FC2ブログ

年始里帰り その1

- 2020年01月24日(金) -

朝からソワソワウキウキなって仕方がない☆
今回の里帰りも、出発の日は昼まで出勤し、午後、ヒースロー空港へ長距離バスで向かいました。
空港


長距離バスは、いつも通り少し遅れ、しかし空港に着いてから荷物を預けたりするのはスムーズにコトが進み、お楽しみの免税エリアでは時間がタップリあって、ああ、ウレシイ。(特に買い物をするワケじゃなく、今から里帰りって気がして更にウキウキなる感じ)
姪っ子に頼まれた化粧品を物色し、自分用のファンデーションも忘れず購入☆

まだまだ時間があるので、いろんな売り場をウロウロしていると、いろんな場所で中国の旧正月のお祝いをしていて、中国のお酒と、赤ワインを試飲させてくれたんやけど、これまたグラスにナミナミと注いでくれて、ウレシイんやけど、このオジサンに見つめられて飲むの、なんか居心地悪かった(笑)。
試飲

中国風の獅子舞。
獅子舞


気が済んだので、搭乗口へ向かうと、もうソコは日本人だらけなので、すでに日本国内に帰った気分。コレも大好きなトコ。

さて、これまたお楽しみの12時間の空の上。
今回も、食事とともに飲むお酒にジン&トニックを注文すると、勢い余ってジンがコップの半分入っちゃってトニックがちょっとしか足せず、みたいな濃いのを頂きました。半分くらいまで飲んで、トニックウォーターを足してもらったけど、もう、それ、空港の免税エリアでの試飲ですでに下地ができていた、みたいなことになっていたので、隣の空席を使って横になったりしたら、グースカ、よう寝ました。

ハッと気付いて時計を見ると、飛行時間、残り3時間って言うとる!
目をゴシゴシこすって見直すくらい、ビックリした。

映画もドラマもコメディも、いろいろ見たかったのに~。
空


さっき夕飯を食べたトコなのに、すぐまた朝食を出してもらって、あっという間に羽田空港に着きました。
マップ


地元の空港まで、母、姉、姪っ子が迎えに来てくれていて、兄は家でカニ鍋を作ってくれていました。
あ~、幸せ~☆


里帰りの始まり始まり〜☆☆☆


コメント

  1. 志和ちゃん | URL | -

    Re:年始里帰り その1

    おかえりなさい。

    さてさて、思う存分楽しめます様に。

  2. スドゥーコ | URL | -

    志和ちゃんへ

    思う存分楽しんだよ~☆

    思い出話が上手にまとめられますように(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uk2jp.blog92.fc2.com/tb.php/2420-c8a788f7
この記事へのトラックバック


最新記事