サクッと上手に揚がっていて、でもカキはフワっとして絶妙。絶賛しました。
カウンターのお姉さんに、日本のカキフライとの違いを説明して、日本のもお勧めしちゃった。

メニューにあった、生ガキの「ジャパニーズスタイル」も注文しました。
醤油、みりん、紅ショウガがかかっているらしい。
オイスター
これは、もともと塩っぱいのに醤油はイランと思いました。

そんでも、全般的にどれも美味しくて、魚介類の大好きな私たちは大満足☆
また行きたいと思うお店でした。


また車に乗って、宿に戻り、雨が小降りになったので、カンタベリーの町へ行きました。
ゲート

昨日歩いてない所を歩いてー。

さっき、カキやなんやらたくさん食べたとこなのに、お腹が空いては眠れんだろうと、少な目の夕飯を食べに行きました。ああ、食べることばっかり(笑)。

昨日橋の上から見た川沿いのレストラン「Old Weavers House」に入りました。
パブ

さっきカキ食べたトコなのに、ムール貝を注文。実は昨日も別のレストランでムール貝を食べたとこ。
夕飯

建物は16世紀に建てられたって書かれてあるけど、基礎は12世紀のモノなんだって。
パブ

パブ

マネージャーさんが上の階も見ていいよ、と階上の電気もつけて見せてくれました。

Jぽんが、この扉の裏には何か隠されてるん?と聞くと、「見たことがないな~」と留め金を外してくれているマネージャーさん。付き合いのええ人や(笑)。
パブ
結局、何も隠されてなく、ただの壁でした。

前菜の他にもいろいろ少しずつ注文して、ワインもポートも頼んだりして、思ったよりも長居をしてしまいました。

その後、腹ごなしの散歩をしました。

なんじゃー、この家!
建物

ドアの角度がスゲー(笑)。
こうなると窓の歪みが大したことないように見えてしまう。
ドア

どっちに向かったら宿やっけからと言いながらさまよう、知らん街。
街並み

ホリデーって感じ~。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://uk2jp.blog92.fc2.com/tb.php/2189-ae2c52af
    この記事へのトラックバック


    最新記事