FC2ブログ

キャンプ 4日目 (Gorran Haven - Lizard)

- 2018年07月17日(火) -

この日は曇りで、夜が明けてもテントの中が暑くならず、いつまでもゴロゴロしてました。
Jぽんは早起きなので、私がゴロゴロしている間、いつもテントの外でティーを飲んで地図を眺めてます。

やっと起き出して、昨日の夜の残り物の、Jぽんが食べなかったチーズケーキを満面の笑みで私が頬張っていると、Jぽんの向こうに雨雲が見えた。
今日はこのキャンプサイトから移動する日で、片付け半分で朝ごはんを食べていたので、慌てました。
雨に濡れたテントをたたむのも、それを車に乗せるのもイヤなので、Jぽんと超特急でたたみました。今回、キャンプに出かける前日に買って、初めて使うテントなのに、こんなに早くたためるとは。我ながら驚きました。隣のテントから密かに見ていたらしいカップルにも褒められました(笑)。

さて。車に荷物を乗せて、更に南西へ向かいます。
「River Fal(ファル川)」を渡るフェリー「King Harry Ferry」に車を乗せて、対岸に渡ります。
川
流れが速い川なので、両岸にチェーンが繋がっていて、そのチェーンは船の両端に通してあり、チェーンを巻いて対岸へ移動するようになってます。
イギリス南西部には、こういう川を渡してくれるフェリーがたくさんあって、車ごと渡してくれるフェリーに乗ると、旅行をしている感じ~☆になります。

対岸に渡ったすぐのところにある、ナショナルトラストの管理する「Trelissick」へ立ち寄りました。
まずは庭を見学します。
花

このデカい葉っぱ、見て~。
葉っぱ
近くを通りかかったご婦人に「雨が降ったら傘として使えるね」って言うと、「茎のトゲが大きいので、ゴツいゴム手袋がいるけどね」って談笑しました。
イギリスでは、通りがかりの知らん人と、普通に友達のように話すことが多々あって、最初の頃は、全部Jぽんの友達とかどっかで顔見知りになった人なんや、と思ってました(笑)。

この後にも、イチョウの木を見つけて、「イギリスに銀杏の木があるん知らんかった~!果実はウンウンの匂いがするんよ~」とJぽんに言うとると、通りかかった人に話しかけられ、銀杏の何かから採れる成分がシャンプーに使われているらしいよ、みたいな話も教えてもらいました。

このトゲトゲの木は、モンキーツリーとJぽんが呼びます。
庭園とかでたまに見かける。自分が庭の主なら植えんな、触ると痛いのに。
モンキー

イギリスのキジは、日本のキジとどっか違う。
キジ
日本の国鳥ってキジなん知っとった?そんで、その国民が国鳥を食べるって知っとった?

イギリスの国鳥って決まってないらしく、何年か前に、国民投票で「ロビン」が一位になったんじゃなかったっけ。
ロビン


お屋敷も見学しました。
お屋敷

大きなお部屋のピアノ。あんなトコで弾いてみたい。
ピアノ

カフェでお茶したよ。壁の時計がシャレてました。
時計

外に出て、庭の続きをあるいてー。
アジサイ

イチジクの木に、食べ頃の大きなイチジクがなってました。
近くの係員さんにJぽんが、「今にもボクの手の中に落ちてきそうな食べ頃のイチジクが木になってるんですけど、採ってもいい?」と聞くと、モチロン!と快諾してくれました。断れんわ、そんな言い方されたら(笑)。
Jぽん、木になるイチジクは初めて見たって言うので、もぎ方を説明し、採ってもらいました。

これ見て!こんな大きなイチジク、初めてみた!
イチジク
縦半分に手で割ると、中にはアリンコがいました。「く、クモがおる~」と言うJぽんに、「アリンコ!甘いって証拠」と、二人で半分ずつ食べた。
甘くてジューシーで、美味しかった~☆

と、庭園とお屋敷を満喫していると、思っていたよりも時間が遅くなりました。
今夜のキャンプ場を探さねばならんのに。

まずは、今回のホリデーの目的地、「Lizard(リザード)」へ向かいました。
そこで見つけたキャンプ場の看板をたよりに細い道を入っていくと、ありました。
ちょっとヒッピーみたいな感じのキャンプ場。
キャンプ場
大盛況で満員御礼。一つだけ空きのある場所、と見せてくれたのが、海が見渡せる良い場所だったので、ココに決定☆

このキャンプ場は、レストランも併設されていて、入ってみることにしました。
レストラン

レストラン

私のは、地元で捕れたロブスターとサラダ、ガーリックバターの乗ったサツマイモ。
Jぽんのは、地元で捕れたスズキかなんかやったと思う。
夕飯
と、地ビールを飲みました。美味しかった~。

ここで働く人たち、みーんなフレンドリーで、美味しくて楽しい夕飯になりました。


今日も一日楽しかったです☆


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://uk2jp.blog92.fc2.com/tb.php/2229-b8cced1f
    この記事へのトラックバック


    最新記事