FC2ブログ

ケント 5日目 (Eastbourne - Seven Sisters)

- 2018年05月03日(木) -

イーストボーンは、イギリス有数のリゾート地。
海岸沿いには、ヴィクトリア朝のリゾートホテルが軒を連ね、ゆったりとした雰囲気。
お年寄りが多く訪れることで知られます。
ビーチ近くの大型リゾートホテルに泊まったら、ホントにお年寄りの団体客ばかりでした。

海岸沿いを歩いて、桟橋を見に行くよ。
ピア

ピア

桟橋から海岸を振り返ったとこ。
ピア

ピア

今日は何をしようかね~と海岸沿いを歩いていると、急にJぽんが名前を呼ばれた。
海岸

なんと、10年振りに合う友人とすれ違ったのでした☆
彼は、仕事でこの辺りに来ることになったらしく、独身なので思い切ってこの町に引っ越してきたんだって。
この後はスペインに引っ越そうかと思ってるって。一人で気ままに楽しそうでした。

そうなんよね~。なんでも思っているだけでは何も変わらんのよね~。
実行に移してこそ価値があるってモンよね~。
とシミジミ思いました。



さて。お天気が良くて気持ちが良いので、海岸沿いの丘を歩くことにしました。
「Seven Sisters(セブンシスターズ)」と呼ばれる、緩やかな起伏の丘が削り取られて形成された白い崖が連なる景勝地を見に行くよ。

なぜこの時間に思いついたのか。
桟橋前のバス停からバスに乗ったのが、午後2時半。
ピア

バスに揺られること30分。
道路

この景色、見覚えがある~。2001年に来た時も、バスでここまで来て海岸まで歩いたのでした。
川

「Seven Sisters Country Park(セブンシスターズ カントリーパーク)」でバスを降りました。
川沿いに歩いて海まででるのが遠かった記憶がある。
歩道

今日は、その海まで出たあと、更に遠く離れた町まで歩くのです。

…バスで30分も離れたトコで降りて、そっから歩いて帰るて。
ちょっと遠すぎるような気がする。。
と思ったところで後の祭り。

道ですれ違った人に、イーストボーンまで歩いて何時間かかるか聞くと
「夢にも思ったことがないので検討がつかん」
と言われ、笑ってしまった(笑)。
この時点ですでに3時半やし。

相変わらず計画性のない私たち。
まぁなんとかなるさ~。


この辺りにも第二次世界大戦で使われた建物が残ります。
建物

このゲートを通り抜けると、登り坂が続いてー。
ゲート

振り返ると丘の上からの景色がキレイ~☆
河口

崖の上からも白い石灰が見える。
崩れやすく危険なのでフチに行ってはいけません。
岸壁

これがセブンシスターズ。美しい~。
岸壁

人々

この「緩やかな起伏の丘」が白い崖を一層美しく見せているんだけれども、そこを歩くとなると、登ったり下ったり、が何度も続き、歩いてみると全然緩やかじゃない。
坂

しかし美しい。
岸壁

引き潮でも、海岸沿いを歩くことはできません。
岸壁

岸壁

町までの距離の、1/3くらい分を歩いた辺りにある、「Birling Gap」でアイスクリームを食べて小休憩。

この海岸線は崩れやすく、あの白い壁の家のこちら側にもう一軒建ってあった家は、地盤がなくなって取り壊したそうな。
家

この灯台が目印の、「Beachy Head(ビーチーヘッド)」。
この岬は、海に面したチョーク岩の崖としてはイギリスで最も高く、海面から162メートルの高さがある。
灯台

灯台

海に映る夕日の美しいこと。
夕日

と言うとる場合ではない。
陽のあるうちにイーストボーンの町まで帰れるのか。

ひたすら歩き、下り坂は駆け足。
やーっと街が見えた。なんとかなりそうだぞー。
街並み

けど桟橋ははるかかなた。
歩道

更に、ひたすら歩いて、桟橋まで辿り着いた時には夜9時が近くなって、もうお腹も空いて足も棒。
目の前にあった、フィッシュ&チップスのレストランに入ってビールを一気に飲み干しました。
レストラン

ビールは、すーごい美味しかった。
けど、フィッシュ&チップスはイマイチでした★腹ペコで食べて美味しくないって、どんなんやねん。



あ~、今日は疲れた~。
けど、あれだけ歩いてでも、あの景色は見る価値がある☆

 本日の歩数: 25,690歩。


コメント

  1. 志和ちゃん | URL | -

    Re:ケント 5日目 (Eastbourne - Seven Sisters)

    よう歩いたね。

    でもほどほどにね。

    一日で歩かなくても・・二日でどうですかね?

  2. スドゥーコ | URL | -

    志和ちゃんへ

    途中でバスに乗る?って話にもなったんやけど、でも景色がキレイでね~。
    つい、この先も見たいと思って歩き続けてしまった。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uk2jp.blog92.fc2.com/tb.php/2195-82678326
この記事へのトラックバック


最新記事