FC2ブログ

ストーンヘンジ (その2)

- 2018年06月21日(木) -

続き。

プロの撮った写真↓。ストーンヘンジ、巨石群の内側。
プロ

巨石群の外側には溝があって、その向こうに「ヒールストーン」という巨石が一つ立っています。
観客

みーんなで日の出を待ちます。
観客

空

ご来光。
太陽

上の様子↑を、私の横に立ったプロが撮ると、下↓のようになります。
プロ

太陽が昇ると、一気に解放感が広がった。
観客

寒い夜だったので、朝日が差した瞬間からホンノリ暖かくなって、純粋に太陽のありがたみを感じました。

夜通し警備にあたっていた警察官たちも、揃って記念撮影。微笑ましい。
ポリス

また巨石群の中心へ行きました。
まだまだドラムの音やダンスは続いています。
巨石群

観客

観客

巨石群

空

「Pagan(ペイガン)」と呼ばれる、太陽をはじめ自然を崇拝する信仰団体が、食事を無料提供してました。
観客

私たちも列に並んで、食事をお皿に盛ってもらい、美味しく頂きました。
なぜ無料提供するのか聞くと、「善い行いがしたいから」とのこと。
得体の知れん団体の作った食事を食べるって、驚くやろう?でも、前回も前々回も同じように頂いたので、3回目はなんのためらいもなく頂きました。
これも、夏至の日のストーンヘンジを訪れる行事のウチの一つ、みたいな(笑)。

お腹もいっぱいになったことだし、例年のように、草原でストーンヘンジを眺めながら一眠りしようと思ったら、お日様が雲に隠れてしまった。冷たい風も吹き始めて、夜よりも寒くなったので、慌てて車に避難しました。



さらに続く。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://uk2jp.blog92.fc2.com/tb.php/2209-94c3156c
    この記事へのトラックバック


    最新記事