FC2ブログ

キャンプ 6日目 (Gorran Haven - Bodmin - Burgh island)

- 2011年07月05日(火) -

明け方から雨がポツポツ降ってきた。
テントの中で聞く雨の音は、悪くはないけど、どちらかというと聞きたくない。

なぜって、寝る前にビール飲んどるやん?そしたら夜中にトイレに行きたくなるやん?暗闇で濡れたテントを出入りしとる間に自分も塗れるやん?それがイヤでガマンせんとイカンやん?そしたら何度も目が覚めるやん?
↑この繰り返し。

なので好きじゃないけど、Jぽんは気持ち良さそうにグウグウ寝ておいでた。


昼前になって、雨が止んで晴れた間にテントも乾いた所で急いでテントをたたんで帰宅準備完了。

クリーシー夫妻に別れを言いに、彼らのキャンプサイトに行こうかと寄りかけたんやけど、まぁまた近々会うだろうとそのまま帰ることにした。

私達のキャンプサイトを出発後5分くらい走った所で、なんと驚いたことに、後ろを走る車がクリーシー夫妻と気付いた。
なんと奇遇な。
おかげで、キャンプ中、楽しく過ごせたお礼と別れの挨拶ができたよ。


さて。
次に向かうのはー。

「これ何か?」に出題した、ここ!保存鉄道「Bodmin」駅。
駅

駅

乗り物

駅


さて。これが問題のレバー。
上のボードに記された路線のランプ点灯を見ながら、このレバーを操作する。
そう。「これ何か?(その1)」の答えは、線路のポイント切り替え操作をするレバーでした。
駅

この人↑もボランティアでここに来ていて、なんと片道4時間の道のりを、月2回ほど週末を利用してくるんだって。本職は、この鉄道の切り替えをコンピューター制御してるんだって。そっちはツマランって言うとった。

このレバーを操作することで、線路に繋がるこれらのライン↓を伝ってポイント切り替えができる。
すごいよね~。
駅

駅

この駅の昔ながらのカフェで、コーニッシュパスティを買って食べた。Jぽんが今まで食べた中で一番オイシイ!と絶賛しとった。
それはまた食べに来んとイカンな。
駅



次にやってきたのは、「Burgh island」っていう小さな島。

250m沖合にあるこの島は、引き潮の時は歩いて渡れるが、満ちると孤島となる。
アガサクリスティが心深く惹かれた場所で、いくつかのミステリー小説の舞台となっているらしい。
景色

景色

奥に見える大きな建物は、アールデコ調のホテル。
その手前がホテルの経営するパブと、満ち潮時の交通手段、シートラクター(片道£2)。
pub


この「Pilchard inn」は、驚きの1336年に建てられたパブ!
pub

それは一杯飲みたかろう?
しかしまだまだ帰るまでの道のりは長い。
Jぽんはコーラ、私はハーフパイントのサイダーを庭で飲んだよ。
pub

pub


島から本島?を眺めたところ
景色

と、島をグルッと歩いて、本島と反対側の景色。
景色


あまりユックリする時間もないので、潮が満ちる前に本島に戻った。
もう歩けるところが少なくなってきたよ。
景色

さて。ここから長い道のりを帰る前に、どこか海沿いでフィッシュ&チップスを食べんとイカン。
しかし、さっき食べたコーニッシュパスティで、ワリとお腹がいっぱい。

地図と時計(閉店時間)とニラメッコしながら、たまたまたどり着いたのがココ。
ブリストルの近くの「Weston-super-Mare」っていうワリと大きな町にある「Papas」っていうお店。
すーごい美味しかったので、忘れんように自分用の覚え書き↑。

これが夜10頃だったかな。
そっから家までノンストップで運転して、家に着いたのが夜中1時前でした。


今回のホリデーも、オイシイものいっぱい食べて、キレイな場所をたくさん見て、存分にノンビリして、とっても楽しかった☆


コメント

  1. やすろぐ | URL | -

    Re: キャンプ 6日目 (Gorran Haven - Bodmin - Burgh island)

    「これ何かシリーズ」完全制覇出来なかったので
    涙で記事が滲んで見えません 。。。(( T_T)トボトボ

    >>出入りしとる間に自分も塗れるやん?
    下線部分も変換間違えのように見えてしまいます。v-406

    さて今回の問題は‥ 。
    岩陰にe-286マーク!?

    あぁぁ‥ ショックで幻が‥ e-78ピヨピヨ

  2. スドゥーコ | URL | -

    やすろぐさんへ

    あはは。塗れるてて。ペンキが降っとるのかって?
    それは「これ何か?」で使えるよな。
    「イギリスでは変わったものが降ります」て。ピヨピヨe-78

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uk2jp.blog92.fc2.com/tb.php/935-72b112bf
この記事へのトラックバック


最新記事